コブを滑る際に、ポールが長すぎると滑りにくく無いですか?
私は、身長180cmに対してポールの長さを95cmにしてるんですが、これって短すぎですかね?
この間、友達と滑りに行ったら短いすぎんじゃ??みたいな事を言われたもんで…。
まあ、個人的にはこの長さで良いかなと思ってるんですが、他の方はどの程度なのか参考までに教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 具体的には判断できないのですけれど、あまり短すぎる場合にはストックを付くために上体が傾いてしまいます。


 モーグルの場合でも上半身は真っ直ぐに滑った方が良いことは確かですので、その辺りで判断されても良いのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

上体ですかー。確かに整地でポールをつくのは困難な長さではあります。
コブではそうでも無いんですけどね。基本的にコブ派なんで良いと言えば良いような…って感じではあるんですが。
参考にさせて頂きます。有り難うございました。

お礼日時:2006/02/23 23:54

短いですね。

人それぞれにこのみがありますから。でもコブオンリーならそれくらいでいいかも。慣れもあるし。オリンピックを見てるとみんなそれくらいの長さの気がします(推定)

ちなみにおいらは身長180CM、105CM

自分ですべり易いのが一番
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポールを短く切って1回目は正直やばい!切りすぎた!って感じではあったんですが、最近は慣れてきています。
この間、友達の120cmのポールを試しに借りてみたら、逆に長すぎて気持ち悪い感じでした。
ようは慣れなんですかねー。
今度切るときは5cmぐらいずつ徐々に調整してみます。有り難うございました。

お礼日時:2006/02/23 23:50

傾向としてモーグラーのストックは短めなんですが、


身長180cmで長さ95cmは少し短いかと思います。
まぁ、人それぞれで、慣れれば問題無いかもしれませんが。。。
コブ斜の中ならともかく、整地で更に滑っていない時に見たら、
余計に短く見えると思いますよ。ご友人もその姿を見て短いと思われたのでは?

私はモーグル派のゲレンデスキーヤーです。
モーグルコースも整地も深雪もやりますので、
極端に短くしないで、通常の人の長さマイナス5~10cm位でしょうか。
(身長170cmで、確か105cmだったかな?
以前は115cmでしたが、モーグルコースには不向きな様な気がしたため短くしました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。私はもともとの長さが110cmだったんですが、コブをメインで滑る派なんで、チョット長いかな?と思い切っちゃったんですよね。
切りすぎたかもしれません…。
コブでは全然気にはならないんですが、整地でははっきりいって届きません(笑)
参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2006/02/23 23:43

短いです多分 まあ人それぞれですが



参考URL:http://www.websports.jp/choice/choice_stock.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HP見させて頂きました。
モーグルで身長の60%が基準とありますね。
それからすると、短い過ぎかもしれませんねー。
参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2006/02/23 23:36

短すぎではないでしょうか?


僕の場合は、身長175でポールは115です。
一般的なスキーでは肘を直角に曲げられるぐらいといいますが、おそらくモーグルも変わりはないかと。
オリンピックとか見ててもそれぐらいな気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり短すぎですかねー?
もともとの長さが110cmだったんですが何か長い感じがして切っちゃったんですよね。
今更戻すことは出来ませんが、古いポールなんで今度買い換える際は再度検討したいと思います。有り難うございました。

お礼日時:2006/02/23 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコブ斜面の滑り方

大体ハンターマウンテンのコブ斜面(FDRコース)で練習をしています。
このコースは斜度が余りなく、転ばないで何とか下まで滑れます。
ただ、自分滑りは結構えぐれた溝の壁にスキーをあて、吸収動作でコブを越える形で、スー・ドン・スー・ドンという感じとなり、結構、体に衝撃もきます。(スーはえぐれた溝と溝の間の滑りで、ドンはえぐれた溝にあてて吸収する部分)
上手い人の滑り方、ラインとは少し違うように思いますが、いかがしょうか。
後傾の為、滑らかなターンができていないようにも思います。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつもりで、必死でそれらを避けるとイメージするとよいと思います。
コブの中はすり鉢状になっているので、横方向にトップを向けていても、
ハーフパイプのように必ず谷側方向から反対の横方向に向いて板のトップが向いてきます。
板が回ってきたら、最初に戻って次のコブのできるだけ高い位置を目指すだけです。
ポイントとしてはストックをできるだけ長い時間突き、ストック支点で体を回すようにするとよいです。

基本的にこの滑り方はコブをコブとして考えない滑り方ですので、
コブの一番えぐれた部分は見ないようにイメージするとよいと思います。

言葉での説明は難しいのですが、
茶碗を二つ並べて少し斜めに置いてみてください。
この時、茶碗の縁に指を滑らせるのがバンク、
茶碗の縁から底そして縁という風に滑らせるのが質問者様の滑り方だとイメージするとよいと思います。

