回路用のCADソフトを探しています。
ほしい機能としては、回路図エディタと回路のシミュレーション機能、あと、
PCBの機能(基板図の出力等)があるといいです。

とりあえず、金額はいくらでもけっこうですので、いいのがあれば教えて
ください。

なお、日本語のものでWindows対応でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Pads


orCAD
Accel
EDA,
PCB,
Protel
このあたりが基板業界の標準かと思います。
採用にあたりすべてを内生される場合以外、アートワークや版下、修正、回路チェック・実装をしてくれる外注さんを使われていると思いますが、データの共有が出来るように考えないと作ったデータが外注さんで使えないこともあります。
大昔OrCADが多かった、その後PADSが出てきた(最近のことはよくわからない)。
トータルシステムでは図研さんが出していますがかなり高価です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえずトライアルバージョンを請求しました。
一度使ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 14:09

うちの会社では「OrCAD」使ってます。



基板メーカーなんかで、
「対応していない」っていうのを聞いた事が無いので、
そういう意味で、一般的なんだと思いますよ。

あ、シミュレーションってできるのかなぁ…
そういう機能使った事無いからなぁ…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえずトライアルバージョンを請求しました。
一度使ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 14:09

 私は、マイクロネットという会社のCircuit Viewer というものを使っています。


 すべて日本語で使いやすいです。

参考URL:http://www.micronet.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはすでに持ってました。トライアル版ですが・・・
なかなかよさそうなソフトです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空管アンプの回路図(ブリーダ抵抗の位置)で解らないのことがあります。

真空管アンプの回路図(ブリーダ抵抗の位置)で解らないのことがあります。
初心者なものですみません。
チャンネル間クロストークの問題から5極管アンプを左右独立電源で組む場合、ブリーダ抵抗の位置は上下の図では同じ働きをする?と思いますが、下側の回路のようにチョークコイルのすぐ直後に入れても何か問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

理系オバン(♂)です。コメントありがとうございます。
高抵抗のブリーダーは放電用です。

低抵抗のブリーダーですが・・。

●回路図を見ると・・・整流が整流用真空管(整流管)ではなく、ダイオードです。
主に自作機器において、整流管から整流ダイオードへの過渡期に、ダイオードより内部抵抗が高く電圧ドロップが発生する整流管の回路定数のまま整流管をダイオードにしたときに電源電圧が上がり過ぎないようにすることが行われた時期(回路設計者による)がありました(間に合わせ)。
 (↓)
容量の割に内部抵抗が大きくレギュレーション(電圧安定性)が悪い、質の悪いトランスで使われたことが多いです。
重負荷時に電圧が下がり過ぎるので電源トランスのタップを上げる(B電圧を高くする)と・・・
整流管ではなく、ダイオード使用の場合は特に、無負荷時に電圧が高くなり過ぎるので、電圧の上昇を抑え込む目的で取り付けました(私も一時しのぎでやりました)。
少しでも電流が欲しいときに無駄にB電流を(-)側に逃がすのは非効率的なので良くないです。消費電力の点でも電気代を熱に変えて捨てているおこないですが、安物のトランスを買った自分が悪いのです(泣)。

部品の質が良くなかった時代には、現在では有り得ない小細工を回路に施すことがありました。

理系オバン(♂)です。コメントありがとうございます。
高抵抗のブリーダーは放電用です。

低抵抗のブリーダーですが・・。

●回路図を見ると・・・整流が整流用真空管(整流管)ではなく、ダイオードです。
主に自作機器において、整流管から整流ダイオードへの過渡期に、ダイオードより内部抵抗が高く電圧ドロップが発生する整流管の回路定数のまま整流管をダイオードにしたときに電源電圧が上がり過ぎないようにすることが行われた時期(回路設計者による)がありました(間に合わせ)。
 (↓)
容量の割に内...続きを読む

Qラッチ機能とタイマー機能を持った回路図を教えてください。

今年の8/11の「小さなスペースに入る簡単な・・・」で解答されている、
回路を作りたいのですが、その方法や必要な部品、回路図がわかりません。
どなたか教えていただけないでしょうか?
・普通の押しボタンスイッチを押して離したら、出力がオンになって保持され、
 再度押して離したら、オフになる。(ラッチ機能)
・普通の押しボタンスイッチを押して離したら、設定時間出力がオンになって、
 その後、設定時間後にオフになる。
この機械の電源には乾電池を使いたいのです。

ここを利用したのは初めてで、勝手が分かっていないのですが、
どうしても知りたい内容なので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

