ホワイトカラ-とは、どういう人のことをいうんですか?

宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

いわゆる「サラリーマン」の事で勤め人全般を指します。



対して労働者の事を「ブルーカラー」って言ってましたね。
「ピンクカラー」ってのもあった気がします・・(-"-;)

余談:
この場合の「カラー」は「Color」ではなくて「collar(襟)」の事です。
その階層の人が着ていたシャツの色に由来するそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答え、ありがとうございます。
ピンクカラ-ってどんな職業の方なんでしょう?

ピンク?水商売?風俗関係?

お礼日時:2002/01/16 00:52

日本では単に,肉体労働者以外のサラリーマンのことをホワイトカラーと呼んでいることが多いように思われますが‥


本来のホワイトカラーというのは少し異なるといえるでしょう。
例えば,欧米の感覚でいうと‥日本ではホワイトカラーとして考えられている銀行の窓口業務,一般企業の事務職‥といった人々はブルーカラーに属します。
作られたマニュアルに沿って仕事をするクラスはブルーカラー労働者であり,そのマニュアルを戦略的な観点から作成する立場にあるクラスがホワイトカラーなのですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2002/01/16 23:21

>ピンクカラ-ってどんな職業の方なんでしょう?



僕もうろ覚えなのですが。。(^^ゞ
確か「低賃金労働者」の事を指して言う、ほとんど「差別用語?」って思える内容
だったと思います。

もしかして他の色だったかな?(^^;;;
    • good
    • 0

ブルーカラー:作業服を着た現場労働者


ホワイトカラー:白い襟の服を着る事務職やサラリーマン

ようは、汚れる仕事をしないので、白い襟の服を着て仕事をする人たちのことを意味します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/16 00:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトカラー、ブルーカラーって?

ホワイトカラー、ブルーカラーって何ですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

ホワイトカラー
本来は中産階級に属する生活様式を行う従業員。
主に非現業部門の管理職以上の人々。
単なる事務職や大企業の主任、係長程度は含まない。
一般的には非現業部門の従業員、事務労働に従事する者。サラリーマン。事務労働者等。
ブルーカラー
本来は労働者階級に属する生活様式を行う従業員。
本来は単なる事務職や大企業の下級管理職、非現業部門の従業員等、工場長等の現業部門のトップも含む。
一般的には工場や現業部門などの肉体的労働者。

Q【日本人らしいお仕事】日本人らしいお仕事ってどういうのを思いますか?

【日本人らしいお仕事】日本人らしいお仕事ってどういうのを思いますか?

Aベストアンサー

旅館の仲居さんとか、茶道の先生とか、日本酒の杜氏とか、そろばんの先生とか、
坊さんとか、芸者さんとか、巫女さんとか、

Qブルーカラーというのがよくわかりません

「ブルーカラー」というのは、主に現場の作業員など現業系や技能系の職種で中卒や高卒の人が多い。と先生が言ってました。

でも鹿○建設や竹○工務店の現場監督さんは作業着で仕事してますよね。
東大や京大の院卒がゴロゴロいる会社です。

「ブルーカラー」を学歴で考えるのはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

これまで素晴らしい回答が出てますね

>「ブルーカラー」というのは、主に現場の作業員など現業系や技能系の職種
>で中卒や高卒の人が多い。と先生が言ってました。
そうですね、結果的にはそうだと思います
ただ最近はブルーカラーってあんまり言わないですね
「ガテン系」これで行きましょう笑

>でも鹿○建設や竹○工務店の現場監督さんは作業着で仕事してますよね。
>東大や京大の院卒がゴロゴロいる会社です。
ゼネコンから現場監督としてきた人をブルーカラーと呼ぶか呼ばないか・・・
自分で自虐的に言う人はいるでしょうね
「俺なんか東大出ても、現場でガテン系な仕事だからね~」みたいな感じ


