知識が乏しいのですが、24歳までに書き変えのない保険に加入すると保険料がそのままで後々安いと聞き加入を考えました。
しかしどのサイトを見ても商品の内容は資料請求しなければ判らず、あきらめ気味になってしまいました。ぜひ皆様のお知恵を拝借させて下さい!!!

◎生涯独身の予定。女。10月で25歳
◎保険料は安い方が良い。
◎シンプルなもので、後で後悔しないもの
◎現在の加入は全労災の医療保険¥1800のみ、一年書き換えは安いがその分保障が薄い事に気付いたので辞めようか考え中。
◎個人年金はまだ加入していませんが、遅くても30歳には開始予定。
◎母親が乳がんや子宮筋腫の手術をしたので今は異常が出てないが気になっている。

この場合は終身医療保険を選ぶのでしょうか?
その際入院は一日からのものにするべきか?
支払い期間は35年?
一時金支払い機能は必要?

こんな知識しかないのですが私に合う商品を教えて下さい。出来ればその理由も知って勉強させてもらいたいです。
また勉強になるサイトがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般的な独身者の加入の目的と優先順位は


1.医療保障(入院)
2.将来の年金
3.将来の介護保障
4.がんの保障(健康保険では民間療法・健康保険認可前の治療を考慮)

2番目以後は人により順番が異なります。

それと、考慮するのは、保険も商品ですから、いくら支払っていくらの費用効果
(いくら受け取るのか)を考える必要があります。
場合によっては貯蓄しておいた方が良い婆愛も、あります。「自家保険」といいます。お金として持っているのが、一番良い場合もあります。

前にも書いた健康保険なども考慮した方が良いでしょう。

入院5000円の理由は健康保険から、1か月1病院で63600円を越える分は99%が戻るからです。

入院1日目からというのは、良いのですが、その為にいくら払うかということと、
困るのはどういう時かということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなりましたが、回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
あと半年の間に長く続けられる商品をじっくり探してみます。

お礼日時:2002/01/30 15:50

25歳独身女性です。



私は、医療保険を決めるときに考えたのは次の4つです。

最低でも月20万円は確保したい。
保険料は5千円以内に収めたい。
女性特有の病気はお金がかかるのでその分多く保障が欲しい。
出来れば、解約したとき7~8割戻るものがいい・・・

と言う感じでした。

実際、この程度の条件ならいくらでもあったんですけどね。

もし、病気にならなかったら・・・とか、病気になったとき思ったより医療費が高かったら・・・とか。色々考えたんですけど、間をとりました。

最初に終身型にすることを決めました。
次に日額を最低でも7000円と決めました。
女性入院特約も5000円ぐらいつけようと思いました。
大体保険料が6000円ぐらいだったので・・・ここまでが予算内だと思って決めました。

保険会社も色々みましたが・・・(そのとき私はとある大手日本生保で働いていたのですが・・・)大手日本社では医療保険を取り扱ってなかったので、必然的に外資系か小さい生保しか選択できませんでした。(かれこれ・・・5~6年前なんですけどね)

余談ですが・・・そのときには加入しませんでした。(ていうか、出来なかったのですけど。他社の外交員の契約を受けてくれるところは少なかったので・・・)


色々調べて見ることもよいと思いますが、絶対譲れない条件だけ先に決めておくととっても簡単に自分に合った商品を見つけられると思います。

あれもこれも・・・と欲張りすぎると、保険料が高くなるしね。
今の時代長生きのリスクも考えて、女性なら老後の資金にも出来るって思って加入した方が間違いないと思いますよ。しかも、女性の方が病気になる確率高いし!!!

以上参考になれば幸いです。

この回答への補足

大変遅くなりましたが、回答ありがとうございます。
近い目線の方のお話はとても参考になりました。


<最初に終身型にすることを決めました。
次に日額を最低でも7000円と決めました。
女性入院特約も5000円ぐらいつけようと思いました。
大体保険料が6000円ぐらいだったので・・・ここまでが予算内だと思って決めました。>
との事でしたが、この様な商品私がHPなどで調べる限りではなかなか見当たらないのですが多数あるのでしょうか?

もし、お薦め商品が現在あるのならその商品を教えていただけますか?
それを真似して加入するのではなくあくまで参考としてお聞きしたいのですが。

補足日時:2002/01/30 15:44
    • good
    • 0

参考例として東京海上あんしん生命の


終身医療保険と総合終身保険で主な部分を比較します。

どちらも60歳で払込み終了し、入院保障は終身です。
入院日額はどちらも 5000円 1入院360日まで 通算730日まで
入院5000円の理由は健康保険から、1か月1病院で63600円を越える分は99%が戻るからです。

終身医療保険 月々6041円
1泊はでませんが、2泊3日で30000円でます。
130日以上の長期入院は 入院日額7500円となります。

総合終身(長割り3つのあんしん)は 月々10275円
入院は5日目から
短期入院はなし
長期入院の割増も無し
500万円の基本保険金額があり、死亡・介護・入院で合わせて500万円を受け取るものです。
例えば、入院で100日分保険金を受け取った場合、基本保険金額は50万円減りますが、450万円残りますから、介護・死亡保障としては十分だと思います。
また、払込み終了後に解約しても払込んだ金額以上に解約返戻金があります。
65歳で約488万円の解約返戻金(入院・介護で使わなかった場合)
払込み終了前の解約は損になります。

生涯独身かどうかは、どうなるかわかりませんが、結婚しても払い続けることのできる範囲で加入するのが良いでしょう。
入院1日目から、というタイプが注目されていますが、大事なのは、本当に困った時にも使えることです。ガンなどで1年くらいかかる例も見てきています。
1入院が120日で終わる場合もあるので、良く比較して下さい。

一時支払い機能という意味がよくわかりませんが、例えば5年ごとに20万円を受け取るような特約については、払込み金額の方が多くなるので、貯蓄としては、損です。

この回答への補足

回答有難う御座います。

なぜ私が保険を決められないのかがわかってきました。

今はまだ漠然と早く入った方がいいと思うのと、あんまりあれもこれもになって途中で解約してしまうのは嫌だが、必要なときに無いのも困る
くらいの気持なので、商品を絞り込めないのです。

そこで、もし宜しければ一般的に必要な物と年齢や、収入によって切り捨てしまう物を教えていただけますか?

参考にさせて下さい。

補足日時:2002/01/18 12:51
    • good
    • 0

保険については、下記のサイトが参考になります。



http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main. …

http://www.jili.or.jp/

この回答への補足

回答有難う御座います。 「生保文化センター」あとでじっくりみさせていただきます。

私は今はまだ漠然と早く入った方がいいと思うのと、あんまりあれもこれもになって途中で解約してしまうのは嫌だが、必要なときに無いのも困る
くらいの気持とゆう事がわかりました。

そこで、もし宜しければ自分にとって必要な物と切り捨てる物の見極め方やその決め手などご自身の例を教えていただけませんか?

参考にさせて下さい。

補足日時:2002/01/18 12:36
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング