解雇予告手当てを支払い、即日解雇した時に弁護士から所得税とか何も引かないでそのまま全額を支払うよう言われました。ある本にも解雇予告は給与ではないので
全額を支払うよう書いてありましたが、税務署に問い合わせたところ、これは退職所得になるので、所得税はひかなければならないとのことです。
どなたかわかる方がいらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

解雇予告手当ては、給与所得ではなく、退職所得となります。


従って、下の回答のように、勤続年数によって源泉税を計算します。
他に、退職金も支払う場合は、その退職金と合算して計算します。

ただ、「退職所得の受給に関する申告書」を提出しない場合は、一律20パーセントを源泉徴収することになります。
    • good
    • 0

退職金扱いになると言う事だと思われます。


以下の場合は、無税です。
1.勤続年数が20年以下の場合
   40万円×勤続年数=退職所得控除額(最低80万円)

2.勤続年数が20年を超える場合
   800万円+70万円×(勤続年数-20年)=退職所得控除額

勤続19年の人は、799万円までは無税です。


細かく言えば、19年何箇月の場合、20年に切り上げて計算。
途中休職などが合った場合(病欠や育児休職)その期間は入ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職所得( 解雇手当 )に対する所得税の源泉徴収について

いつもお世話になります。

退職所得( 解雇手当 )に対する所得税の源泉徴収について質問します。
16年度の退職者に、解雇予告手当を支給しました。
その時は解雇手当に所得税がかかるとは知らずに、徴収せずに支給しました。
「源泉徴収のための退職所得控除額の表」によると、課税対象額が0になりますが、この場合も3,300,000以下の10%の対象になるのでしょうか?

それと、賃金台帳にもこの解雇手当も計上するのですか?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

解雇予告手当については、所得税法上では退職所得として取り扱われますので、通常の退職金と同様の取り扱いをします。

従って、「退職所得の受給に関する申告書」を提出してもらっている場合は、退職所得控除額を適用して計算しますので、課税対象額が0であれば、当然源泉徴収税額も0円となります。
(もちろん、他に通常の退職金も支給しているのであれば合算して計算する必要があります。)

しかし、「退職所得の受給に関する申告書」の提出がない場合は、退職所得控除額に関係なく、一律20%の源泉徴収をしなければならない事となります。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2732.htm

賃金台帳に、通常の場合の退職金も記載しているのであれば、やはり記載すべきと思いますが、給料・賞与のみについて記載しているのであれば、記載する必要はありません。
(おそらく後者と思いますが)

Q税理士報酬の支払手数料・源泉所得税・消費税の仕分けの仕方

はじめまして、経理を始めたばかりなので初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
税理報酬の計算書には合計が9,0000円 源泉徴収税額が10%の9,000円です。消費税が4,500円。請求金額は85,500円です。この場合の振替伝票の書き方を教えて下さい。借方科目の支払手数料が90,0000円 仮払消費税が4500円。貸方科目はまだ支払ってないので未払いが85,500円。預かり9,000円でよいのですか?
この9,000円は租税公課なのでしょうか?
よくわからないのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

>税金を支払った時に振替伝票の記載に租税公課(9,000円)にするのですよね?まだよくわからなくってすみません。それとも9,0000円の支払報酬の中に含まれているのですか?

いいえ、9,000円については差し引かれている訳ですので、源泉徴収義務者であるご質問者様の会社が納付しなければなりません。
税金の支払い時には、「租税公課」ではなく「預り金」を使用します。
これにより、税理士の源泉税にかかる「預り金」の残高が0円となる訳です。
(最初の仕訳で、預り金が貸方に発生し、税金支払い時に、預り金を借方で処理しますので、それにより、この分の預り金残高が0円となります。)

Q市民税と所得税を滞納した場合の役所へ支払う延滞金利息の利率

毎月の給与の市民税を滞納した場合の延滞利息の利率教えてください。

また、退職金受取時に支払う市県民税を滞納した場合の延滞利息の利率も同様の利率でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらが参考になりませんか。



