日本語教師めざしてます。「寒い」と「冷たい」は類義語ですよね。外国人に使い方の説明をするときにどう説明すればいいのかわかりません。違いを教えていただけますか?かなり困っています。
「たたく」「なぐる」
「弾く」「吹く」「たたく」(楽器関係で)
「走る」「歩く」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>「弾く」「吹く」「たたく」(楽器関係で)



弾く=弦楽器(ギター、バイオリン等)、鍵盤楽器(ピアノ、木琴等)に使います。
吹く=管楽器(リコーダー、クラリネット、トランペット、ホルン等)、つまり息を吸ったり吐いたりして演奏する楽器に使います。(吐く方が多いですケド)
たたく=打楽器(太鼓、ドラム、タンバリン等)に使います。

どれにも当てはまらない場合は、「演奏する」ですね。

>「たたく」「なぐる」
(自信なしです)パー(平手)か、グー(ゲンコツ)かで考えれば、イメージしやすいと思います。(「ドアをたたく」とは言いますが、「ドアをなぐる」とは普通言いませんので、相手が人の場合のみですが。)
    • good
    • 0

 


  あくまで、わたしの感じ方ですので、これが正しいかどうかは分かりません。
 
  まず、「寒い」と「冷たい」の違いは、一般に、ものや、条件などが低温の時、感覚として「冷たい」というのです。感覚の cold の一般的な使い方が「冷たい」です。特別な場合に、「寒い」を使うのです。普通、季節や気候に関して言うのだということが第一です。It is cold in Witer.などです。これは、「冬には冷たい」というより、「冬には寒い」というのが自然です。「寒い季節」ということです。これと対で、「暑い季節」があります。「暑い」と「熱い」の違いは、この「寒い」と「冷たい」に似ています。
 
  冬が寒いのは、まわりが全体に冷たく・低温になっているからです。そこで、空気や、山や、海について、「寒い」とか「寒そう」と言います。しかし、基本的には、「普通の場面で、季節・気候に」より、全身に冷たさを感じる時、「寒い」というのが、日本語らしいのです。「冷たい」と言ってもよいのです。冬に外出すると「寒い」とも言いますが「冷たい」とも言います。「寒い」の方が日本語らしいのです。基本的には、「冷たい」で表現できるのです。
 
  全身が冷たくなったとはいいますが、寒くなったとはいいません。寒いのは、外側の大気であり、季節・気候であるのです。全身が、普通の状態で、冷たさに直面した時、「寒い」という感嘆が出てくるのが日本語らしいということです。
 
  冬に海に入ると、恐ろしく冷たいとは言いますが、寒いとは言いません。ところが、海からあがると、寒い、となります。他方、水に入らないで、入ることを考えると、海のなかに入る……寒い話、となります。これは、海や山が寒く思えるということで、寒い気候のなかの風景は寒く見えるということです。
 
  「冷たい」というのを、ある場合、「寒い」とも言い、それが日本語らしいということです。寒いは、「季節・気候と関係し」、それに準じた状況でも、寒いを使うと、日本語らしいということです。
 
  「たたく」は、何かを何かに打ち当てることです。広い意味の表現です。「なぐる」は、たたくのなかで特定の場合に使います。あるニュアンスが出てくるのです。「なぐる」は、動物や人間をたたく時に使い、「感情的に乱暴な」意識でたたく場合です。感情が絡むので、無生物にはあまり使わないし、使った場合、擬人化しています。「力まかせに壁をなぐった」というのは、暴力的ですし、感情が入っています。「たたく」にも感情が入っているかも知れませんが、遙かに弱いです。
 
  「弾く」は、楽器演奏の場合、細かい指や手の操作で楽器を演奏する場合に使うというと、大体合います。「吹く」は、息を使って楽器を演奏する場合です。この場合、指なども使っても、息を使って音を出すことが重要な場合、「吹く」です。「たたく」は、手やばちを使うのですが、指や手の直接な微妙な運動で楽器を演奏する「弾く」と違い、リズムをメインにした、単純な「たたく」動作での楽器演奏です。
 
