以下の2つの問題です。

(1)離陸後、しばらくの間は一定の角度θで、上昇する飛行機が、その間に100Km飛行して、光度が10km上がったという。θの大きさは約何度か。

(2)公園に高さ2.5m、長さ6.0mの滑り台がある。この滑り台の傾斜角は約何度か。

似たような問題で、できそうな気がするのですが、答えが出ません。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

↓間違えました(1)でtanθ、(2)sinθを利用してときます。



あと、飛行機の飛んだ距離というのは水平距離ですか?

この回答への補足

問題には、あのようにしか書いてなかったので、私も、ちょっと「?」なんです。
問題が、私的には水平距離ではないような気がするのですが・・・違うんですかね・・・?

補足日時:2002/01/14 17:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の説明不足で済みませんでした。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 19:10

この問題はいずれも三角形各辺の長さからsin、cosを求める問題です。

三角関数の授業の一番初歩の問題ですが、
三角形ABCがあり、∠A=θ、∠B=90度のとき、sinθ=BC/AB、COSθ=AB/AC、sinθ=BC/CA、tanθ=BC/ABという公式があります。
(1)ではsinθを、(2)ではtanθを求めた後、三角関数表を利用してθを導きます。
    • good
    • 0

問題文を図に表すと、簡単に解けます。


(1) 底辺が100、高さが10の直角三角形で表せます。θ=arctan(10/100)
(2) 斜辺が6.0、高さが2.5の直角三角形で表せます。θ=arcsin(2.5/6.0)
なお、arctan(アークタンジェント)およびarcsin(アークサイン)は、関数電卓やWindowsの電卓(calc.exe)などを使用すれば求められます。

ちなみに、答えは以下の通りです。
(1) θ=5.71059313749964251269588134823436[度]
(2) θ=24.6243183521640757387679385311235[度]
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、すいませんでした。
助かりました。Windowsの電卓を使えば、そんなに詳しく計算できるんですね。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 19:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