明日の環境工学の授業で、グラフの説明をしなければならないのですが、よくわかりません。
そのグラフは1988年から1997年までのごみリサイクル率の推移を表しているのですが、横軸に時間(1988年~1997年)、縦軸にごみリサイクル率(%)であらわされています。グラフを見てみると、古紙の再資源化率はずっと横ばいに見えるのですが、アルミ缶やスチール缶の再資源化率、一般廃棄物のごみリサイクル率は1992年ごろを境に右肩上がりに増えていっています。それまでは横ばいです。
ということは、1992年ごろに何かあったのだと予測できるのですが、僕はこれを「バブルの崩壊」によるもの、と考えました。それを先週の授業の時に言ったのですが、どうやら違うみたいなのです。1992年というと、まだ物心がまともについていないときなので何が行われたのかさっぱり分かりません。ですので、1992年ごろ、リサイクル率が増えるきっかけとしてなにがあったのかを教えてください。それにつながる情報なども一緒に教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

廃棄 率」に関するQ&A: 海外の食糧廃棄率は?

A 回答 (4件)

回答は先の方の通りで、地球環境サミットがはじめて開催された年ですね。


こんなことはその当時生まれていたかいないかではないと思いますよ。

このサミットの後、日本は地球環境に関する条約を批准し、さらに国内法が整備されはじめました。
特に「海洋投棄に関するロンドン条約」によって、日本の国内法は先進国中で最も厳しいものとなっています。
この条約のほかにどんな条約があるかは、どうぞご自分で調べてみてはいかがでしょうか?

一般のおじさんでも参考資料なしにこんな程度までの回答はできます。
「環境工学」がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通に生まれていたのですが、どうも、すぐに人に聞くといった事に頼ってしまったようです。申し訳ありません。しかし、「地球環境サミット」というきっかけを与えてくださってありがとうございます。自分でももっと深く調べて先週発表したときに「それは違うよ」とダメだしをした先生を見返してやろうと思います。

お礼日時:2002/01/15 18:40

 環境問題を人類が大変なこととしてとらえだしたのがこの頃だったと思います。


 それ以前は、人類にとって最優先の問題は冷戦でした。いつ起こるか分からない地球温暖化よりも明日起こるかもしれない核戦争の方が人類にとって脅威でした。
 ところが1989年(だったと思います)にベルリンの壁が崩壊したり、1991年(だったと思います)にソ連が崩壊したりと、冷戦が終わってしまい、地球環境問題がクローズアップされてきたのです。
 だから1992年からリサイクル率が増えた・・・のかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう見方もあるのですね。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/15 18:41

http://www.nec.co.jp/eco/ja/action/story/1994.html
補足になりますが、社会の歩みの年表を確認してください。
環境サミット以後、大手企業を中心に、リサイクル運動が盛んになりました。
ネットでも沢山検索できると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ネットで調べてみたものの、たくさんありすぎて、本質を見抜けませんでした。そんな中、参考のURLを教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2002/01/15 18:44

http://www.rtri.or.jp/rd/iso14001/iso/iso14001.h …
地球環境問題の話し合いが合ったのが1992年(ブラジルで)
1996年からISO14001が制定された

これが大きいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLまで付けていただきありがとうございます。参考にしながら、また自分で深いところまで調べていこうと思います。

お礼日時:2002/01/15 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球温暖化と資源ごみのリサイクル

恥かしながら教えてください。
今、全世界で地球温暖化が叫ばれていて二酸化炭素の排出量を出来るだけ少なくするように努力しています。日本でも同じように努力していると思います。そこでちょっと疑問が生じました。資源の節約ということでリサイクルが叫ばれていますが、リサイクルには原料から作るより大きなエネルギーが必要になると聞きました。ということは、リサイクルをするということは、地球の温暖化を進ませる原因になるのではないでしょうか。どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

勘違いされているようですが、いま行われているのはCO2の排出量を出来るだけ少なくする事ではなく、厳密にはこれ以上排出されるCO2の量を増やさない(つまりCO2は出るが現状維持)という事です。CO2を出す化石燃料というのは地殻に数多く存在していますが、これを使わず(安定化させ)人間活動を今後も長引かせるというのが目的なのです。ですから化石燃料を使わず(つまり資源の節約)リサイクルをするというのはおかしくないと思います。

Q裁断後の紙は可燃ごみ?資源ごみ

裁断後の紙はゴミとしては可燃ごみでしょうか?それとも資源ごみでしょうか?
本の処分をしていて、場所ばかりとっている本を裁断後に破棄しようとしています。
 裁断後の紙はどう捨てるべきでしょうか?

