痔になりやすい生活習慣とは?

しょうも無い質問をします・・・

よくメモリやbit数が32とか256とか「8」の倍数で作られているのは何故ですか?
「9でもいいじゃん」とか言う話じゃなくて、何故「8」にする理由があったかを聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.1の回答にある通り、8の倍数と言うよりは、2の倍数になっています。



で、なんで2の倍数になっているかと言うと「どこを読み書きするかを電気信号のオンオフで指定する時に、2の倍数だと都合が良いから」です。

メモリに読み書きする場合は「アドレスバス」に「読み書きするのはここです」と言う電気信号を流して読み書きします。

このアドレスバスは何本も束になった電線みたいな物で、一本々々のオンオフの組み合わせで「ここです」を示します。

コンピュータのメモリのアドレスは「0番地」とか「1番地」とか、番地を数値で表現しますが、この数値を2進数にして2進数の各桁を束になった電線の一本々々のオンオフに対応させれば、メモリを読み書きする場所が指定できます。

メモリ上に記憶出来る場所が2ヶ所あれば、1本の信号で「オフなら1ヶ所目、オンなら2ヶ所目」と指定出来ます。

表にすると、こうなります。

信号|場所
--+----
オフ|1ヶ所目
オン|2ヶ所目

2進数での番地は「0」と「1」になります。

では、記憶出来る場所が4ヶ所の場合はどうでしょう?2本の信号のオンオフの組み合わせは4通りあるので、信号線は4本ではなく2本で済みます。

信号1、2|場所
-----+----
オフ オフ|1ヶ所目
オフ オン|2ヶ所目
オン オフ|3ヶ所目
オン オン|4ヶ所目

2進数での番地は上から「00」「01」「10」「11」になります。10進数では「0」「1」「2」「3」です。

信号線を1本増やしただけで「記憶出来る場所の数」が2個から4個に飛びました。

もし3個ならどうなるでしょう?

信号線が1本では2ヶ所しか表現できず足りないので、4ヶ所の時と同じように2本にします。

信号1、2|場所
-----+----
オフ オフ|1ヶ所目
オフ オン|2ヶ所目
オン オフ|3ヶ所目
オン オン|使わない

2進数での番地は上から「00」「01」「10」になります。10進数では「0」「1」「2」です。

このように「使わない組み合わせ」が出てしまいます。

「別に、使わないなら使わないで良いじゃん」と思うかも知れませんが、これでは困る場合があります。

もし、このように「使わない組み合わせ」が存在するメモリを2個セットにしたらどうなるでしょう?

メモリ|信号1、2|場所
---+-----+----
1個目|オフ オフ|1ヶ所目
1個目|オフ オン|2ヶ所目
1個目|オン オフ|3ヶ所目
1個目|オン オン|使わない
2個目|オフ オフ|4ヶ所目
2個目|オフ オン|5ヶ所目
2個目|オン オフ|6ヶ所目
2個目|オン オン|使わない

メモリが1個目なのか2個目なのかを「オフ」「オン」で考えれば、信号線3本になったのと同じです。

1個目なのか2個目なのかを「信号0」と考えれば、表はこうなります。

信号0、1、2|場所
-------+----
オフ オフ オフ|1ヶ所目
オフ オフ オン|2ヶ所目
オフ オン オフ|3ヶ所目
オフ オン オン|使わない
オン オフ オフ|4ヶ所目
オン オフ オン|5ヶ所目
オン オン オフ|6ヶ所目
オン オン オン|使わない

2進数での番地は上から「000」「001」「010」「100」「101」「110」になります。10進数では「0」「1」「2」「4」「5」「6」です。

このように、間に隙間が空いてしまいます。

このままでは、10進数での番地に「3」が無いので「2の次だけは4」という特殊な回路が必要になってしまいます。

それだったら「使わない組み合わせ」が出ないよう、記憶出来る場所の数を3個から4個にした方が、遥かに楽です。特殊回路も要りません。

もちろん、3個以外に、5~7個でも「使わない組み合わせ」が出ます。

このように「使わない組み合わせ」が出ないようにするには、1個、2個、4個、8個、16個…と「2の倍数個」にする必要がある訳です。
    • good
    • 1

兄さんは自作パソコンとかなさってますよね。


シロウトじゃ無い事は見え見えです。
2147483648とか
8388608とか、私ら直ぐ出ますよ。
    • good
    • 0

コンピュータが電気信号を電圧の高低(0か1)で判断するからです。


だから、回路を設計するときに2進数の方が圧倒的に便利なのです。

そしてメモリ上のアドレスも2進数で表現した方が便利になり、
それはソフトウェアにも波及していきます。

ドラクエのマップが2の倍数なのも、
2進数に慣れたプログラマには管理が容易だからです。

一方、0とか1で表現しても見にくいので
1バイトという単位ができました。

これは8の倍数というよりも16の倍数ですが、
16も8の延長線上にありますから、似たようなものですね。

なお、デジタルの意味は2進数を指します。
    • good
    • 0

2進数だからということが根本にあるのですが。


メモリーをアドレッシングする線が1本増えるたびにアドレッシングできるアドレスは
倍になります。

1,2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024
1024=1Mで
1,2,4,8M・・・・・1024M
1024M=1Gで
1,2,4,8,16G・・・・・
という具合です。

