「美術と社会の結びつきについて述べなさい」というレポートをつくらないといけないのですがよく分かりません。
(美術は社会とどのようにかかわっているのか、あるいはどんな役割をしているのか。また、社会は美術になにをもとめているのか、あるいは美術界になにができるのか等について書くこと)ということなのですが…。
なにかあったら教えてください><、全くわからないのです

A 回答 (2件)

美術と社会の間、もしくは、双方に文化という言葉があります。


文化 で、物事を考察してみてはどうでしょうか?
(1)政治
(2)宗教
(3)建築物
(4)貿易
(5)思想哲学
(6)教育
(7)経済
以上を考察すれば、紙は埋まると思います。
    • good
    • 0

harunapiさんこんにちは


さて、レポートの課題なのですが…。美術と社会の結びつきについてですか…
色々な考え方が出来るのではないかと思います。
ありふれた考えですが、メディアの発達は美術(潜在的な美術)的思考の発達が最も大きな要因であると考えられます。
物事の始まりは総て原案者(発案者)の机上の空論から始まります。
そこに続いて考慮されるのが、デザイン(美的感性)をどうするかです。
デザインは時に機能美とも表現され、目に見える形の美しさだけではなく、発案者の意図や使用用途をイメージさせる事さえ可能です。
また、話は戻りますが、美術(デザイン)的思考の向上により社会に表現される色彩が飛躍的に向上しています。
それら色彩を利用した美術は、様々な形で社会に関わっている事は普段の生活の中で垣間見る事が出来ます。
言葉や文字で表現できる様々な事は同時に表現するべき対象としての美術を形成しています。
もし貴方が、レポートを考える時、この様な考え方をしてみると面白いかもしれません。
例えば、国の政策を司る機関総てが無くなっても、世界の国と言う枠が廃止されても、人間の生活は滅ばないと思います。
但し、感性を表現する手段が失われた時、つまり美術的思考が衰退した時、人の生活は退化の道を辿る事になるのかもしれません。
事件や、事故の記録は活字で伝える事が出来るかもしれませんが、その時代に生きた人々の感性を後世に残していく手段とは美術的思考に頼るところが大きいのではと考えます。
社会における思考・考証・思想・風習・文化等をエッセンスに美術的思考は発達を続け、そのエッセンスを取り入れることで微妙なバランスを保っているのが社会なのかもしれません。
ピラミットやモスク、法隆寺等、歴史的建造物や遺跡に圧倒的な存在感や威厳があると考えるように遠い未来ランドマークやエンパイヤーステートビルが素晴らしい文化遺産となるかもしれません。
美的感性の集大成が成し得た成果として次の世代に残すメッセージは美的感性抜きでは成り立たないと考えるのは私だけでしょうか…
取り留めの無い文章ですいません。
回答にはなっていませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の格差社会の根本的な問題点とはなにでしょうか?

日本の格差社会の根本的な問題点とはなにでしょうか?

Aベストアンサー

格差「が」生み出す問題は既出の他に扶養対象が増えて国富が減少すること。
格差「を」生み出す問題は‥明治以降~現代と軽工業から重工業の「ものづくり」で稼いできた日本、途中でも過酷な低賃金長時間労働や労使闘争もありました。しかし「仕事」が無いとか「一億総中流」と自分を評したように現在ほどの格差を感じていなかったと思われます。
稼ぎ頭のモノヅクリは今後も新興国との競争に晒され「いくらでも代わりができる労働者」までは扶養できなくなります。開発、設計だけで外貨を稼ぐのは厳しいため、ご指摘のとおり一部の企業家や公務員ばかりが潤い、現状維持してワークシェアという少ない賃金分配により格差は更に増え続けていきます。人口が減り行政コストが増えて「出費」が増えて暮らしにくい国になっていくのが予想されます。
原油やレアメタルが湧き出て税金ゼロなんていう国が羨ましいですが誰かを食い物にして踏み台にしていかないと下層レベル(失礼容赦願)の引き上げをする国力は生まれません。
何故にヒモ付き海外援助を辞めたのか?時の政府の責任は大きすぎます。
(かなりの部分は公の利権屋の餌となっていたようですが)

