我々は自分の感情を表す場合,どのような手振り,身振り,など外顕的行動を取るか。についてなんですけど、自分の行動を思い返してみても思い当たるものがありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ま心理学と言ってもあくまでも一般的な傾向ですから、貴方が一つもそれに当てはまらないということがあっても別に不思議ではないです。


また心理学は欧米先行型ですから、日本人に合わないものもあります。

あるいは単純に貴方が自覚してないだけという事もありますね。思い返すよりも、現在進行形の状況をちょっと冷静な第三者の目で自分を見つめなおしてみると気付くかもしれません。あ今ちょっと緊張してるなって時、ふと手の動きを認識してみると、鼻に手がいっていたとか。
    • good
    • 0

参考例を



1.相手に心の壁を作っているときは腕を組む。
2.恥ずかしいときや緊張してると頭に手が行く。
3.ウソをつくときは顔の左右が歪む。あるいは鼻を触る。
4.慌てるとこぶしを握ったり、そのこぶしを震わせる。
5.考え事をすると視線を上にそらす。あごに手が行く。
6.いらいらすると、そわそわと歩き回る。
・・・etc

結構あるもんですよ。
    • good
    • 0

他の方の回答を見るとハズしてそうですが,一応カテゴリが心理学なのでコメントしておきます.


心理と外的部所の関係は未解決問題だと思います.例えば,数年前から話題になっている眼球動作式カウンセラにしても,なぜクライアントの視点を動かしながらカウンセルすることにより大幅に効果が上がるのか,科学的に(私の知る限り)判明してません.
従って,自分なりの仮説を立てて検証(臨床あるいは主観)実験するしかないと思います.
    • good
    • 0

意志伝達は書く、話すとともにしぐさを通じて行われます。

しぐさは体全体を使った言葉ともいえるでしょう。眼を見詰め合う、眼をそらす、手を振る、握る、抱擁、キス全てが意味を持ったしぐさです。しぐさは国民、地域、文化によって表す意味が異なり、同じしぐさが正反対の意味を表すこともあります。次のような参考書が図書館にあると思いますので見て下さい。

[しぐさの比較文化](大修館書店)
[ヨーロッパ人の奇妙なしぐさ](草思社)
[比較生活文化辞典]大修館書店
    • good
    • 0

怒っているとき、コブシを握り締めるとか、


照れくさいとき、頭をごしごし掻くとか、
そういうことですかね?

イライラしたり、落ち着かないときなども、
むやみに歩き回る人とかいますよね。
    • good
    • 0

日本人は農耕の歴史が長いのでしかたないと思います。


逆に白人の様に狩猟などを主に行って来た歴史を持つ民族であれば、獲物に気付かれずに意思の疎通を図る為に必要なので今でもジェスチャーが上手いですよね。
実際に外国船などに乗り込むと、白人系の方は私の変な英語でも身振り手振りである程度解っていただけるのですが、アジア系の方にはまったく通じません。
まあ元々日本人はジェスチャーが苦手なのです。
っと言うか、感情を表に出さないのが美徳とされた時代が長いですし。

でもderencho様の好きなサッカーなどでもアイポイントなどはその範疇に入ると思うのですが。(目を使うか手を使うかの違いだけだと思います)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロント三角窓にステッカー

オデッセイのフロント左右の三角窓にステッカーを貼ろうと思っているのですが、車検は問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

問題あります。
ユーザー車検で検査官から注意(剥がすように)言われました。
私も、オデッセイです。…カーセキュリティーのステッカーだったんですけどね。ガラス部分でなければOKのようです。

Qジェスチャーについて (身振り手振り)

こんにちは。
話をする時に必ずジェスチャーしながらじゃないと話せないのは何ででしょう。
より伝えたい思いからだとは思うのですが、ただの癖なのか?
電話で話してても、相手には見えないのにジェスチャー・・^^;
心理、癖についての参考サイトも教えて頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「対人距離と発話内容がジェスチャーに与える影響」という滋賀県立大学の論文がありましたので添付します。
なかなか面白そうですよ。
ちなみに私は話すときほとんどジェスチャーをしません。
するひと、しない人、どう違うんでしょうね。
きっと声の表情とかも違うと思う。
私は結構淡々とはなすほうです。

参考URL:http://www.shc.usp.ac.jp/hosoma/slud32hosoma.pdf

Q社名・車名のステッカーをはがしてもよいでしょうか。

原付を買ったんです。
シート下の左右に車名のステッカーとヘッドライト下に社名・車名のステッカーがあります。

はがしてスッキリさせたいのです。
法律的に違反しているのでしょうか。
それと、売る場合にマイナスポイントになるのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

剥がしてよし!

