IT技術の競争戦略における「ケイパビリティ」とどういう風に考えれば宜しいのでしょうか?組織能力、組織デザインというカテゴリーに入っているものの具体的な説明がないので宜しければ教えて下さい。また、メディア戦略における「リッチネス」もお願いします。

A 回答 (1件)

 ケイパビリティについては、よくわかりません。

ごめんなさい。

 リッチネスについては、下のURLがちょっと参考になりそうです。
 ダイレクトメールより電話の方が、電話より実際に会う方が「リッチネス」すなわち、意志の伝達能力は高くなります。
 ダイレクトメールなら大量に印刷して送るだけなので、1日に1000人に送ることも可能ですが、実際に会うというのは、1日に数人しか無理です。つまり、リッチネスが高いメディアほど、届く範囲(=リーチ)が狭くなるということで、これを「リーチとリッチネスのトレードオフ」といいます。
 IT技術が「リーチとリッチネスのトレードオフ」の克服に役に立つ、という議論もあります。これについては
http://www-6.ibm.com/jp/gto/efront/000728.html
あたりが参考になると思います。

参考URL:http://www.yokotakeda.com/presen/9601/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有り難うございました。ケイパビリティは別でお聞きしたので大丈夫です。
おかげでよく分かりました。

お礼日時:2002/01/22 17:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出口戦略って

出口戦略って、どういう意味ですか?

Aベストアンサー

不動産コンサルティングを主にやっています。
出口戦略とは、予想される保有期間経過後に、不動産などの資産等の換金方法(不動産でいえば売却方法)をあらかじめ決めておくことです。
ある不動産を購入できる機会があったとすると、どのような形で売却をすることが費用対効果の面でもっとも有利か(収益が上がるか)ということを検討し、その最大の効果のある投資を行うことができるとするものです。

Qサプライチェーン戦略における・・

サプライチェーン戦略における
Many suppliers Strategy および
Few Suppliers Strategy の役割について
資料を集め、プレゼンしなければなりません。
英語の本で訳しているのですが、
この二つの戦略の訳がうまく思いつきません。
ご存知の方よろしければ情報お願いします。。><
訳も自信が無いので、よろしければ二つの果たす役割についてもお願いします。。

Aベストアンサー

"Few suppliers Strategy" SCM

で検索したら、パワーポイントが引っかかりました。
英語の部分が多いので、参考になるかと思います。

それぞれのメリットも書いてありました。

Aベストアンサー

出世競争はハイリスク・ハイリターンです。
意味が分かりますか?

Q企業の組織運営方式について

企業がどのような組織運営形態(カンパニー制など)をとっているかを調べるにはどこを探したらいいですか?
ホンダやトヨタなどの自動車関連について調べようと思ってます。

Aベストアンサー

帝国データバンク等の企業調査資料の中には、会社組織が掲載されてあります。ただし、高額ではありませんが、検索は有料だったと思います。

無料で調べるとすれば、本屋さんで「業界紹介本」等を調べれば乗っているものがあると思います。また、ホームページの「会社概要」欄にも掲載されているケースがありますね。

Q個人の力と組織力の違いについて

個人の力と組織力の違いについて

現在、私は個人経営的な環境で商売をしている者です。
先日、同一商品を同一期間、同一価格、商圏や客層もほぼ同じ条件下で販売した際
大企業の方が自分たちより2~3倍、売れていました。
条件はほとんどすべて同一でした。
品物の仕入れから販売まで、大企業側より迅速に動き回った結果がこれでした。

常々、従業員が自分と同じ作業をした時 1/3程度しか仕事がはかどらない…
これが普通なんだな…と、思っていました。
しかし、今回の事例は
私個人の能力がいかに優れていても 組織的に動いている仕事の前では
私自身が1/3程度の能力(実力)しか発揮できない現実。
すぐれた人材でなくても、組織の一員として機能することで3倍の結果を出せる現実。

そう考えると、大企業に籍を置いていた時には発生しなかった事故やクレームにも
納得できる部分があり、それを解決しなければならないと決意を固くするのですが…。


質問は、このような状況下の私にとって参考になる書物や何かがありますでしょうか?