>「ブルーカラー」を学歴で考えるのはどうなのでしょうか?
これまでの回答どおり、学歴じゃないですよ
職業の色分けです。
例えば、今では当たり前になりましたが
バブルのちょっと前ぐらいだったかな
某タクシー会社が、タクシー運転手に大卒を募集して話題になりました。

タクシーの運ちゃんと言えば、まあブルーカラーの職域な訳です
そこにホワイトカラーになろうと思えばなれる大卒が就職するという
違和感がニュースになりました。

いまは大卒ニートが大量に居ますので、探せば大卒で工場労働者もたくさん居ると
思われます

こんにちは

これまで素晴らしい回答が出てますね

>「ブルーカラー」というのは、主に現場の作業員など現業系や技能系の職種
>で中卒や高卒の人が多い。と先生が言ってました。
そうですね、結果的にはそうだと思います
ただ最近はブルーカラーってあんまり言わないですね
「ガテン系」これで行きましょう笑

>でも鹿○建設や竹○工務店の現場監督さんは作業着で仕事してますよね。
>東大や京大の院卒がゴロゴロいる会社です。
ゼネコンから現場監督としてきた人をブルーカラーと呼ぶか呼ばないか...続きを読む

Q分割払い確認書の書き方を教えて頂きたいので、宜しくお願い致します。

分割払い確認書の書き方を教えて頂きたいので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特に決まりはありませんが以下の内容を含んでいることが重要でしょう。
・日付の記載
・当事者双方の住所、氏名等の明記
・確認事項(分割の方法、期限等)の明記
・その他(確認事項が遵守されなかった場合の処置、本書に記載のない事項が発生した場合の処置等)
・署名・押印

Q今時の若い人はブルーカラー嫌い?

私今工場で働いております。
最近思うんですが私の同年代(23歳ぐらい)の人はやはりブルーカラー(工場で働くこと)は定着しにくいように見えます。

実は私もあまりブルーカラーコースよりホワイトカラーコースの方が自分に合っているなと思っております。

最近同年代の子は工場で働いている場面みた事がありませんが気のせいでしょうか?(バイト、パートさんは除く)

Aベストアンサー

#1です。

そうでしたか。勝手な解釈に突っ走りすぎてすみません。(*_*)
やりがいのある仕事にたどりつけるといいですね。応援してます。

Qどういうのを挫折って言うのか?

自分は挫折中かもしれません。
でも、よくわかんないです。
虚無感でいっぱいで、やる気が起きないのは挫折でしょうか?

どうやったら、乗り越えらえますか?

実体験を教えてください。

Aベストアンサー

あくまで参考マデ。

 虚無感の原因があるのかどうかです。何もないなら挫折とはいわないと思います。何か目標にしていたものが達成できなかって悔やんでいる状況を挫折と言うと思います。

 再度チャレンジする計画を立てたり、その目標が無理なら別に目指すモノを設定したりしてモチベーションを上げることだと思います。

Q一般的にホワイトカラーとブルーカラーの賃金はどちらが高いのでしょうか?

ホワイトカラーとブルーカラーってどちらが基本的には賃金が高いのでしょうか?
私はホワイトカラーのほうが断然に低いと考えていたのですが、調べてみると製造業では管理・事務・技術労働者のほうが生産者より賃金が高いという結果がでたのであれっと思い、質問させていただきました。
生産性をもたないホワイトカラーの方が本当に高いのでしょうか?それとも製造業特有なのでしょうか?
できればグラフなどが載っているサイト又は統計が出ているサイトなどもご存知でしたら教えてください。

最後にホワイトカラーとブルーカラーは生産者と非生産者と同じ意味であってますよね?