法律にも何にも違反しない。
オーナーの好みでOK!!!!
ぜんぶ塗り替えちゃう人もいます。

売る時にはマイナスかもしれないけど、どうせ原付の下取りなんて二束三文だし。
20万が10万になる訳じゃないので、ほとんど関係無し。

ドライヤーであぶりながら剥がすときれいに剥がれるよ。
バイクによってはステッカーの上からクリアー塗装がしてある場合があります。タンクなど。
そのときは剥がさないほうが無難。
跡が残って汚くなります。

Q我々のご先祖様は、毒クモに多大な被害を受けていたので、その感情が、現代の我々に引き継がれているのでし

小林朋道著の「ヒトの脳にはクセがある」を興味深く読んでいます。以下について、気になったところがあります。
<ちなみに、現代人の精神症になかで特定恐怖症という症状が知られているが、その対象となりやすいのは、先進国でも発展途上国でも共通して、「猛獣」「ヘビ」「クモ」「高所」「水流」「落雷」「閉所」である。>
狩猟採集生活時代の人類の先祖は、挙げられた例えば猛獣・ヘビに対して非常な脅威を感じていたことは、理解でき共感できます。
しかし、なぜ、クモが、特定恐怖症の症状の対象になっているのでしょうか? 我々のご先祖様は、毒クモに多大な被害を受けていたので、その感情が、現代の我々に引き継がれているのでしょうか?

Aベストアンサー

暖かい時期に、山や林に行けばわかります。
山道に張ったクモの巣に顔からつっこんだらどんなに不快か。
注意していても見落としてしまいます。相手は、虫に見えないように
巣を作っているんですから。
太古の人類もずいぶん苦しめられたはずです。

Q「BABY IN CAR」のステッカーについてです

子どもを産む前は車に貼る「BABY IN CAR」のステッカーに批判的な考えを持っていたが、実際自分が子どもを産んだらちゃっかり貼っちゃってる方いらっしゃいますか?

私はそのステッカーが貼られている車を見ると「どうしろというのじゃ…」といつも思う批判派です。交通事故時、救助隊の方々がそのステッカーの有無に左右されることはないというのも知っています。

私は近々出産する予定です。現時点ではそのステッカーを貼ろうとは微塵も考えておりません。が、実際産んだらなんか変なホルモンが分泌されて、もしかしてステッカーを貼りたくなるのでは?と思ったりします。
私の住んでいる集合住宅の小さい子持ちの方々は見事に全員貼っています。自分の周りの普及率の高さに驚いております。
実際子どもができると、そのステッカーの意味なんかどうでもよくて、とりあえず貼りたいという気持ちが芽生えるもんなんでしょうか?
「BABY IN CAR」の魔力恐るべし…。

Aベストアンサー

質問者様の質問が潔く、面白かったので回答します。

私も子持ちですけど、運転しててそのステッカーが貼られてる車を見る度に「で?」って思います。
で大抵、どんな親子?って思って信号待ちに見たら、チャイルドシートに乗せてなかったりとか、乗せてても助手席とか、
変な親も多いのも事実です。んなステッカーに気を回すくらいならもっと子供の安全考えろよ…って思いますね。

多分、あれってタダで貰えるんじゃなくて買わなきゃいけないからたとえ変なホルモンが分泌されても、
マトモな神経持ってたら買わないと思います(笑)
とりあえず質問者様は「妊婦さんが乗ってます」ってステッカー、貼ってないなら大丈夫。

マタニティマークと一緒で、そんなの貼ってたら余計に煽られちゃうんじゃないの?って思いますね。

Q感情による衝動や行動等の制御と自律

こんばんは。(おはようございます?)

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。

私は「怒り等の感情による(例えば『人を殴りたい』『人を殴る』等の)衝動や行動等を自律では制御することができず、(例えば法律や法律に基づく罰等の)他律の力を借りることで、精神的苦痛を伴いながらも何とか制御することができた」と言う状況を幾度となく経験して参りました。

当時の状況を思い出すと、一見同じような状況であっても、感情による衝動や行動等を自律で制御することができたケースと、制御することができなかったケースとがありました。

また、当初は感情による衝動や行動等を自律で制御することができなくても、時間が経過するにつれて自律で制御することができるようになったケースもありますし、逆に当初は感情による衝動や行動等を自律で制御することができたのに、時間が経過するにつれて自律では制御しきれない状況になったこともあります。

感情による衝動や行動等を自律で制御することのできる状況と、自律では制御することができない状況とでは何が違うのでしょうか? 感情による衝動や行動等を自律で制御するには、どのような条件が必要なのでしょうか?

