勉強不足ですみません。日本の台湾と朝鮮における植民地支配についてお伺いします。日本はなぜ台湾や朝鮮を植民地にしようと思ったのでしょうか?植民地にすることで日本に何か有益となるものがあったのでしょうか?日本は植民地支配を賛美しているって聞いたのですが、何をどういう点で賛美しているのですか?植民地支配のことでまだ日本と韓国はギクシャクしてるんですか?でも、台湾と日本の関係が悪いようには聞きませんが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

この手の質問をするとaikontactさんは全く正反対の極端な意見を聞かされ続ける事になりますから冷静に御自分で判断為さって下さい。


僕も専門家で無いですが一つの事実として・・・、当時東南アジアに国と呼べる物は存在していなかった、中国はかろうじて国の体面を保っていたがあちこち列強に切り取られていた(幕末に中国で欧米人に奴隷のごとく扱われている人をみて幕府方も維新の時内戦をしている場合で無いと考える人がいたし明治政府も富国強兵をすすめないと日本も植民地になってしまうと危機感をいだいた)、欧米の植民地支配とは奴隷の獲得と資源の略奪であってそこにすむ人たちが人として認められないような支配体制であった、韓国と言う国は当時独立国家として成り立つ国力が無かった、と言う事は最低限認められる事実です。
これからは僕の意見ですが、韓国がこの点に敏感なのは自国のプライドとアイディンティティーを守るためです。国力が無かったとは言え独立国家として成り立たないような歴史は国民にとって耐えられないものですから誰か悪者がいないと・・・。また太古の昔より国が結束力にかける場合外に敵を作って国内をまとめると言うやり方は普通に行われてきました。現在も行われている日本文化の規制や反日教育は国民をまとめるための一つの政策でしょう。この国は中国の属国扱いを受けた歴史が長いので自国のアイディンティティーを守るため漢字を捨てて新しくハングル文字をつくり出したくらいですから・・・。
台湾は中国のはずれの土地を日本領にした感じですかあら住んでいた人にとっては一部の人を除いてそう大きな抵抗感がなかったのでしょう。しかも現在の台湾政府は国民党が共産党との戦いに破れて移りすんで来て作った政府ですからもともとの台湾住民にとって祖国と呼べるような政府なのか・・・。国民党にすれば取りあえず共通の敵日本を倒せば中国は良くなると思って共産党と組んだのに(当初日本と組んで共産党を叩こうという意見もあった)結局国をおわれる事になって騙された!といった感じでしょう。資本主義経済をとり共産党から自国を守るためには同じ資本主義をとった日本を悪くばかり言ってられないといった面もあると思います。
日本について言えばだれしも自分達の過去にプライドを持ちたい物です。それがどう言う形にせよある程度世界に権勢を誇った者であるならば或種の懐古主義的な考え方が起こるのは普通の事だと思います(アメリカだって西部劇がすきでしょう?)。其れが悪か?といえばここで正反対の意見が対立してしまうのです。ただ国をまとめる事を考える時自国の歴史に負の歴史観だけを自国民に教える国は日本以外には先ずありません。自分の国にほこりを持てないなら国民が国に尽くす必要が無いと考えるのはやむを得ない事でしょう。その結果が極端な個人主義となり現在の社会を作ってしまったのは否定できないと思います。普通はそんな事わかりきっているからこそ歴史教育が大切なんだと思いますけど・・・。
極端な意見になりますが僕は現在の資本主義も姿を変えた植民地支配だと思っています。帝国主義時代は領土そのものを搾取しようとしたため独立運動が起こったりして失敗した訳で、貨幣価値が違うという理由で同一の労働に対して国によって価値が違ってしまえば労働力や資源の搾取が平和的にできるしまた気付かれにくいですから・・・。つまり現代は経済的植民地支配の形態であると言えるのでは無いかと思います。ここでも日本は欧米列強を一生懸命追っかけている訳です。でも自分の家族や仲間が幸せに暮らせるように考えた時僕はそれでいいのだと思います。少なくとも生まれながらに奴隷の身分になってしまうような制度ではなくチャンスは与えられている訳ですから。
私見を述べさせていただきました。

この回答への補足

回答ありがとうございます。上から3行目に出てくる「当時」という言葉。これはいつのことを「当時」と言っているのでしょうか?日本が台湾を支配しているときのことですか?すいません、勉強不足で・・・。

補足日時:2002/01/20 16:08
    • good
    • 0

補足の文章を拝読いたしました。


このカテゴリーで検索してもだいたいの「当時」の状態は分かると思うのですが・・・。
東南アジアは18世紀の後半から植民地化され19世紀の終わりにはタイを除いて全て植民地化されていました。
日清戦争が19世紀の終わりですから帝国主義の仲間入りを目指した日本が出ていける場所はもはや中国大陸位しか無かったわけです。
東南アジアの植民地が独立できたのは第二次世界大戦後の事です。
「当時」と言う言葉であらわしたかったのは幕末から明治、大正、昭和にわたるかなり長い期間のことです。
分かりにくくてすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。みなさんの様々な意見が聞けてよかったです。あとで何回も読み返しているうちに「当時」が明治前後のことを言っていることがわかりました。私の理解不足でお手数かけました。

お礼日時:2002/01/25 22:32

No.7のkiyottiです。



訂正します。

賛美はしていません。確かに朝鮮半島に於いては日本国名の使用や日本・・
の部分で
「日本国名の・・」は「日本名の・・」

今現在の国際法体系や物の考え方で、1世紀前は語れないと思います。「帝国時代」には今のような・・
の部分で
「帝国時代」は「帝国主義時代」

にそれぞれ読み替えてください。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。細部まで教えていただき、自分なりに理解できたと思います。

お礼日時:2002/01/25 22:36

<時代背景>



15,16世紀頃からヨーロッパ大陸は大航海時代を迎えました。
航海によってアフリカ、アジアにも目を向けられ始めスペイン、ポルトガルによる植民地、次にヨーロッパ列強国(英、仏、独、伊、蘭など)が新たに加わりアフリカ、アジアがそれらの植民地となりました。