  「歩く」と「走る」は、walk と run の違いで、速さの違いでも区別できますが、英語の walk と run も同じはずですが、両足のどちらかが、地面についている時「歩く」で、これがある時、両足とも、宙にあるような、場合、「走る」です。一歩一歩速い速度で踏みしめながら歩くと、ゆくっりと走る場合より、速く進む場合があります。
 
    • good
    • 0

『寒い』は全身感覚です。


転じて全体的な、グローバルな感覚としても使用されます。

対する『冷たい』は局部感覚です。
「手が冷たい」「足先が冷たい」などの様に、部分的な感覚に用いられます。


余談ですが、私の出身の前橋では、冬は冷たいモノでした。
気温の低下で「寒い」よりも、上州名物のからっ風のお陰で、顔とか手とかの露出部が「冷える」もんで(笑)
    • good
    • 0

「寒い」は主に気温の変化をいい、「冷たい」は物の温度が低い状態をいいます。



他にも「寒い」「冷たい」という言葉の意味がありますが、「寒い」・「冷たい」と違いを教える場合には、必要ないと思います。

私も日本語教師の講座に通っていましたが、やはり絵にして教えるほうが、日本語をよく理解していない人にはわかりやすいと思います。
他には少し大袈裟にゼスチャーするようにします。

ギター=弾く
笛=吹く
太鼓=叩く

走ると歩くは、実際歩いたり走ったりすれば、理解してもらえると思います。
    • good
    • 0

素人の考えですみません。



実際に身ぶり手振りで表現するといいと思います。
たとえば、『寒い』はぶるぶる震えてみる、『冷たい』は氷のような冷たいものを触って冷たそうにする…など。
こういうときにはこういう使い方をするということを、理屈で説明するとすごく難しくなると思うので、例題等を多く出して説明するといいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語における対義語・類義語

英語について,対義語や類義語はどのようなものが挙げられますか。以下は例です。
【対義語】hard⇔soft,easy【類義語】difficult≒hard≒tough

Aベストアンサー

日本語に訳してから対義語を考えるとおかしくなる。
そんなアホな事はしていないですよね?w
英英辞典や、英語の対義語辞典を見るべきでしょう。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q英語の類義語の学習法

 英語の類義語は、そのニュアンスの違いをつかむのに日本人の私たちには習得するのはなかなか難しいなと思っています。そこで皆様にご意見を伺いたいと思います。質問内容は以下の3点です。

(1)英語の類義語を勉強するときに、どんな点に注意されて勉強していますか。


(2)英語の類義語を勉強するのに、どのような資料を使いますか。(例、英英辞典、類義語辞典など)皆様が使われている辞典ないしは本を英語のものでも日本語のものでもかまいませんので、推薦していただけるものがありましたら教えてください。

(3)英語の類義語に関して皆様がご存じのサイトがありましたら教えて下さい。
  (自分で調べた範囲では、該当するものが見あたらなかったので)

 皆様からのご意見をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も会社で通訳や翻訳業務に関わっているときには、どうしてこの言葉がこの文章にふさわしいのか、よくニュアンスも加えて他の社員の方に説明してます。やっぱりニュアンスまで理解しないと、非常に不自然な英語になってしまうからとても重要な点ですね。よく外国の友人に“...ですね?”というと“?? ああ、こういうことね。”といい直されたことも何度かありました。だから“英和辞典は使えない”と思うことも何度かあります。

(1)“類義語を勉強する”という意識はないのですが、必ずしている事といえば「意味の似通った言葉をピックアップ」→「辞書に記載されている各単語の意味と例文すべてに目を通し、それぞれどんな意味合いが強い単語かを把握」→「一番近い意味の言葉で文章を作る」大体このような流れですが、必ず英英辞典でこの作業をし、必要に応じて英和辞典も加えてやってます。あと一番のポイントとして言えることは、類義語の理解度は生の英語に接しながらニュアンスを理解することと比例してることでしょうか。