始めの方の回路はFF(フリップフロップ)回路そのものです。あとの方はワンショットマルチバイブレーターと言う回路です。どちらもゲート回路の基本のような回路ですので、フリップフロップ及びワンショットマルチで検索してみてはいかがでしょうか?このページでは回路図を掲載することができませんが、このキーワードで検索すればきっと目指す物が見つかるでしょう。

電源については乾電池でも十分動作可能です。C-MOSのICは消費電力が極めて小さいので全く問題ないでしょう。ただし回路の出力として動作させる物の消費電力が大きい場合は別ですが・・・

ゲートICの扱いに不慣れなようなので、いらぬお世話かもしれませんが追記します。ゲートなどのデジタルICでは回路図に記載されている部品だけをつなげて回路を作ってもうまく動作しません。これはこの種の回路図には電源が記入されていないからです。また暗黙の了解として電源ラインにはパスコンをつけるなどの決まりもあります。

これを機会にこの種の回路の勉強をなさるのであれば、非常にわかりやすく丁寧に書かれた入門書がありますので、紹介しておきます。「ディジタルIC実験と工作マニュアル」でオ-ム社から出ているはずです。また、PC上で入門用の回路を組み立てシミュレートできるソフトとして「バーチャル電子ブロック」と言うソフトもあります。こちらはブロックのように回路を組み立て、リアルタイムで動作のシミュレートができます。どちらも、ご希望の回路と同等の物がサンプルとして入っています。

始めの方の回路はFF(フリップフロップ)回路そのものです。あとの方はワンショットマルチバイブレーターと言う回路です。どちらもゲート回路の基本のような回路ですので、フリップフロップ及びワンショットマルチで検索してみてはいかがでしょうか?このページでは回路図を掲載することができませんが、このキーワードで検索すればきっと目指す物が見つかるでしょう。

電源については乾電池でも十分動作可能です。C-MOSのICは消費電力が極めて小さいので全く問題ないでしょう。ただし回路の出力として...続きを読む

Q交流電圧計の回路図を教えてください。

交流電圧計の回路図を教えてください。
色々ネットで調べた所、直流に直してから、直流電流系で測定しているらしい所までは分かりました。
所が、オペアンプはまだ習っていないので、整流ブリッジを使った回路図で教えてください。お願いします。本当に困っています。どうかよろしくお願いいたします。
=====前回の続き=======
オペアンプの絶対値回路は理解できたのですが、
200V位のAC測る場合は、どうするのでしょう?
コイルを2つ使った変圧器で変圧(小さく)してから、測るのでしょうか?
それとも中電圧用のオペアンプあるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下回答します。
>回答番号:No.3の
>3.10V → 200mVより、R3は50KΩ
>とありますが、厳密に計算した所、内部抵抗を差し引けば、50KΩではなく、49KΩでした。
>同様にして、
>5.10Vの電圧計を1.1倍にするには、R3は45.45KΩとなる。
>とありますが、内部抵抗を差し引くと、44.45KΩと成りました。
>僕の考えで合っているかどうか、教えてください。
失礼しました。その通りです。
メータの内部抵抗値を引き忘れましたね。
>>6.R3の45.45KΩは入手困難なのでR3は42KΩと5KΩの半固定抵抗とし微調整可能とする。
のVR5KΩの半固定抵抗で補正を検討してください。

>10Kで分圧点だと、計算した結果、絶対値回路に行く電流を考慮すると、かなり誤差のある、分圧器になってしまいます。
>けれどK(<=1)倍だから、もう一方の分圧抵抗を調整すれば、出来るような気がする。>僕の考えで合っているでしょうか?
考え方は合っています。
問題は精度の良い抵抗の入手性ですね。
100KΩを超えると、なかなか必要な定数が得られませんので工夫してみてください。
 

以下回答します。
>回答番号:No.3の
>3.10V → 200mVより、R3は50KΩ
>とありますが、厳密に計算した所、内部抵抗を差し引けば、50KΩではなく、49KΩでした。
>同様にして、
>5.10Vの電圧計を1.1倍にするには、R3は45.45KΩとなる。
>とありますが、内部抵抗を差し引くと、44.45KΩと成りました。
>僕の考えで合っているかどうか、教えてください。
失礼しました。その通りです。
メータの内部抵抗値を引き忘れましたね。
>>6.R3の45.45KΩは入手困難なのでR3は42KΩと5KΩの半固定抵抗とし微調整可能...続きを読む

Qフリーの回路図エディタ?