幕末から明治維新の過程に於ける日本国内は相当混乱しました。ただ単に国内の問題にかかわらず、この国内騒乱時に外国によって植民地化されることもその当時の賢人者や支配層は検討したことでしょう。

江戸時代、鎖国政策下でもオランダを通じて世界の情報は得ていましたから次々に植民地されるアジアの状況をみて、その危機感は計り知れないものだったと思います。

維新に成功した明治政府は早速に「富国強兵」で欧米列強国の仲間入りを進め、国内整備(法体制=大きくは憲法、社会基盤、国軍など)に努めました。

この頃、日清、日露の戦争が相次いで起こりました。それは朝鮮半島の利権をめぐる清との戦いであり、また後者は南下政策(地理的にもロシアは寒い地方にあり暖かい方面に領土を拡大したい願望が、今でもある)を進めるロシアの拡大を阻止する戦いでした。

日清戦争はその後のアジアの地図を大きく変えました。それまで「眠れる獅子」といわれる清が小さな島国の日本に敗れたから欧米列強は中国大陸に目を付けました。大陸は日本をはじめとして数ヶ国の支配下に置かれました。

この頃になると国全体を支配するのは効率的ではなくその国のある地域を「租借」という形で実効支配する方式に変わっていきました。日本は「台湾」を手に入れました。また、1910年に「韓国併合」をしました。2つの戦争に勝った日本は「帝国主義」をまっしぐらです。


昭和初期までこの状態は続きます。

ロシアの南下政策における「満州」の利権争い、国内の大凶作、世界恐慌、経済政策の行き詰まり、政治家の汚職、腐敗から軍部の独走が始まりました。国内問題から国民の目をそらすため、また食料問題解決のため軍部の独走を政治(政治家)は事後承認を連発しました。波紋は段々と時間とともに大きくなっていき太平洋戦争(日本名=大東亜戦争)へと、続きます。


>日本はなぜ台湾や朝鮮を植民地にしようと思ったのでしょうか?植民地にすることで日本に何か有益となるものがあったのでしょうか?

領土の拡大と日本を守るためです。「台湾」については日清戦争の代償です。


>日本は植民地支配を賛美しているって聞いたのですが、何をどういう点で賛美しているのですか?

賛美はしていません。確かに朝鮮半島に於いては日本国名の使用や日本語教育を進めたみたいですが、それはそれで他の国の文化そのものを否定することで良くないことです。しかし、他の面では社会インフラなど今現在の韓国や台湾の基礎はその当時に出来上がったものです。

個々の悪いことを上げれば切がありませんし、同様に良いことをあげても切がありません。でも、今に教科書は悪い事ばかり教えているでしょ?


>植民地支配のことでまだ日本と韓国はギクシャクしてるんですか?

踏んだ側は忘れても、踏まれた側は忘れません。


<まとめ>
今現在の国際法体系や物の考え方で、1世紀前は語れないと思います。「帝国時代」には今のような概念はありませんでした。

個人レベルではどうかわかりませんが国家レベルでは解決しています。
    • good
    • 0

植民地経営に否定的な人はヨーロッパ(イギリス)にもいたそうです。

これは別に人道的にどうのということではなく、単に経済的に損だからという理由からです。
当時の日本にもこの思想から植民地経営に反対していた人がいたそうです。実際に大赤字だった訳ですから、主張的に間違えはないのですけど、実際はまぁご存知のとおり、植民地経営に勤しむことになります。

でこの損か得かということになりますと、植民地ってのは経済的に幾ら投資して幾ら返ってきたと商売のようにきっちりと判明するものではありません。すなわちプロ野球チームのように(笑 植民地を持っていることそのものにも意味がある訳で、一流国の証としてとか、物流の流れが豊かになるとか、そういったものも加味して当時の人は得になると考えた結果そうなっていったのでしょう。

で賛美ということでは。歴史の流れとか、当時の世界情勢というものを考慮して評価するとなぜか美化することになるそうです。多分その手のことを主張する人とは日本語の使い方で若干違いがあるだけかと思います。

韓国と台湾についてでは。
同じような植民地経営の結果ですが、なぜ反日親日にきっちり分かれてしまったのか。
もともと古代から歴史的にみれば韓国の方が先進国で日本の方が後進国でした。台湾は国という形そのものがなかった訳で、この辺は感情的な面で許せない気持ちがあるのでしょう。例えて言うならば、学生時代に自分が馬鹿にしていたような人間が社会に出てそいつの方が出世してしまい、自分の上司になってしまった。全く見知らぬ人間が上司になった時よりも色々と思うことがあるはずです。

さらにはその後(戦後)の事情もあります。台湾は中国本土から勢力争いに負けた国民党が流れてきて支配することになります。かなりあくどいことをやらかしたようで、これでは日本統治時代の方がマシだったと(決して日本時代を賛美している訳ではない)考えた人が多数いたと。
一方韓国はその後、アメリカ・ソ連・中国の思惑のはざまで北と戦争がおき、その後も悲惨な時代をすごすことになります。両方とも戦後は同じような時代ですが、台湾は敵が明確(=国民党)なのですっきりしています。しかし韓国の場合は、どこが敵なのかはっきりしません。直接的には北朝鮮ですが、同朋ですし、中国やソ連かと言うと直接的には敵ではないです。こういったモヤモヤある場合、認知不協和理論では、妥当な敵がいないことには気持ち悪くなってしまいます。で一番妥当なのが日本だったのです。

ただそれだけだったら別によかったのですが、ことある毎に反日をキーワードに国内のまとまりを強めていった結果、反日感情の拡大再生産の悪循環からか、最も反日的な国になってしまったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。「ことある毎に反日をキーワードに・・・」という部分に何か共感しました。確かにそういわれたらそうだなあって感じで。私の祖父母に日韓関係のことについて聞いてみると偏見に近いような感情を抱いていました。

