ぜひ質問させてください。今とても心配しています。
私は既婚者で、今妊娠していることが分かりました。
毎日お酒を飲んでいたので、心配です。
そして、それだけではなく、性生活のなかで、明らかに排卵日以降(つまり妊娠しているときに)
性生活のなかで主人にアルコール(ブランデー)を性器や、膣内に入れられてしまいました。
胎児への影響がとても心配です。
ぶしつけな質問で大変申し訳ありません。
お答えいただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再びでしゃばりました。

myeyesonly です。m(__)m

母親の血液の流れと胎児の血液の流れは混ざっているわけではないことはご存知ですよね。混ざってたら血液型が違う場合は大変なことに・・・

胎盤で、両者の血管がからみあっていて、胎児はそこで、母親から栄養や酸素をもらいます。あまり分子の大きい物はこの胎盤を通過できないのですが、アルコール、またはそれが肝臓で代謝されて翌日害をなすアセトアルデヒド位の小さ目の分子はみな通りぬけて、胎児の血液中に入ってしまいます。つまりお母さんが酔っ払うと赤ちゃんも酔っ払ってるわけです。だから、お母さんの血中のアルコール濃度は赤ちゃんの血中濃度とほとんど同じです。

口から吸収されようと、胃や腸から吸収されようと、膣から吸収されようと、また、蒸気なら肺や皮膚からも吸収されますね、これらは、一旦吸収されてしまえば、全身をめぐるのに数十秒しかかかりません。あとは肝臓が分解してくれるのをまつばかりです。

また、口から飲むより大量のお酒を膣から飲むなんて人はまずいないでしょうから、何回もやって、大量に流し込んだり、相当に強い、火がつくようなのを入れたりしないかぎりたいした影響にはならないでしょう。

面白くなって膣に流し込むのが癖になって・・・なんてんじゃなければ、通常にお酒を飲んでる分には、口からの摂取量が一番ものをいうと思います。

膣は組織的には筋肉であって、性交時には、ご主人のペニスを受け入れて射精を促すために運動し、出産時は赤ちゃんの通り道になって娩出を促す運動など、重労働をするため、膣を通った血液は、エネルギーも酸素も消費されるので他を回ることなく心臓へ回収されて肺に回ります。ですから、膣を通った血液がいきなり赤ちゃんがいる子宮へ入って・・・ってことはないです。

赤ちゃんは体中を回って平均化された濃度になったアルコールの影響を受けるでしょう。

お話から察するに、あまりたいしたことではなさそうですね。断酒も禁断症状がでるような方でもなさそうだし。

健康に気をつけて、元気な赤ちゃんを産んでください。

ではでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myeyesonlyさん、本当に本当にありがとうございました。
胎児への影響に関してとても不安だったのですが、 myeyesonly さんのおかげで不安もなくなりました。
これからはもう、こんな心配しなくていいように十分気をつけていこうと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/19 00:35

過去に妊娠中の飲酒についてのご質問があり、それにも回答しましたが、基本的には妊娠中はアルコール摂取も喫煙もしてはいけないものであると考えてくださいネ。



http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=8010

膣内へのアルコール使用は飲酒よりも急激に血中へ以降するものですから、少量であっても、飲酒よりも速やかに酒酔い状態になります。粘膜吸収ですのでお勧めしません。落としたタンポンなどをアルコール消毒して使用した結果、酔っ払い状態に陥るという例が後を絶ちませんからネ。
また、粘膜への直接のアルコール使用は、その部分にとっても非常に良くないものです。強い塩酸から胃を守っている胃粘膜でさえ、高濃度のアルコールを飲むと、瞬間的に痛んでしまうくらいですから、デリケートな性器などにはアルコールは使わないようにしてくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさん、ありがとうございました。
過去の回答も拝見させていただきました。
やはりアルコールはいけないことと知って、今はお酒を断っています。
膣内というのも本当によくないことをしたなーと知り、これからはあんなふざけた真似は絶対しないでおこうと思います。
今はただただ、無事出産できるよう体に体に注意して過ごしてます。
本当に回答ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/30 21:44