Aベストアンサー

本格的に調べたわけではないのですが、参考までに。
自分の父親は電機系メーカーに勤めていて、海外の工場に視察に行ったり安全指導に行ったりしています。そういった海外工場では、(たとえばフィリピン)フィリピン人が労働力として、実際に機械の操作をしたり、製造をしたりしています。管理職側は海外赴任という形で本社派遣の日本人が多いです。つまり、労働力は現地雇用で、管理側は本社(日本)での雇用となり、それぞれ給与が支払われいるのです。とすれば、日本雇用の管理側、すなわちホワイトカラーの給与が高くても不思議ではありませんよね。そもそも海外進出は、低賃金労働力を求めての動きの場合が多々ありますので、そういったことになります。
次に日本国内で考えてみて、
事務のほうが生産者より賃金が高いのか
ということはよくわからないのですが、管理職の方が高い理由は、「やはり管理する側なので年上であり、年功序列式の賃金配分が働いていること」技術労働者の方が高い理由は、「最近では機械化が進んで、単純労働は仕事内容が簡単で、雇用側が仕事に見合っていると考える賃金を払っていること」であるのではないかと思います。ただ、以前のように汗水流さないで機械のボタンをぽちっと押すだけみたいな生産過程に携わってる人もブルーカラーって呼んだ場合ですが。
あるいは、極端な話「ブルーカラーは単なる道具で、人数さえいればよいし、その人数確保もさほど苦労しないが、ホワイトカラーは会社運営の戦略や企画に重要で、できるだけいい人材を選りすぐって、長く引きつけておきたい」ということで、ホワイトカラーの賃金が上がりやすいという側面もあると思います。
以上、回答になっていない上にわかりにくいと思いますが参考になればうれしいです。

本格的に調べたわけではないのですが、参考までに。
自分の父親は電機系メーカーに勤めていて、海外の工場に視察に行ったり安全指導に行ったりしています。そういった海外工場では、(たとえばフィリピン)フィリピン人が労働力として、実際に機械の操作をしたり、製造をしたりしています。管理職側は海外赴任という形で本社派遣の日本人が多いです。つまり、労働力は現地雇用で、管理側は本社(日本)での雇用となり、それぞれ給与が支払われいるのです。とすれば、日本雇用の管理側、すなわちホワイトカラーの...続きを読む

Q初対面の人に会う時の手土産(至急お願いします)

初対面の方に会う時には、手土産を持っていくのが一般的かどうか知りたく
質問させていただきます。

●夫が、明日知人に紹介してもらい、初対面の方と会います。


仕事で取引のある方と、打ち合わせを含めいろんな話をしている時に
将来的な仕事のコトでいろいろ勉強をしていきたいなぁという話をしたそうです。
そうしたら、その方が「先輩で良い方を知っているから、なんなら紹介してあげるよ」ということになり
すぐに連絡を取ってくれました。
その先輩の方もお忙しい方だそうですが時間を取ってくれ、
明日の午後に会える約束になったそうです。
特にランチタイムとか、夕食を一緒に、ということではなく、午後の普通の時間です。

仲介してくれた仕事関連の方も同席して下さるとの事。


その話を夫から聞いた時に
「じゃあ、紹介してもらって初対面で会って話しが聞けるなら
手土産持っていくよね。用意しておくよ。」と言ったら
夫は「いいよいいよ。仕事で会うのじゃないし、プライベートとも違う中間的な立ち位置で会うし
お偉い方(例えば、社長や代表、政治家のような)だから、貢物みたいなものもね」
というような事をいいました。

びっくりして
「ええー、普通初対面の方に会うなら手土産必須でしょー!!」と言ったら
その仕事関連の紹介してくれた人に手土産必要か聞いてみるというんです。


私の感覚だと、
例えそれが立派な方だろうが、普通の方(すみません例えです)だろうが
わざわざ約束を仲介して取って貰い、紹介してもらって話を聞けたり、
今後交流を深めさせてもらうなら、最初の挨拶の時に手土産は普通だと思うのです。

それに、こういう場合じゃなく、友達になった人の家に遊びに行ったりした時には
なんらかの手土産持参で行きますし。。。


なので、
「そんなこと聞かないで。 一般的には、こういう場合、手土産って持っていくと思う。
ちゃんと今日用意しておくから、明日持ってってよ」と言ったら
素直にわかったよ、とは言ってましたが。。。


