アメリカのテロ事件の影響が10月頃からここ最近までの東京外国為替市場の終値にどのような影響を与えたのでしょうか?また、10月頃から最近までの東京外国為替市場の終値はどのように変化してきたと思いますか?みなさんの意見を教えて下さい!お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確かにテロの影響で、一時的にドルが安くなりました。

でも、その後円が安くなりました。これはテロとは関係なく、日本の経済に元気がないからです。今もこの傾向が続いていますし、政府も円安を容認しています。
てなもんでいかがでしょう。日経新聞を1週間くらい読んでたら、そんな記事を目にすると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りですね。貴重なご意見ありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/19 02:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国為替市場って?

日銀が外国為替市場で自国通貨を買うと、
国民所得が減少ってどういうこと?
自国通貨を買えば、
マネーサプライが増加しそうな気がしそうですけど…

Aベストアンサー

日銀が円買いするわけだから、円高誘導の逆介入。
デフレ圧力そのものだから、景気を冷ますような政策。

通常は、物価騰貴などが起きている時に、行うような政策で
普段はやらない。

Q中央銀行による外国為替市場での外貨売り介入

センター試験の問題をしていて疑問に思った事で質問です


「中央銀行による外国為替市場での外貨売り介入によって、国内の通貨供給量が減少する」
と書いてありました。

外貨を売った場合は、円が増えて国内の通貨供給量は増えるのではないのですか?


どういう事なのでしょうか?

仕組みがよくわかりません。。。

Aベストアンサー

#1のDonotrelyですが、

>「政府が外貨準備をくずして外貨を売ると国内から通貨を吸収する」
とはどういう事ですか?

日本の場合で云えば、外国為替市場で日銀が外貨を売って円を買います。
平たく云うと、手持ちの外貨と、売り手の誰かが持っている円を交換します。
だから市中の円は減ります。

通常、市中の円というのは大部分が金融機関にあり、マネーサプライのM2+CDのいずれかに含まれる比率は非常に高いです。
だからこれらの資金で外貨を買えば通貨供給は減ります。
但し、ものすごくミクロに見れば、外貨の売り手が、たまたまたんす預金でやっているFXだったような場合にはマネーサプライは増えませんけどね。無視できると思います。

Q同時多発テロの影響と今後のシナリオ

悲しみと怒りを封じ込め、ことさら冷静に客観的に今後のシナリオを描き、我々が個人として、経済人として、企業として何をすべきか、考えようとしたとき、どんな仮説が考えられるでしょうか。知恵を貸してください。

・戦争になるのか。どういう場合になるのか。
・なるとしたら多国籍軍か。それともアメリカのみか。
・経済・社会・文化・国際関係に与える長期的な影響は何か。

など、何でも結構です。専門家の方、一般の方、経験者の方、ご意見や知識・情報、ヒントなどをください。

ついでに聞くと、アメリカで今回の事件が「真珠湾以来の暴挙」と位置付けられていることについて、我々はどう反応すべきでしょうか。特に反応すべきではないのでしょうか。ご意見ください。

Aベストアンサー

 私いち個人の予想を申します。

>戦争になるのか。どういう場合になるのか。

 なります。武力報復をしないと共和党政権が崩壊してしまうからです。 ただしそれは対等たる「戦争」ではなく報復という名の「虐殺」となるでしょう。 パナマやグレナダの時のように。
 アメリカと戦争できる国など存在しませんし、第一米世論はこれ以上自国民の命を損なうことを許さないでしょう。一方的復讐のみが要求されます。

・なるとしたら多国籍軍か。それともアメリカのみか。

 アメリカのみでしょう。一方的虐殺をコンパクトにやろうと思ったら奇襲しかありませんから。
 ターゲットがいち富豪程度であれば、特殊部隊の奇襲が当然予想されます。機密保持上、味方は邪魔。

・経済・社会・文化・国際関係に与える長期的な影響は何か。

 経済面では、世界の景気が一時的に退歩するでしょう。 理由は単純に資本が喪失したからです。 しかしまもなく復活するでしょう。 理由は特需(戦争及び復興)が発生するから。 ただ、後者は少々先のことになるかも知れません。

 社会面では、人種差別が強化され移民の排斥が行われるでしょう。 アラブ系に対する謂われない迫害が採用差別などの形で進行します。 でもそれは一時的なものとなるでしょう。 テロで時代の流れ方向そのものは変えられないでしょうから。
 国際面では、イスラム対キリストの対立がさらに緊張を増すことと思われます。 宗教戦争というのは実にたちが悪く、敵の全滅まで戦争が続くのが特徴です。 彼らにとって命は軽いものですから、核の使用も厭わないでしょう。 この点、帝国主義下の戦争がかわいいものに思えますね。
 世にシオニズムと原油が存在しなければ、人類ははるかに平和だったのに・・・・