妊娠中のお酒ですが、これは止めるべきことは当然です。



胎児性アルコール症候群といって、知能発達の遅滞やその他の症状がでることが知られています。

この場合、影響があるのは血液中に入ったアルコールであって、もうすでにお腹もふくらんで、毎日酔っ払っているようなら、ちょっと心配ですが、そうでもなければ、すぐ止めればまず問題ないと思います。

それから、性器や膣内へのアルコールですが、特に膣内は、粘膜で血管も多く、吸収もしやすいようです。膣内にお酒を入れて酔っ払う人がいるなんて話も聞きますし・・・。

こちらのほうは、吸収の問題を除けば、子宮内に入れたりしない限り、まず影響ないでしょう。
子宮内に入れば妊娠うんぬんより、子宮内膜炎や腹膜炎を起こすかどうかという心配になりますが・・・。

飲酒量や妊娠期間との兼ね合いで、心配なようでしたら、産婦人科で相談されるといいでしょう。いずれかかるわけですし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ちょっと安心しました。
私はまだ妊娠初期なので今からお酒断ちします。

で、もしよかったらもうすこし教えて欲しいのですが、
「この場合、影響があるのは血液中に入ったアルコールであって、」
と書いてありますけど、これは胎児の血液中にということでしょうか?
「特に膣内は、粘膜で血管も多く、吸収もしやすいようです」
ともありましたが、膣内の血管から吸収された、アルコールは胎児のところへは浸透していかないのでしょうか?

本当に本当いろいろとすいません。
よろしくお願いします。

お礼日時:2000/12/18 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q診療のカルテを管理するソフトを教えていただけませんか。

診療のカルテを管理したいと考えています。
カルテNO、診療内容、写真、住所、経過報告などをデータベースで管理できて、一覧表示、検索などができるCMSまたは、有償でも良いのでソフトをご存じないですか?
簡単に操作できるとなおありがたいです。

Aベストアンサー

参考
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se382890.html

「カルテ管理ソフト」などで検索してください。

Q丁寧に総合診療していただける病院〔近畿、出来れば大阪〕教えて下さい

お世話になります。先日、私の母(63歳)のことでセカンドオピニオンを受けるべく相談した者です。
本日、紹介状を書いてもらって、某大学病院で診察を受けに行ったのですが、血圧を測っただけで、後は、町医者さんが書いてくれた紹介状の朗読時間みたいになり、5分ほどで退室させられました。
ぐったりしている母を見ても、聴診も含め何もしようとしてくれず、ホントに失望させられました。
胃や腸や血液の検査など何でもいいので調べていただけませんかとお願いしたのですが、取り合ってくれませんでした。
「素人に分かるわけないんや。黙ってかかりつけの医者の診察受けとけ!」って感じでした。

町医者さんが紹介状を書くにあたって、プライドが傷ついたのだろうと思います。
信用できないというより、人間の体は不思議だらけで当たり前で、別に先生が分からなくたって、それでもってヤブ医者だと言うような気持ちは毛頭なかったのですが、、、
町医者さんのほうで、嫌な気分になったのでしょうね。。。残念です。
これまでの経過としては、町医者さんで最初に診察・治療を受けており、その先生の診たては「いろんな疲れがいっぺんに出て自律神経失調症になった」というものですが、3週間ほど前から40度近い高熱が日に何度も出たりしており、単純に自律神経失調症なのか疑問を持っていました。
4週間ほど前までは元気いっぱいでスイミングスクールにも行ったりしていたのですが、、、
町医者さんが書いてくれた紹介状には、「町医者は信頼できないので大きな病院での診察希望している」とか「いろんな疲れがいっぺんにでた精神の方からきている症状」と書いてあるらしく、大学病院の先生には、今日初めて会って2、3分なのに「いろんな疲れがいっぺんにでたんや。精神から来ている」等、何度も診察しているかのような分かったような口を利かれました。
今あったばかりなのに、いろんな疲れがあることなんて、こちらが話してもない前から一方的に言われ、非常に嫌な思いをしました。
言われている母はしんどい状態なので何も言い返すことが出来ず言われるままでしたが、、、
かなり腹が立ったのですが、診察する気がないのがよく見て取れたので特に何も言わずに出てきたのですが、実際このようなお医者さんが多いと聞いているので非常に残念に思います。