皆さん、手土産持っていかれますよね・・・?
金額的には3000円程のものを用意しようと思っていますが
妥当でしょうか。
なんだか、自分の感覚が良くわからなくなってきました。。。

初対面の方に会う時には、手土産を持っていくのが一般的かどうか知りたく
質問させていただきます。

●夫が、明日知人に紹介してもらい、初対面の方と会います。


仕事で取引のある方と、打ち合わせを含めいろんな話をしている時に
将来的な仕事のコトでいろいろ勉強をしていきたいなぁという話をしたそうです。
そうしたら、その方が「先輩で良い方を知っているから、なんなら紹介してあげるよ」ということになり
すぐに連絡を取ってくれました。
その先輩の方もお忙しい方だそうですが時間を取ってくれ、
明日...続きを読む

Aベストアンサー

「先輩で良い方」に近い立場の人間です(笑)

正式なビジネス相手でもなく、さりとて知り合いでもないという中途半端な位置関係ですよね。
こういう場合、相手は余分な責任が被ってくることを警戒するものです。
間に入った人間の面子を立てて会ってくれるのでしょうが、例えば質問者さんのご主人がその後必要以上に寄りかかってこないかとか、自分の発言に後々責任が発生しないかとか、そういったことを心配するかもしれません。

相手はあくまでも「好意」として会ってくれるのでしょうから、ファーストコンタクトは出来るだけ「さらり」とあっさり済ませたいものです。
そういう意味で、変な手土産をもらうと相手にとっては負担に感じる可能性があります。

もし私がご主人の立場なら、面談の場は手ぶらで行って、面談後速やかにお礼状を書き(もちろん手書きの手紙で。メールは論外です)、その後も交友が続くならタイミングを見て「軽いお土産」を持参すると思います。

Qホワイトカラーが上でブルーカラーが下???

こんにちは。いつもお世話になっております。

皆様の意見が聞きたくて投稿しました。

質問タイトルの文で質問の主旨を感じとっていただいたら助かるのですが、世間の中で、例えばきれいなオフィスでデスクワークをしている仕事が上で現場で油にまみれて機械を動かしてる仕事は下、という図式がございませんか? どちらが上とか下とかではないと思うのですが、ブルーカラーは「程度の低い」仕事をしているっていうイメージがあるのですが・・・。もちろん間違っていますよね。
私はこの偏見をなくしたいです。

あと、この国の現実としてあるのは、大きな会社のホワイトカラー部門に入りたい場合は、大学を出ていないとまず入ることすらできませんよね。
逆にブルーカラーは学歴不問の所が多いですよね。
この現実が私の偏見を助長させているんだと思います。

この私の中に染み込んでいる誤った見方を変えたいです。ブルーカラーの仕事だってスゴイんだぞ、という回答をお寄せいただきたいと思っています。

Aベストアンサー

こんんちは。

  ブルーカラーよりもホワイトカラーが上と言う認識を持つ人は未だにいるようですが、現実は大きく違います。特に不況の今は。

  私は以前にとある工業製品を作っているメーカーに勤務していました。勤務場所を大まかに分けると、工場、研究所、本社(支社、出張所)になります。各々の業務内容を大まかに挙げると、工場は生産業務、研究所は開発業務、本社は営業などのほかにデスクワーク全般をこなしている、となります。私は工場と研究所で業務経験があります。

  さて、まず採用される人たちの学歴についてですが、工場では大学卒のほか、高校卒の人が新規に採用されていました。研究所では大学院卒の人が多く、大学卒の人が稀にいる程度でした。本社は大学卒だけでした。
  学歴だけでレベルを決め付けるという乱暴極まりなく無意味な評価を下した場合には、研究所が最もレベルが高く、次に本社、最後に工場となります。

でも現実は大きく違います。

  どんな会社でもいわゆるダメ社員と言うのがいます。そのダメ社員の率が一番少ないのは実は工場なんです。というのも、工場でもしもトラブルが起きてしまったら、商品の製造が出来なくなります。商品の製造が滞れば、収入源が無くなります。さらに万が一にも大規模な事故を起こしてしまったら、操業停止→倒産へとつながりかねません。会社としては絶対に避けたいところです。

