【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

川や淡水湖に生息するイカまたはタコの仲間はいるのですか?
また閉鎖系水域に多い塩水湖にイカまたはタコの仲間はいるのでしょうか?

もしいるのでしたら教えて下さい。

A 回答 (1件)

とりあえず、イカやタコは淡水には生息していないようです。


塩水湖は分かりませんでした。

参考URL:http://research.kahaku.go.jp/depertment/zoology/ …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ淡水にはタコやイカがいないのでしょうか

魚類と貝類は海水種と淡水種があるのに、なぜイカやタコは海水にしかいないのでしょうか。巨大な湖やアマゾン河などは海同様に複雑な環境になっていると思うのですが。

Aベストアンサー

頭足類研究で有名な「イカ博士」(お名前場は忘却しました。)が,頭足類は浸透圧調節能力が発達していないためと仰っていました。例えばダイオウイカ等の大型の頭足類は浸透圧調節能力が低いためにアンモニア類を体内に蓄えることで調節しています。だからまずくて食べられない,サメと同じだそうです。

#1さんご指摘のように,頭足類(イカ・タコ)は一時期海を支配していました。そのジェット噴射による遊泳能力,体全体の運動能力,知能の高さ等から生態系の頂点に君臨していたわけです。ですから汽水域から淡水域に逃げ込む必要がなかったために高度な浸透圧調節能力を発達させることはなかったようです。

汽水域は,タイドプールや天然塩田のように,高塩分濃度から果ては淡水までと広い塩分濃度に対応するための浸透圧調節能力を必要とします。汽水域や淡水域から陸上に上陸した動物は,その関門を通過してきたため浸透圧調節能力が高く,現在の生態系に君臨しているのだと思います。

Q魚のフンを食べてくれる生き物っていますか?

現在鯉の稚魚を飼っています。水も週一回くらい三分の一ずつ交換していてきれいな状態を保っています。フンもスポイトで吸い取っています。
今後、もう少しいろいろな魚を一緒に飼いたいと思っています。そこで、考え付いたのですが、魚のフン等を食べてくれる生き物っているのでしょうか?また、鯉と一緒に飼えるお勧めの魚等があれば教えてください。
ご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアもフンを分解してくれます。これ以外で、”フンを食べる”という行為をしてくれるものは僕は知らないです。土の上ではフンコロガシなどがいますが、やはり、ほとんどは土中のバクテリアが分解していると理解しています。
 
 淡水魚は飼ったことがないのと、小型魚オンリーでやっているので詳しく知らないのですが、鯉はフンが多いと思います。稚魚でも多いのですか?そうなると、バクテリアの分解能力を超えることがあるので(フィルターを強いものにするようですが、そうしても多いのだと思います。)、吸い出す必要があると思います。スポイトでやっているということですが、スポイトより便利なものがあるのはご存知ですか?換水時に排出する水と一緒にそれらを排出するというものです。僕の知っている品名では、水作プロホースというものがあるので検索なりして調べて確認してみてください。

 換水の量のことに触れている人がいましたが、熱帯魚のマニュアルでは大きい水槽(横幅が60cm以上)の水槽だと週1/4以下と載っていると思います。小さい水槽だと、また、変わってきて、足し水で対応し、一~数ヶ月単位で少なめに換水してみるとか、大きい水槽でも1/5~1/6とかと色々あります。鯉の水槽でもろ過サイクルが出来上がってきたら、1/4以下で対応できると思います。フンに気をつければ、換水量は減らせるのではないかと推測します。鯉に詳しくないので推測になります。すいません。

 鯉と同居する魚も詳しくないので、今まで触れてきた中で言ってみると、鯉は池とか沼だと思うので、フナとかはいいと思います。あとは、タナゴの大きくなる種類は一緒に飼ってもきれいで見ごたえがあるのではないかと思います。外産のタナゴが日本の湖で繁殖し、小さい日本種をおびやかしているそうです。(こんな話はごろごろありますが。例えば、熱帯魚飼育者が、かなりの頻度で飼えなくなった魚を湖に放ってしまって、1年間の調査の投網で湖固有の種がかかることが無かったとかあります。)ま、そんな外産のタナゴなら鯉が大きくなっても一緒に飼えるのではないかと思います。先のカッコで気づいたかもしれませんが、やろうと思えば熱帯魚の大型種とも一緒に飼えますね。そこはyu_i_1980さんの飼育技術と美意識で成り立つものでしょうか。ただ、大型種を稚魚で一緒にスタートすると成長スピードの違いで食われてしまったり、気の荒い種だと同居できないので、そいうのは、気に入った種ごとに調べる必要はあると思います。素敵な飼育ライフになるといいですね

