シーケンサの特徴をリレー制御と比較して教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

シーケンサと書かれていますのは、プロゲラマブルコントローラのことですね。

またリレー制御は、この場合リレーシーケンス制御のことと思います。
シーケンス制御については、既知のこととして説明を省略します。
プログラマブルコントローラ(以下PCと書きます。いまでは、パソコンもPCと書くことがありますので、ここではパソコンは、カナで書きます。)は、当初シーケンス制御を目的に作られましたので、日本では、シーケンスコントローラまたは簡単にシーケンサと呼ばれることがありますね。
リレーでもPCでもシーケンス制御だけをさせる分には、機能は、同じですが、PCの方は、シーケンス制御だけでなく、よりコンピュータに近い演算動作をさせることが出来ます。
比較ですが、前の方も書かれていますようにPCは、シーケンスの変更が簡単です。プログラムを書き換えるだけですから。
リレー盤では、図面の変更も配線の変更も手間が大変です。
PCでは、試運転の結果改良したいときも簡単に出来ますので、変更の手間を厭わずよりよいものが出来ます。
実際にずっと昔、ベルトコンベア上をワークが流れながらセンサーやアクチェータなどの入出力で各種の加工をしていくラインの制御盤をリレー100から200個ほどで設計と配線を一人で組んだこともありましたが大変でした。
それをPCに変更したところ、いちばん簡単な物を採用したにもかかわらずIOも機能も大分余ってしまいましたが、仕事は楽でした。
言葉を換えますとリレーシーケンスは、ハードによるロジック、PCは、ソフトによるロジックといえます。
簡単なシーケンスは、リレーシーケンスで複雑高度な制御は、PCが向いていると言えます。
なお、質問には無かったのですが、PCとコンピュータとの違いはというと、PCは,IOがコンピュータと違いリミットスイッチやマグネットスイッチモーターといった強電仕様であること。設置場所から環境条件が厳しいことなど。またパソコンほどの演算速度は要求されないこと。記憶装置もそれほど大きく必要ないことなどです。
またパソコンの拡張スロットにIOボードを追加するとパソコンで各種の制御が出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

比較をしての詳しい説明、とっても助かりました!!
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 18:49

電気工事関係の仕事をしているものです


やはり、シーケンサーの一番のメリットとしては
回路変更が容易にできることではないでしょうか。
通常の制御盤にリレーを組んで配線では、回路変更の際に制御盤内の配線をやり直さないとだめですが
シーケンサーですと端末での回路変更ですんでしまいますね。
また、盤内のスペースがスリムになることでしょうか。
デメリットとしてはやはり値段が高い、
リレーを使って回路を組むように誰にでも簡単に回路を組めない
といったところでしょうか。

私としては、プラント関係の制御の複雑なものはシーケンサーで、比較的小中規模の設備では、従来のリレーを組んで制御
が一番無難ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー!!
ご回答ありがとうございました♪

お礼日時:2002/01/21 18:51

シーケンサも考え方はリレー制御です。

どちらもまず「ラダー図」って回路図みたいな物を書いてから、プログラムで作成するか、物理配線とリレーのみで作成するかの違いです。
まずリレーは、機械的部品であり寿命が短く、消費電力が大きい野が欠点です。
そして、リレー制御はリレーを動かす為のリレー(内部リレーと言う)が必要であったりして、規模が大きくなると、作るのも、途中で変更するのも、維持していくのも大変です。
したがって、特徴は
1,作成、変更が容易である。
2,リレーの数が減るため、装置全体の故障率が低くなる。
3,リレーの数が減るため、制御部分の消費電力が低くなる。