さて、前置きが長くなりましたが、近畿(できれば大阪)で、紹介状なしで親切に、内科(消化器官)も含めて総合的に検査をしてくれるところはないでしょうか。
紹介状がない方が、予断なしに診察してくれそうなので、そういう方向で進めたいと考えているのですが、、、

主な症状としては、微熱、ゲップ、倦怠感、食欲不振、頭痛があります。
人間ドックに行くのがいいのかもしれませんね。
何か良いアドバイス、ご意見あれば教えて下さい。
私に非常に勝手なところも出てきているのだと思いますが、ぐったりしている母を見ているのがとても辛いのが本当の気持ちです。
宜しくお願いします。

お世話になります。先日、私の母(63歳)のことでセカンドオピニオンを受けるべく相談した者です。
本日、紹介状を書いてもらって、某大学病院で診察を受けに行ったのですが、血圧を測っただけで、後は、町医者さんが書いてくれた紹介状の朗読時間みたいになり、5分ほどで退室させられました。
ぐったりしている母を見ても、聴診も含め何もしようとしてくれず、ホントに失望させられました。
胃や腸や血液の検査など何でもいいので調べていただけませんかとお願いしたのですが、取り合ってくれませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

大変でしたね。
でも、町医者さんの気持ちもわかります・・・。

あくまでネットで調べてみた結果ですが、自律神経で高熱が出ることもあるようです・・・。
でも他の病気が隠れていたということもあるらしいので、セカンドオピニオンは大事かもしれませんね。

さて、病院ですが、
「大阪 病院 評判」「大阪 病院 ランキング」
などで検索してみてはどうでしょうか。
例えば下記のページ
http://www.health.co.jp/ir_w_04.html

いい病院が見つかってお母様が元気になられるといいですね。

Q胎児の血液循環について質問です。

下行大動脈に流れる血液よりも上方大動脈に流れる血液の方が、
酸素飽和度が高いのはなぜか??その根拠を3~4行で説明できますか??
お願いします。

Aベストアンサー

まず胎児の血液循環について、考えると、、、、

1、胎盤で母親から酸素を得た血液は、臍帯静脈を経て、胎児の下大静脈に流入します。ここで、胎児の下半身から戻ってきた血液と混ざります。ここで、酸素飽和度は下がります。

2、下大静脈は心臓の中の右心房に流入し、ここで胎児の上半身(上大静脈)から戻ってきた血液と混じります。酸素飽和度はさらに下がります。

3、大部分の血液は、右心房から卵円孔を通じて、左心室に流入し、大動脈(上行)から拍出されます。一部の血液は肺から戻ります。肺からの静脈血の混合で酸素飽和度は少し下がります。

4、右心房から右心室に入った血液は、肺動脈から拍出されますが、本来、ガス交換を行う肺は胎児ではまだ機能していないので、そのほとんどは肺動脈から動脈管を通じて、大動脈に流れ込みます。(この位置は、大動脈弓部すなわち上行大動脈に続く部分です。)一部は、肺に流れます。

5、3と4の血液が、混じり合って下行大動脈を通して下半身に流れます。

以上をまとめると、上行大動脈と下行大動脈の酸素飽和度の差は、動脈管からの流入血液があるかないかという違いになります。3の血液(上行大動脈)のほうが、肺からの流入がある分、酸素飽和度は少し低いので、5の血液(下行大動脈)は、3の血液(上行大動脈)より酸素飽和度が高くなります、、、、。
あれっ、逆になっちゃったな。何か、間違ってますか。それに、肺からの流入血液は、卵円孔からの血流の比べると、量がかなり少ないはずなので、酸素飽和度はあまり変わらない気もしますが、、。わたしも発生学を学んだのが、随分前なので、今ひとつ自信がありません。^^;

まず胎児の血液循環について、考えると、、、、

1、胎盤で母親から酸素を得た血液は、臍帯静脈を経て、胎児の下大静脈に流入します。ここで、胎児の下半身から戻ってきた血液と混ざります。ここで、酸素飽和度は下がります。

2、下大静脈は心臓の中の右心房に流入し、ここで胎児の上半身(上大静脈)から戻ってきた血液と混じります。酸素飽和度はさらに下がります。

3、大部分の血液は、右心房から卵円孔を通じて、左心室に流入し、大動脈(上行)から拍出されます。一部の血液は肺から戻ります。肺か...続きを読む

Q医師による見落としが明らかな場合、訴えることは出来ますか?