格差「が」生み出す問題は既出の他に扶養対象が増えて国富が減少すること。
格差「を」生み出す問題は‥明治以降~現代と軽工業から重工業の「ものづくり」で稼いできた日本、途中でも過酷な低賃金長時間労働や労使闘争もありました。しかし「仕事」が無いとか「一億総中流」と自分を評したように現在ほどの格差を感じていなかったと思われます。
稼ぎ頭のモノヅクリは今後も新興国との競争に晒され「いくらでも代わりができる労働者」までは扶養できなくなります。開発、設計だけで外貨を稼ぐのは厳しいため、ご指...続きを読む

Q珊瑚礁の役割について

今珊瑚について調べているのですが、教えてください。

1、珊瑚が、空気中の二酸化炭素をどれぐらい吸収するのか?(海水が二酸化炭素を取り込む割合)樹木も二酸化炭素を取り込みますが・・・樹木と珊瑚(海水)を比べてどのくらいか?


2、珊瑚は、どのようにしてできるか。(構造など)


3珊瑚を脅かすウイルス、腫瘍のことなどについて


教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトをご参考にどうぞ。

サンゴ礁 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%8A%E7%91%9A%E7%A4%81

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%8A%E7%91%9A%E7%A4%81

Q変電所の隣の土地・・・電磁界が心配です。

ある団地で土地を探しているのですが、変電所の隣にいい土地がありました。
(別に安い訳ではないのですが、日当たりや道路の向きが理想的でした)
変電所といっても、ほとんど建物に覆われており、
外に見えるのは、変圧器1台と何かタンクのようなものだけです。
鉄塔や送電線は見えないので、地下ケーブルが使われているようです。

小さな子供もいるので、心配なのは電磁界です。
次の事項について簡単に教えてください。

1.一般的な変電所の電磁界のレベルはどれほどですか。
  また、それは健康にどのような影響がありますか。
  (変電所建物から敷地境まで約2メートル)
2.電界と磁界の強さはそれぞれ何に依存しますか。
  電圧、電流のどちらに比例するのでしょうか。式でも良いです。
3.電界や磁界は、金属で覆うことで防いだり弱くできますか。
  また、変電所が鉄筋コンクリートで覆われていることで、
  電界や磁界を弱める効果がありますか。

Aベストアンサー

#5です。

>10μTというのはWHOの言う0.3μTより相当高いですね。
●WHOでは5,000mG(500μT)が指標となっています。
http://www.kepco.co.jp/emf-k/senmon/who.htm
また、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)では833mG(83.3μT)を連続暴露制限値に設定しています。
http://www.kepco.co.jp/emf-k/senmon/icnirp.htm

>3相で打ち消しあう効果はどれだけあるのでしょうか。
●3線の間隔が狭ければ狭いほど離れたところから見れば等距離に近いことは言えますね。ベクトル合成ですのでかなり複雑になります。本件は地中ケーブルですので地面の比透磁率も不明です。
やはり実測されるのがいいと思います。
参考までに鉄塔方式では最大でも200mG(20μT)です。
http://www.kepco.co.jp/emf-k/kiso/okisa.htm

Qクジラが増えすぎたら、あるいはクジラが絶滅したら、

クジラが増えすぎたら、あるいはクジラが絶滅したら、

どのような問題が発生するのでしょうか?
クジラは一応クジラらしく大型のもの限定にします。 

Aベストアンサー

増えすぎることの問題は、すでに発生していますね。同様に減りすぎることの問題もすでに発生している。

クジラが、というより小型のミンククジラが南氷洋などで増加し、50年前の5倍ほどに増えています。増加した原因は、各国の捕鯨船がナガスクジラなど大型鯨を獲りすぎて減り、ニッチェが空いたからです。で、いったんミンクがこのように増えてしまうと、以後もニッチェを占有し続けるので、後から大型鯨の捕獲を禁止したとしても思うように増えてくれません。

要するにクジラ界の生態バランスが狂ってしまう訳です。これはある種のクジラが増えすぎることによっても発生するし、減りすぎることによっても発生します。しかしバランスが狂うという結果は一緒です。ではクジラ界の生態バランスが狂うと何が困るか? その影響が他の生物種に玉突き状に波及していきます。たとえばマグロが減るとか、逆にマグロは増えたけどアジやイワシが減るとか。
要するに今の科学では予測しきれないが、どんな結果が飛び出すか予測できない所がこの種の問題の怖さだとも言えます。

Q自動車の排気ガス。全て自然界で分解されるのか?