お礼日時:2002/01/25 22:43

簡単に言えば.イギリス中国支配の模倣でしょう。


麻薬を生産して.現地人に販売し.金を巻き上げる事でしよう。麻薬中毒にして.現地人がいなくなって(麻薬中毒で死亡して)から.臣民を捨てるのです。
もう一つは.日本国内での食料不足があります。臣民が多すぎて食糧を供給できない(人口の過剰が問題になっていました)。従って.臣民の居住する場所(捨民という)として隣接地区を選んだだけでしょう。

当時の講談社(別名第二文部省)の雑誌ではかなり宣伝していました。私はあまり影響を受けなかったほうですが.影響を受けた人(捨民として満州に移住)は結構いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。みなさんいろんな意見をお持ちですね。参考にさせていただきました。

お礼日時:2002/01/25 22:47

2の意見は明らかに間違っています


経済的に見れば朝鮮台湾を統治することは全くの損です
実際朝鮮台湾は資源も人材もなく日本にとって得るものより与えるものの方が多かったのです
実際収支決算は赤字でしたから
その後の陸軍の暴走はその後のことですから切り離して考えるべきです
日本の不幸は朝鮮があまりにも弱く自分の面倒を自分でみれなかったことです
日本が併合しなかったときの歴史を考えればどうであったか考えてください
当時の朝鮮が独立した存在ではいられなかったことは当時の情勢から明らかです
またヨーロッパ人のように日本人は朝鮮人を牛馬のようには扱わなかったではないですか
私の意見はこれで切り上げます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。この時代に生きていなかったので、ほんとのところはどうなのかわかりませんね。人って自分の都合のいいように解釈するところがあるので、何ともいえないです・・・。

お礼日時:2002/01/25 22:53

aikontactさん今晩は。


私は、歴史等における過去の事例や文献等を様々な角度から分析してみたり時代背景やその時代のイデオロギー的検知から様々な考え方を学んできました。
ご質問の中にある記述の通り日本が行ったのは間違い無く支配です。
支配する為に侵略したのです。
この時代を考えてみて下さい開国間もない日本は世界情勢(秩序)とは無縁の小さな島国でした。
その島国が、世界に目を向けた時、最大の大国であるロシアと資源や領土思想等の検知から、ついに日露戦争が勃発します。
このときの国力差は100対1と言っても過言ではなく、到底勝てる戦争ではありませんでした。
結果は、アメリカの調停により双方痛み分けで終わるのですが、日本はこの戦争に勝ったわけではありません。
ロシアと並ぶ大国であるアメリカに停戦を依頼し、かろうじて有利な条件下で休戦する事に成功しただけです。
しかしながら、国論は沸騰し神国日本の原型が出来上がっていきます。
大国に勝ったと錯覚した日本は朝鮮半島に侵攻します。
大義名分は、白人支配からの有色人種の解放と言うべき物でしたが、実情は日本が進行した後の朝鮮半島は、隣国であるインドやその他の白人支配よりもひどい状況になりました。
日本の侵攻は資源確保と列強に対する示威行動の要因を多く含んでいたのです。
資源の乏しい国土、最先端の技術がいち早く手に入る大陸の玄関がほしい為に起こした暴挙と言えるかもしれません。
そこに住む人達の人権はもとより、精神的な自由さえ剥奪したのです。
白人支配下ではここまではひどい状況ではありませんでした。
その後、満州事変(これも日本軍が領土拡大を目論んででっち上げた事件)が起こり大東亜戦争へと突き進むわけですが、進行の理由は富と新しい文化(技術)及び資源確保を目論んだ略奪が大きな目的となります。
事実、日本軍はそこに住んでいる人々を人としては扱いませんでした。
富を生み出す物と考えたのです。
日本の国論を強制し、精神的な自由さえ束縛したのですから。
ある意味、今回起きたテロで解ったタリバンの政策を最大レベルで強烈にした強制的な政策を実行したのです。
南方には様々な資源帯が存在します。
その資源が欲しいが故に侵攻した側面も決して少なくありません。
総てではありませんが、朝鮮半島や中国大陸に日本が残した恩恵は、日本が行った略奪や暴挙に比べるとささやか過ぎる程度の物です。
日本が世界大戦を戦う為に費やした多くの資材や財力はその殆どが朝鮮半島や中国大陸に住んでいた人達の血によって生み出された物である事は疑いようの無いもののです。
話が長くなりましたが、実際に罪を犯した側は時がたてば忘れる事も出来ますが、やられた側は忘れる事は出来ないのかもしれません。
日本が行った朝鮮半島当地には正義と言う物はありません。
富と資源そして自己満足の為の略奪行為だけが歴史に残るのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。h-seriaさんは他の皆さんと違ったお答えでしたね。やはり日本が永遠に償っていかなければならないのでしょうか・・・。

お礼日時:2002/01/25 22:57

韓国の歴史教科書は去年問題になった日本の歴史教科書と比較してもあまりにも客観性に欠け反日の立場からかかれているのでその教科書で教育を受けた韓国人は反日になるのは当たり前です


日本はロシアの驚異を防ぐため当事者能力のなかった朝鮮を併合したのは仕方がなかったと思います
日本の植民地支配はヨーロッパ諸国と違って韓国人を人間として扱いました
インフラの整備をして教育を充実させ産業の振興を計りました
日本の植民地支配は経済的には赤字であり決して日本のためにはなっていません
しかしヨーロッパ諸国は植民地の人を動物として扱い鞭で叩いていうことをきかしていました
そして富の略奪を計りそれがヨーロッパ諸国の発展に大きく寄与しました
もし日本が朝鮮を併合しなければロシアが併合していたでしょう
そうであったら朝鮮は地図の上から消えてロシアになっていたでしょう
ロシアにとって不凍港はのどから手が出るほどほしいものだったし
暖かい南の土地は絶対に手放さないからです
韓国にも良識のある人々はいてあのとき日本が朝鮮を併合したのは結果的に良かったと言っている人はいます
韓国の朴大統領は韓国の経済発展の最大の貢献者ですが彼もそのように言っていました
要は韓国人は感情に走る嫌いがあるので反日にはしりやすいしマスコミがそれをあおっているのが問題です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。マスコミの影響って大きいですよね。本当に正しいのかがわからない。テレビやラジオ、新聞のどれが一番信用できるものなのか、自分の目で見極めるしかないのでしょうけど。「マスコミがあおっている」っというのもわかります。

お礼日時:2002/01/25 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人とケンカ。謝ろうと思うけど、謝ることってかっこ悪いこと?