なお余談ですが18ヶ月ごとにLSIの容量が倍になるという
ムーアの法則というのが有ります。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/69/62921469.h …
    • good
    • 0

8の倍数ではなく2の乗数を使って計算します。


デジタル信号はすべて2進数を使用していますので、奇数の表現はありません。

また、1バイトは8ビット(0または1のデータが8個)になっていますので、バイトで表現すると8の倍数になるります。このため、質問文のように8の倍数であるかのような数値になります。
    • good
    • 2

正確には「2の倍数」ではなくて「2のn乗」ですね。


32は2の5乗、256は8乗です。
電気には「ON」「OFF」2通りの状態しかありませんから、
「0(OFF)」と「1(ON)」しか使わない2進数が
全ての基本にあるわけです。
    • good
    • 0

8 の倍数でなく 2 の乗数です


PC は 2 進数で処理している為
    • good
    • 0

いや、「8の倍数」というよりは「2の倍数」っていった方が正確です。


これは「電気の+(プラス)-(マイナス)の2種類でデータ表現を行う」ことに由来してます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメモリの性能はなぜ倍数なの?

64、128、256となぜ倍数なのですか?
数年前急激にメモリの性能が上がっていきましたが今では256でおちついたのでしょうか?
また256以上のものが入ったパソコンは販売されているのでしょうか?
技術的な壁に打ちあたって256以上のものが出来ないと言う話と256で十分な性能があるからそれ以上のものは作らないという話どちらかが本当ですか?それとも他に理由があって256以上のものが作られていないのですか?

Aベストアンサー

>64、128、256となぜ倍数なのですか?
パソコンの内部では2進数が使われています。普段の生活で使っている数字が1桁0~9まである10進数なのに対して、2進数では1桁が0と1の2つです。
10進数では1桁桁上がりすると10倍になりますが、2進数では1桁桁上がりすると2倍になります。
このため64、128と2倍ずつ増えています。

>技術的な壁に打ちあたって256以上のものが出来ない?
メモリはメモリチップのICが1~複数個組み合わせて作られます。メモリチップには1つ当たりの記録容量があります。これが少なくても大きくてもたくさん組み合わせれば無限とまではいかなくともものすごい容量のメモリを作ることは可能です。
そのためここでの256というのはメモリチップ1つあたりの容量で「256メガビット(=32メガバイト)」のことかと思います。
...が256メガビットを越える、512メガビットや1ギガビットの容量のメモリチップも作られています。

「技術的に作れない」というのはひどい言い方ですがたいていの場合「ウソ」です。その記事が書かれた時点では技術的問題があり確かに作れないのかもしれませんが、技術は日進月歩です。すぐに問題が解決して実現するものです。
ひと昔前には「CPUの速度は技術的に100MHzを越えることはない」なんて聞きましたが、今のCPUはその10倍以上の速度で動いています...

>64、128、256となぜ倍数なのですか?
パソコンの内部では2進数が使われています。普段の生活で使っている数字が1桁0~9まである10進数なのに対して、2進数では1桁が0と1の2つです。
10進数では1桁桁上がりすると10倍になりますが、2進数では1桁桁上がりすると2倍になります。
このため64、128と2倍ずつ増えています。

>技術的な壁に打ちあたって256以上のものが出来ない?
メモリはメモリチップのICが1~複数個組み合わせて作られます。メモリチップには1つ当たりの記録容量があります。これが少なくて...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QSQL実行結果の出力を見やすくしたい

Oracle 10gを使用して勉強をしています。
SQL実行結果の出力が見にくくて困っています。
以下、(1)は自分が実行したSQL文ですが、(2)のように見やすく出力したいです。

どのようにすればよいのでしょうか?
また参考となるWEB URLがある場合、頂けたら嬉です。

(1)自分が実行したSQL文
SQL> select
2 sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
3 from v$session
4 where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ------------------------------
OSUSER PROGRAM
------------------------------ ------------------------------------------------
MACHINE
----------------------------------------------------------------
TERMINAL
------------------------------
543 39 SYS
oracleuser sqlplus@HOGE-net (TNS V1-V3)
HOGE-net
pts/1


SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ------------------------------
OSUSER PROGRAM
------------------------------ ------------------------------------------------
MACHINE
----------------------------------------------------------------
TERMINAL
------------------------------
544 5 SYS
oracleuser sqlplus@HOGE-net (TNS V1-V3)
HOGE-net
pts/0


(2)こんな感じで出力させたいです。
select
sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
from v$session
where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME OSUSER PROGRAM  MACHINE   TERMINAL
---- ------- --------- ------ ---------- ---------  --------
139     2      TEST Owner sqlplus.exe   HOGE_XP HOGE_XP
144     20    SYSTEM      ORACLE.EXE HOGE_XP  HOGE_XP

Oracle 10gを使用して勉強をしています。
SQL実行結果の出力が見にくくて困っています。
以下、(1)は自分が実行したSQL文ですが、(2)のように見やすく出力したいです。

どのようにすればよいのでしょうか?
また参考となるWEB URLがある場合、頂けたら嬉です。

(1)自分が実行したSQL文
SQL> select
2 sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
3 from v$session
4 where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ---------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

set pages 10000 lines 10000 trims on
col username for a30
col osuser for a30
col program for a30
col machine for a30
col terminal for a30

select
sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
from v$session
where type = 'USER';

こんな感じでどうですか?
ちなみに、a30は30文字分の幅という意味です。
number 型のデータの場合には指定方法がかわりますが、
number 型はそのままでも表示が乱れることはあまりないので、
それほど気にしなくてもよいでしょう。

Qパソコンのメモリについて、3枚=12Gはよくない?

Endeavor TY5000Sを買いました。
まだ到着していません。
某サイトのポイントが切れるのでCFD D3U1333Q-4G [DDR3 PC3-10600 4GB] を買うか迷っています。
パソコンは初期構成を8Gにしています。
これに4G足すと12Gですが意味があるのでしょうか?
あまりないのでもしや3枚刺しはよくないのかな?と心配です。

それとも4×2で8G買って16Gにしたほうがいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デュアルチャンネルの性能云々はベンチマークをしょっちゅう取るとかじゃなければ、人間がその違いを体感することはありません。
べつに3枚でも問題ないです。私はトリプルチャンネルでも2枚しか入れてませんが、不具合は出てませんし。

ただ、後々増設する時に、同じ型番でも製造時期によって搭載チップが違ったりして、無用なトラブルを避けるためには4GBX2を買ってしまう方がいいかと思います。
何より去年から続くメモリ価格の大暴落で、メモリはかなり安くなってます。
しかし、先月の急激な円安転換あたりで底を打ち、現在は2割程度値上げしているようです。
薄利どころか赤字になっているメーカーも多く、ELPIDAでご存じのとおり事業継続が危ないレベルのところも出てきました。
円安も相まってこれからさらに価格上昇する可能性もあります。

D3U1333Q-4Gは2000円程度。違うメーカーですがプラス1000円出せば4GBx2が買えます。
メモリは先が見通せないパーツになるので、安い今に買っておくのも手だと思います。

QSSDの容量が2の累乗の理由

市販されているSSDの容量って、64GB、128GB、256GB、512GBなど、
2のX乗の値であることが多いですよね。
メモリモジュール1枚の容量でも512MB、1GB(1024MB)、2GB(2048MB)、4GB、8GB、16GBなど同様のことが言えると思います。

なんでこうなの?という質問に対して、以前に
コンピュータは2進数のバイナリデータを扱うから、必ず2のなんちゃら乗になるんだよ
という回答がなされているのを見たことがあります。

でも、実際にはintelのSSDなどは120GBや240GBなどの上記の内容にはあてはまらないものもありますし、HDDで言えばもっといろんなバリエーションがあったと思います。
(代替セクターに使われている分が差し引かれていると考えると当てはまるのかもしれませんが)

そもそも、ビットデータしか扱うことしかできないのであっても、記憶素子の集合が表せるパターンが2のX乗通りというだけであって、必ずしもその記憶素子の数が2のX乗でなければならないという理由にはならないと思います。

例えば、1バイトを記憶できる素子を900個並べたら容量900バイトのメモリーになり、
1024バイトの容量しか作れないというわけではありませんよね。

では、なぜメモリーデバイスの容量は2の累乗の値をとることが多いのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

市販されているSSDの容量って、64GB、128GB、256GB、512GBなど、
2のX乗の値であることが多いですよね。
メモリモジュール1枚の容量でも512MB、1GB(1024MB)、2GB(2048MB)、4GB、8GB、16GBなど同様のことが言えると思います。

なんでこうなの?という質問に対して、以前に
コンピュータは2進数のバイナリデータを扱うから、必ず2のなんちゃら乗になるんだよ
という回答がなされているのを見たことがあります。

でも、実際にはintelのSSDなどは120GBや240GBなどの上記の内容にはあてはまらないも...続きを読む

Aベストアンサー

> 例えば、1バイトを記憶できる素子を900個並べたら容量900バイトのメモリーになり、
> 1024バイトの容量しか作れないというわけではありませんよね。
例えば10ビットのアドレス空間が存在した場合
アドレス空間の大きさは1024バイト分になりますが、
ここでメモリ容量が900バイトしかないとすると
10ビットのアドレス空間の中に利用できない部分ができてしまいます。

これはメモリコントローラーにとっては面倒な話で
本当にそんなメモリが存在しているなら
アクセスできない部分を避ける例外処理を実装する必要が出てきてしまいます。
これはコストが高くなるというデメリットに結びつくため、
結果として高コストなくせに容量が少ないという何のメリットもないメモリシステムになってしまいます。

またメモリチップ側を見ると、行アドレスと列アドレスでアクセスできるように
メモリセルのアレイを構成するわけですが、
行アドレスと列アドレスのどちらかで使わないアドレス(デコードしないアドレス)を
作れば容量を減らす(メモリセルアレイを小さくする)こと自体はできるでしょう。
しかし、中途半端に容量を減らしてもアドレス信号線の本数を減らすことはできないため、
メモリチップの端子の数は変わりません。
(わざわざ端子を設けて、ボード上に配線までして確保したアドレス空間を使わないというのは非常にもったいないことです。)
アドレスデコーダーなどの周辺回路だって大して小さくはならないでしょう。
結果としてメモリチップの製造コストはほとんど変わりません。
むしろ
・前述の例外制御のコスト
・中途半端な容量のメモリチップの設計、検証などの費用(意味の無いラインナップを増やすのはそれだけでコストになる)
もかかりますから、理屈上作れたとしてもこんな物作ろうとする人は誰もいないでしょう。

[参考] 第11回: メモリLSIの基本構成
http://ifdl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/~akita/class/old/06/lsi/11.html


それから、アドレス空間を残すのがもったいないなら、
データバス幅(1アドレス当たりのビット数)を8bitとかじゃなく9bitにすることは
できないのかと思うかとしれませんが、
これも技術上できてもそんな中途半端な物に需要がありません。
メモリ規格もそんな中途半端なバス幅を定めた物はメジャーな規格ではたぶん無いと思います。
(あんまり種類を増やしすぎるのは、それだけでコスト高になります。)


というわけで
> では、なぜメモリーデバイスの容量は2の累乗の値をとることが多いのでしょうか。
この答えは、そんな中途半端なメモリチップを作っても
コスト高になるだけだからです。

ただ、これはメモリチップレベルの話なので、
例えば8Gbitのチップを3枚使って24Gbitとかいう構成ができないわけではないです。


> 市販されているSSDの容量って、64GB、128GB、256GB、512GBなど、
> 2のX乗の値であることが多いですよね。
SSDの容量については別に2のX乗にはなっていません。
256GBというのは、256,000,000byteですからね。
2のX乗である必要があるのであれば、例えば268,435,456byte(2の28乗)等になります。

この理由は、SSDの場合素子の不良に備えて予備領域を取っているためで、
予備領域の大きさ分SSDのシステムとしては領域が減ったように見えるので
2の累乗ではない256GBなどの容量になっています。

だったら、別に257GBとかでも良さそうな物ですが、そうなっていないのは
単に(人間にとって)きりの良い数字にあわせただけのことだと思います。

例えば、
 PCパーツ最前線:日本サムスンに聞く「最新SSD“840”のこだわり」/ ランダムアクセス高速化に注力、コストパフォーマンスにも自信
 http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20121117/sp_fline.html
では
| ―120GBと、250GB、500GBを比べると、オーバープロビジョニングの領域比率が違いますが、
|  それには何か意味があるのですか?
| [岡田氏]  一般的に、SSD容量が増えるほど、あるブロックに対する
|  書き換え回数は減る傾向にあります。
|  250GBや500GBに比べると、120GBは、やはりその点が不利となる可能性があります。
|  ただ実際には、大きな意味はありません。
|  単純に、数字の語呂を合わせているだけのことです(笑)。
|  例えば、125GBにしてオーバープロビジョニングの領域を減らしたとしても、
|  全く問題のない品質となっています。
のような話が出ていて、語呂をあわせただけだという話が出てます。

> 例えば、1バイトを記憶できる素子を900個並べたら容量900バイトのメモリーになり、
> 1024バイトの容量しか作れないというわけではありませんよね。
例えば10ビットのアドレス空間が存在した場合
アドレス空間の大きさは1024バイト分になりますが、
ここでメモリ容量が900バイトしかないとすると
10ビットのアドレス空間の中に利用できない部分ができてしまいます。

これはメモリコントローラーにとっては面倒な話で
本当にそんなメモリが存在しているなら
アクセスできない部分を避ける例外処理を...続きを読む


人気Q&Aランキング