人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

江戸時代の治安はどんな感じだったのでしょうか?
以前NHKの「その時歴史が動いた」で長谷川平蔵をメインに取り扱った番組をチラッと見ました。江戸の町では、与力や同心と、犯罪集団との癒着があって強盗等が横行したと言ってました。
江戸の町の人はどんな対策をこうじたのでしょうか?大商人とかは、犯罪集団からどうやって資産を守ったのでしょうか?
当時の住居が持つ防犯能力はどんなものだったのでしょうか?
(今みたいに金属製の扉に鍵がついている訳ではないと思うので)
犯罪集団が刀を持っていたとしたら、刀を持てない身分の人は身を守るのが難しいのではないか?
とか思いました。
それと広辞苑で「無宿人」とか「渡世人」とか「博徒」とかを、調べたのですが、
どんな存在だったのかイメージがいまいち湧いてきません。
この人達はどんな存在だったのでしょう。どんな風に生計を立てて、どんな風に生きていたのでしょうか?
いろいろ書きましたが、少しでも、教えて頂けると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

江戸の市街はブロック毎に木戸という木柵で囲まれ、日没と共に閉鎖され木戸番がいて夜間通行不能という決まりでした。

  また町内毎に自身番を置き火の用心を兼ね見回りをしていました。
従って犯罪があればそのブロック内に犯人がいることに、一応なります。

又五人組という隣組のような制度で相互に監視合い密告させる定めもありました。 これは連帯責任制でしたから現在の監視カメラ以上に抑制効果がありました。

犯罪者側もこれを逃れる為、船を利用し木戸を避ける工夫をしますが、これにも船番所があって不審な船を見張っていました。 現在のパトロール警官のように夜間無灯火の船は一々不審尋問しました。

この他に警察制度があり、結構治安はよかったのです。 犯罪に対する処罰も厳罰主義でした。
後年治安が悪化して、制度もマンネリになって来ましたから、火付け盗賊改めという特別の武装警官隊を新設するようになりました。  これは逮捕だけでなく処刑部隊でもあったのです。

一般人の家庭は殆ど貯蓄もなく日銭暮らしですから、狙うのは資産家ということになりますが、大抵財産は土蔵にしまい鍵をかけています。 
また自衛の為、町火消しのメンバーに資金を提供して
夜回りなどを依頼していました。

夜間は大戸という頑丈な板戸で密閉し、塀には忍び返しを付け侵入を防ぎました。  使用人は多く住み込みですから屋内には多くの人員がいました。

無宿人は人別帳という戸籍から抹消されたホームレスのような人で、住所不定、公的保護の受けられない人でした。 普通の職にはつけませんでした。

渡世人というのは一応定職をもった人と博徒のような人と2種類いました。 旅芸人のような遊芸で身をたてる人や祭りなどで臨時の店を開く商人です。
娯楽の少ない時代でしたから社会の潤滑油のようなものでした。

博徒といのも色々あってボランティア団体のような活動をして社会に貢献した清水次郎長のような人もいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

江戸の町の仕組みが分かって良かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/26 04:18

江戸の町ですが、治安の最高責任者は「町奉行」で、1ヶ月交代で南北の1人ずつの奉行が、月番制であたります。


旗本の中から、有能なものが選ばれました。
寺社は町奉行の管轄外で、譜代大名から寺社奉行が選ばれ、寺社を支配し、無事にお役を務めれば、大阪城代か京都所司代を経て、老中に上ります。
町奉行の下に各々25人、南北合わせて50人の与力が付き、世襲で200石程度の御家人が勤め、今で言う官僚にあたります。
この下に30俵5人扶持の同心が付き、彼らはポケットマネーで、目明しと呼ばれる手下を使って犯罪捜査を行います。
目明しは役人ではなく、同心と個人的な付き合いがあるだけですから、犯罪者上がりのものも少なくなく、お上の威光を傘に、ゆすりたかりをするものもいて、功罪半ばします。
これだけの人数で治安が保てるのは、自治組織が発達しているからで、町内に自身番という、今で言う交番を設け、治安維持や火災の通報などを行い、町内の入り口には木戸を設けて、夜の10時以降の通行を規制(通りたい場合は木戸番に開けてもらう)しました。
こういった自治組織により、江戸の治安が保たれていましたが、時代が下がると経費削減により、自身番につめるのが老人であったり、問題も出てきました。
そこで凶悪な犯人を逮捕するために、火付盗賊改(関東強盗追捕)が設けられました。
奉行所が幕府諸施設の警備を中心にしたのに対して、こちらは犯罪者の逮捕が主務で、関八州も担当していました。

