『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

トリノオリンピックでスキーフリースタイルのエアリアル競技を見ました。
以前まで着地の際に雪のプールみたいなところに飛び込むのがエアリアルだと思っていたのですが、着地まできちんととっているのをみて驚きました。
そこで質問ですが、着地の方式は変わったのでしょうか?
素朴な質問ですがご返答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1さんも言っておられますが、以前から変っていませんよ。



buntan_sanpoさんがおっしゃってるのはウォータージャンプのことでしょう。
http://www.listel-inawashiro.jp/skifantasia/wj/
「雪のプール」という表現がいまいちわかりませんが^^;
おそらく、エアリアルの選手がオフシーズン(冬以外)に
練習している風景を何かの機会に見たのではないでしょうか?

最近は知りませんが、中国代表選手達も日本の施設に練習に来てたそうですよ。

ウォータージャンプは昔はエアリアルの選手が中心に
オフシーズンの練習場として使用していたようですが、
最近では、宙返りや3Dが解禁になった、モーグルの方々や、
ボーダーの方々の方が圧倒的に多いと思います。

いかんせん、あんな大技いきなり地上でやったらケガ人続出でしょうから^^;

参考URL:http://www.listel-inawashiro.jp/skifantasia/wj/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かに練習風景をみていたみたいです。てっきりエアリアルは着地をとらない競技かと勘違いしていました。ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2006/02/25 01:14

以前からこの方式でしたよ。


練習風景を見たのではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうでしたか。確かに競技をきちんと見たのは初めてでした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/24 15:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング