150万円の株を担保にいれて、150万円分カラ売りします。
たとえば、1500円の株を1000株カラ売りしたのでしたら、この株の値段がいくらまで上昇したら追証がくるんですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

代用有価証券の価格変動によって変わるので、一概には言えません。

下がれば追証は早く来ますし、上がれば遅くなります。
    • good
    • 0

ひとつの計算例です。

参考までに。

150万円の株を担保にいれた場合、掛け目80%として、120万円が保証金になります。株価は変わらないとして、保証金維持率25%で追証という設定で計算します。

建て代金 150万円(1500円の株を1000株カラ売)
25%は、37万5千円

150万円-37万5千円=112万5千円

112万5千円÷1000株+1500円=2625円

2625円になると追証がかかります。
    • good
    • 0

担保 代替え証券の価格変動が 無いとしたら


建て玉の 含み損が 70万を超えれば 追証ラインに。

代替え証券の繋ぎ売りなら 追証は 永遠に 来ません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラ売り・・・追証・・・怖くなってきました

連日株価が上がってますね。
例年秋から下がり始める株を空売りで買い込んでいましたところ、連日の上げでこのところ毎週のように「追証」が発生してしまっております。
今のところ振り込むお金があるので都度都度振り込んできましたが、まだまだ株は上がっており、なんだかほんとに怖くなってきました。
もうこの辺で降りた方がいいのかな、と思っています。

その場合はどうしたらいいのでしょう。
追証を入れる代わりに、現在の価格で買戻しを入れたらいいのでしょうか。←ゼロが6個つくくらいの大損ですが・・・

Aベストアンサー

いやー仲間がいましたか、私も現在ハマってます
追証がかかる状況では、この対処法が出来るかどうかわかりませんが・・・

私の対処法は、ヤバイ!でもロスカットできる金額でない!
という時は、売り立てと同じ株数を買い立てしています
そうすれば含み損は、それ以上拡大しません
金利は付きますが損失に比べると必要経費でしょう
あとは天井を確認してから売り立てを少しずつ処分します
上手くいけば、その利益で金利とロスカットの資金が出来ます

ある人が言っていたそうです『株は財を失うがカラ売りは命を失う』と
私もよく『樹海』が頭をよぎります
これからは、つなぎ売りだけにしよーっと

amay99さん、頑張ってください

Q株で100万円を1年で150万円にするには?

質問はタイトルどおりです。

100万円あり、それを一年で150万円にしたいと考えています。
信用取引や割安株を使うと実現度はどのくらいでしょうか?

あくまでシュミレーションなので、色々な要素を加味して考えてみたいと思っています。
企業の倒産確立、低PERでの株価の上昇率などを計算し実現度を100パーセントに近づけたいんです。

信用取引で300万円の予算を使い、PERは10倍以下、複利での運用にした場合、どうすれば100%に近づきますか?

月にいくら、日にいくらあがればいいのかも教えてください。

そもそも市場って年間何日くらい開いているんでしょうか?

質問ばかりですが、知恵を貸してください。

Aベストアンサー

私も正直そんな方法があれば教えてほしいです。^^
でも理論的に言えば、1年で50%あがる株を見つけたらいいと言うことになります。たとえばユニチカは、今年1月以降の最安値が102,3円だったと思います。今は150円越えています。当然100万円分買ってれば、実現したことになります。でも株は分散投資が基本ですから同じよういな銘柄を数銘柄見つけることが必要です。長期なら、1年で50%。3ヶ月ぐらいのスタンスなら、15%ぐらい上昇する銘柄を買えばいいということになります。
なお、市場は、土日祝、年末年始以外は毎日やっていますので。年間250日ぐらいだと思います。

安いとこを拾って、目標上昇率を決めて銘柄選択ですね。

Q信用取引(カラ買い・カラ売り)について 教えてください。

本業個人投資家をめざし、現在着実にスキルを上げ ファンダメンタル テクニカル指標等を勉強しています。
そこでもうそろそろ信用取引を始めるつもりです。

信用取引(カラ買い・カラ売り)についての

定番の本
定番サイト
信用取引のお勧め証券会社
信用取引をする上でのアドバイス

があれば教えてください。


愛読書
たった7日で株とチャートの達人になる! ザイ編集部 (著)http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478631069/503-5963571-2103113?v=glance&n=465392&tagActionCode=Lvdrfree-22

Aベストアンサー

 残念ですが、あげていらっしゃるテクニカル本はちょっと内容が薄いです。私もテクニカルの本を何冊か読みましたが、その本から何を学べたのか、分かりませんでした。(ごめんなさいね…ざっと全体を見通すくらいのものと考えたほうがいいと思います)

