淮南遺風の出典と意味をお教えください。

読みはイナンイフウでよろしいのでしょうか?
どのような意味があるのでしょうか?
中国古典からの言葉のようですが、出典もお教えいただけたら嬉しく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  淮南については、色々故事などが関係して複雑で、よく分かりませんので、自信なしにします。
 
  ただ、これは淮南(わいなん)と読みます。先の方の仰っておられるように、淮河(わいがわ)の南に位置する地域のようです。現在、淮南市という都市が、安徴省にありますが、この辺りを含む、かなり広大な地域が、淮南だったようです。
 
  日本の豆腐の起源は、淮南だという説があり、その真偽を確かめに日本から民間の調査団などが中国を訪れているようです。淮南は、前漢の淮南王劉安(前179~123)で有名で、『淮南子(えなんじ)』という、色々な話や思想の書かれた本の編集者は、この淮南王劉安で、先の豆腐の起源も、ここに書かれているのでしょうか。発明者は、淮南王劉安だとされています。
 
  淮南市は、南京の北の辺りにあり(南京は、揚子江沿い近くにあったはずです)、大体、中国では、少し南よりの中心部位だと思います。北京は北の端で、中原と呼んでいる場所も、揚子江流域を考えると、少し北によっています。しかし、中原の中国からすると、逆に、淮南地方が、南に当たるのだとも言えます。豆腐が淮南起源だとされているからでもありませんが、中原、北部中国とも、揚子江以南の南中国とも異なる風俗・風習の文化がこの地方にあったということではないでしょうか。
 
  (この地方は、江南地方という名であると、稲がそこから日本に伝来した場所とも知られ、何かと古代日本と縁のある地域です。江南文化として、揚子江流域の南で、中原とも少し違う、文化地帯であったので、「江南遺風」、江南の地域文化の名残ということで、「淮南遺風」ということばあるのかも知れません)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお教えくださって、本当にありがとうございます。

特に 詩の一説というわけではないのかもしれませんね・・・・

おっしゃるように ことばどうりに江南の地域文化の名残ということなのでしょうね。

これからちょっと中国の地図を広げたりして 調べてみますね。

お礼日時:2002/01/19 12:16

私は、中国語学科の学生です。

。。こんなものでよろしければ・・・
淮南は地名。でも、決まっているものではありません。中国大陸ので淮河よりも南で長江よりも北の地域です、遺風は現在でも残っている気風(気分や景色)という意味です。
すみません、今は、手元に専用の辞書がないのでここまでしか、自分の知識として公表することは出来ません。
申し訳ない。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に ご回答くださって謝謝!です。
この言葉は 邱 永漢の 「食は広州にあり」という本にあったんです。 
 そのなかで 戦前には気の利いた喫茶店の看板があった。
というくだりがあり、例えとしてこの小丹波が上げられていました。その他には「西園酒家」という看板を例にあげ、これは蘇東婆野「西園雅集」にあやかっているとかいてあります。 ですから この淮南遺風という言葉は なにか詩の一節かと思ったりしたのですが・・・・?

長江よりも北の地域だとすると・・・・お茶の話ですから
お茶の文化は長江を下って伝わってきたと考えられていますから、なにかその辺のことでしょうかしら?
長江の北で今も残っている 昔のままのお茶の文化・・・と言ったような意味?でしょうか?

お礼日時:2002/01/15 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古典の出典  千日通う

平安時代のお話だと思うのですが、ある女性が男性に求愛されました。本当は女性もその男性のことが好きだったのですが、男性の愛情が信じられずに、千日間かよってきてくれて、ただ文をくれたら、という条件をだします。男性は毎日彼女のもとへと通うのですが、千日目の夜に死んでしまう。というような内容のお話だったのですが、題名や出典がわかりません。ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もしかすると、千夜ではなく百夜ではないでしょうか。
深草少将の百夜通いのような気がするのですが……。
参考URLにリンクしておきますので、ご覧になってみてください。

参考URL:http://www.kyototsuu.jp/Life/LegendMomoKayoi.html

Q古典の一節の出典を知りたいです

日本の古典の一節だと思うのですが、

「自分が思っているほど他人は(細かいところまで)見ていない、
 また自分が思っているよりも他人は(細かく自分のことを)見ているものだ」

といった感じの文章を試験問題か何かで目にしました。
(原文は文語で書かれていたように思います)
前後の部分を詳しく読んでみたいのですが、出典が分かりません。
『風姿花伝』だと思い込んでいたのですが、それらしい個所が見当たりませんでした。

出典をご存知の方、これかな?とお心当たりのある方、ご回答いただければ幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

資料が手元にないので全くの思い込みかもしれませんが……

『徒然草』にそういった感じの文章があったように思います……

言ってる内容も兼行くさいし……

というまことにおぼつかない心当たりでしかありませんが、ご参考になれば。

Q榮甚繍衣之の読み方と出典を教えて下さい

◇習字の練習課題に、次の漢詩の一部が出ていますが、読み方と出典が分りません。残念ながら近辺に分る方がいなく、インターネットで、 調べようと試みましたがヒットしません。ご存知の賢者のお知恵を拝借させて下さい。

  榮甚繍衣之

Aベストアンサー

回答がつきませんね。

検索でヒットしないということは、字に間違いがあるか、よほどマイナーな詩かどちらかでしょう。
私も個人的に持っているデータベースで調べましたが、ヒットしませんでした。

「絶対にこんな漢詩はない」とは言えませんが、書かれている漢字の羅列を見る限り、詩の一節として意味をなしているとは思えません。
何か字が間違っていませんか?

