なぜオーケストラの編成は弦楽器が前で管楽器が後ろなのですか?
たんなる見栄えの問題でしょうか?教えてください。

A 回答 (1件)

管楽器よりも弦楽器のほうが音量が少ないためだったと思います。


弦楽器の前に管楽器を置くと弦楽器の音が管楽器の音にかき消されてしまうということです。

この回答への補足

ありがとうございました。
大変参考になりました。m(__)m

補足日時:2002/01/16 13:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代オーケストラと古楽器オーケストラの違い

ブリュッヘン指揮の18世紀オーケストラベートーヴェン第九を聴いていたのですが現代オーケストラと古楽器オーケストラの違いはなんですか?
古楽器オーケストラのほうがピッチが低いような感じがしました。

Aベストアンサー

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケストラでなくても、たまに、昔の曲を低目のピッチで演奏してます。
それだけピッチが違うと別の調ですよね


楽器の構造、編成と人数

まず、楽器が、当時と今では格段に違います。

まず、木管楽器と弦楽器はNo2の方におまかせです。
クラリネットも、名前は忘れましたが、今は、普通の、木ではない、と思います。

次に金管楽器
トロンボーンのようにスライドを使うものは別として、
ホルンやトランペットは、バルブ(ピストン)の無いものを使っていました。ですから、使われている音に限りがありますし、曲の調が変わると、調の違う楽器に持ち替えていました。

今、昔の曲を演奏する場合には普通に用いられているテューバですが、作られたのは、かなり最近です。
当時は、名前は忘れましたが、違う楽器を使っていました。金管楽器なのに、木管楽器のように、穴を押さえてさまざまな音程の音を出す仕組みでした。
そのため、大きな音もあまり出なかったようです。
楽器としての完成度が低いので、あまり使われていないか、使われてもこった使い方はされていません。
今、その楽器のかわりにテューバが使われるのが普通です。
当時、もし、テューバがあったら、大作曲家たちは、どういう使い方をしたでしょうか?


打楽器
詳しいことは知りません。
ただ、今と比べて、使われている楽器の種類が格段に少ないと思いますが。


編成
楽器自体の違いもさる事ながら、人数と楽器数も、昔は格段に少なかったはずです。
当然、全体の音量も小さいです。
作曲家によって、個人差もありますが。


映画「アマデウス」なんか、参考になるのでは。
私自身、細かな知識が無いため、検証できませんが。


音楽の解釈は、人それぞれで、法律と違って、どれが正しい解釈か、を追及する、っていうのはない、と思います。
ですから、人によって、さまざまな解釈があって、良いと思います。

その中で、作曲家が生きていた当時の楽器や編成で演奏する、っていうのは、作曲家の意図を知る上で、大変興味深い試みと思います。
ただ、当時の楽器やその他の環境の制限の中で、作曲家たちは作曲したわけで、そのころの作曲家たちの意図を忠実に再現している、とは必ずしも言えない、と思います。
もし、モーツアルトに、シンセサイザーを使わせたら、どんな音楽をつくるでしょうか?わくわくします。

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケスト...続きを読む

Q夏になると管楽器の音が高くなるのはなぜですか?

中2吹奏楽部です。
タイトル通り、夏になると管楽器の音が高くなるのはなぜですか?
私は、もともとこう考えていたんです。
橋のつなぎ目のところって、夏になったら伸びるから、
少し隙間を開けて、ピッタリになるように考えてあるじゃないですか。
っていうことは、管楽器も同じように、夏になると伸びるから。
そうなると、楽器自体が大きくなる。
楽器本体の体積が大きくなると思っているんです。
体積が大きくなると、音が低くなる。
そう思っていて、夏吹いたら音が高い!ってなったんです。
なぜ、音が高くなるんですか?
夏になると、楽器が縮むのですか?
ずっと不思議に思っていました。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

>っていうことは、管楽器も同じように、夏になると伸びるから。
>そうなると、楽器自体が大きくなる。
>楽器本体の体積が大きくなると思っているんです。
>体積が大きくなると、音が低くなる。
>そう思っていて、夏吹いたら音が高い!ってなったんです。

