レポートの課題なのですが、アドバイスを下さい!

「株式会社が資本主義の発展に伴って支配的な企業形態、会社形態としての地位を確立したのはなぜか。」

といった課題なのですが、株式会社の特徴をメインに考えていけばいいと思うのですが、どうもうまくいきません。どなたかお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://www.tse.or.jp/beginner/stock/index.html

http://www.tse.or.jp/beginner/stock/index_first. …

上記が株式会社の基本的な考え方です。

会社を運営するための資金を調達する方法として、借入(社債発行)と株式発行と、大きく分けて二種類の方法があります。
戦前、戦中においては、貸出と出資の両方を銀行が受け入れた為、銀行の力が強く融資を受ける企業の生殺与奪の権利は銀行が握っていたと言えます。この状態が変化したのが、戦後GHQによって行われた財閥解体です。銀行による株式保有は大きく制限され、次のように資本主義が発展することとなりました。
融資は、株式よりも返済順位が優先します。このことから株式資本と会社資産、会社の利益状態を判断して返済の是非を決定するという方向になりました。
このため他の会社を支配するためには、融資を行うことよりも出資(株主となる)が優勢となったと考えられます。

満点の答えではないと思いますが、私ならば上記のように間接金融から直接金融への移行のきっかけを財閥解体に遡ります。
    • good
    • 0

会社形態としては、株式会社・有限会社・合名会社・合資会社とありますが、この中で、出資分を自由にかつ簡単に譲渡できるのが株式会社なのです。


その他の会社については、出資分の譲渡に制限があります。
そのために、株式会社が支配的な企業形態、会社形態としての地位を確立したのです。

詳細は、下記のページと参考urlをご覧下さい。

http://www.rakucyaku.com/Koujien/A/A000000

http://www.okasan.co.jp/investment/chishiki/kabu …

http://www.venture.tao.go.jp/management/mana0000 …

参考URL:http://ekimae.toshiba.co.jp/biz/kabu/body01.shtml
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米国株式というか すべての株式相場は金利に支配されている?

 銀行からお金を借りて、株式投資している投資会社がほとんどなのでしょうか?
 株式相場が、みな自己資産のとろい投資家ばかりだったらこんなに下がらない?
 どの国も株価は金利そうさでコントロールできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>どの国も株価は金利そうさでコントロールできるのでしょうか?
とてもできません。

株式相場と金利のみを対比すること自体無理があるように思います。
株式、景気(経済成長率)、物価、金利を総合的に判断すべきでしょう。
現在のアメリカの場合は、金利上昇が最終局面に入ったのかもしれません。株はどれよりも先行して動きますから。
金利の上昇局面の初動では株は上がるのが普通なんですよ(国策に間違いがなければ)景気と物価が株を引っ張りますから(逆とも言えますが)

株がもっとも影響を受けるのは税金ですね。
ボデイーブローのようにじわじわきいてきます。

Q「経営支配株式」って何ですか??

私は今大学で会社判例について学んでいます。判例集に「経営支配株式」という言葉がありましたが、図書館でいくら調べてもわかりませんでした。知っている方、どうか教えて下さい!!

Aベストアンサー

 株式会社の株主に相続や譲渡のとき、株券を評価しなければならないことがあります。上場会社ならばその価額は新聞などで発表されていて、計算できますが、数の上で圧倒的に多い非上場会社や株式が譲渡制限されている会社については、評価方法によリ、価額に大きな差が生じます。そのとき、どのような方式の評価方法を採用するかについて、株式の所有者に着目して、評価方法を選択するが一般的です。「経営支配株式」は経営者や経営者と同族など会社経営に影響を与える人が持っている株式で、純資産から評価額を算定する方式を中心にして計算するのが適当とされています。これに対して、一般株主は経営に参加できずに配当金をもらうだけが主ですで、それらの株は配当還元方式を中心にするほうが適当とされています。

参考URL:http://www.jtri.or.jp/6/zeiho3.html

Q株式会社青木建設の株式の処理について

民事再生手続きとなっていた株式会社青木建設は、あすなろ建設株式会社と合併消滅となるようです。
実は、民事再生手続きの際に大和證券から株式会社青木建設の株券が手元に戻ってきています。それは、既にただの紙と思っていましたが、今回の合併で何か良いことはあるのでしょうか。また、失ったお金は、今更所得税から控除するなどできますでしょうか。
今更の話で恐縮ですが教えてください。

Aベストアンサー

100パーセント減資が、確認されましたので、
もう無価値ですので、完全に売れません。
つまり、損失は永遠に申告できなくなりました。

14年再生計画により、100パーセント減資
現在 高松70・小松30パーセントの2社だけが株主です

法人株主なら、損失計上できたんですがーーーー

Q”会社発行株式総数”と”発行済株式数”のちがいは

”会社が発行する株式の総数”と”発行済株式数”はどのようにちがうのですか。

Aベストアンサー

”会社発行株式総数”は、定款に記載された株数です。
株主の了解を得て、ここまで株式を発行しても良いですよ、と言う上限の株数です。

”発行済株式数”は、上記”会社発行株式総数”の内、既に発行済みとなっている株数です。

では、では、がんばって下さい。

Q日本通信放送株式会社の分割吸収による株式数について

現在、日本通信放送株式会社の株を保有しています。
先日次の内容の文面が送られてきました。
「この度、株式会社エコワとの分割吸収および減資の議案が承認され株式併合します。よって株券を当社まで提出し、期日までに提出しない場合株券は無効となります」
お金を払って買った株券を期日までに送らなかったからと無効になってしまうものなのでしょうか。

Aベストアンサー

そのようですね。
買った時点で投資価値は半減してるあの会社ですよね?
しかも、いまだに上場しないという。

まあ、絶対現金に出来ないという時点であきらめるべきでしょう。

私も資料一式kもらって直接問い合わせてみました。

社長がいろんな団体とかに名前載せてる時点で先行きあぶないですよ。
社長の名前を検索してから判断しましょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報