最新閲覧日:

帽子が好きです。

日本でも欧米でも、50年代ぐらいまでは外出時帽子を被る習慣が一般的であったと思いますが、最近ではかなり少数派ではないかと思います。
今ではちょっと勇気がいるような感じです。

何故廃れたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

pachikuさんの言われているのは、スーツ姿の時や外に買い物、食事に行くときの事ですよね?(^^) 家の父親も昔は必ず被ってました。

どうしてでしょうね。多分髪型の多様化のせいかな?と思います。あと髪がペシャンとなるのが嫌われているのではないでしょうか。それとも単にめんどくさいだけかも知れません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
virginianさんのイメージされる帽子です。
やっぱり「面倒くさい」が理由なんですかねぇ。

お礼日時:2002/01/16 16:01

シャッポは流行っていないかもしれませんが、


帽子自体は流行ってると思いますよ。
pachikuさんがおいくつか分かりませんが、
10代、20代では「キャップ派」「ハット派」なんて言って、
こだわったりしていましすよ。
「裏原宿系」はハット派が多いみたいですね。
ちなみに僕はキャップ派で、
毎日、大リーグキャップを交代で色んなチームをかぶっています。
仕事の時はスーツなのでさすがにかぶりませんが。

ただ、やっぱり夏の話ですね。
この時季は比較的少なくなりますね。
そういえば、この時季は「ニット帽」が増えますね。
耳までスッポリかぶればかなり温かいですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
そうなんですよね。
帽子全般で言うとそれなりにいるんですが、シャッポっていないですよね。
明治生まれのおじいさん紳士だけかって感じで。

お礼日時:2002/01/16 15:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報