フリーの回路図エディタを探しています。

機能としては回路図が描けて印刷できればよいです。

もし可能でしたら、描いた回路図をwordなどにコピーできれば助かります。

お薦めのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

EScadがお勧めです!
操作も簡単です。
もちろん、Wordに貼り付けもできますよ。
大学のレポート作成にとても重宝しました。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se127636.html

Q電子工作のために回路図を読めるようになりたい

電子工作の素人です。
同軸ケーブルとコネクタの半田付け、3石ラジオ程度の工作経験しかありません。

無線関連等で使うアンプや同調回路等の簡単な工作をしたいのですが、回路図を読むことができないため、理屈が分からずに、機械的に実物の模造しかできないレベルです。

基本的な回路図を読み、実際の組立てができるようになりたいのですが、とりあえず最低限度の勉強のためのおすすめの書籍等はあるでしょうか。最低限度とは自分で回路図を書く必要がなく、既にある回路図の読解と実態配線図への変換ができれば十分ということです。結局、自分で回路図を書けるようになるのが勉強の順序として先なのかもしれませんが。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です

>回路図で、GNDに落とすとなっている部分を実際はどこに配線するのか分からないのです

この言葉は奥が深いのですが、単純にはほとんどの場合、「電源のマイナスに接続する」という意味です。回路図上でGNDは線が結ばれていませんが、全部のGNDをつなげてマイナスにします。

Qホイートストンブリッジの回路図をエディタを使って描きたいのですが…

ホイートストンブリッジの回路図をエディタを使って描こうとしているのですが、
教科書に載っているような、斜めにした状態の抵抗の図をどうしても描くことができず苦戦しております。
どなたかやり方を教えていただけないでしょうか?

回路図エディタは水魚堂様の「BSch3V」を使っています。
もし他に適しているソフトがあればそちらも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ブリッジのサンプル図を図画交錯という投稿ページに置いてあります
参考にしてください部品として使うなら拡張子lb3のものをダウンロードしてください

参考URL:http://zugako-saku.dion.jp/udl/gallery.php

Q回路図の記号について

基本的な回路図の記号の一覧表などが載っているサイトなどありませんでしょうか?

また皆さんはワードなどで回路図を書く場合どのようにされていますか?

Aベストアンサー

電源、電池 単位 V
電流計 単位 A
電圧計 単位 V
すべり抵抗器、ニクロム線、抵抗器 単位 Ω
スイッチ 単位 なし

回路記号は、#2でわかります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/check/yo_denryu.html

Q繰り返し回路図 この繰り返し回路図の意味を教えてもらえませんか?初心者なので解説も分かりやすく説明し

繰り返し回路図

この繰り返し回路図の意味を教えてもらえませんか?初心者なので解説も分かりやすく説明してもらえたらありがたいです。
こうなってこうなってみたいな感じで。
無知ですいません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「下」に付いているのが「a接点」、「上」に付いているのが「b接点」、R2の左の2つの接点は「タイマー付オンディレイ(時間遅れで動作)」ということですね? 「オンディレイ接点」の書き方はおかしいですよ。
http://sequence.e-sysnet.com/relay/timer.html

リレーの「励磁・無励磁」と、そのリレーの補助接点の「オン(閉)」「オフ(開)」をきちんと区別した方がよいです。特に「b接点」ではその関係が逆になるので(リレー励磁で、補助接点オフ)、タイムチャートもどちらを書いているのか明確にすることが大事です。

(1)初期状態では、すべてのリレーは無励磁。

(2)PB1 を「オン」にすると、R1 が励磁され、PB1 接点と並列の「R1 接点」が「オン」になって、PB1 が「オフ」(押しボタンスイッチから手を放す)になっても自己保持され、他のリレー回路全体に電源が供給され続けるようになる。
(これは、下記(9)で PB2 を押して、自己保持がリセットされるまで継続する)

(3)R1 励磁と同時に、T1、GN も励磁される。

(注)下のタイムチャートで、T1 が遅れオンになっているのは「オンディレイ a接点」の動作。タイムチャートの T1, T2 は、タイマーリレーの励磁ではなく、その接点の「オンディレイ動作」が書かれていますね? しかも T2 は図にはない「オンディレイ a接点」の動作。

(4)T1 励磁の一定時間後、R2 左の「T1 ディレイ接点」が「オン」になり、R2、T2 が励磁される。
 R2 励磁により T1 リレーは無励磁になり、R2 左の「T1 ディレイ接点」の復帰は即時なのでオフになるが、T2 左の「R2 接点」がオンになり「自己保持」されるため、R2、T2 は励磁を継続する。