以下、解釈してみるに。

栄=さかえる、はえる、はなやかさ
甚=はなはだ
繍=刺繍
衣=衣服
之=これ、ゆく、格助詞の「の」、動詞の下につく助字

漢詩(漢文)だと、訓読ができるはずですが、動詞になるものが「栄」しかなさそうです。
しかし、次に「はなはだ」という副詞があるので、その次の語が名詞以外のものになるはずです。
「繍衣(=刺繍を施した衣服)」と読むと名詞になってしまうのでNG。なんとか「繍」を動詞として読んで、「衣に繍す(ぬいとりす)」と読めないことはないでしょうけれど、「はなはだ衣にぬいとりす」というのも語呂が悪いというか、なんというか。

さらに文末に「之」があるということは、「これ」と読むにしろ、訓読しない助字とするにしろ、その上の字がが動詞でないと読めません。
「之」のすぐ上の字は「衣」で名詞ですし、その上の「繍」を動詞と取ってしまうと、無理矢理にでも「衣」を動詞と読むことは不可能なのではと思います。

もしかすると「之」は格助詞の「の」であって、これに続く語が何かあるのかもしれません。すると、「はなはだ衣の○○をぬいとりす」と読めなくもない。

と、こう解釈していっても、最後に文頭の「栄」をどう読むかが問題になります。

私は専門家ではないので何か間違っているのかも知れませんが、どうも漢文として成り立っていないように思えます。

叩き台として解釈をしましたので、こちらに幾人もいらっしゃる漢文の専門家の回答をお待ちください。

回答がつきませんね。

検索でヒットしないということは、字に間違いがあるか、よほどマイナーな詩かどちらかでしょう。
私も個人的に持っているデータベースで調べましたが、ヒットしませんでした。

「絶対にこんな漢詩はない」とは言えませんが、書かれている漢字の羅列を見る限り、詩の一節として意味をなしているとは思えません。
何か字が間違っていませんか?

以下、解釈してみるに。

栄=さかえる、はえる、はなやかさ
甚=はなはだ
繍=刺繍
衣=衣服
之=これ、ゆく、格助詞の「の」、動詞の下につく...続きを読む

Q出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典

出典をさがしています。ある小学生用国語問題集に使われている物語文の出典を探しています。その問題集の巻末にある主な出典一覧の中では、「村中季衣 デブの四、五日」というのがそれらしいとは思われるものの、そういう本を見つけることができません。もしかすると、これは書名ではなくて、その中の1作品のタイトルかもしれません。まったく別の本である可能性も多いにあります。どなたか、ヒントになる情報をお寄せ頂けると幸甚です。以下に引用文の一部を掲載いたします。

おばさんにつれられて、歩いて歩いて、そして、場所のほとんどわからない犬小屋の前で、わたしはデブと再会した。「さあ、わん公、ねむいだろうが、しっかり食べときな。」デブは、においをかぎつけていたらしく、格子になっている戸のすきまから鼻をつきだして待っていた。

Aベストアンサー

「デブの四、五日」は『小さいベッド』の中の一話です。

小さいベッド 村中李衣 著 かみやしん 絵
偕成社 1984年7月 ISBN 4-03-635210-5

参考URLは国立国会図書館国際子ども図書館の書誌情報です。

※村中李衣(むらなか・りえ)さんですね。
    ̄

参考URL:http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fSS.pl?nShoshiId=30961&nKihonId=30952&sGamen=SI

Qこのゲーテの言葉の出典は?

塩野七生の『人びとのかたち』(新潮文庫)に、このような一節がありました。

<小林秀雄の作品を読んでいたら、ゲーテの言葉であるという、次の一句を紹介していた。
 「ローマの英雄なぞは、今日の歴史家は、みんな作り話だといっている。おそらくそうだろう。ほんとうだろう。だが、たとえそれがほんとうだとしても、そんなつまらぬことを言っていったい何になるのか。それよりも、ああいう立派な作り話をそのまま信ずるほど、われわれも立派であってよいではないか」>

この、ゲーテの言葉は、どの作品(文章)に含まれているのでしょうか?
ご存知のかたがいらっしゃれば、教えてください。

欲を言えば、その小林秀雄の文章も、どれか教えてください。

Aベストアンサー

 私の手元にある文庫本『無常という事』(小林秀雄著、角川文庫、平成元年改版41版)では「文学と自分」という章の「歴史と文学」の中に同じ文章があります(49頁)。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041141036/249-1553544-7650731#product-details

 その中で小林秀雄は「ゲーテが、エッケルマンにこんなことを言っていた。・・・・略・・・」とあります。わたしの理解する限りでは、ゲーテの作品中の文章ではなく、エッカーマン(小林はエッケルマンと表記してますが)の『ゲーテとの対話』の中の言葉ではないでしょうか。私も本著は読んでいませんので、ご参考までに。
 エッカーマンの『ゲーテとの対話』は岩波文庫から出ているようです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-1553544-7650731


人気Q&Aランキング

おすすめ情報