最新閲覧日:

ぜひ質問させてください。今とても心配しています。
私は既婚者で、今妊娠していることが分かりました。
毎日お酒を飲んでいたので、心配です。
そして、それだけではなく、性生活のなかで、明らかに排卵日以降(つまり妊娠しているときに)
性生活のなかで主人にアルコール(ブランデー)を性器や、膣内に入れられてしまいました。
胎児への影響がとても心配です。
ぶしつけな質問で大変申し訳ありません。
お答えいただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

過去に妊娠中の飲酒についてのご質問があり、それにも回答しましたが、基本的には妊娠中はアルコール摂取も喫煙もしてはいけないものであると考えてくださいネ。



http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=8010

膣内へのアルコール使用は飲酒よりも急激に血中へ以降するものですから、少量であっても、飲酒よりも速やかに酒酔い状態になります。粘膜吸収ですのでお勧めしません。落としたタンポンなどをアルコール消毒して使用した結果、酔っ払い状態に陥るという例が後を絶ちませんからネ。
また、粘膜への直接のアルコール使用は、その部分にとっても非常に良くないものです。強い塩酸から胃を守っている胃粘膜でさえ、高濃度のアルコールを飲むと、瞬間的に痛んでしまうくらいですから、デリケートな性器などにはアルコールは使わないようにしてくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさん、ありがとうございました。
過去の回答も拝見させていただきました。
やはりアルコールはいけないことと知って、今はお酒を断っています。
膣内というのも本当によくないことをしたなーと知り、これからはあんなふざけた真似は絶対しないでおこうと思います。
今はただただ、無事出産できるよう体に体に注意して過ごしてます。
本当に回答ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/30 21:44

再びでしゃばりました。

myeyesonly です。m(__)m

母親の血液の流れと胎児の血液の流れは混ざっているわけではないことはご存知ですよね。混ざってたら血液型が違う場合は大変なことに・・・

胎盤で、両者の血管がからみあっていて、胎児はそこで、母親から栄養や酸素をもらいます。あまり分子の大きい物はこの胎盤を通過できないのですが、アルコール、またはそれが肝臓で代謝されて翌日害をなすアセトアルデヒド位の小さ目の分子はみな通りぬけて、胎児の血液中に入ってしまいます。つまりお母さんが酔っ払うと赤ちゃんも酔っ払ってるわけです。だから、お母さんの血中のアルコール濃度は赤ちゃんの血中濃度とほとんど同じです。

口から吸収されようと、胃や腸から吸収されようと、膣から吸収されようと、また、蒸気なら肺や皮膚からも吸収されますね、これらは、一旦吸収されてしまえば、全身をめぐるのに数十秒しかかかりません。あとは肝臓が分解してくれるのをまつばかりです。

また、口から飲むより大量のお酒を膣から飲むなんて人はまずいないでしょうから、何回もやって、大量に流し込んだり、相当に強い、火がつくようなのを入れたりしないかぎりたいした影響にはならないでしょう。

面白くなって膣に流し込むのが癖になって・・・なんてんじゃなければ、通常にお酒を飲んでる分には、口からの摂取量が一番ものをいうと思います。

膣は組織的には筋肉であって、性交時には、ご主人のペニスを受け入れて射精を促すために運動し、出産時は赤ちゃんの通り道になって娩出を促す運動など、重労働をするため、膣を通った血液は、エネルギーも酸素も消費されるので他を回ることなく心臓へ回収されて肺に回ります。ですから、膣を通った血液がいきなり赤ちゃんがいる子宮へ入って・・・ってことはないです。

赤ちゃんは体中を回って平均化された濃度になったアルコールの影響を受けるでしょう。

お話から察するに、あまりたいしたことではなさそうですね。断酒も禁断症状がでるような方でもなさそうだし。

健康に気をつけて、元気な赤ちゃんを産んでください。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myeyesonlyさん、本当に本当にありがとうございました。
胎児への影響に関してとても不安だったのですが、 myeyesonly さんのおかげで不安もなくなりました。
これからはもう、こんな心配しなくていいように十分気をつけていこうと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/19 00:35

妊娠中のお酒ですが、これは止めるべきことは当然です。



胎児性アルコール症候群といって、知能発達の遅滞やその他の症状がでることが知られています。

この場合、影響があるのは血液中に入ったアルコールであって、もうすでにお腹もふくらんで、毎日酔っ払っているようなら、ちょっと心配ですが、そうでもなければ、すぐ止めればまず問題ないと思います。

それから、性器や膣内へのアルコールですが、特に膣内は、粘膜で血管も多く、吸収もしやすいようです。膣内にお酒を入れて酔っ払う人がいるなんて話も聞きますし・・・。

こちらのほうは、吸収の問題を除けば、子宮内に入れたりしない限り、まず影響ないでしょう。
子宮内に入れば妊娠うんぬんより、子宮内膜炎や腹膜炎を起こすかどうかという心配になりますが・・・。

飲酒量や妊娠期間との兼ね合いで、心配なようでしたら、産婦人科で相談されるといいでしょう。いずれかかるわけですし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ちょっと安心しました。
私はまだ妊娠初期なので今からお酒断ちします。

で、もしよかったらもうすこし教えて欲しいのですが、
「この場合、影響があるのは血液中に入ったアルコールであって、」
と書いてありますけど、これは胎児の血液中にということでしょうか?
「特に膣内は、粘膜で血管も多く、吸収もしやすいようです」
ともありましたが、膣内の血管から吸収された、アルコールは胎児のところへは浸透していかないのでしょうか?

本当に本当いろいろとすいません。
よろしくお願いします。

お礼日時:2000/12/18 20:26

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