(2)類語辞典の(上級レベル)"ROGET'S INTERNATIONAL THESAURUS"、(初級~中級レベル)"Longman Language Activator"、英英辞典の(中級レベル~)"AMERICAN HERITAGE Dictionary"とこれらはアメリカの大学で推奨されてたもので、卒業後もすっと使ってます。あとは英和和英+国語の電子辞書ですね。

(3)5カ国に住んでいたという帰国子女の友人から教えてもらった"babylon"を私は愛用してます。ワンクリックで一発検索といったタイプのオンライン辞書ですが、意味だけでなく各種Glossary+各言語で意味を一度に比較できる優れものです。他、色んな機能がありますのでまた試してみてください。

こんなんですが、参考にしてもらえると幸いです!

参考URL:http://www.babylon.com

こんにちは!
私も会社で通訳や翻訳業務に関わっているときには、どうしてこの言葉がこの文章にふさわしいのか、よくニュアンスも加えて他の社員の方に説明してます。やっぱりニュアンスまで理解しないと、非常に不自然な英語になってしまうからとても重要な点ですね。よく外国の友人に“...ですね?”というと“?? ああ、こういうことね。”といい直されたことも何度かありました。だから“英和辞典は使えない”と思うことも何度かあります。

(1)“類義語を勉強する”という意識はないのですが、必ずしている事...続きを読む

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q類義語について

類義語について質問です。
中学生のいとこに質問されて返答に困っております。
Wordで、類義語辞典を使っていたときのことです。
Supperの単語をDinnerに置き換えるという操作をしました。
逆にDinnerの類義語を検索するとSupperは検索されませんでした。
いとこに「なぜ?」と聞かれなんと答えてよいか返答に困っております。
きちんとわかりやすいように説明をしてあげたいのですが、なんと答えたらよいでしょうか?
ネットでも色々検索してみましたが検索できませんでした。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

これは、この二つの単語が違う意味合いを持っているからと言う事なのです。

類語と言う事は「似た意味を持っている単語」と言う事ですね。

単語にはいろいろな意味合いを持つ事が多いですね。

その意味合いの一つを取ってその意味合いとして、あるいは似た意味合いを出せる単語は何なのかを書いてあるのが類語辞典なのです。

ですから、夕飯と言う夕方から夜遅くまでの時間に食べる食事のことをさすと言う意味合いから見ればdinnerは「違う用法だけど」使えるときがある、としているわけです。 supper=dinnerではない、と言うことを類語辞典で入っていると言うことを認識しておかないといけないと言うことなのです。 midnight snackなども、夜中近くに食べるものと言うことからsupperの類語として載せている類語辞典は多いと思いますよ

では、なぜ、dinnerの類語としてsupperがないのか、と言うことになりますね。

なぜなら、このdinnerとは実は、「時間によって分類した」日本語的食事名とは違うと言う決定的に違うフィーリングに基づいた単語だからなのです。

supper夕食は時間によって分類されたものですね。 ですから、もしdinnerがその時間にされたのであれば類語辞典に載るわけです。

しかし、dinnerと言う単語はそうではなく、かしこまった食事、昼または夜に取る一日のうちの主要な食事と言うフィーリングを出している単語名わけです。 時間によって分類されると言うこととはまったく関係ない(朝ではないですが)と言う事なのです。

よって、dinnerの類語にsupperは出にくい、と言うことになるわけです。

ただ、食事、と言う意味合いであれば、類語としては出てくるでしょうね、breakfast, lunch, meal, snack, main meal, buffetなどたくさんの単語が載ることになり、パーティーと言う意味合いでdinnerの他にないかなと思ったら類語辞典を見て、partyと言う単語があれば、なんだよ、灯台元暮らしじゃんか、とpartyと言う単語を選ぶかもしれませんし、soireeと言うちょっとしゃれたフランス語からの外来語の方が良いな、と言う判断もするかもしれませんね。