付け加えておきますが、バンクの滑りは溝コブに対して有効ですが、天然コブにはあまり向いていません。

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつ...続きを読む

Qスキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎ

スキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎるのでしょうか。自称中~上級者で小回りやコブ斜面で上達したい為、短い方がよいと思いますが、一方で安定性などが心配です。

Aベストアンサー

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます、回し込むなら短めを選び、縦に滑るなら長めを選びます



私も同じような体格ですが
ここ2~3年は手持ちの最も短い板は175cmでした、これでコブも整地のショートターンも問題なくこなしていましたし、コブなどは短い板より楽でした(例外的に凍ったコブだと165cmくらいの短い板の方が楽ですが)

去年165cmの板を入手したので使ってみましたが結局シーズン中1日しか使わず、7割が175cmの板で残りは190オーバーの板で滑っていました(どれもここ6年以内に製造された板ばかりです、念のため)

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります
ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます...続きを読む

Qスキー、えぐれたコブの滑り方

スキーでコブを滑りますが、コブの中でもコブの溝が船底のようにえぐれている、言い換えますとコブの裏(横滑りでずらす面)が切り立ったコブが上手く滑ることができません。
ビビッて後傾になっていることが原因と思われますが、上手く滑るコツがありましたら、是非教えて下さい。お願い致します。バンクターンも外側の面が切り立っていて難しいところです。

Aベストアンサー

言葉でスキー操作が説明できればスキースクールはいらないし、本を読めば誰でも上級者。
難しいところですね。

スキーで後傾は全てNGなのでなんとか克服してください、後傾の原因は沢山あるので原因が特定出来にくいんです。
モーグル的な滑りは別として、イメージ的にはコブの腹を滑ることです。
ストック付くポイントは、コブのトップを目指すのも良いと思います。
視線は滑ろうとする次のコブです。
コブの腹を横切りコブの向こう側でスキーをずらしてスピードを制御し、スキーが真横になる前に次のコブへ移ります。
最初はゆっくりでいいのでスピードコントロール出来るようになったら徐々にスピードを上げてゆきます。
理想は谷まで落ちないこと、谷まで落ちると上下運動が大きくなるのでショックが吸収しづらくなるしスキーが跳ねると制御できなくなります。
上手な人ほどスキーを落とさないので体が上下しません。
デモレベルになるとトップの僅かなスペースでターンとスピードコントロールするので、落ちているほどのスピードでも体はわずかに上下するだけです。

やっぱり文章ではキツイです。

Qコブの滑り方を教えてくれるスクール教えて。

スキー暦は長いのですが、コブがさっぱりうまく滑れません。
本を読んだり、ビデオを見たりして色々研究したのですが、実際にコブ斜面に立つと、びびって後形するは、ルートは飛び出すはで、散々な状態で降りています。
何とか今シーズンこそ、コブを攻略したいので、コブの滑り方を教えてくれる良いスクールを教えてください。
私自身は中年のスキーヤーで中学生の息子と一緒に学べるようなおすすめのスクールがありがたいと思います。スキーの腕前は息子も私も3級と2級の間くらいだと思います。

Aベストアンサー

新潟県の者ですが、浦佐スキー場がお勧めです。
新潟県南魚沼市にある大変小さなスキー場ですが、
スキースクールの質は高く、カリキュラムも豊富で、各レベルに合わせた授業を実施しています。
スキー場自体の規模は短いリフトが一本と庭のようなスキー場ですが、
それゆえにスキースクールの充実に力を入れ国内有数と言ってもいいくらいのスキースクールに育てました。
例年小雪に悩まされてきましたが、今年は雪も十二分にあります。
スキー場自体は小規模ですが、スキースクールのためにレッスン用にコブ斜面もきっちり作ります。

交通手段は上越新幹線の浦佐駅前です。
お車でしたら関越自動車道六日町インターから20分弱、ETCをお持ちでしたら
六日町の先の大和PAからも降りれます。

スキー場とは関係ありませんが、3月3日には日本三大奇祭の一つと言われている
「毘沙門堂 裸押し合い祭り」もあります。
よろしければこちらも参加なさっては?

Qコブの滑り方

コブの滑り方について質問です。
先日、スキーで、モーグルレーンを滑り、滑走中を撮影しました。確認したところ、足が少し開いた後、足を揃えるようなフォームになってました。急傾斜、深い凹凸、ガリガリ雪面の状況が強くなると、足の開きが大きくなり、身体がバタついてしまいます。
無理に足を揃えると、スピードが殺せなくなるか、板が重なるかで、転んでしまいます。
いろいろ研究するのですが、直せません。良い練習方法や的確なアドバイスがあれば、御伝授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

緩斜面のコブでしっかりと吸収動作を身につけてください。
低速でできないことは高速ではできないです。
また最初は極度の膝の屈伸を意識してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報