自動車の排気ガス。全て自然界で分解されるのか?

私は自動車に乗っていて思うことがあります。特に、山間部の高速道路で、長いトンネルを運手中に思います。

「排気ガスは、自然界で全て分解されるのだろうか?」

エコカーであっても、排気ガスは同じです。ガソリン車とディーゼル車の違いはあるとしても、人間を含め自然にとって有害な物質を排出しています。

例えば、排出された真っ黒なススは、完全に自然界で分解されるのでしょうか。(削れたタイヤのゴムは、半永久的に残るのですよね?)


教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

自動車から排出される汚染質は硫黄酸化物(SOx),窒素酸化物(NOx),粒子状物質(PM),揮発性有機物(VOC)になります。

SOx,NOx,VOCは光化学反応の酸化過程を経て硫酸、硝酸、カルボン酸等に酸化され、アルカリ性物質(アンモニア等)と反応し塩となって、やがて沈着除去されます。(乾性及び湿性沈着)

ここで厄介なのがPMです。
具体的な成分は参考URLを見て頂くとして、質問者さんが問題視しておられるいわゆる「すす」はほぼ元素状の炭素ですので、大変安定な物質です。
酸化(燃焼)させるためには空気を供給しつつ炎で炙るもしくは、触媒を用いて数百度の温度下で酸化させる(ディーゼル自動車に装着されているDPFがこの役を担っています。)等しないと酸化しません。当然(ほぼ)元素ですのでこれ以上分解のしようがありません。

ですので、トンネル等に付着したすすは人為的な処置(すす払い)をしなければ、除去できません。

大気中に放出されたススは排出された高さ、その時点の大気安定度等にもよりますが、比較的速やかに地面・壁面(海面)等に沈着除去される場合もあれば、対流圏を漂って雲粒の核になる場合があります。そして最終的には、雲・雨に取り込まれ地面・海面等に沈着除去されます。

因みに、硫酸塩は大気中の滞留時間が1~数週間程度と長く、雲の核生成に寄与していると言われています。IPCCのAR4でもエアロゾル(硫酸塩やスス等の微小粒子)は温暖化に正負双方の影響を与えるとしております。

削れたタイヤのゴムはいわゆるゴム(炭化水素)とカーボンブラックで構成されておりますので、前者はやがて酸化・分解されますが、カーボンブラックはそのまま残るでしょうね。

今、日本の空気が綺麗なのは各種の公害対策が行われてきたからです。燃焼行為が在れば汚染物質は排出されますが、その量が数十年前と比べて飛躍的に少なくなったため、大気中の濃度が大幅に低減されたのです。これは、いわゆる無限希釈を考えて頂ければ理解しやすいかと思います。

参考URL:http://www.nies.go.jp/kanko/news/21/21-5/21-5-04.html

自動車から排出される汚染質は硫黄酸化物(SOx),窒素酸化物(NOx),粒子状物質(PM),揮発性有機物(VOC)になります。

SOx,NOx,VOCは光化学反応の酸化過程を経て硫酸、硝酸、カルボン酸等に酸化され、アルカリ性物質(アンモニア等)と反応し塩となって、やがて沈着除去されます。(乾性及び湿性沈着)

ここで厄介なのがPMです。
具体的な成分は参考URLを見て頂くとして、質問者さんが問題視しておられるいわゆる「すす」はほぼ元素状の炭素ですので、大変安定な物質です。
酸化(燃焼)させるためには空気を供給しつつ炎で...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報