父のことですが持病がいくつかあり、定期的に血液検査やレントゲン、CTなどを行っています。
レントゲンは毎月撮っていて、先月は問題なしで来ていましたが、今月になって肺に2~3cmの影が見えるとのことで検査入院をしました。
その結果、9割の確率で癌かもしれないと・・・
ただ、影の出る全く別の病気もあるので一週間かけて検査を行い、確実に癌ではないという結果が出ない限りは、一応開腹をしますとのことでした。

「癌かも」というのは現実として受け止めるしかないのですが、気になるのは発見した経緯なのです。
今月のレントゲンですが、たまたまそのレントゲンを見た担当の耳鼻科の先生が、「これはおかしい」とおっしゃって、過去のレントゲンを出すように指示されたそうです。
(検査は内科で行っていました)
そして二年分ほど遡って見て、「この点みたいなのが大きくなってます」と言われました。
どの部分が大きくなったのか分からない、もしくは突然出てきたのであればそれはしょうがないことなんですが、明らかに「この部分が大きくなった」と言われたので、「だったら何故、その時に疑わなかったのか!?」という想いが出てきました。
こういった場合、訴えても勝つのは難しいのでしょうか?

また、今月から法律が変わって、「今までは家族に告知して、本人に告知するか決めて貰う」だったのが、「本人に告知して家族にも言うか」に変わったというのは本当なのでしょうか?
父は精神的にダメージを受けると、今までも脈が飛んだり、不眠になったりと大変だったので、最悪の場合を除いては告知をしたくないと思っています。
しかし、法律が変わったのであれば、やめてくれと言っても、医師から本人に告知されてしまうのでしょうか?
法律の方に書き込むかどうか迷いましたが、情報をお持ちの方や経験のある方からお返事を頂けたら大変ありがたいです。
宜しくお願い致します。

父のことですが持病がいくつかあり、定期的に血液検査やレントゲン、CTなどを行っています。
レントゲンは毎月撮っていて、先月は問題なしで来ていましたが、今月になって肺に2~3cmの影が見えるとのことで検査入院をしました。
その結果、9割の確率で癌かもしれないと・・・
ただ、影の出る全く別の病気もあるので一週間かけて検査を行い、確実に癌ではないという結果が出ない限りは、一応開腹をしますとのことでした。

「癌かも」というのは現実として受け止めるしかないのですが、気になるのは発見した経...続きを読む

Aベストアンサー

癌のできた場所などによっては、他の内蔵に隠れていたり、CTでも、ヘリカルCTでないと、解像度の関係で小さな異常はなかなか見つかりません。

また、読影自体も難しく、ダブルチェックをしても見つからないことがあります。

しかも、癌の種類によっては、画像で見ることが出来るようになった時点では手遅れというのもあります。

いきなり訴えるというのではなく、まずは、主治医の先生にきちんと説明をしていただいたらいかがでしょうか。

今月から個人情報保護法が施行されました。癌告知の問題も論議されていますが、どうすべきかというのは医師の間でも論議があり、結論が出ているわけではありません。

主治医の先生に、今後の治療方針などをお聞きし、お父様に告知するかどうかは、あなたが主治医と相談しながら決めてください。主治医があなたに相談なしに、お父様に告知するということは実務としてありえません。

Q母親と胎児は他人なのに血がつながってるの?

母親と胎児は他人なのに血がつながってるの?何で拒絶反応や凝集がおきないの?

Aベストアンサー

血液は直接混じりあってはいません
胎盤を通じて酸素や栄養分、老廃物などだけを交換しています


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報