無宿人とは、人別帳から削られた人間で、手形などの発行も受けられないので、今で言う行政サービスは一切期待できなくなりますし、取締りの対象になることもあります。
渡世人は今で言うやくざで、博打を生業とする博徒と、縁日で見世物をやったり物を売る香具師がいました。
博徒は鉄火場という博打の場所を提供して、テラ銭と呼ばれる場所代を貰うとともに、自らも博打に加わり、香具師は神社の縁日に露店を出して稼ぎます。
お寿司で鉄火巻きというのがありますが、これは博打の最中にすばやく食べるために考案されたものという説もあり、西洋のサンドウィッチと同様の起源とも言われます。
この時代、武士以外は刀を持てませんが、例外的に旅に出る町人は道中刀(どうちゅうざし)という、刀の携行を認められており、TVなどの股旅物で、渡世人が刀を挿しているのは、名目的に旅をしているということです。
その為、1箇所にとどまる事が出来ず、土地の親分に厄介になりながら、流れ歩くのはこうした理由もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
博徒には、賭博場を開く興行主?みたいな人が含まれているんですよね?
鉄火巻きの由来が分かって良かったです。
渡世人についても以前よりイメージが湧いてきました。昔の街道はやはり危険だったようですね。

お礼日時:2006/02/26 04:17

江戸時代の治安はドラマで言うほど悪いわけではありませんか、なにしろ人口百万の都市の治安を担当する町奉行所の人員が数百名(江戸町奉行所は一般行政も担当していたので実際の治安を担当する者は数十人)しかいないのでそれだけではとても手が足りませんでした。


だから特別警察である火付け盗賊改めを設置して凶悪犯罪を取り締まらせましたが、こちらも人員は数十人で、それでも今のイラクなどに比べれば治安はずっとよかったのです。
華罪対策としては町々ごと木戸があり夜は閉められて通行できませんし、番人もいましたからドラマのように犯罪集団が傍若無人に町を横行することはありえません。
もちろんこっそりと忍び込んだりするのはありましたし、歌人に気づかれたら刀で殺傷するような事件もありましたが、大店でもそれほど厳重に警備するほどの必要はありませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/26 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代 府外の治安維持は誰が担当しましたか?

いわゆる朱引き外の事件の探索、捕縛などは誰が(どんな組織)が担当したのでしょう。江戸府内は南北合わせても300名ほどしか同心がいなかったとのことですが、田舎で事件が起きた場合にはまずどこが担当するのですか?犯人が捕まった場合は奉行所に送られ裁きを受けるのでしょうか。
具体的には江戸で事件を起こした者が、府外に逃げた場合です。奉行所の同心が探索に向かうのか、あるいはその町か村にある組織に早馬などで情報を流し現地で探させるのかを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