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアも...続きを読む

Qポリプテルスが数時間もがいた末、死にました。

半年ほど飼っていた、ポリプテルスが、前日まではバクバク餌を食べていたのに、夜見たら、底の方で時々ふらついたり、しきりに水面までというか、水から頭を出すくらい浮上するのを繰り返していて、しばらく様子を見ていたのですが、念のためと思って、少し水換えをしたら、その直後に程んど動かなくなって、翌朝には死んで浮いていました。

このフラフラして、時々浮上するのが何かの症状だと思うのですが、どんなことが考えられるでしょうか?

半年ほど前に、家に来た直後に大磯を誤飲してお腹が膨らんでいたので、この半年は運が良かったものの、急に糞詰まりかなにか起きたのかなと思っているのですが。
また、1/4ほどの水換えで、余計調子を崩す事ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

亜硝酸→硝酸塩と分解されるので硝酸塩が溜まる事でPHが下がります。
うちは、珊瑚砂半分にPHに影響ないセラミック濾過材です。
肉食魚ならアルカリ性に傾けるセラミック濾過材でもいいと思いますよ。

PHが下がりだして上げる為に珊瑚砂を交換しても残り半分のセラミック濾過材がフォローしてくれますから。
全部珊瑚砂にするならPH上げるために半量づつや3分の1くらいで交換するならバクテリアへのダメージも少なくて済みます。
セラミック濾過材、2~3年くらいで交換と言われてますが、うちは、新規立ち上げに古い使用してるセラミック濾過材と水も移植するので必然的に古い水槽も新しい濾過材と交換してる事になりますね。
目詰まりしたかな?と思ったら半分から3分の1くらいを1~2週間くらい開けて、鍋で煮てから再利用してます(古典的な方法ですが)。

薬ですがフレッシュリーフで適応外の細菌感染には、エルバージュかグリーンFゴールドですね。
グリーンFゴールド、エロモナス感染に有効、エルバージュは、エロモナス、カリムナスの両方に効果があります。

トリートメントされてない下取り魚を購入する場合、隔離水槽でエルバージュを半量程度使用し薬浴してから本水槽に導入した方が安心です。
ポリプ自体がうちでは、グリーンFやフレッシュリーフ、マラカイトなどが適応と思われる尾腐れなどが出た事がないので。
出るとしたら赤班病に似た症状だったので、グリーンFゴールドかエルバージュをですね。
金魚やポリプ以外の熱帯魚からエロモナス感染症意外ならフレッシュリーフが一番使い勝手がいいです。
個人的には、エロモナス、カリムナス両方に聞くエルバージュもあってもいいと思います。
うちで病気したのは、20数匹以上いて薬浴を繰り返し最終的に人間の抗生物質で治療したこの一匹だけでした。
鑑賞魚の中では、私のような比較的アバウトな飼育でもポリプは、そういう簡単に病気しませんから。
購入も価格よりいかに「状態の良さ」を買うかって感覚ですね。
管理状態の悪い店や魚は、安くても絶対に買いません。
店の水槽一回り見たらちゃんと管理してるかどうか分かりますから。
うーん、入荷直後で微妙なら「トリートメントして置いといて、一週間したら迎えにくるから」です。
これを拒否する店なら買いません。

連れて帰ってすぐ死なれたら可哀想だし、ショックだし、丸損ですから。

亜硝酸→硝酸塩と分解されるので硝酸塩が溜まる事でPHが下がります。
うちは、珊瑚砂半分にPHに影響ないセラミック濾過材です。
肉食魚ならアルカリ性に傾けるセラミック濾過材でもいいと思いますよ。

PHが下がりだして上げる為に珊瑚砂を交換しても残り半分のセラミック濾過材がフォローしてくれますから。
全部珊瑚砂にするならPH上げるために半量づつや3分の1くらいで交換するならバクテリアへのダメージも少なくて済みます。
セラミック濾過材、2~3年くらいで交換と言われてますが、うち...続きを読む


人気Q&Aランキング