このへんが大きなトコだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsurface何とかいうやつ。あとモバイルについて

surface2とかproとかいうのを量販店で見たんですが、自宅でVAIO使ってまして出先でこのsurface何とかっていうのを使う場合、ファイル(Office)のやり取りは出来ますか?例えばsurfaceで作ったファイルをVAIOに移して作業、またそれを戻すなど。データはword・excel・powerpointが主です。ちなみにVAIOはOffice Home&Business2010を使用してます(OSはwin7-home)。詳しい方surfaceのデメリット含め簡単に教えて戴けませんか?それから最後にド素人質問ですがモバイルでノートPC使う場合(ビジネスで使用)どういう接続が便利ですか?普通のノートPC買ってイーモバイルとかwimaxが一般的でしょうか?最近はタブレットっていうやつありますよね。あれでOfficeは使えるんでしょうか?キーボードはすっ飛んでますよね?利用はメール送受信とネット閲覧が中心です。外出先の喫茶店とか駅・電車・空港やホテル・公園・その他街中で使いたいです。地方に行くこともあります。パソコン詳しくないので宜しくお願いします。ちなみにスマホではなく携帯です。

surface2とかproとかいうのを量販店で見たんですが、自宅でVAIO使ってまして出先でこのsurface何とかっていうのを使う場合、ファイル(Office)のやり取りは出来ますか?例えばsurfaceで作ったファイルをVAIOに移して作業、またそれを戻すなど。データはword・excel・powerpointが主です。ちなみにVAIOはOffice Home&Business2010を使用してます(OSはwin7-home)。詳しい方surfaceのデメリット含め簡単に教えて戴けませんか?それから最後にド素人質問ですがモバイルでノートPC使う場合(ビジネスで使用)どういう...続きを読む

Aベストアンサー

surfaceはVAIOと同じノートパソコンです

VAIOのどのタイプをお使いか知りませんが(^_^;

パソコンですからofficeソフトをインストールすれば(surfaceは予め入ってる)自宅のVAIOと同じように仕えます。

外で使うのはイーモバイルやwimaxを使うのが一般的ですね、最近はスマホをテザリングする事でそれらと同じようにして使う事ができます。

VAIOよりも更に軽量なノートパソコンと思ったらいいですよ

データのやり取りは、メールで送ったりクラウドサービス(ネット経由)やUSBメモリーにコピーしたりして行います。

Qシーケンス制御とフィードバック制御の違い

シーケンス制御とフィードバック制御の違いについて教えてください

Aベストアンサー

いざ言葉で表現するのは大変ですが、シーケンス制御で制御できなかったヒステリスをカバーするのがフィードバック制御と判断しています。
詳しくは下記↓を参照してください。

参考URL:http://www.saginomiya.co.jp/products/jidou/jidou.html

Q初期Surfaceで絵は描けますか?

初期のSurfaceでも満足に絵を描くことはできますか?

絵を描くためにペンタブレットを買おうと考えていた時、友人に、手持ちのSurfaceでイラストが描けるのではないかと言われたのですが、ペンタブでSAIなどを使って描く時と同じような感じで描くことは出来るのでしょうか?
SurfacePro4などで描く人が多いということはわかったのですが、残念ながら持っているのは最初の無印Surfaceです。
無印のSurfaceとProではやはりいろいろと違ったりするのでしょうか。

もし、普段イラストを描く際にSurfaceを使ってらっしゃる方がいましたら、使っているソフトなども教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>初期のSurface
wikiによるとSurface(無印)はWindows RTとなっています。これはSAIやクリスタなどのWINDOWSアプリケーションは動作しません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Surface#Surface.EF.BC.88.E7.84.A1.E5.8D.B0.EF.BC.89

Q現代制御を用いた制御系設計

現代制御理論を用いて制御系設計を行うとき,状態方程式と出力方程式において,可制御や可観測が満足されない時でも,制御系設計は行えるのでしょうか?もし,行えないなら,古典制御以外でどのような制御理論を使えばいいでしょうか?