 とりあえず、ここの回答者のabot-kunさんは最初に学んだのが信用取引の空売りだったという異色な経歴の持ち主です。たいへん賢くて説明がうまいので、出てきてくださると嬉しいのですがw

 信用取引についてざっと基本が学べるのは

http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/mguide/?k=01

 です。上記の方も新井邦弘の「信用取引実践バイブル」を読まれたといってらっしゃいましたが、この本を読む前にインフォシークは読んだほうがいいです。でないと分かりにくいかもしれません。内容はいいのですが、ある程度信用の基本は知っていると言う前提で書かれていますから。

 もっといい本があるでしょうから、紹介していただけるといいですね。

 私がネットでよかったと紹介されていたテクニカル本をご紹介いたします。私も読んであ、よかったと思いましたので。2冊くらい読んだほうがいいです。作者の説明に力を入れている部分がそれぞれ違うからです。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532110459/qid=1148644515/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-6349274-1065908


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860950836/qid=1148644614/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-6349274-1065908

 
 ボーットさんよろしかったら、gooのメールのぞいてください。私もお伺いしたいです。

 残念ですが、あげていらっしゃるテクニカル本はちょっと内容が薄いです。私もテクニカルの本を何冊か読みましたが、その本から何を学べたのか、分かりませんでした。(ごめんなさいね…ざっと全体を見通すくらいのものと考えたほうがいいと思います)

 とりあえず、ここの回答者のabot-kunさんは最初に学んだのが信用取引の空売りだったという異色な経歴の持ち主です。たいへん賢くて説明がうまいので、出てきてくださると嬉しいのですがw

 信用取引についてざっと基本が学べるのは

http://money.www...続きを読む

Q電通株を売る際、「61万円で16株売り」

電通株を売る際、「61万円で16株売り」を「16円で61万株売り」とコンピューターに誤入力した。という事件がありましたが、
最終的にこれはどうなったのですか?株には全く詳しくないですが、大変そうだなとは思うのですが
実感がわきません。以前マルベニダイレクトという会社がNECのパソコンの値段を間違えて表示したままHPで掲載したという事件もありましたが、担当者は相当怒られるのでしょうか?

Aベストアンサー

電通
UBSウォールバーグ証券が、売り約定分を成行きで
買い戻しました。
損失は10数億らしいです。
担当者は当然飛ばされました。


丸紅ダイレクト
このパソコンについては、一桁間違えた金額で表示してありました。
しかし、これに気づいた後、この時点までに予約を貰っていた人に対してのみ定時価格で売りました。
会社の面子を保つためだったらしいです。
まあ、ここで中止にしたら、マスコミに叩かれましたけど。

参考URL:http://www.melma.com/mag/54/m00024354/a00000538.html

Q空売りへの貸株は浮動株ですか。

  空売りへの貸株は浮動株ですか。
浮動株数に近い出来高で毎日売買されています。

業績悪化などで大株主が一気に売りに出して株価急落、浮動株数が上がる、なんてこともあるんですか。

Aベストアンサー

会社四季報に書かれている浮動株の定義は、「50単元以下の株を所有している人の合計株数」です。
空売りへの貸株は、浮動株とは概念が違います。
少しわかりにくいと思いますので、例をだします。
ある銘柄をある証券会社の2人の顧客の1人が信用買い、もう1人が空売りしたとします。この場合、証券会社は株券を新たに調達する必要がないので、既存株主から株券は移動しません。ですから人気がある貸借銘柄ですと浮動株数に近い出来高があることもありえます。

>業績悪化などで大株主が一気に売りに出して株価急落、浮動株数が上がる、なんてこともあるんですか。
そんなことをすればインサイダー取引(=犯罪)を問われますので、滅多にありません。(絶対にないと言えないところが悲しいことですが)

上場するためには、ある程度流通株数を増やさなければなりませんので、2部市場から1部に昇格を目指す会社の大株主が保有株式の一部を売り出すことがあります。もちろんその場合でも「1部昇格のための売り出し」とは言いませんので、大株主の売り出しの目的を自分で見極める必要があります。大株主の売り出しが悪材料ではない例もあるということです。

会社四季報に書かれている浮動株の定義は、「50単元以下の株を所有している人の合計株数」です。
空売りへの貸株は、浮動株とは概念が違います。
少しわかりにくいと思いますので、例をだします。
ある銘柄をある証券会社の2人の顧客の1人が信用買い、もう1人が空売りしたとします。この場合、証券会社は株券を新たに調達する必要がないので、既存株主から株券は移動しません。ですから人気がある貸借銘柄ですと浮動株数に近い出来高があることもありえます。

>業績悪化などで大株主が一気に売りに出...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報