友人とケンカしました。
女友達と。
当方、男です。
すごく大切な友達。心から信頼できる友。
些細なことで喧嘩。
距離ができました。
すごくぎくしゃくした感じになってしまいました。

誰かが言ってましたが・・・
謝ることってプライドのないことで、それは相手にこびることだと。

僕は友人(親友)と仲直りしたい。たぶん向こうもそれを望んでいる。
お互いいろんな悩みを打ち明け、ともに励ましあってきた。

今は無視し合っている。
些細なプライドのせいで・・・。

こっちから謝りたい。
でもそれってかっこわるいことですか?
謝ることって大の男がしてはいけないんですか?

ほんと些細なことで喧嘩して。

自分のプライド?を守るために、このまま無視して、
「あいつから謝ってくるまで許さん」って心に決め込むのか?

その友人とのこれからの付き合いを大切にしたい気持ちが勝つのか?

今、悩んでます。

Aベストアンサー

こんにちは。

謝ることは、かっこ悪くなんてありません。

私は謝る事が出来る大人はかっこいいと思います。

むしろ些細な事で大切な友人を失くすかもしれない時に
自分のプライドを守る人間の方がかっこ悪いと思います。

Q朝鮮は植民地支配を受けていたのでしょうか?

今日は。中学二年のu_keyyy_2006です。
朝鮮について質問があります。
まず、学校の歴史で習った内容は、

●1876年、朝鮮を独立国と認めた日朝修好条規を結ぶ。

●朝鮮では親日派と親中派が激しく対立。

●1894年、甲午農民戦争が起こる。
 →8月に日清戦争が起こる。
【下関条約】では、朝鮮の独立を認めることなどが決められた。

●1905年9月、日露戦争の講和条約として
【ポーツマス条約】を結び、韓国における日本の優越権などを認めた。

≪1905~1910年ごろの韓国≫
「日露戦争のさなかから、韓国は、日本による植民地化の動きにさらされていきました。」
●1905年には、外交権が奪われ、
●1907年には、皇帝が退位させられた。
●1910年には、韓国は日本に併合され、朝鮮総督府を設置し、武力を背景とした「植民地支配」をおし進めていった。学校では朝鮮史を教える事を禁じ、日本史や日本語を教えるなどといった同化政策をした。

≪第一次世界大戦後≫
●1919年3月1日、ソウルで三・一独立運動が起こる。
 →朝鮮総督府では武力で鎮圧する一方、これまでの武断的な支配をゆるめる姿勢を示した。(※ 言論、出版、集会の自由の一部を認めたり、教育制度を拡充した。)

●独立運動はその後も続けられた。

といった感じです。
三・一独立運動をならった日は、当時の日本人と朝鮮人の気持ちをプリントに書く、というのをやりました。

2ちゃんねるでは全面的に朝鮮、韓国を叩いているように見受けられます。
例えば、植民地支配なんてしていない、朝鮮が近代化を望んだ。
だとか、併合する前の朝鮮は人間の生活と呼べるものがなかった、などです。

URLは忘れてしまったのですが、韓国の事について書いてあるサイトもみたことがあります。
韓国の子供が書いた反日的な絵の写真や、鶏を殺している写真、「韓国人と犬はお断り」という看板の写真などが載っていました。

学校で教えている事と、2ちゃんねるの人たちのいっている事はどちらが正しいのでしょうか?
2ちゃんねるで聞いてもいいかもしれませんが、中立的な意見が多そうなのでこっちに質問することにしました。
よろしくお願いします。

今日は。中学二年のu_keyyy_2006です。
朝鮮について質問があります。
まず、学校の歴史で習った内容は、

●1876年、朝鮮を独立国と認めた日朝修好条規を結ぶ。

●朝鮮では親日派と親中派が激しく対立。

●1894年、甲午農民戦争が起こる。
 →8月に日清戦争が起こる。
【下関条約】では、朝鮮の独立を認めることなどが決められた。

●1905年9月、日露戦争の講和条約として
【ポーツマス条約】を結び、韓国における日本の優越権などを認めた。

≪1905~1910年ごろの韓国≫
「日露戦争のさなかか...続きを読む

Aベストアンサー

> 例えば、植民地支配なんてしていない、朝鮮が近代化を望んだ。

 用語の定義の問題からまず入りますが、大日本帝国(以後、日本と書きます)は朝鮮を「植民地化(colonization)」などはしていません。したのは、「併合(Annexation)」です。

 植民地、という単語は、当時の列強が地球上の全地域に対して行った強圧的・隷属的支配の対象を意味するものです。日本が朝鮮に対して行った併合は、朝鮮を日本にするという同一化です。
 「植民地支配」という言葉を好んで使う人は、この史実を無視して日本に悪いイメージを抱かせようとの悪意のある人か、この両者の区別を知らない無知な人だと思いましょう。

 もっとも、「朝鮮が近代化を望んだ」というのは言いすぎと思われます。近代化を望むグループは朝鮮にもいましたが、そうでないグループもいて、朝鮮内部で権力抗争を繰り広げていたわけですから。

 日本が朝鮮を併合したのは、主としてロシアの南下政策に対抗するための緩衝地域を作りたいという日本の動機に基づき、日本が列強の承認を受け、朝鮮の一進会という当時の最大政党からの要望もうまく利用した結果です。

 結果において、日本からのそうとうな持ち出しで朝鮮は近代化されました。例えばその資金が東北に使われていれば、東北の飢饉は起きず、「おしん」のような悲劇は減り、2・26事件や5・15事件も起きなかったと言われています。

 また、朝鮮総督府は、武断的支配などということを総体としては、実施していません。紛れも無い嘘です。例えば警察官の数を見ても、警察幹部(警部以上)の3割、警察官(巡査・巡査補)の6割が朝鮮人だったので、日本が朝鮮に対して武断的支配などしようとしても、警官が従わず実行できません。

