最新閲覧日:

 過去の質問でコイルのインダクタンスの測定法に電圧降下法とありましたが、この他にこの測定法はありますか?

 コイル自体の抵抗RとインダクタンスLを用いて、LR回路とみなし、周波数応答などから時定数τを求めることにより、インダクタンスを求めることはできるのでしょうか? 

 もう一つ、空芯コイルのインダクタンスはほぼ0と考えてよいのでしょうか?

A 回答 (1件)

電圧降下法よりも精密なものとして交流ブリッジによる方法があります。


それと標準コンデンサと組み合わせて共振周波数から計算する方法もよく使われます。

理論的には、周波数応答から求めることも出来ると思いますが、LとRに大きな差があると精度が悪くなるでしょうね。
空芯コイルのインダクタンスがほぼ0という事はありません。無線機やラジオでは空芯コイルをたくさん使います。インダクタンスがちゃんとあるから使えるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
 参考にして資料を見つけることができました。

お礼日時:2002/01/15 13:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