>「真珠湾以来の暴挙」

 興奮した米国民のうわごとに過ぎず、呆れ蔑み無視すべき考えでしょう。まあさすがに一月もすれば冷めて忘れるでしょう。
 世論を戦争に統一させるために、米指導部は日本を徹底的な悪役に仕立て上げましたから、米国民にとって「真珠湾」=悪「カミカゼ」=凶「原爆」=善、といった単純な図式があるのだと思います。

 今回のテロは戦争ではないのですから宣戦布告などあるはずもありません。 アメリカ自身もパナマやグレナダで宣戦布告などしていないでしょう。 ベトナムですらしていないのでは? キューバ侵攻に至っては関与すら否定していたくらいです。

 アタマに血が上ってる一部の人は「これは戦争だ」と叫んでいますが、本当に戦争だとすればジュネーブ条約に従う義務があったりいろいろな制限がかかりますから、政府は必ずテロとして扱うでしょう。 すればゲリラと同じで虐殺できますから。 というか本当にテロなのですが。

 結論を言えば、放って置くしかないでしょう。 最強の座しか知らないワガママ米国民は今復讐モードに入りつつあります。 口を出すととばっちりをうけかねません。 復讐という名の虐殺の宴が終わるまではどうしようもないのでは。

 私いち個人の予想を申します。

>戦争になるのか。どういう場合になるのか。

 なります。武力報復をしないと共和党政権が崩壊してしまうからです。 ただしそれは対等たる「戦争」ではなく報復という名の「虐殺」となるでしょう。 パナマやグレナダの時のように。
 アメリカと戦争できる国など存在しませんし、第一米世論はこれ以上自国民の命を損なうことを許さないでしょう。一方的復讐のみが要求されます。

・なるとしたら多国籍軍か。それともアメリカのみか。

 アメリカのみでしょう。一...続きを読む

Q金融為替市場における相場制御の可否について

金融為替市場における相場制御っていったい何なんでしょう?金融のことについて全く無知な私にとってはさっぱり分かりません(><)理解するのに容易な文章で教えてくださいっ!

Aベストアンサー

為替相場の制御といのは、多分介入を指しているとおもうんですが、これはある通貨(ドル-円等)の相場が短期間に非常に大きく変動した場合、その関係国の経済(
株価、金利、輸出入関係企業の業績等)に与える影響が多大となるため、その関係国の中央銀行が通貨を買ったり売ったりすることで、変動幅を少なく押さえ込むことと考えてよろしいかと思います。

Qテロの経済への影響などについて・・・。

こんにちは!よろしくお願いします!m(__)m
卒論で『テロの経済への影響』についてやることになったのですが、
どうしたら良いか分からなくなったので、教えてほしいです。
まず、章別編成を考えたのですが
1章が、テロの世界経済への影響
2章が、世界の金融システムについて
       〃     の弱さ
3章が、見解
といった感じにしようと思うのですがどうでしょうか?
特に、1章がどう書いたら良いか悩んでます。
なにか、アドバイスなど頂けたら嬉しいです。
あと、これを書くにあたって参考になる本がありましたら教えてほしいです。
回答よろしくお願いします! 

Aベストアンサー

sho15さん今日は。卒論の季節ですねえ、日本でも卒論の資料をwebで探せるよな便利な国になりましたね。
余計なことはさておき、ご参考までにお答えします。

テロの直接的経済損失よりも、経済社会への不安が大きく広がったことが、経済的影響が予想以上に大きなつた原因ではないでしょうか、経済社会の制度は、確かに世界金融市場を中心に動いてはいますが、社会の不安は個々の経済活動を著しく阻害するのではないでしょうか。
先日、新聞の書評欄で、「信頼と信用の経済学」(信頼と信用の順序が逆かも知れません)と言う本が紹介されていました私は読んでいませんので無責任ですが、このあたりの参考に成るのではないかと思います。読んではいませんが、最近の進化経済学の範疇に入るのではと想像していますが、間違っていたらごめんなさい。

余談ですが、テロの報復がイスラム対キリスト教文化、先進国対後進国の構造になり、経済不況が続けばナショナリズムが盛んになり、第二次世界大戦前のような状況になるかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報