> 併合する前の朝鮮は人間の生活と呼べるものがなかった

 「人間の生活」を現代のセンスで考えるなら、これはその通りです。当時の日本の庶民の水準と比べても、良い線行っています。
 イザベラ・バードの著書に詳しいですね。以下のページに、ダイジェストがあります。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/nikkan/heigouji-chousen.html#7

 結論として、あなたの記述の範囲では、「2ちゃんねる」の方が正しいと言えます。現在の日本の教科書は、「近隣諸国条項」なる代物のせいで、朝鮮や共産党中国におもねる内容になっていますから、朝鮮や共産党中国を悪く言えないという政治的背景があります。

> 三・一独立運動をならった日は、当時の日本人と朝鮮人の気持
> ちをプリントに書く、というのをやりました。

 端的に言えば、あなたの年代の平均的知識でこの課題を行うことに、意味がありません。当時の時代背景に基づく価値観、その時代背景を作ってきた当時までの歴史的背景、というものをよほど注意してトレースしないと、「現代のセンスで過去を裁く」という、歴史に対して最悪の行為をしてしまいます。
 敢えて効果があるとすると、朝鮮におもねる子供を作るということだけでしょう。そして、サヨクの教師は、それを狙ってこの種の課題をよく実施させます。

 結論として、あなたに歴史を教えている教師は、サヨクです。
 基本的に、言っていることを信用しないようにしましょう。
 下記サイト、そのことに関連しており、また面白いのでお勧めです。

http://www9.big.or.jp/~cumy/sayoku/index.shtml

> 例えば、植民地支配なんてしていない、朝鮮が近代化を望んだ。

 用語の定義の問題からまず入りますが、大日本帝国(以後、日本と書きます)は朝鮮を「植民地化(colonization)」などはしていません。したのは、「併合(Annexation)」です。

 植民地、という単語は、当時の列強が地球上の全地域に対して行った強圧的・隷属的支配の対象を意味するものです。日本が朝鮮に対して行った併合は、朝鮮を日本にするという同一化です。
 「植民地支配」という言葉を好んで使う人は、この史実を無視して日本に悪...続きを読む

Q小学校で物をあげたりもらったりするのは悪いことなのでしょうか。

小学校で物をあげたりもらったりするのは悪いことなのでしょうか。
もし、小学校高学年の子が、学校で友達からキャラクター物の鉛筆1本を、いらなくなったからあげるといわれて、もらったとしたら、もらった事を叱りますか?
知人はあげることも、もらうことも悪い事で、もらってきたら叱るといいました。さらに叱るのが当たり前だと言いました。
あげた方の親が知らないからという理由だと思いますが、私はもらわない方がいいかなと思うくらいで、どうしても叱るほどわるいこととは思えません。普通に返した方がいいという話をして返させるかもしれませんが、叱るほどのこととは思えません。
叱ることかどうか意見をきかせてください。
常識がわらなくなってしまい質問しました。

Aベストアンサー

一概にすべてが悪いとも言えませんが、自分の働いた力で物を手に入れられるように成るまでは、軽はずみにやりとりをしない方が良いでしょう。
どのような小さな物でも、すべて保護者が買い与えた物です。
鉛筆は安いけれども、高価なゲームソフトなどを保護者の許可無くやりとりするのは問題に成りますよね。
その金額の境目をつけることは大変難しくなります。
基本的に、どのような小さな物でも保護者の許可を得てからやりとりをするのが本来では無いでしょうか。

とにかくしかれば良いというわけではなく、そのようなやりとりを軽はずみにしべきでは無いことの訳を話して、教えれば良いと思いますね。

Qなぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのか?

題の通りなんですが、なぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのでしょうか?

植民地支配されてもおかしくない状況であったのに欧米が進出してこなかったのにはどんな理由があるのでしょうか?

どんな意見でもかまいませんので回答していただけると光栄です。

Aベストアンサー

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかしかった。
仏教、神道がの生活の隅々まで行きわたる一方、当時の日本人は宗教の”まやかし”の部分もちゃんと理解していた。

当時、日本の文明のレベル(特に底辺のレベル)が高く、西欧文明を日本流に取り入れることに成功した。
実は、他の植民地となった国々はこれが出来ず、欧米人の思うようにコントロールされてしまっている。
例えば、日本人はヨーロッパ人以上の識字率を誇っていた。
一部のインテリが欧米を見て知識を得ると、すぐに翻訳したり本を書いたりして、
それを印刷(江戸時代からの木版印刷、貸本屋のインフラがあった)し、あっという間に全国民に広めた。
寺子屋の伝統があったので国民皆教育の立ち上げも早かった。
市場経済のインフラもすでにあったので、欧米の商人と対等に渡りあえた。

明治維新が驚異的に早く終結した。
たいていの国々は封建制→中央集権制の変換に100年はかかり、
この間に国土は荒れ、富も消耗し、人材は消失し、国民の間に憎悪だけが蓄積する。
この間に先進国にいろいろな利権を奪われる。
これが最小限で済んでしまった。
また、幕府側も新政府側もそのことを熟知しており、さっさと手締めした。

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかし...続きを読む

Q悪いことのあとには、いいことが?

今日仕事帰りに「明日は出張だけど頑張ろう~」と思いながら自転車で帰宅していると
突然横から出てきた自転車に驚き、避けて相手は何事もなかったのですが、私は自転車ごと盛大に転びました。右ひざやら胸部やら擦りむいて、打ち身、左足首はややひねり気味・・・自転車は中破しました。
かなり臆病な性格なので、傷口を消毒しようと絆創膏をはがす前から3回ほど過呼吸から貧血気味(汗)
ちなみにこの6時間ほどの間に8回ほど気分が悪くなり・・・呆れられそうですが。
だいぶ自転車も壊れた気がしたのですが、馴染みのオッチャンの店で「明日中に直しとくよ!」・・・なんて、頼もしい。 家族には「あんた、膝の手術2回してるんやからどうってことないやろ!」なんて言われましたが、目先の血にクラクラ。 ものすごく情緒不安定で何を書いてるのかも怪しいのですが、つまり話したいことは・・・

いいときもあれば悪いときもある、悪いときもあればいいときもある、って言いますけど、人生ってそんなもんでしょうか? 気を付けてても怪我したり失敗するのも人生でしょうか?