Aベストアンサー

まず、可制御の定義ですが、「ある時間における状態x(ベクトル量)を有限時間内に別の任意の状態x’に変化させることができる」となっているはずです。
可制御は可制御性行列がフルランクの場合に成り立ちます。すなわち、可制御性行列がフルランクの場合のみ、すべての状態変数x_1、x_2、・・・(これらは上のベクトルの要素。すなわち、スカラー量)が任意の状態にもっていけることになります。
よって、ある一つの x_n が任意の状態に移行できないだけで、可制御性は満たされません。
可制御性が満たされる系は当然、制御可能です。
次に、満たされないときにどのように考えるかですが、次は可安定性を調べるべきでしょう。
もし、先ほどの可制御でない状態変数 x_n が可安定で、発散しないような変数であれば、システム全体としてはある限られた状態(x_n が任意に設定できないため)へは制御できます。

つぎに、可観測に関してですが、可観測でない場合はオブザーバなどを用いることで、状態変数を推定する手法を習ったと思います。

以上、参考になれば幸いです。

QタブレットのSurfaceについて質問です

Surfaceの使い勝手はパソコンと比べて良いですか?携帯性や耐久性などの観点からもお願いします。私の兄のパソコンが壊れたそうです。そこで買い替えたのですが、「持ち運びのしやすいタブレットが欲しいから、『Surface』にしようと思っている。」と言っていました。私は、「タブレットよりもパソコンがいいんじゃないかな。『Let's』(Ultrabook)なら軽いうえに堅牢性も高いし。」と言いました。
結局、兄は「Surface」を買いましたが。私は「Surface」についてよく知らないのですが、使い勝手は良いのでしょうか?堅牢性は「Let's」のように高いのでしょうか?また、キーボードの打ちやすさや処理速度なども教えてください。

Aベストアンサー

パソコンでどんな事をするか?で 必要な機能も変わってきます
Let,sはノートパソコン Surfaceはタブレットの分類になります

個々の好みもあるので 自分が欲しいものを持つ事で多少の欠点も消えてしまうものだと思います
Let,sは11万円強から30万円越え Surfaceは4万円弱から20万円弱
資金しだいでは Surfaceしか選べないかも知れない

Surfaceはタブレットなので DVDドライブやLAN端子が付いていない
携帯性重視ならSurface 1kg弱
頑丈さはLet,sでしょう 2kg弱
でも不要な機器を付けてまで重くなる頑丈さを取るか? 使用者の好みですね

私個人の使い勝手としては Let,sの方が良いと思います
Surfaceは英語仕様のキーボード? 日本語入力で使うにはキー数が少ない
処理速度は どちらも機種が揃っているので変わらないと思います

テレビCMの影響もあるんじゃないかな?と思いますよ

Qカスケード制御とオート制御のちがい

カスケード制御とオート制御のちがいが、よくわかりません。簡単なちがいを、教えてください。

Aベストアンサー

cascade: [電]回路などを従続接続する・・・とあります。(研究社・英和)

次のような制御回路を想定してみてください。
ここにボイラー(湯沸かし器)Aがあり,このボイラーの出口温度を一定に保つシステムを考えます。

出口温度を検出して,その信号を制御器Bに送り,Bはこの温度を設定温度と比較して,その差信号を操作端Cに送ります。
Cは具体的には燃料の供給量を調整するバルブ(弁)とでもお考えください。
以上のシステムをTC(Thermo Control)と呼びます。

ところで,実際には,流量も変動する可能性があります。
流量を一定にするシステムについての説明は省略するとして,この制御系をFC(Flow Control)と呼びます。
つまり,ボイラーの制御系ではこのTCとFCの両方が必要なわけです。
これらは独立したものでもよいのですが,一方をもう一方の支配下に入れると,より精密な制御が
できます。
一般には,TCの制御ループの中に,FCを組み込むことが行われています。
こういう制御系がカスケード制御です。

ここで使う制御器はコンピュータとは限りません。
コンピュータが現れる以前から,この方法は実施されていました。

オート制御は単純に訳すと自動制御となり,自動制御のすべてを指す言葉と解釈しますが,他に意味が
あるのでしょうか?
わたしにはわかりません。

他に何か質問がありましたら,どーぞ・・・

cascade: [電]回路などを従続接続する・・・とあります。(研究社・英和)

次のような制御回路を想定してみてください。
ここにボイラー(湯沸かし器)Aがあり,このボイラーの出口温度を一定に保つシステムを考えます。

出口温度を検出して,その信号を制御器Bに送り,Bはこの温度を設定温度と比較して,その差信号を操作端Cに送ります。
Cは具体的には燃料の供給量を調整するバルブ(弁)とでもお考えください。
以上のシステムをTC(Thermo Control)と呼びます。

ところで,実際には,流量...続きを読む

Qsurface rtとゲーム開発について

ipadからsurface rtに乗り換えようか考えているのですが
surface rtでunityを使う事はできるんでしょうか?
それと、blenderも動作するのでしょうか?