thesaurus.comと言うサイトを使ってみてください。 類語辞典としての大御所的存在の辞典を無料でネットで使えるのです。

そして、その使い方は、まず、その単語の意味合い、フィーリングですね、が書かれた部分を探すわけです。

練習です。

まず、http://thesaurus.reference.com/browse/dinnerに行く事で、dinnerの類語を探す事になりますね。

そして、パーティーと言う意味合いの単語を探していると言うことであれば、一番下のdefinitionにpartyと書いてある所を見るわけです。

そうすると、このsoireeと言う単語がありますね。 この単語のことを知らなければ、この単語をクリックしてください。 そうすると、soireeの類語が出てきますね。 そしたら、http://thesaurus.reference.com/browse/soiree につきましたね。

一番上のほうか下のほうにdictionaryと書いてあるアイコンがありますから、それをクリックすると定義・訳が書かれたページにいけますね。

そうすると、an evening party or social gathering, esp. one held for a particular purpose: a musical soiree. と言う訳が出てくるわけです。

そして、また一番上か下のほうのEncyclopediaをクリックすると、http://www.reference.com/search?q=soiree に行き、partyについてより知るようになるわけですね。

これらの事を「紙の辞書」でやろうとしたらとてもやっていけませんね。

と言うことで、supperとdinnerとは日本での英語教育ではちょっと見逃しているところがあるので、dinnerを夕食としてしまうから、なぜ、dinnerの類語にsupperがないのか?と言う疑問が生まれてしまうわけです。 supperは時間的分類に寄っての単語、dinnerはいわゆる豪華さとかかしこまり具合などの分類要因で分けた単語だと言う事がコアのちが異なわけです。 これを知っていれば、この問題は解決できたのではないでしょうか。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

これは、この二つの単語が違う意味合いを持っているからと言う事なのです。

類語と言う事は「似た意味を持っている単語」と言う事ですね。

単語にはいろいろな意味合いを持つ事が多いですね。

その意味合いの一つを取ってその意味合いとして、あるいは似た意味合いを出せる単語は何なのかを書いてあるのが類語辞典なのです。

ですから、夕飯と言う夕方から夜遅くまでの時間に食べる食事のことをさすと言う意味合いから見ればdin...続きを読む

Qフランス人の友達に「俺と僕と私のどこが違うか説明してほしい」と言われたのですが何と説明すれば良いので

フランス人の友達に「俺と僕と私のどこが違うか説明してほしい」と言われたのですが何と説明すれば良いのでしょう?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は以下のように感じています

俺:
・かっこいい
・乱暴
・男らしい
・親しみがある&失礼

僕:
・大人しい
・親しみがあるが、失礼ではない

私(わたし、と読む場合):
・この中では一番丁寧
・女が使う場合に限り、親しみが有ると言える

フランスの文化は全く分からないので、申し訳ないですがこれ以上の回答はできません。

Q対義語でも類義語でもある2つの言葉

学校ではっ!と思いついたのですが、
この対義語でも類義語でもある言葉はありませんか?
例えば、
   軽い⇔重い   
これは対義語ですけれど、それに加え
類義語でもある2つの言葉はあるのでしょうか?

出来れば、単語でお願いしたいんですけれど、
短い文という感じでも大丈夫です。
あと、意味もお願いします。

Aベストアンサー

 [ANo.1]の者です。
 僕は基本的に[ANo.2]さんに賛同なのですが
 [ANo.6]さんや[ANo.7]さんの回答に
「なるほどー」とおもったので
 すこし真面目に考えてみました。
 これから挙げる言葉が本当に「対義語」なのかどうかは
 テキトーなので全く自信がありませんが、
 考えかたの参考になれば幸いです。

・憚る⇔控える

「憚る」は「憎まれっ子世に憚る」にある通り
「増長する・つけ上がる」などの意味が有ります。
 一方で「慎む・控える」などの意味も有るので
 対義語であり類義語でもあると言えそうです。