当質問において、私は「自律」と言う言葉を使っておりますが、もしかしたら、感情による衝動や行動を制御しているのは「自律ではない別の何か」なのかもしれません。この辺りも含めましてご回答やご指摘等を頂けたら助かります。

宜しくお願い致します。

こんばんは。(おはようございます?)

カテゴリー違いでしたらごめんなさい。

私は「怒り等の感情による(例えば『人を殴りたい』『人を殴る』等の)衝動や行動等を自律では制御することができず、(例えば法律や法律に基づく罰等の)他律の力を借りることで、精神的苦痛を伴いながらも何とか制御することができた」と言う状況を幾度となく経験して参りました。

当時の状況を思い出すと、一見同じような状況であっても、感情による衝動や行動等を自律で制御することができたケースと、制御することがで...続きを読む

Aベストアンサー

imananjiさん、こんばんはm(__)m

私は勉強中の一般民間人ですので、正解は書けないと思いますが、がんばってみます。

>怒りや怒りによる衝動の発生が抑えられている段階では、>欲求自体が無い(または弱い)ので欲求不満にはならない>(またはなり難い)為、怒りが誘発される確率(または怒>りのレベル)も低いのですね。

一つずつ分けて考えてみましょうか。

まず一つには、衝動の発生を抑える以前に怒りの度合いと不満度の関係があります。
感情には「怒り」「喜び」「期待」など、基本となる感情が8つあり、それぞれには強度がある、という考え方があります。
怒りの場合には、困惑<怒り<激怒 となるそうです。
ある事象に対する欲求不満度・苦痛度で、怒りの強度も変わってくるのですね。
つまり、欲求不満度は衝動の抑制に直接関係しているのではなく、怒りの強度に関係していることになります。

そして次に、この怒りの強度と攻撃行動への衝動との関係です。
攻撃行動は何も怒りだけではなく、嫌悪とか恐れ、悲しみなどでも見られることだと思いますが、それぞれの感情には怒りと同じように強度があります。
それらの感情が強ければ攻撃行動への衝動も強いものになると、これは私の経験からですが、考えられると思います。
不満度によって怒りの強度が変わり、怒りの強度によって攻撃行動への衝動が変わる、ということになるかと思います。

>怒りや怒りによる衝動があるのに行動を抑えている段階に
>なると、欲求不満により怒りが誘発されるのですね。

これは、すでにある怒りが原因で更なる強い怒りが生じたということですね。

そして更に、攻撃行動への衝動の強度とそれを抑える力の関係があります。
ここに関係してくるのが、「自我」というものになるのでしょう。
自我というのは、働きというよりも、人間の精神構造が自我を含めた欲求・自我・超自我からなっている、としか私には説明ができません。
ゴメンナサイ。
このあたりのことは書くと論文になってしまいます?ので、参考URLを書いておきます。

怒りという感情は、知らない人よりも身近な人にほど向けられ易いですね。
骨肉の争い、なんて言いますが、典型例ではないでしょうか。
十何年も経ってから思い出される怒りというのは、発散されていないのでしょう。
誰にも「あ、思い出しちゃった。今ごろになって超ムカつく!」ってことはありますって。
冷静になるだけではなく、その後に発散されることが怒りの解消には必要なんですね。

参考になるのか?ならないのか?
ならなくても怒りのレベル弱にしておいてください(~~;)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~watawata/psycho/p3.htm

imananjiさん、こんばんはm(__)m

私は勉強中の一般民間人ですので、正解は書けないと思いますが、がんばってみます。

>怒りや怒りによる衝動の発生が抑えられている段階では、>欲求自体が無い(または弱い)ので欲求不満にはならない>(またはなり難い)為、怒りが誘発される確率(または怒>りのレベル)も低いのですね。