Aベストアンサー

無理。
Surface RTはARMアーキテクチャーの端末。
x86(x64)のアプリは動かない。

QPID制御の学習内容と制御プログラムの関係

PID制御の本を見ると、ボード線図、ベクトル軌跡、1次遅れ、2次遅れ、等々、色んな事が書いてありますが、これらと、実際の制御プログラムを作る際の関係がいまいち分かりません。
1次遅れだろうと2次遅れだろうと、P/I/Dのパラメータを調整するだけなのでは?と考えてしまいます。

PID制御のプログラムと、上記の諸々の関係はどうなっているのか、プログラム作成上役に立つのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際にPIDのパラメータを設定する際に、
・制御対象の特性を把握する
・安定に制御できる(発散、発振しない)パラメータの範囲を知る
・いま使っている制御系の改善の手助けになる
・計算によって最適なパラメータ(非振動でできるだけ短時間で応答するなど)を求める

といったあたりの、手助けになるかと思います。

QSurfaceをプロジェクターにつなぎたいんです!!

Surface Pro3を使っている者です。 最近、Sonyの超短焦点プロジェクターを購入しました。それとSurfaceを接続するためのHDMIとmini displayportをつなぐコードも購入しました。

しかし、「hdmiから信号はありません。」
と映し出したスクリーンに表示されます。

Surface以外のパソコンだと、うまく接続されてちゃんとパソコンの画面が映し出されました。

Surfaceとは繋がらないものなのでしょうか??
教えていただけると、本当に助かります。

Aベストアンサー

> Surface Pro3
液晶[解像度] 2160 x 1440

> Sonyの超短焦点プロジェクター
LSPX-P1とするなら
表示素子 1366 x 768

> 繋がらないものなのでしょうか??
画面解像度が違いすぎるから、リフレッシュレートその他もかなり違う可能性がある。

> Surface以外のパソコンだと
フルHDやハーフHD解像度のパソコン?
hdmiの信号だから、この解像度なら、認識するのかな。

でも、 2160 x 1440は縦横の比も16:9ではないし、色々と違いそうでは有る。

まずは、 Surface をフルハイビジョン解像度に設定するところから試してみては。

QライントレースロボットのPID制御を用いての姿勢制御について

 ライントレースロボットの姿勢制御をプログラミングで行っているのですが、その時にPIDのゲインを変えてどんな動きをするか試してみました。Pの動作はわかるのですが、IとDの動作がよくわかりません。
 Iのゲインを少し上げるとロボットは直線でも車体が横にぶれながら走行します。また、Dは少し上げた程度では変わらないのですが、大きく上げるとIと同じように直線でも横にぶれてしまいます。
 具体的には、P、I、Dを200、0、200ならスムーズに走行できたコースでも200、2、200ならぶれてしまいます。また、200、0、3000でもぶれてしまいます。このような結果なのですがこのときのIとDは何に影響しているのでしょうか?
 まだ、未熟者ですのでヘタクソな質問かもしれませんが真剣に悩んでます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お礼をありがとうございます。補足に回答します。
>「D動作は、微分ですから、偏差の起こり始めに効きますから…」
言葉がはしょってあってわかりにくかったでしょうか。
P動作が偏差量に比例して制御しようとするのに対して、D動作は、偏差があっても一定で変化が無ければ働きません。偏差に変化があったときだけ制御しようとします。
たぶん、曲がり角では、偏差量が増加して微分値がでるので、ここで効くことが期待できそうと思いました。
因みにI動作は、偏差が少しでもあれば、それを蓄積する感じで、あくまで働きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報