今日は。宜しくお願い致します。

実は、私は会社員なのですが、コンピューター関係の仕事をしています。
毎日毎日モニタとにらめっこで、1年半過ごしました。が、そこで、毎日のにらめっこと、重なった仕事がある月が(4ヶ月連続)とても忙しく、ずっと前からたまりにたまった眼精疲労が一気に噴出しました。
毎日頭痛に悩まされ(酷い時には、吐きました)、でも、仕事が忙しいので休むわけにもいかず(また肩こりも酷くなって)、とうとう我慢しきれず病院へ行きました。
診断は、やはり眼精疲労と、(普段メガネをかけているのですが)メガネの中心点と私の目の中心点がずれている為に更に目に負担をかけていた…と言うことでした。
毎週病院に通い、先日処方箋をもとに新メガネを作りました。
これで、暫くは逃げられるとは思いますが、でもこの仕事をやっていく上では、一時的なものだと思っています。
あとは、更に眼精疲労に対して疲れをためないか…と言う事でしょう。
…話が逸れてしまいましたが、会社が「労災を申請する」と言うのです。その為には、診断書が必要です。治療費とメガネ代って申請できるものなのでしょうか?診断書は只ではありません。申請して駄目だった…では、私の負担ばかりなのです(会社は勿論診断書代を負担してくれません)。
いくらか、貰える可能性があるのなら、会社の言う通り申請に応じてもいいとは思うのですが、どなたか労災に詳しい方、(できれば詳しく教えていただきたいのですが)可能性だけでも結構です。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ちょっと長くなりますから、この文章はなるべく大きな字で紙に印刷して読んでいただけると幸いです。



 職務中に負った傷病が労災に当たるかどうかの判断は、業務遂行性、業務起因性の2つの基準からその扱いが法に照らして客観的に決められます。
 業務起因性とは業務と身体を加害する事故との相当因果関係、災害と傷病等の因果関係の2つにより判断されます。業務遂行性とは、労働者が使用者の支配下に入っている状態であるかどうかということです。

 労災が適用されるかどうかは、業務遂行性が考慮され、その次に業務起因性が吟味されます。ただし、本人が先天的に持つ疾病に対する素因、体質、悪化する前の既存疾病加齢による自然悪化などの状況が判断に影響してくる場合もあります。たまたま、雇用者の管理のもとににあるときに発症した場合は、これらのご本人が従前から持つ素因と当該疾病の発症の原因を厳密に分離できないので業務上の疾病とされる可能性は少ないと思われます。

 また、逆に素因となる疾病等があったとしても、業務に従事したことにより急激に症状が悪化したという事実があれば業務上の疾病と認められる可能性が大きくなると思います。

 このように職業性疾病が労災に当たるかどうかという判断は細かな事実の積み重ねの上にありますことをまずご理解下さい。

 そういうさまざまな要素を材料として判断すると、1年半という期間、症状の激しさ・悪化の速さ、診断の結果等を考えれば労災に当てはまるとは思いますが、ここに書かれていないであろうその他の多くの細かい条件もありますので、断言することはできません。

 ただ一つ言えることは、現在の状況はたいへんにひどいと感じます。これが契機となって健康を長期に渡って害するようなことになるのは一番避けなければならないところです。多少のお金はかかるでしょうが、原因をはっきりと周囲の人にも認識してもらうため、申請をお出しになってみられてはどうでしょうか。

 典型的なVDT障害とお見受けしましたので、非常に件数が増えているともお聞きします。簡単な判断基準が当局にあるはずです。

>治療費とメガネ代って申請できるものなのでしょうか?