一つずつ分けて考えてみましょうか。

まず一つには、衝動の発生を抑える以前に怒りの度合いと不満度の関係があります。
感情には「怒り」「喜び」「期待」など、基本となる感情...続きを読む

Q検査標章(ステッカー)の位置

お世話になります

検査標章(ステッカー)なのですが、車検に出すと、フロントガラスの中央ルームミラー付近に貼りますよね。
あのステッカーを剥がして、フロントガラス上部の左右どちらか(勿論ガラス上部のスモーク部分を避けます)に貼り直したいんですが、移動しても構わない物なのでしょうか?。法に触れる気もするもので・・・。

外から見ると、フロントガラス上部にブルーのスモークが入っているので、結構フロントガラスの中央に貼ってあるように見えて、目立つんです。運転席からは、全く視界には入らないんですが・・・・。

Aベストアンサー

視野を妨げない位置であれば良いので、左側の角でも大丈夫です。

トラックやバスなども、そこに貼ってある事があります。

また、上部のスモーク部分に貼っても問題無いので、中央のスモーク部分より下に貼ってあるのが嫌なら、もっと上に寄せてスモーク部分に貼ってしまってもOKです。

但し、1回貼った物は剥がすと使えないので、(細かく破れるようになっているので)車検場で再発行手続きが必要です。
(簡単な手続きなので、印鑑を持って平日9時から5時の間に行きましょう)

Q行動で感情をコントロールするには?

興味深い記事を見かけました。
「行動で感情をコントロールしよう」(日経新聞系のサイト)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080513/156359/

行動が負の感情をコントロールする鍵となり、前向きになると言うものです。このように「行動が感情を左右させる」ということは心理学では普通のことなのでしょうか? そのメカニズムとは? あいにく上の記事では、詳しいことが分かりません。もし新書あたりで詳細に解説しているお勧めの本などありましたら、ご紹介のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の事柄は情動の抹消起源説、いわゆるジェームス=ランゲ説と呼ばれるものではないでしょうか。

この理論は人間は悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ、というように環境に対する身体的な反応こそが情動体験を引き起こす原因であり、生理的(末梢の)変化によって感情が生じるとする説で、情動が身体の変化と関連しているという考え方に影響を与えたとされています。
19世紀後半から20世紀初頭におこった機能主義心理学の流れで提唱されたと学びました。

私は認知心理学の専攻でないうえ、まだ学生のためメカニズムなど詳しくは知りませんが以下のページに詳しいようです。

初投稿でした。ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://charm.at.webry.info/200604/article_4.html

Q車のステッカーを素早く剥す方法ってありますか?

ご存知なら教えて欲しいのですが、いわゆる「社用車」なのですが(ボンゴ)
横(左右)に大きなステッカーが貼ってあります。(先からお尻まで・・・)どうにかして剥したいのですが簡単に方法を教えていただけませんでしょうか?先日少し剥したのですが、市販のシール剥しでは殆ど効果は有りませんでした。宜しくご指導下さいませ。

Aベストアンサー

私のやり方は、熱湯をヤカンに用意する、カッターの刃だけ用意する。
その後剥がすところに少し広めに熱湯を掛ける、掛けた端っこにカッターの刃を入れます(塗料を削らないように注意)
指先で持てるように少し剥がせたら、そこを指で持ち(火傷に注意)車体から剥がす所(表現が)最初は少ししか剥がしていないので指に掛かるくらいの位置です。
熱湯を掛けながらステッカーなどが破れたりしないように少しずつ引っ張ります、それも前から作業するのなら後ろに向けるつもりで・・・

大抵はこれで糊も残らずきれいに剥がれます、看板屋が作ったような物であっても、ガラスに張っている物ならもっと楽ですが(ガラスが割れる可能性も有るが)多少こつは入りますし、下手したら塗料を削ったり火傷のおそれも有ります。
車の左右と言うことなのでヤカン何杯かいると思いますが・・・

Q 感情に振り回されて、理性的に考えられない人を慰めるには、感情で対応す

 感情に振り回されて、理性的に考えられない人を慰めるには、感情で対応するしかないのですか?
その場合、感情を汲み取り冷静になった時点で、理性に語りかけると、修正が効くのですか?
なんか、ざっくりと聞いていますが、大体の感覚を教えてください。どうも、感情に囚われ、思考形態の誘導が効かない人の役に立てません。

素人なので、変な用語を使っていることは、お許しください(笑)。

Aベストアンサー

>感情に振り回されて、理性的に考えられない人を慰めるには、

まずは感情を高ぶらさせないように落ち着かせる。

まずは同意。相手をそのまま受け止め、信頼関係を築くところから始める。

で、そこから少しだけ方向を変えてやる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報