  そして、会社の役員達は会社のもうけを増やすために、さまざまな無理難題を工場に強いてきます。工場の人たちは、様々な工夫を重ねてその無理難題をこなしていくのです。工場の人たちは、とても高度な技術を持っています。その技術の多くは経験から生み出されるものであり、書籍や文献をいくら読んでも身につくものではありません。
  工場で一人前に働くためには、とても高度な技術が必要です。そして何よりも失敗したら会社が潰れかねないので、失敗は許されません。

  一方、研究所はどうでしょうか?研究所にもそれなりの苦労はあるのですが、はっきり言って失敗しても許されてしまうのです。新製品の開発に失敗したところで、現行製品が売れているのであれば会社が潰れることはありません。そして研究開発の現場では、開発に失敗したとしても「出来ないものは出来ない」と開き直ることさえ可能です。そのせいか、研究所にはモチベーションが低い人間が集まりがちです。学歴だけは院卒で立派なのですが、はっきり言って邪魔なだけの研究員が沢山います。

  本社は勤務経験が無いので詳しくは分かりませんが、研究所と同じように仕事に対するモチベーションが低い人たちがとても多いように感じました。


次にモチベーションが低い社員が本社や研究所に集まる理由についてです。

  まず第一に大学名だけで人を評価してしまう今の入社システムに大きな問題があるように思います。例えば有名国立大学の学生でなければ第一次書類審査で落とされる、といったようなものです。会社関係者のコネで入ってくる無能者の存在も原因の一つでしょう。

  第二に、怠慢の目立ちやすさが大きく違うと言う点です。工場では一人がちょっとサボっただけで即座に多くの仲間に明確に迷惑がかかります。生産ラインが止まるとか。一人のミスで多くの人が残業したり休日出勤する羽目になってしまいます。一方、本社や研究所の人たちは、多少サボったところで、表面的には周囲には迷惑がかかっているように見えないことが多々あるのです。

  第三の原因は、第二の原因の裏返しになります。すなわちミスが目立ちにくいと同時に成果も目立ちにくいのです。そして多くの会社は入社してからしばらくの間はどんなに業績を上げても大きな昇進はさせません。この時点で本当に能力のある新人もやる気をそがれてしまうのではないでしょうか?


  話がホワイトカラーの悪口になってしまいましたが(笑)、ホワイトカラー部門とブルーカラー部門のどちらがプロとしての意識が高いかと問われれば、私は自分の経験から判断して「ブルーカラー」と断言します。すくなくとも今の時代の日本国内に限っては。

こんんちは。

  ブルーカラーよりもホワイトカラーが上と言う認識を持つ人は未だにいるようですが、現実は大きく違います。特に不況の今は。

  私は以前にとある工業製品を作っているメーカーに勤務していました。勤務場所を大まかに分けると、工場、研究所、本社(支社、出張所)になります。各々の業務内容を大まかに挙げると、工場は生産業務、研究所は開発業務、本社は営業などのほかにデスクワーク全般をこなしている、となります。私は工場と研究所で業務経験があります。

  さて、まず採用...続きを読む

Q「トップセールスマン」とは、どういう人のことを言うんですか?

「トップセールスマン」とは1位だけの人のことを言うんですか?
それとも、トップクラスの営業マン複数名のことを言うんですか?
あるいは、1位になったことはないけど、平均すると1位の人ですか?
もしくは一度でも1位になったことがあれば、「トップセールスマン」ですか?

Aベストアンサー

 元営業職の、私個人の概念ですが……。
 長期間安定して上位の売上高をキープ出来る、複数の営業職の人を指す
のではないでしょうか。

 したがって私のように十数年前、偶然大口受注が相次いだので、その
営業所のトップに、たった一度だけなった事しかない場合は……(涙)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報