Aベストアンサー

「禍福は糾える縄の如し」っていう諺があるくらいですから、
悪いことがあれば、そのうちにいいことがきっとありますよ。
またそう思っていないと、生きていけませんしね。
とにかく大怪我しなくて良かったですね。
お大事にしてください。

Qヨーロッパの植民地支配と日本について

先日、録画してあるEテレビの「高校講座世界史」のアフリカ史を観ました。
内容は、20世紀、アフリカはヨーロッパの植民地で、ヨーロッパの利益のために、かなりひどいことをされていたという印象を受けました。

アフリカの国々が独立したのは、第2次世界大戦後だと知って驚きました。
アフリカの国々が独立する際に、植民地にしているヨーロッパの国と戦争があったことを知って不思議にも思いました。

大平洋戦争での日本の侵略は、ものすごく悪いことをしたと世界で言われていると思うのですが、戦争で勝ったイギリスやフランスは、アフリカを含む、日本が植民地にしていたよりもっと広い地域で他の国を、それも終戦後まで侵略していたのに、戦争で負けたドイツや日本の方が世界で悪く言われてしまうのでしょうか?

戦争で負けたからと言われれば、それまでですが、戦後70年経っていますので中立な見方が必要ということはないのでしょうか?

私は、歴史には詳しくないので的外れなことを言っているのかもしれませんので、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

先日、録画してあるEテレビの「高校講座世界史」のアフリカ史を観ました。
内容は、20世紀、アフリカはヨーロッパの植民地で、ヨーロッパの利益のために、かなりひどいことをされていたという印象を受けました。

アフリカの国々が独立したのは、第2次世界大戦後だと知って驚きました。
アフリカの国々が独立する際に、植民地にしているヨーロッパの国と戦争があったことを知って不思議にも思いました。

大平洋戦争での日本の侵略は、ものすごく悪いことをしたと世界で言われていると思うのですが、戦...続きを読む

Aベストアンサー

高校講座をご覧になるのは高校生と限りませんが、ご質問者は「対照実験」をご存知ないでしょうか。高校で習いますよ。まあ、対照実験は自然科学で行うものであって、歴史や社会で厳密には成り立ちにくいですが、準用して当てはめてみましょう。
その対照実験の考え方で言うと、ご質問文の第3段落は乱れています。ヨーロッパの戦勝国と日本とを、植民地支配に関して比較するには、例えば「インドネシアの教科書でどう記述されているか」を見ましょう。
インドネシアなら、オランダの支配を受け、次に日本の支配を受けたので、比較に適しています。しかし、アフリカの国、例えばアルジェリア(フランスの植民地だった)を論じても、日本は支配したことがないので、あまり比較になりませんよ。

インドネシア歴史教科書「日本軍占領時代」(「私の好きなインドネシア」というサイトから引用)
http://www.geocities.jp/indo_ka/buku_pelajaran/bahasa_jepang2.html
〔引用開始〕
インドネシアの高等学校で使われている歴史教科書の一部を翻訳し、内容を紹介いたします。〔中略〕
2006年6月、メダンのGramedia(大手書店チェーン)で購入したもの。〔中略〕
日本による占領期間は短かったとはいえ、長期にわたったオランダ時代に受けたよりも遥かに重い苦しみをインドネシア国民は体験することとなった。〔中略〕
多くの地域で飢饉が発生した。〔中略〕
つまり、日本によって占領された他の地域と同様に、インドネシアはその国民が極めて苦しめられた国であったと言えよう。日本民族による残虐行為は西欧民族が犯した残虐行為を超えていた。〔中略〕
インドネシアでの日本による搾取は天然資源に対してだけではなく、人的資源に対しても行われた。〔中略〕
労務者の動員はしばしば非人間的なものだった。労働環境は劣悪だった。重労働であり、食料は十分に与えられず、衛生状態も不適切だった。そして厳重な監視下の元、休息時間は短く、ミスは重く罰せられた。多くの労務者たちが、ビルマ、マラヤ、サラワク、ベトナム、ソロモン諸島などの海外へ送られていった。その多くが、送られた先で死亡した。
〔引用終り〕

この教科書では、これに続いて「また別の側面もあった」と、日本の占領がインドネシアに良い影響を与えたことも書いています。つまり、全文を読めば、否定的側面も肯定的側面も学べるようになっています。
そのようにバランスのとれた記述の中で、このインドネシアの教科書は、「日本民族による残虐行為は西欧民族が犯した残虐行為を超えていた」と述べているわけです。

ということで、結論は出ちゃいました……。他のアジア諸国・地域の教科書についても、下記サイトから引用しておきましょう。
「内田洋行」といえば、事務機器を扱う業者さんとして、ときどき名前が出てくる大手です。学校教材の商社としても大手だそうです。政治的に右や左に傾いていると、商売に差し支えるので、あまり偏向してないのではと考えられます。

学びの場.com(事務機器・学校教材の専門商社大手「内田洋行」の教育総合研究所)
http://www.manabinoba.com/index.cfm/6,6424,13,html
〔引用開始〕
そこで今回はアジアの国を中心に、海外の教科書が日本、特に戦争時代の日本をどのように教えているか調べてみた。
〔中略〕
マレーシア
「日本は、マレー人の解放獲得への期待を裏切った。日本人はマラヤを、まるで自分たちの植民地であるかのように支配した。今度は彼らがイギリス人の座を奪ったのだ。日本人の支配はイギリスよりずっとひどかった」(中学2年生用『歴史の中のマレー』1988)。
フィリピン
「フィリピンの歴史における暗い時代は私たちの国を日本国が占領した時です。日本軍は、来たばかりの頃は、自分たちはフィリピン人の友達だといい、フィリピン人と日本人を結びつけるためアメリカを敵としました。彼らは、人々の食料や家財道具をはじめ、乗り物や大きな家々も取り上げました。彼らはまた、とらえた人々を拷問し、殺しました」(小学校4年生用『歴史』1977)。
台湾
「二十余万人に達する台湾籍の軍人・軍婦が前線に送られ、さらに少なからざる少女が異郷で淪落し慰安婦にさせられた。これらの計り知れない辛酸血涙は、みな日本の植民地統治が残した歴史の傷跡である」(中学生用『高級中学歴史下』2000)。
シンガポール
「日本軍警察であるケンペイタイについては、恐ろしい話がたくさんある。スパイによって日本軍に通報された者はケンペイタイの建物に連れて行かれた。そこで彼らはあまりにもひどい拷問を受けたので、多くの者は自分の受けた苦しみを人に告げることなく死んでいった。最も一般的な拷問のひとつは「水責め」で、とらわれた人は寝かせられ、大量の水が鼻や口に流し込まれた」(中学校初級用『現代シンガポール社会経済史』1985)。
〔引用終り〕

これらは否定的側面の抜粋でしょう(肯定的側面も併記されているかもしれない)。ふだん、外交辞令(日本向けのお世辞)に酔っている日本人には、ショッキングな内容です。注目すべきは、マレーシアの教科書でも「日本人の支配はイギリスよりずっとひどかった」と書いてあることでしょう。欧米がそう言ってるというより、当のアジア諸国がそう言っているのです。
さらに詳しくは、下記の2つのサイトなどをご覧ください。

アジアの教科書に書かれた日本の戦争
http://www15.ocn.ne.jp/~hide20/burogu53.html
久保田武 「東南アジア諸国が抱いた日本像―日本占領期を中心に―」(日本教育大学院大学紀要『教育総合研究』第6号、2013年3月)
https://kyoiku-u.jp/assets/files/documents/Journal/06-01.pdf

さらにさらに詳しくは、大学で「ポストコロニアリズム」を学ぶという方法もあります。比較的新しい思想ですが、世界のインテリの間で流行して、ずいぶんたくさん論文やエッセイが書かれています。

高校講座をご覧になるのは高校生と限りませんが、ご質問者は「対照実験」をご存知ないでしょうか。高校で習いますよ。まあ、対照実験は自然科学で行うものであって、歴史や社会で厳密には成り立ちにくいですが、準用して当てはめてみましょう。
その対照実験の考え方で言うと、ご質問文の第3段落は乱れています。ヨーロッパの戦勝国と日本とを、植民地支配に関して比較するには、例えば「インドネシアの教科書でどう記述されているか」を見ましょう。
インドネシアなら、オランダの支配を受け、次に日本の支配を...続きを読む

Q悪いことばかり続いて立ち直り方がわからないです。

25歳の女性です。

職場の元好きな人には「仕事いつ辞めるんですか?」のといった嫌がらせのような言葉を言われ冷戦状態です。実家では(実家住まいです。)隣家がうちの敷地にうちの敷地だとわかっていながら勝手に建物を建てて連日揉めるし(取り払ってもらいました。)その業者には暴言を吐かれたり散々な日々でした。

その他にも嫌なことがここ1週間のうちに立て続けに起きました。

気分が散々に滅入ってしまいます。立ち直り方がわかりません・・。

元好きな人からは暴言を吐かれていたので(ここでも相談しているので私の名前で検索してみてください。)これ以上近づかないでいようと話はしていません。

隣家との問題では感情的になってしまったものの、理論的な面においての対処は出来たと思っています。

その他、理不尽なことで言いがかりをつけられてもきちんとその場で状況説明などしたつもりですが、気分は晴れません。

なんでも良いのでアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

辛かったですね。
私も嫌な事がかなり立て続けに続く人間です
ほんとへこみますよね
トラウマにもなるし、もう前進できなくなりそうになりますよね
皆さんが言っているように
悪い事のあとにはいい事が!!
的な事はあると思います
でも、真っ最中にいると
どうしてもそんな事思えませんよね><
人はそういうものをさけてゆうゆうと進んでたり
それに比べ変に自分ばかり巻き込まれたり
自己嫌悪にまでなりますよね・・・
私も同じです。気持ちはすごーく分かります
でも、沈んで立ち直れない人間の所には同じような悪い事が起こってしまうとおもいます。例えば、くらーい雰囲気丸出しの人って人が寄ってこなかったり、悪いものをすいよせてしまっているのが見ていてわかりませんか?いつまでも沈んでいたら、今の自分と同じような波長の悪い事しかおこらないんじゃないかなって私は思っています(だからっていきなり立ち直れとか無理ですけどね・・気持ちの問題で・・)
私も凄く嫌な状態にあったのですが、江原啓之さんの本を読んで、いきなり立ち直れたりはしませんが、考え方や、気持ちの面で変わった部分があります。回し者みたいな言い方で申し訳ないですが(本当に自分にいい影響があった本なので)もし良かったら、彼の本を立ち読みでいいので書店で読んでみてください。目次をひらいて、興味を引いた所だけでもよいので・・・。多分、スピリチュアル生活12ヶ月という本や、仕事についてかかれている本があったはずなので、お勧めしておきます。休みなんかとれないよ!!って思うかもしれませんが、1,2日、ゆっくりと音楽やアロマオイルでもつけて、本を読みながら、心を休められたらよいのですがね・・・。あとは、緑があるところでゆっくりするとか、綺麗な海をみにいくとか・・・無理しすぎると良くないですから。理論的に解決しても心は傷ついていると思います。他の本で良いですから、読んだりすると、少し違った視点から物がみれたり、癒されたりするかもしれません。自分が傷ついたときによく本を読むので、お勧めしてみました。上記に書いたのも、疲れた時に私がよくとる方法です。無理しないとやっていけないのはわかりますが、少し時間があるときにでも気持ち的に無理しすぎないで下さいね

辛かったですね。
私も嫌な事がかなり立て続けに続く人間です
ほんとへこみますよね
トラウマにもなるし、もう前進できなくなりそうになりますよね
皆さんが言っているように
悪い事のあとにはいい事が!!
的な事はあると思います
でも、真っ最中にいると
どうしてもそんな事思えませんよね><
人はそういうものをさけてゆうゆうと進んでたり
それに比べ変に自分ばかり巻き込まれたり
自己嫌悪にまでなりますよね・・・
私も同じです。気持ちはすごーく分かります
でも、沈んで立ち直れない人間の...続きを読む

Q日本が植民地支配のために追いた役所をなんと言うのですか?