利子税も延滞税も、利率は前年の11月末日の公定歩合+4%と年7.3%のいずれか少ないほうとなります(平成14年度、平成15年度については、4.1%です)。

また、納付が遅れた場合、申告期限から2ヶ月以降の延滞税は年14.6%になります。

利子税と延滞税の違いは法人税上、損金となるか否かという点です。利子税は損金となります(手続きを経て延納)が、延滞税は損金となりません(滞納によるペナルティ)。

参考URL:http://www.abezeimu.jp/kj200302.html

Q支払い金額と買掛残高について 9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うこと

支払い金額と買掛残高について

9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うことになりました。
毎月社長が仕入先に対して何円支払うか決める為に、請求額(20日締)と月末残高を表にした紙を提出しています。
仕入先から届いた請求書とうちの会社の支払一覧表は全仕入先で金額が合っていました。しかし、月末残高を買掛残高一覧表で見ると、一つの仕入先で支払い一覧表の金額より千円少なくなっています。なので、支払いをしたら、支払一覧表は0円になりますが、買掛残高一覧表はマイナス千円になってしまいます。
仕入先とうちとでは請求額が同じだった為、うちの会社内だけでいつからか月末残高が千円ほど少なくなっているのだと思うのですが何をどう調べたらいいか分からなく困っています。
出来るならシステム管理会社の人に千円ほど月末残高を多くしてもらって、支払いが終わった後支払一覧表も買掛残高一覧表を綺麗さっぱり0円にしたいぐらいです...。

Aベストアンサー

雑損失で処理すれば済むと存じます。

Q源泉徴収票・所得証明書をみて所得税・住民税・社会保険料を知りたいが・・・

質問させていただきたいのは、タイトルのとおりなのですが、自分の所得証明書を見ると、「住民税」「社会保険料」の欄にはっきりと金額が書かれています。また「所得税」というのは基本的には「源泉徴収税額」の欄に記載されている数字のことなのですよね?なんですが・・・・・

具体的な質問その1
 しかし、他人の所得証明書を見せてもらうと、「住民税(と市県民税というのは同じものですよね?)」の欄は空欄(「0」となっているわけではなく全くの空欄になっている)になっている人が多いのですが、これは市県民税は課税されていないということ=0円ということなのですか?
 「所得証明書」が出ずに「非課税証明書」しかでない人がいますが、この場合の「非課税」とは、何税が非課税なのでしょうか?(所得税?)
 「所得証明書」という名目で出ているのに、「住民税」の欄は空欄になっている人がいるので、「(市県民税)非課税証明書」ということではないのかなぁ?・・・と思うのですが?
具体的な質問その2
 「年調定率控除額」の記載がある場合、年末調整でいくらか返っているわけですが、この「年調定率控除額」というのは返って来ている額そのままなのですか?つまりこの場合の所得税額は「源泉徴収税額-年調定率控除額」でいいのですか?

質問させていただきたいのは、タイトルのとおりなのですが、自分の所得証明書を見ると、「住民税」「社会保険料」の欄にはっきりと金額が書かれています。また「所得税」というのは基本的には「源泉徴収税額」の欄に記載されている数字のことなのですよね?なんですが・・・・・

具体的な質問その1
 しかし、他人の所得証明書を見せてもらうと、「住民税(と市県民税というのは同じものですよね?)」の欄は空欄(「0」となっているわけではなく全くの空欄になっている)になっている人が多いのですが、これ...続きを読む

Aベストアンサー

 所得証明書とは、昨年の所得(給与所得等)の証明ですので、住民税どうこうは関係ないと思います。つまりその方は、所得がなかったということになります。
 非課税証明書とは、住民税が非課税ということです。一般的にどちらも市町村ででるものです。
 年調定率控除額とは、20%の特別減税の金額ですので、還付金額とは全く違います。たとえば、会社で20万円の所得税を預かっていて、実際の税額が8万円だったら、12万円還付になりますが、年調定率控除額は2万円と出てきますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報