自分で調べろ!とか、回答されそうですが
何分、限られた時間内で情報を得たいのでよろしくお願いします。

個人の力と組織力の違いについて

現在、私は個人経営的な環境で商売をしている者です。
先日、同一商品を同一期間、同一価格、商圏や客層もほぼ同じ条件下で販売した際
大企業の方が自分たちより2~3倍、売れていました。
条件はほとんどすべて同一でした。
品物の仕入れから販売まで、大企業側より迅速に動き回った結果がこれでした。

常々、従業員が自分と同じ作業をした時 1/3程度しか仕事がはかどらない…
これが普通なんだな…と、思っていました。
しかし、今回の事例は
私個人の能力がいかに優れていて...続きを読む

Aベストアンサー

 ランチェスター理論;質問の一部「同一商品を同一期間、同一価格、商圏や客層」ということでは、大企業に負けるのが当たり前です。あらゆる兵理が示すように、競争する時は、自らイニシアチブをとれるか、相手より一つの局面で量による優位を作れるかが重要になります。ランチェスターはそれを数学的に証明しています。(ただ、数学を勉強しろというわけではありません。事例を読めば、だいたい分かります。{尚、参考までに以下のDVDを上げておきます.?500のB級映画ですが、後半、日本軍と交戦する前のブリーフィングシーンで、パイロット達に編隊の組み直しの指示をしていますが、これがランチェスターの行ったことです。}
 ですから、この場合同じ商品でもなにかプラスアルファがある、時期をずらす、違う商圏、違う客層を狙えば、勝負はどうなったか分かりません。さらに、大企業が手が回らない部分を狙うのも重要です。時に「ニッチ」とか言われますが、これは英国のリデルハートが言った「間接的アプローチ」と同じで、要は隙間を狙え、相手の弱い部分、気がついていない部分を狙えということで、ランチェスターと同じです。
 さらに当座はしのいでも、組織力の差は確実に開きます。質問者は大企業におられたようですから、その時の状況を機能として思い浮かべて、自社の不足している機能を補完できる仕組みを考えて行く必要があるかもしれません。(例えばマニュアル化は素人を組織に組み込みやすくします。が、杓子定規や指示待ち人間が増える。あるいは、情報の共有によっては、営業にも影響が出る場合がありますが、なにか簡単なシステムを作ってみる。検索する場合、チーム力、チームビルディング、マニュアル、情報共有、ホウレンソウ、などがあります)
 ただ、小さな組織が大きくなるときは、産みの苦しみと言うか、内部が大がかりに変わります。あのApple社のように、かつては、まるで小さなコミューンの様な集まりが、今ではシビアな情報管理ができる近代的な企業に変わりました。この間、どんな企業でも上位下逹のピラミッドが形をなし、それまでの古株が消え、その企業にこだわりのない社員が増えていきます。ここで、経営者の覚悟が問われます。
 ですから、経営者としてマネジメントの勉強をして、広い範囲の管理技術を身につける時だろうと思います。ただ、マネジメント(そもそもマネジメントが分かっていない人も多い)は一様ではありません、検索して調べてみてください、その中に、今必要としているものが必ず見つかります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/第七機動部隊-DVD-FRT-279-レスリー・セランダー/dp/B000LXIOQ8

 ランチェスター理論;質問の一部「同一商品を同一期間、同一価格、商圏や客層」ということでは、大企業に負けるのが当たり前です。あらゆる兵理が示すように、競争する時は、自らイニシアチブをとれるか、相手より一つの局面で量による優位を作れるかが重要になります。ランチェスターはそれを数学的に証明しています。(ただ、数学を勉強しろというわけではありません。事例を読めば、だいたい分かります。{尚、参考までに以下のDVDを上げておきます.?500のB級映画ですが、後半、日本軍と交戦する前のブリーフィ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報