・先⇔後

 これも「先」には「憚る」と同じ特性があるので
「先にやった人」と「後にやった人」では対義語ですが
「先々(さきざき)のこと」「後々(のちのち)のこと」
「先のことを考えても…」「後のことを考えても…」
 これらでは類義語になってしまいますね。

 この[憚る]や[先]の様に、もともと一つの言葉で
 対義的な意味を持ち合わせているというケースは
 まだまだ沢山あるハズなので、
 これらに類義語をみつけてきてあげれば
 お求めのパターンを作れますね。

・「逃げなくていいのか?」⇔「逃げんのか?」
「逃げんのか?」を「逃げるのか?」ととるか
「逃げぬのか?(逃げないのか?)」ととるかです。
 これらは[ANo.7]さんと同じ戦法です。

・「しなさいよ」⇔「よしなさい」
「しなさいよ」の[よ]をうしろから前に持ってくれば
「よしなさい」になる、ということはどうでもいいんですが
「よしなさい」を「止しなさい・やめなさい」と解釈すれば
 対義語ですし、「良し、なさい」と解釈すれば類義語に。
 バカ言えwってかんじですね。

・「バカ(を)言え」⇔「バカ(を)言うな」
・「ウソ(を)つけ」⇔「ウソ(を)つくな」
 ふざけろ!ふざけるな!というのもあるみたいですが。
・「とてもじゃないが」⇔「とても」
 これも対義語&類義語になりそう。
 [ANo.4]さんの「分かるような分からないような」戦法。
 うしろに「できない」などを付ければ解りやすいかな。
 このあたりはマンガの[あたしンち]から。
 あと
・「ゾッとしない」⇔「ゾッとする」
 類義語といってもすこし違いますが…。まぁいいかな。

・「気の置けない」⇔「気の置ける」
 誤用ですけど。対義語にもなるし類義語にもなる、かな。
「偽善者ぶる」とか「カマトトぶる」とかでもできますかね。
 ついでに
「せわしい・せわしない」や「危険極まる・危険極まりない」も
 アリと言えばアリでしょうが、僕としてはこれらはナシで。

 真面目に考えておもいついたのはこんなところです。

 [ANo.1]の者です。
 僕は基本的に[ANo.2]さんに賛同なのですが
 [ANo.6]さんや[ANo.7]さんの回答に
「なるほどー」とおもったので
 すこし真面目に考えてみました。
 これから挙げる言葉が本当に「対義語」なのかどうかは
 テキトーなので全く自信がありませんが、
 考えかたの参考になれば幸いです。

・憚る⇔控える

「憚る」は「憎まれっ子世に憚る」にある通り
「増長する・つけ上がる」などの意味が有ります。
 一方で「慎む・控える」などの意味も有るので
 対義語であり類義語でもあると言えそう...続きを読む

Q「化学」と「科学」の違いについて説明したいです

高校一年生に分かるように説明したいと思っています。
「カガク技術の発展で自然破壊が~」という文中に
出てきた場合、科学ではないかと思っていました。
しかし、辞書で調べてもぴんと来ないのです。
○科学=狭義では自然科学を指す→○自然科学をひく
→○人文科学もひいてみる→○人文もひいてみる、と
いう風に調べたものの、説明の言葉が浮かびません。

かみくだいて説明をするため、小学生の時に使っていた
辞書もひいてみましたが、やはり分かりません。
(どちらも三省堂のためか、説明はほぼ同じでした)

化学は科学に含まれるということはわかるのですが。
だから広い意味で使える『科学』を用いた方がいいのでは
というのではちょっと消極的かと思います。
なにか、説得力があり且つ国語が苦手な生徒にも
分かりやすい説明はないものでしょうか…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

科学と化学の対比に重点を置いておられるようですが、
技術の存在をお忘れでは有りませんか。
科学(自然科学)は自然(原子や天体、電気、・・・)の仕組みを解明する学問です。
それに引き換え、技術は科学の成果を元に人類の役に立つように応用するものです。
自然破壊の元になっているのは科学ではなくて実は技術なのです。

科学と化学の違いについては他の方が述べられているので重複を避けます。

Q類義語辞典(または、それに類するもの)を探しています。

類義語辞典を探しています。ただ、辞典というよりも、2つ(以上)の単語のどこがどう違い、どういう使われ方をするのか、そのニュアンスの違いを解説してくれるものを探しています。

書店で類義語辞典を探したのですが、オックスフォードやコリンズなど、あるのは単語と、それに似た意味を持つ単語をずらずらと並べているものだけでした。

「これは」と思うものをご存知の方、お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私が愛用している辞書があるのですが、どちらかというと実用類語辞典タイプ、中級から上級レベルでESLクラスの学生向けのものです。
"Longman Language Activator"という辞書で、易しめの単語について、これでもかとこと細かく説明がされています。非常に判りやすく、ニュアンスの意味を理解するには必ずこの辞書から探しています。見出しはよく知っている単語でも、説明を読み進めて行くうちに、侮れないなーとよく思います。どちらかと言うと、口語から日常生活まで十分使える言い回しの内容が多く、大学院といった論文作成向きの辞書ではないと思いますね。英語の基礎固めには十分な辞書と思いますよ。

>書店で類義語辞典を探したのですが、オックスフォードやコリンズなど、あるのは単語と、それに似た意味を持つ単語をずらずらと並べているものだけでした。

このようなタイプの辞書はネイティブも使用している上級レベルのものです。判らないまま使用してもいたずらに時間がすぎるものなので、このレベルの辞書でじっくり実力をつけながら、併用してゆくことをお勧めします。

以前同じような質問に答えたことがありましたので、ご参考までにURLをお知らせします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=108920

こんにちは!
私が愛用している辞書があるのですが、どちらかというと実用類語辞典タイプ、中級から上級レベルでESLクラスの学生向けのものです。
"Longman Language Activator"という辞書で、易しめの単語について、これでもかとこと細かく説明がされています。非常に判りやすく、ニュアンスの意味を理解するには必ずこの辞書から探しています。見出しはよく知っている単語でも、説明を読み進めて行くうちに、侮れないなーとよく思います。どちらかと言うと、口語から日常生活まで十分使える言い回しの内容...続きを読む

Q「便宜上分かりやすいから」「便利だから」という言葉で説明する授業について

ある試験合格のためのスクールの講師を行っています。
最終的に、生徒さんにスクールのプロセスや概念を通して試験に合格をしてもらいます。

個人的な経験から、その試験に合格すれば、ある意味スクールで行っていたプロセスや説明に使う概念は不要になったり無意味になるように思っています。この点から私のスタンスとして、「一度合格すれば、もはやプロセスや概念は不要で、自分の方法で実践をしていただければOK」として授業を行っています。
つまり、スクールでのプロセスや概念は絶対的なものでは無いし、最終的には不要になると思っていますが、そのプロセスや説明方法はとても便利ですし、早道であるとも思っています。

このようなスタンスで、生徒さんと接する上で、例えば「この概念は試験合格のために便宜上分かりやすいから」とか「このプロセスは便利だから」というような表現で生徒さんに説明することは問題ないでしょうか?

少々、変な質問かもしれませんがご意見お聞かせいただければうれしいです。

Aベストアンサー

結論から言えば、問題ないと思います。

 具体的に、どのような内容かはわかりませんが、例えば物理現象を説明するときに、「便宜上分かりやすくするために、空気の抵抗はないものと考える」といったことは、どの分野でもやることだと思います。
 逆に、正確さや厳密さを重視するあまり、大事なことと枝葉末節なことを同列で説明されると、教わる側にはポイントが分からなくなることも多々あります。

 世の中、厳密さよりも「大局観」「大づかみ」が大事なことはたくさんあります。
 そういったことは、教える側のノウハウ、テクニックですので、全然問題ないと思います。

 もし必要なら、「現実にはこういうことも考慮しないといけない」「正確に言えばこうなる」ということを、念のために伝えておけばよいのかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報