日本が植民地支配のために追いた役所をなんと言うのですか?

Aベストアンサー

日本では植民地と言いません。
殖民地=欧米植民地支配。
拓殖=日本併合。
東洋拓殖株式会社。大日本帝国の特殊会社。
(南満州鉄道株式会社と日本の二大会社。)
朝鮮・満州・モンゴル・サハリン支配。
朝鮮総督府、漢城→京城
漢城は日韓併合後は京城 現在のソウル特別市。
台湾拓殖。大日本帝国の特殊会社。
台湾総督府。
南洋興発。東洋拓殖の子会社。
サイパン・南西諸島支配。
南洋拓殖。大日本帝国の特殊会社。
南洋諸島・パラオ諸島。

Q悪いことをするとばちがあたるの?

 そう言われますがそれが本当であると経験された方、そして逆の方いますか?

Aベストアンサー

人生経験が浅い身ですが、悪いやつほどその後の人生順調に見えます。
例えば、いじめっこといじめられっこがいたら、
いじめっこは、その後の人生も楽しく順調に生きている人が多いです。
神経図太いのでしょうね。

悪いことをすると、必ずかえってくる といいますが、
どうなのかな?と思います。

Qもっと聞きたい鬼畜欧米。植民地支配

こんにちは。
欧米の植民地支配について調べたり、教えていただいたのですが、もっと知りたいです。
田母神氏は、欧米が植民地を犬猫のように扱っていた記録があったが、文書焚書でほとんど焼かれてしまったと言い嘆きます。
欧米人の残虐性、恐ろしさをもっと聞きたいです^o^
欧米人が残虐なのか、害人全般残虐なのか、平和を愛するのは日本人だけなのかも知りたいです。
あとこういうことを描写した映画や漫画があれば見てみたいです。
アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ここまでの日本は必然の流れで
太平洋戦争の後で日清、日露戦争の総括があって
悪いことと見なされたりしたけど
当時の世界は日本の領土拡大は理由あっての正当性があり、批判はなかったのですよ

朝鮮半島を維持しないと日本の維持も難しいという
観点からの世界観ですからね

なお、日本は
その後の満州経営においてもそうだけど、日本は朝鮮半島を植民地扱いにはしませんでした。他国と著しく違う点は開拓をしたということです。満州も開拓したのですよ。特に韓国においては、国家予算の四分の一、つまり日清戦争で勝って清から支払われた賠償金を含めてそれ以上をまるまる朝鮮半島に投資したのだから、日清戦争つうのは考え方を変えたら、日本が大韓帝国の独立のために清からお金を引き出して大韓帝国にまるまるあげたようなもの。

それなのに、あの民族性でその事実は全く国民に知らせないから
日韓関係は埋まらないのだけどね

太平洋戦争中は
戦争中ということもあり、新しい領土に対しては開拓は出来ませんでしたけど
大東亜共栄圏構想と言うアジアの独立プランを掲げて各国に当たったから、植民地政策において二百年以上も不平等な立場であった現地民は
一部では解放軍として日本に協力的だったし、これらの動きが戦後の植民地からの脱却である独立を果たしていくことになります

それらは元をたどれば薩長の侍がみた上海で中国人が奴隷としてヨーロッパ人につかえてきたことからなんです

最後に日本は中国にも進出しますけど、これは中国が中華民国と中国共産党の間で内乱があり国として機能してなくて各地で暴動が起きる。これを鎮圧しないと中国国内に住む日本人の生命が危ぶまれるわけ

南京大虐殺(犠牲者数いい加減の事実不透明)の前に通商大虐殺(犠牲者数判明の事実)つう日本人が大量に殺戮された事件があるんだよ

中国国内が沈静化しないことには
ヨーロッパ列強が中国を食い物にしてしまう

そしてアメリカが中国進出を狙っていてアメリカは日本に対して中国からの撤退を要求するんだ

しかし、この要求は今まで日本が世界の合意のもと進めてきたことを全否定し、さらに石油を売らないときたんだ。ハルノートと言いますけど
当時、石油はアメリカ頼みだった。こんな大国の身勝手な要求なら
小国のルクセンブルクも牙を向くだろうと言われた
最後通牒でした

そして石油枯欠を逆算して石油のあるインドネシアまでの進撃を計算して1941年12月上旬に開戦しなければ、日本は破綻してしまうので米英に宣戦布告するんだよ

でも、これ
アメリカの陰謀なんだよ
アメリカは日本に戦争するしか選択肢がないような
ハルノートを出して開戦させ
アメリカは軍需産業を振興させて
国力増長を目指すわけ

日本は敗戦して
今ではアメリカの属国みたいな扱いだし太平洋戦争の悪者扱いされるけど

強いが正義の
世界に唯一挑んだ国なんですよ

戦前は国際連盟に民族の平等を訴えてますが、これが当時、黒人を奴隷にしてきたアメリカの反発を招いて、アメリカは日本を憎むようになるんだけどね

ここまでの日本は必然の流れで
太平洋戦争の後で日清、日露戦争の総括があって
悪いことと見なされたりしたけど
当時の世界は日本の領土拡大は理由あっての正当性があり、批判はなかったのですよ

朝鮮半島を維持しないと日本の維持も難しいという
観点からの世界観ですからね

なお、日本は
その後の満州経営においてもそうだけど、日本は朝鮮半島を植民地扱いにはしませんでした。他国と著しく違う点は開拓をしたということです。満州も開拓したのですよ。特に韓国においては、国家予算の四分の一、つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報