1802年に関東取締出役ができるまでは幕府領では、郡代・代官が、大名・旗本領では領主が担当することになりますが、実際上は天領については郡代・代官の下にいる手付・手代が、担当し、大名領では一般に郡奉行・郡代・代官などが設置され、そのもとに配属された武士が治安・警察機能を果たしていました。ただ、同じ村でも支配が複数の場合があり、Aという村が一部天領、一部大名領、一部旗本領などの場合があり、いくつかの村が支配の違いを越えて組合を結成して組合村をつくり、治安維持にあったる事がありました。特に、支配が錯綜することによる犯罪の増加に対応して、天領・大名領・旗本領のの区別なく警察権を行使できる関東取締出役が出来てからは、組合村が再編され、数十か村の村々が大組合・小組合に再編され、情報の伝達もこの組織を使ったとされます。また、関東取締出役の下に、道案内とも目明しとも称される手下を置き、その警察機能の一部を担当させました。現地で事件が起こった場合は、現地の手付・目明し・関東取締出役などが犯人を捕え、重要犯罪の場合、犯人の身柄は事件が起こった村の負担で江戸に送られ、裁判にかけることになっていたそうです。小さな件については一般論になりますが、村に自治があり、村中で解決することもあります。
なお、関東郡代は1792年まで伊奈氏が世襲し(最初は関東代官)、治安維持にもあたっていましたが、伊奈氏の改易後、一時廃止されたこともありますが、ほぼ存在します。ただし、郡代・代官は勘定奉行の支配下にあり、その内訴訟関係については公事方勘定奉行の職掌でした。また、その訴訟については評定所が扱いました。
関東取締出役関係については、佐藤雅美の「八州廻り 桑山十兵衛」シリーズを参考にされるとよいと思います。


関東取締出役
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%85%AB%E5%B7%9E%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%87%BA%E5%BD%B9
関東郡代
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E9%83%A1%E4%BB%A3
代官
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A3%E5%AE%98%E6%89%80#.E4.BB.A3.E5.AE.98.E6.89.80
勘定奉行
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%98%E5%AE%9A%E5%A5%89%E8%A1%8C

まとまらない内容ですが、参考まで。

1802年に関東取締出役ができるまでは幕府領では、郡代・代官が、大名・旗本領では領主が担当することになりますが、実際上は天領については郡代・代官の下にいる手付・手代が、担当し、大名領では一般に郡奉行・郡代・代官などが設置され、そのもとに配属された武士が治安・警察機能を果たしていました。ただ、同じ村でも支配が複数の場合があり、Aという村が一部天領、一部大名領、一部旗本領などの場合があり、いくつかの村が支配の違いを越えて組合を結成して組合村をつくり、治安維持にあったる事がありま...続きを読む

Q江戸時代のやくざ収入

江戸時代のやくざは賭場とみかじめ料で収入の3分2くらい上げていたのでしょうか?察しでいいですから知識お持ちの方お願いします。

Aベストアンサー

いわゆるやくざは、江戸時代では博徒またはテキ屋です。彼らは無宿人または非人であることが多く、旅から旅の生活です。
江戸時代中期以降、土地土地に住む、親分を頭とする博徒集団が形成されていきます。彼らは自警団的な役割も果たしましたが、一方で盗賊団的な役割をも果たします。
質問としては、この定住した博徒の収入、ということでしょうから、そのつもりで回答します。

やくざの商売として多かったのは金貸しと飲み屋と宿屋だと聞いています。
宿屋は意外かも知れませんが、この時代の宿屋は遊郭もかねていますので、遊郭を経営しているような物でしょうか。
もう一つ収入源を挙げるとすれば「興行師」の役割で、特に多いのは祭や相撲の興行を取り仕切ることです。

とはいえ賭場とみかじめ料、特に後者が収入の大部分を占めていたことでしょう。

参考URL:http://takaoyoshiki.cocolog-nifty.com/edojidai/cat4662235/index.html

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q江戸時代の税金について

江戸時代では庶民からどのような方法、名目で税を徴収していたのでしょうか?

農民から収穫した米を年貢として納めさせるシーンは時代劇などで馴染みがありますが、江戸に住む普通の町民や商人からはどのように徴収していたのか、あまりイメージが湧きません。