(5)R2 が励磁されることにより、GN は無励磁、RD は励磁になる。

(6)T2 励磁の一定時間後、R1 左の「T2 ディレイ接点」が「オフ」になり、R2 は無励磁になる。これにより、T2 も無励磁になる。

(7)R2 は無励磁になることにより、GN は励磁、RD は無励磁になる。

(8)R2 は無励磁になることにより、T1 が励磁される。以下、(3)~(8)の繰り返し。

(9)PB2 を押すと、R1 が無励磁となって、全回路の電源がオフとなる((1)の状態に復帰)。次に起動するには、再び(2)から始める。

「下」に付いているのが「a接点」、「上」に付いているのが「b接点」、R2の左の2つの接点は「タイマー付オンディレイ(時間遅れで動作)」ということですね? 「オンディレイ接点」の書き方はおかしいですよ。
http://sequence.e-sysnet.com/relay/timer.html

リレーの「励磁・無励磁」と、そのリレーの補助接点の「オン(閉)」「オフ(開)」をきちんと区別した方がよいです。特に「b接点」ではその関係が逆になるので(リレー励磁で、補助接点オフ)、タイムチャートもどちらを書いているのか明確にするこ...続きを読む

Q回路図のC2,C5と表記されているコンデンサの極

この回路図のC2,C5と表記されているコンデンサはどちらを+、どちらを-にすればよいでしょうか。
教えてください。

回路図読むの自信がなくて、心配です。

よろしくお願いします。

エフェクターの回路図なんですが...

Aベストアンサー

この回路は単電源(電源が1個)で、回路図の上のほうの抵抗 R14 と R15 で電源電圧の1/2を作っています(その記号が下向きの三角形)。GND記号(横棒の下に斜め線が4本)は 0V です。オペアンプの正電源は電源電圧に、負電源は GND につながっていて、入出力端子につながっている抵抗の一端は電源電圧の1/2につながっているので、オペアンプは電源電圧の1/2の電圧を中心(仮想GND)として動作します。

したがって、C1 は右側が+電圧、C5 は上側が+電圧、C6 と C7 は左側が+電圧 です。C2 の左側は電源電圧の1/2、右側は電源電圧の 1/2±α なので、C2 は左右のどちらも+電圧になり得ます。したがって C2 は無極性のコンデンサを使ったほうがいいです。通常動作時には C2 には大きな電圧はかかりませんが、電源投入直後や電源OFF直後にはどちらの向きの電圧がかかるか分からないので、念のために無極性にしたほうがいいでしょう。

Q写真の図1と図2の回路図と横の答えはあっていますか? 基本的構造が分かっていませんが親切な方お願いし

写真の図1と図2の回路図と横の答えはあっていますか?
基本的構造が分かっていませんが親切な方お願いします。あっていればいいのですが。
本当に初心者なので申し訳ないです。

Aベストアンサー

残念ながら間違い、というより「不足」しています。

図1:(3)の動作が抜けています。書かれている②の「繰り返し」が、どのタイミングで何を繰り返すのか書かれていません。

(0) 初期状態:すべて無励磁、GN消灯、RD消灯

(1) PB1 オンで R1 励磁 → R1 補助接点により自己保持
同時に
 ・T1 カウント開始
 ・GN 点灯

(2) T1 カウントアップ後
 ・T1 限時接点オン → R2 励磁、T2 カウント開始 → R2 自己保持
 → R2 励磁により
   ・RD 点灯、GN 消灯
   ・T1 リセット

(3) T2 カウントアップ後
 ・T2 限時接点オン → R2 無励磁
 → R2 無励磁により
   ・GN 点灯、 RD消灯
   ・T2 リセット
   ・T1 カウント開始

以降、(2)~(3)を繰り返し。

(4) PB2 オンで R1 無励磁 → 初期状態に戻る


図2:接点に「T2」があるのに、タイマーT2 本体が存在しません。従って「動作不明」。
本当にタイマーT2 本体が存在しないのなら、図1の(2)の状態がずっと保持されたままになり、「繰り返し」の動作はしません。
もし、図1と同じ構成でタイマーT2 本体が存在するなら、図1の「RDランプ」と「GNランプ」が入れ替わっただけの動作です。

残念ながら間違い、というより「不足」しています。

図1:(3)の動作が抜けています。書かれている②の「繰り返し」が、どのタイミングで何を繰り返すのか書かれていません。

(0) 初期状態:すべて無励磁、GN消灯、RD消灯

(1) PB1 オンで R1 励磁 → R1 補助接点により自己保持
同時に
 ・T1 カウント開始
 ・GN 点灯

(2) T1 カウントアップ後
 ・T1 限時接点オン → R2 励磁、T2 カウント開始 → R2 自己保持
 → R2 励磁により
   ・RD 点灯、GN 消灯
   ・T1 リセット

(3) T2 カウントアップ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報