Aベストアンサー

自治体によります。
昔は、可燃ゴミでしたが、技術の進歩により、資源ゴミとして
扱えるようになりました。
あなたのお住まいの市か町か村かの役場で聞いてみてください。

Q紙の資源ごみ

些細なことなのですが…

マンションのゴミ捨て場に新聞や雑誌(資源ごみ)を捨てる場所があります。
そこへ雑誌だけでなくお菓子のパッケージやちらし、その他「紙」とリサイクルマークの付いた紙箱なども一緒に大きな紙袋に入れておいていたのですが、燃えるゴミの方に移動されていたみたいです。
それ以来、「紙」と書いてあってもリサイクルできないの? もしくはあまり役に立たないの…? と疑問です。
なぜ捨てられてしまったのかな…、と気になっています。
おしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ゴミの分別は自治体によって違うんですよね。
お住まいの自治体では「資源ごみ」についてどう決めていらっしゃいますか?
ゴミカレンダーみたいなものは配布されていませんか。
たとえ資源でも、自治体が「これは資源ごみ」と定めていなければ「ゴミ」として扱われると思います。
細かな事はお住まいの自治体のHPや広報誌で確認できると思いますよ。

ちなみに私の地域では「雑紙」としてお菓子の箱やトイレットペーパーの芯などを紙袋に入れて「雑誌」と同じ日に、資源ごみとして回収します(新聞は別の日)。

Q空き缶の資源ごみの出し方

私の住む市では空き缶を資源ごみとして回収しています。
私は空き缶を潰さずにそのままの状態のまま袋に入れるのですが、そうすると当然かさばってしまいます。
つぶしてもよいのでしょうか?
その他、何か助言があればお願いします。

Aベストアンサー

一番初めの「縦に潰すか側面を潰すか」ということで言えば、
側面を潰したほうがいいです。

何もしない状態でも問題ないのですが、
そうすると話に出ているように回収ボックスや回収車にたくさん入れることができません。
そこで体積を減らすために潰して出しましょうということになります。

ただし、よく缶を立てた状態で靴底などでぺしゃんこにする方がいますが、
あれをすると缶の選別機(アルミとスチールに分けるもの)にかけるときに具合がよくないので、
家庭から出されるときは軽く側面を潰して出すのが一般的な出し方として自治体でPRしていると思います。

ごみの出し方は自治体によって様々なので、
一度お聞きになると新たな発見があると思いますよ。

Q紙資源(リサイクル)の回収 契約について

中小企業で総務をしております。
既存の廃棄物処理業者さんに一般廃棄物とは別で紙資源の無料回収をしてもらっています。
しかし、それに関する契約書の取り交わしは行っておりません。一般廃棄物の委託契約書にも
特に具体的にそのことには触れていません。口頭で実現している回収です。
ISO14001の監査の中で、グレーだから厳密にはリサイクル資源の回収に関する委託契約書を結び、
料金(配送料と、リサイクル料との相殺)についても触れておくべきだというニュアンスのことを
言われました。
これは、よくある話ですか?紙資源の場合守秘義務のこともあるのでリサイクルに関する
そういう契約が一般的であれば交わした方がベターと思っていますが、なかなか事例が探せません。
具体的な事例や契約書の事例があれば教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

守秘義務契約はしたほうがいいでしょう。

また無償の場合、廃棄物処理法の対象になります。

1t1円でもいいので売買契約(守秘義務を特約)したほうがいいですよ


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報