江戸時代でも所得税や住民税などが存在していたのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

江戸時代の町(チョウ)の税金について最初に上げられるのが地子です。これは、町屋敷地にかかる税で、農村の年貢に相当しますが、城下町を形成するときに商工業者を集めるためや、為政者の加恩として地子を免除することが多く(城下町の多くや・京・大坂など)、江戸も地子免除(地子免許)でした。
さて、それ以外には小物成りに類する税。御用金。人夫役に類する税。現在の住民税に近い町入用などがあります。
小物成りは高外地に課税される税の総称で、農業以外の産業にかかる税でした。農村・都市を問わずに、土地収益に関する山手・川手、産物に関する漆年貢・茶畑運上、商工業者に関する問屋運上など、名称・種類が多くあり、町にも関係する小物成りもありました。その中には分一と呼ばれ売上や収穫の何分の一かの形で税率が決まっていたものが多くあります。市場の売り上げの1/20もしくは1/30を納めた市売分一のように多くの売上や収穫に薄く、広くかけました。売家の場合にも分一がかかりました。
小物成りに含まれるものとして、冥加・運上がありました。後代になると両者は一定の税率(対象により税率が違う)になるなど同じようになります。
冥加は、村の年貢にあたる地子を免除された御恩(冥加)に対して、そのお礼の意味でも冥加の言葉は使われ、最初は自主的な献金の形式をとりますが、その後定率納税の形になります。町では商工業者の営業免許税の性格が強く、個人上納だけでなく、株仲間上納がありました。金納なので冥加金と呼ぶこともあります。
運上は農業以外の商工業や林業・漁業などの従事者に、一定の税率をかけた一種の営業税で、金納なので運上金とも呼ばれました。
御用金は、幕府・諸藩などが財政不足を補うために窮民救済などの名目を立てて臨時に御用商人などに臨時の賦課です。本来は借用の形式ですが、返済されなかったり、利子分は献金に切り替えさせるなど、臨時の課税の性格が強かったものです。
次に労役(夫役)がありました。近代以前の納税には米などの物納と、労働力提供の形式があり、労役も納税の一種でした(小物成の一種としても考えられていた)。江戸では町人足役と呼ばれ、町人に課された夫役で、上下水道の整備、城郭や堀の清掃、防火などの都市機能を維持発展させるためや、幕府のために働く人足を出すものがありました。代銀納されることも多くありました。夫役の中心的なものは公役(クエキ)で、上記の目的で町人に付加されたものです。代銀納の場合賦課の基準が定められていました。土地20坪を一小間とし、日本橋などの中心部では5小間、芝などでは7小間で銀30匁とされ、借家人の分も含め地主が支払いをしました(店賃の中に含まれると考えられた)。
また、夫役の中には国役と呼ばれ、職人が江戸城の建築などに年の数日無償で従事する夫役がありました。これは戦国時代に大名が必要物資を確保するために職人を集めて大名に奉仕させたことに直接には由来します。江戸幕府も職人を集め、一定の町(職人町と呼ばれる)に住まわせ、地子を免除するかわりに普請や武具の納入などをさせる夫役です。後に代銀化し、棟梁などの頭役がまとめて納入するようになります。
最後に、現代の地方税、住民税にあたるとされる町入用があります。町は商工業者でもある地主・家持の本町人で構成された自治的な組織で、町役人である町名主などの役職や、寄合所・事務所である町会所、町の独自の掟である町法を持つのが普通でした。この町の町名主などの町役人、木戸番・火消等の人件費。町内の道路普請費用。その他町を運営するための運営費、事務費などの使われる費用でした。これは町名主に納めました。
以上ですが、江戸(他の都市も同じ)では、地借・借家・店借は、地主の町人に地代や店賃を支払うだけで他の負担はなかったが、長の運営には参加できませんでした。

地子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%AD%90
地子免許
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%AD%90%E5%85%8D%E8%A8%B1
小物成
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%89%A9%E6%88%90
分一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E4%B8%80
冥加
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E5%8A%A0
運上
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E4%B8%8A
御用金
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E7%94%A8%E9%87%91
夫役
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AB%E5%BD%B9


以上、長くなりました。参考まで。

江戸時代の町(チョウ)の税金について最初に上げられるのが地子です。これは、町屋敷地にかかる税で、農村の年貢に相当しますが、城下町を形成するときに商工業者を集めるためや、為政者の加恩として地子を免除することが多く(城下町の多くや・京・大坂など)、江戸も地子免除(地子免許)でした。
さて、それ以外には小物成りに類する税。御用金。人夫役に類する税。現在の住民税に近い町入用などがあります。
小物成りは高外地に課税される税の総称で、農業以外の産業にかかる税でした。農村・都市を問わずに...続きを読む


人気Q&Aランキング