 保険給付は、原則として療養の給付の場合、「療養の現物給付」となります。医療機関が政府にその医療費を請求し精算する形で行われます。ですから眼鏡が治療材料として認められれば給付の対象になると思われます。ただし事後に現金での支給になるかどうかは申請後でないとわかりません。

 療養のため働けなくなった場合は所得保障の意味合いとしての休業給付が行われます。これは3ヶ月間の支払賃金の総額を3ヶ月間の暦日で割った平均賃金を基礎に行われます。このあたりの細かいことは労働基準監督署でお聞きになると教えてくれるはずです。

 お金の問題よりは遙かな重大なことですので、このような匿名で尋ねて匿名で答えるというサイトでは責任の所在に明らかに限界があります。会社に社会保険労務士さんがいらっしゃるならその方に相談されたあと、労働基準監督署に相談されるのが良いかも知れません。このサイトにも確か労務士のかたがおいでになるのですが、めったにでてこられなくて。

 以上は私がつとめていた頃総務としてノートにまとめておいた知識と情報に基づくものです。

 業務その詳しい基準については参考になると思われるサイトを以下のURLにあげておきます。これもなるべく大きな字で印刷してお読み下さい。

お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しいアドバイスを有難うございます。

読んでいて、何だか不安になってきてしまいました。
私はこの眼精疲労は、目の疲れ…程度の思っていたので、会社が労災申請すると言ってきたことに対し、そんな大げさな…等と思っていたのです。
でも、治療費が出るなら申請したいけど、こんな程度で下りるの??なんて不安になりかけていたのも事実です。

VDT障害…ですか、ちょっと勉強してみます。
前例が無いので下りるかどうか解らないけど、申請してみよう
と会社が言っていたので、ではやってみようかな…と思いました。

>ただ一つ言えることは、現在の状況はたいへんにひどいと感じます。これが契機となって健康を長期に渡って害するようなことになるのは一番避けなければならないところです。多少のお金はかかるでしょうが、原因をはっきりと周囲の人にも認識してもらうため、申請をお出しになってみられてはどうでしょうか。

はい、かなりつらいです。でも、この仕事を辞める気にはなれませんので、それも困っています。

>保険給付は、原則として療養の給付の場合、「療養の現物給付」となります。医療機関が政府にその医療費を請求し精算する形で行われます。ですから眼鏡が治療材料として認められれば給付の対象になると思われます。ただし事後に現金での支給になるかどうかは申請後でないとわかりません。

では、支給はメガネで貰うかも知れないと言う事なのでしょうか(確率の問題としまして)?そんなのは、変な話困りますね(笑)。もうメガネは要りませんよ~。

ご心配有難うございます。労災が下りるといいなと思います。

お礼日時:2002/01/15 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件

労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件の違いについて教えてください。
休業補償給付の支給要件は、療養のため、労働することができないために、賃金を受けない日となっています。
一方、傷病補償年金は、療養開始後1年6月後以降に、負傷等が治癒せず、傷病等級に該当すれば、休業補償給付に代えて支給されることとなっています。

休業補償給付では必要なる要件「労働することができないために賃金を受けないこと」は、傷病補償年金では要件とならないのでしょうか?つまり働いて賃金を受けても傷病補償年金が支給されるということでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害給付が1年6ヶ月であることにも合わせたのです。
この給付は休業補償給付に代えて支給されるものではなく、別個のもので、要するに重篤かつ治癒困難な長期傷病者に対して手厚い保護をしようとするものです。ただし、これが支給される間は休業補償給付は支給されません。

打ち切り補償は労基法の定めです。労災保険法ではこれに対応させて長期傷病補償給付があったのですが、傷病補償年金の新設により、この給付を3年受けると労基法の打ち切り補償があったものと見做されます。
ただし、労災保険給付は継続されます。

以上のように休業補償給付と傷病補償年金とは、その主旨が異なりますから、支給要件も異なります。傷病補償年金は傷病の療養のために失った労働能力をその程度に応じて填補するものですから、必ずしも「労働することができないために賃金を受けないこと」は要件になりません。現実としては、傷病等級に該当すれば、働いて賃金を貰うのは難しいでしょう。No.2さんのとおりです。
なお、傷病補償年金は月を単位として支給されますから、傷病等級に該当した翌日の1日から支給されます。それまでの半端な日については、休業補償給付が継続して支給されます。

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害...続きを読む

Q筋肉痛、筋肉疲労、肉体疲労の除去方法は?

なかなか取れないんですけどね。良い方法ってありますか?最寄のガソリンスタンドの無料マッサージチェアを利用しても、気休め程度。
 風呂はいいらしいんですけどね。長い時間浸かる方法ってないですか?
三十路前半の♂です。

Aベストアンサー

「お風呂長い時間浸かる方法」についてのご質問ですよね・・・?
え~と・・・ 最初に体を十分温めて、半身浴(下半身を湯船に浸からせた状態で肩から上などを出しておく)などが良いのでは・・・?    それと、「マッサージチェア」で体をマッサージするより、お風呂の中でマッサージすると良いですよ(僕は運動をしたりするので筋肉痛とか、良くなるんですけどお風呂の中でマッサージとかすると、結構らくになったりしますね)。 お役に立てれば幸いですけど・・・

Q労災の休業補償給付(休業特別支援金)80%と会社の関わり方

只今、通院中で、自賠責の120万円の枠が切れそうなので、労災に切替えました。
休業損害についてですが・・・
労災からは労災の休業補償給付60%と(休業特別支援金)20%=80%、自賠責から40%の休業損害支給。
労災の休業損害は1ヶ月単位の請求になるわけですが・・・
(1)請求してから、一週間位で、支払われますか?
(2)労災の休業補償適応開始日と、休業補償の金額の確認は、
会社?労災基準監督署?どちらに確認でしょうか?

Aベストアンサー

1週間では支払われません。申請を出してからきちんと審査がありますから。。審査の上特に不可解な点などなければ請求してから約1ヶ月で支給です。でも年末年始がひっかかった今の時期のような場合1ヶ月以上かかる事もあります。でも必ずはがきでの通知がありますよ。通知が無いか切りは振り込まれていない事になります。


2の確認は労働基準監督署に聞いてください。会社に聞いても会社が再度労働基準監督所への問い合わせになりますから。

Q慢性疲労症候群の診断

ここ数ヶ月、異常な眠気、うつ状態、食欲低下などで悩まされてきました。ずっと心療内科に通院していて不安神経症とは診断されているのですが、それにしては眠気や倦怠感がひどい気がします。今までは不安感などは強くてもこんなに鬱状態がひどくなったり、倦怠感が長く続いたりすることはありませんでした。

正直仕事はもちろん日常生活にもかなり支障をきたしてます。
症状だけを見ると慢性疲労症候群に近いのですが、素人判断なので分かりません。
ここまで生活に支障をきたすと困るので、ちゃんと検査を受けたほうが良いかと思います。でも慢性疲労症候群はあまりまだ一般的に知られてない症例とも聞いています。

普通の内科クリニックなどでも診断は可能なのでしょうか?それとも最初から大きな病院に行ったほうが良いのでしょうか?ちなみに内科のほうは喘息治療でかかりつけがあります(そこは心療内科も併設してますが、心療内科は別のところにかかってます)。
近くに大きな総合病院がありますが、最初からそちらに行ったほうが良いでしょうか。(ただし紹介状がないと診察してもらえない可能性があります。前にそこは乳がんの精密検査で紹介されて行きました)

検査では採血が必ずあると思いますが、採血が非常に苦手で毎回倒れてしまうので検査の回数は少ないほうが良いと思って…。

自分が何の病気なのか、それとも病気じゃないのかすら分からないです。ただ日常生活に支障をきたすのだけは本当に困ってます。どういう順番(?)で診察を受けたらよいでしょう?
心療内科は2週間に1回、内科は喘息発作が出たときや風邪を引いたときに通ってます。

ここ数ヶ月、異常な眠気、うつ状態、食欲低下などで悩まされてきました。ずっと心療内科に通院していて不安神経症とは診断されているのですが、それにしては眠気や倦怠感がひどい気がします。今までは不安感などは強くてもこんなに鬱状態がひどくなったり、倦怠感が長く続いたりすることはありませんでした。

正直仕事はもちろん日常生活にもかなり支障をきたしてます。
症状だけを見ると慢性疲労症候群に近いのですが、素人判断なので分かりません。
ここまで生活に支障をきたすと困るので、ちゃんと検査を...続きを読む

Aベストアンサー

わたしと似ている症状なので人ごとではないなぁと思いました。

わたしは一応、現在、うつ病・パニック障害と診断されていて、心療内科に通っています(7ヶ月)。

毎日、ひどい倦怠感に悩まされ続けています。寝ても寝ても、どんなに休んでも、どんなにストレスから離れた場所にいても、全身疲労感・倦怠感がなくならず、階段を上るのもひいひい行っています。仕事は全くできない状態です。何かやれば、さらに倦怠感が増し、同時に鬱状態も悪化して最悪になります。

うつ病でここまでひどい倦怠感が持続するものなのか疑問を抱くほどです。

わたしも慢性疲労症候群を疑ったことがあります。でも、何よりもまず、身体に異常がないかどうかだけでもはっきりさせる必要があると思って、倦怠感に耐えきれず、最寄りの一番大きな総合病院に行って検査してきました。

倦怠感の持続はうつ病の可能性大ですが、その他にも、肝機能の低下、甲状腺ホルモンの異常、貧血、心臓病でもでることがあり、そのため、血液検査(肝機能、甲状腺、貧血の3つ)と心電図、24時間ホルター心電図の検査を行ってきました。

まだ検査結果待ちなのでなんとも言えませんが、うつ病からくる倦怠感なのか、他の疾患から来る倦怠感なのかをはっきりさせるためにも、一度、総合病院に行って検査を行ったほうがいいように思いますよ。
そのほうが安心するし、精神的なものだと分かれば、それだけでも症状はやわらぐような気もします。

小さな病院よりも、そういうときは、精密検査までできる総合病院、大学病院をお勧めします。たいていは、全身倦怠感の持続と医師に伝えると「うつ病の可能性が高い」と思うらしいのですが、検査をすることは安心材料のためにも大切なことだと思います。

わたしと似ている症状なので人ごとではないなぁと思いました。

わたしは一応、現在、うつ病・パニック障害と診断されていて、心療内科に通っています(7ヶ月)。

毎日、ひどい倦怠感に悩まされ続けています。寝ても寝ても、どんなに休んでも、どんなにストレスから離れた場所にいても、全身疲労感・倦怠感がなくならず、階段を上るのもひいひい行っています。仕事は全くできない状態です。何かやれば、さらに倦怠感が増し、同時に鬱状態も悪化して最悪になります。

うつ病でここまでひどい倦怠感が持続す...続きを読む

Q労災の休業補償期間は医師の診断書通りでしょうか?

医師の診断で全治3か月の場合、
労災の休業補償も3か月と考えてよいでしょうか?

現在労災休業中です。
診断書を作成してもらい、全治3か月と書いて頂いたのですが、
これは労災も3か月間、休業補償が受けられると考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

診断書が限度ではありませんし、診断書に書かれている日数で完全に治るわけでもありません。

治療が終わった時、若しくは症状が固定された時、までが労災の担当範囲になります。

一般的に全治3ヶ月は、3ヵ月後から働けるではなく、1週間ほど安静にして、それ以降は制限を付けながら徐々に復帰して行くと言うものもありますし、3ヶ月と書かれていても、1年治療に掛かる事もあります。

労災の休業給付は、全治ではなく、働けない期間です。

Q頭脳疲労または神経疲労を和らげる機能食品は?

4月の異動で激務、残業、時々終電の毎日です。
最近風邪を引いて、体力気力も萎えました。

これから年末年始まで続く超繁忙期に備えてネイチャーメイドのマルチビタミンサプリメントを買いました。
他にスープのレトルトや野菜ジュース缶など。

そこで、会社でも手軽に摂れる頭脳疲労回復にいい、なるべく添加物の少ない携行機能食?があったら教えてください。
複雑難解な事に頭脳を駆使するというより、集中して神経を使う感じです。

Aベストアンサー

>なるべく添加物の少ない携行機能食?があったら教えてください。
こういう事なら,ピーナッツ(落花生;南京豆)を毎日,少量づつ食べるのがいいでしょう.
私は,ほぼ二十年以上にわたって,毎日,ピーナッツを約十粒ほど食べ続けています.
ピーナッツを食べると気力が充実し,スタミナがつき,集中力が持続します.
長期に渡って食べ続けると効果が出ます.

バターピーナッツは塩分が多いので,私は殻付きか,薄殻付きのピーナッツを食べます.

因みに,ピーナッツに含まれる「タンパク質」を列挙しますと(列挙する意味は,あまりないかも知れませんが).
トリプトファン,トレオニン,イソロイシン,ロイシン,リシン,メチオニン,シスチン,フェニルアラニン,チロシン,バリン,アルギニン,ヒスチジン,アラニン,アスパラギン酸,グルタミン酸,グリシン,プロリン,セリン,の18種類です.この様な食品は他にありません.

また,ピーナッツに含まれる「ビタミン」は,ビタミンA,β-カロテン,チアミン(B1),リボフラビン(B2),ナイアシン(B3),パントテン酸(B5),ビタミンB6,葉酸(B9),コリン,ビタミンE,です.

次に,ピーナッツに含まれる「ミネラル」は,カルシウム,鉄分,マグネシウム,マンガン,セレン,リン,カリウム,ナトリウム,亜鉛,です.

詳しくは,下記のウィキペディアをご参照下さい.

ラッカセイ(ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%82%A4

私が,なぜピーナッツを食べるようになったかと申しますと,二十数年ほど前,仕事に疲れて,やる気が衰えて困っているとき,ふと,遠い過去の同僚を思い出しました.

私よりいくらか年下のその同僚は,いつも元気に溌剌として,肌には艶があり,活発に仕事をバリバリとこなして疲れ知らずでした.そして,その同僚は,仕事中でも休憩中でも,いつも,ピーナッツをポリポリと食べていました.

これを思い出した私もピーナッツを食べてみました.すると,どうでしょう.約一週間ほどして,やる気の衰えが消えたのです.それ以来,ピーナッツを少量づつ食べ続けています.今でも・・・.

質問者さんも,ピーナッツを食べてみる事をお勧めします.

>なるべく添加物の少ない携行機能食?があったら教えてください。
こういう事なら,ピーナッツ(落花生;南京豆)を毎日,少量づつ食べるのがいいでしょう.
私は,ほぼ二十年以上にわたって,毎日,ピーナッツを約十粒ほど食べ続けています.
ピーナッツを食べると気力が充実し,スタミナがつき,集中力が持続します.
長期に渡って食べ続けると効果が出ます.

バターピーナッツは塩分が多いので,私は殻付きか,薄殻付きのピーナッツを食べます.

因みに,ピーナッツに含まれる「タンパク質」を列挙しますと...続きを読む

Q労災休業補償の待機期間について

労災休業補償の待機期間について

Aベストアンサー

休業補償給付は、
休業した日の第4日目から療養のため休業を要する期間支給されます。

休業初日から通算して3日間の待機期間は、
休業補償給付は支給されません。

http://rousai.mints.ne.jp/kyuugyou4.html

Q突発性難聴と診断受けたが翌日は午前中なんでもなく夕方から症状が出るだけでもその診断でいいのか。

今、月曜の夜です。
3日前の金曜日に近所の耳鼻科で突発性難聴と診断を受けましたが、一番大事なステロイド剤を副作用を理由に断りました。その後家に帰ってネットで病気のことを調べてみたところ、治療は発症後急がないと治らないことがある。と書いてありました。(急いでも治らない場合もあるみたいですが)
それを見て今日の午前中に大学病院に行きましたが、午前中は症状が治まっていて検査で何もでず、(自覚症状も治まっていて)全く正常と言われました。
しかし家に帰ってきて夕方5時くらいからまた聞こえずらくなり、耳鳴りもひどいです。
午前中症状がなく夕方からのみ症状がでる場合も突発性難聴なんでしょうか。
やっぱりステロイド剤は服用したほうがよいのでしょうか。
検査結果の証明がないと、もう一度ステロイド剤を出してもらおうとしてもだしてもらえないですよね。
症状がでる時間5時以降にやっている病院に行ったほうがいいですよね。
今症状が出て3日目が過ぎようとしています。
何かわかる方、同じ病気の方お返事お願いいたします。

Aベストアンサー

実際のところ、ステロイドが有効であったとするエビデンスはありません。
最初、67人の突発性難聴に有効だったとする研究がでたのですが、その後、それを否定する研究がでて、現在の立場は他に有効な方法もないし、短期間ならたいした副作用もないから使って損はないという立場です。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMcp0802129

Q労災、休業補償について質問お願いします。

質問があります。
1・労災は申請してから何日くらいで認定されるんですか?
2・労災認定ならないと休業補償はもらえないんですか?認定まで半年かかったら半年間は無収入ってことになりますよね?
3・休業補償は怪我して休んだ次の日からの分がもらえますか?それとも病院に行った日からですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について。
まず認定されるなら書類を提出すれはすぐにでも認定されます。
2について。もちろん認定されなければ休業補償はもらえませんよね。。

もちろん認定まで半年1年とかかる場合がありますがその間は
収入は0と言うことになります。
でも普通の怪我なら認定されないなんてことはありませんけどね。あるとすれば椎間板ヘルニアや精神的病などの場合です。明らかに仕事が原因だという証拠がありませんし、提示もできないですからね。要は遺伝的要素のあるものは認定されるまでにものすごく時間がかかるか認定されないかのどちらかです。
ちなみに私の弟ですが明らかに仕事が原因で椎間板ヘルニアになりました。
もちろん労働基準監督署も仕事の内容を見にきて納得の上でしたが結局認定されるまでに1年かかりました、。

3について怪我して休んだ日からではなく「待機3日」をおいてからです。
例えば今日怪我して仕事を休めば今日、明日、明後日は含みません。

Q夜中に急に目が覚め、更にその時体がとんでもなく熱い

タイトルの通りです
普段はいつもいつも眠くて仕方が無いぐらいなのに、2~4時間しか寝てないのに、いきなり目が覚めます
目が覚めた時は体が異様に熱く全身が火照って真っ赤です
立ち上がるとしばらくふらふらしてまっすぐ立っていられません
普通に起きた時は普通に立てます
平熱は34度程度で、36度あれば発熱で、体温が低い時は32度ぐらいです
生活習慣の悪さから来る自律神経失調症なるものが体温が下がる原因らしいです
平熱が低いのは元々です
アトピーと乾燥肌なのですが、体が熱い時は感想が特に酷い左手がむくんで握りこめません
全身少しむくんでます
また、アトピーの酷い右腕の甲に直径3mm程度のできものがいくつかできます
できものは時間の経過とともにほとんど分からなくなります
最近は昼夜逆転生活を送っていたのですが3日前から正しました
目が覚めるのも3日前からです
病気でしょうか?
今まで昼夜逆転生活をただしてもこんなことは…あったっけ?あったかも知れません
なかったとは思うんですけど…
お願いします

Aベストアンサー

ご年齢と性別(最近はあまり関係ないですが)にもよりますが、更年期障害の疑いはありませんか?

また、睡眠中は副交感神経(自律神経の一種)が働き体温も低下するのが一般的だと思うのですが

あまり過敏に取られては、困るのですが「自律神経失調症」を元に⇒鬱病(脳内の伝達物質の不全が起因)へと移行する事もありますので神経科などを受診してはいかがでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報