よく考えましたね。着眼点の論理は間違っていないですよ(^^)
ただ「どうして夏になると伸びるのか?」の詰めが甘かったかもぉ~
夏になると伸びるのは「気温が高くなるから」ですよね。
質問者さんの観点は気温が高い時の「物質の熱膨張」ですね。
ところが気温が高いと音の振動の基本になる「音速」も変わります。詳しいことは省くけど、温度が上がると音速が早くなりピッチが上がります。温度が下がると音速が下がりピッチが下がります。
この記音による熱膨張と同じく音速の変化の両者を比較してどちらの影響が大きいのか考慮されなくてはならなかったのです(^_^;

音速の物理法則
>気体中の音速は主に温度の関数として表され、1気圧の乾燥空気では 331.5 + 0.61t(m/s) (t は摂氏温度)となる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%80%9F

周波数の物理法則
>周波数=音速÷波長(Hz)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

こんにちは

>っていうことは、管楽器も同じように、夏になると伸びるから。
>そうなると、楽器自体が大きくなる。
>楽器本体の体積が大きくなると思っているんです。
>体積が大きくなると、音が低くなる。
>そう思っていて、夏吹いたら音が高い!ってなったんです。

よく考えましたね。着眼点の論理は間違っていないですよ(^^)
ただ「どうして夏になると伸びるのか?」の詰めが甘かったかもぉ~
夏になると伸びるのは「気温が高くなるから」ですよね。
質問者さんの観点は気温が高い時の「物質の熱膨張」ですね...続きを読む

Qオーケストラ楽器のサイズについて

自分のHPで、背景画像として、室内にオーケストラ楽器を複数配置したイラストを書いています(イラストレーターにて)。

楽器の画像を個別にWebから拾って、それを参考に1つずつ描いているのですが、全ての楽器を実際に見たり持ったりしたことはないため、それぞれの楽器の大きさの比較を正確にできず、困っています。

楽器がずらりと並べられたような画像を探しても、なかなか見つかりません(遠距離からのオーケストラ風景などはあるのですが、楽器が小さすぎてよく見えません)。

金管楽器、木管楽器、擦弦楽器、などなどを書いています。

これらの標準的なサイズに関しての情報をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

映像で宜しければ、日曜日の夜九時からのN響アワーをご覧になったら如何でしょうか。オーケストラがメインの番組ですし、各楽器奏者のアップもありますよ。ただ動画ですからね。
日曜日の朝九時にもテレビ朝日で題名の無い音楽会が放送されていますがこちらは指揮者のアップが多いかな。

Q管楽器リペアの専門学校

私は今高校一年生です。
学校でも進路のことについてがもう始まっていて私は高校卒業したら管楽器リペア科のある専門学校に行こうとしています。
親も納得してくれていて今は学校選びから始めています。

学校で専門学校の本やパンフを見たりしているのですが、どのような学校がいいのかいまいちよくわかりません…。
中部楽器技術専門学校は有名ですが、遠いので行けないですし…。
リペア科があっても信用できる学校なのかとかもわからないので親もそこが心配なようです。

有名な学校が良い学校とは限らないかもしれませんが、都内でおすすめの学校はありませんか??

Aベストアンサー

とあるリペア科に今通っています。
専門学校という形にとらわれず都内ならば割と数あると思います。
認可の専門学校は全国で2カ所だけのはずです

どこの学校が良いとはあえていいませんが、多くの学校が体験入学をやっていると思うので手当たり次第行ってみるといいのではないしょうか。
まだ高1ならばすべてを見て回れるほどの余裕があると思うのでぜひ自分の目で確かめてください。
また身近なリペアマンに尋ねてみるのもいいと思います。たくさんの方にたくさんの話を聞くと良いでしょう

Q協奏曲で独奏楽器とオーケストラのかけ合いやそれぞれの役割がどのような良さや効果を生み出しているかにつ

協奏曲で独奏楽器とオーケストラのかけ合いやそれぞれの役割がどのような良さや効果を生み出しているかについて教えて下さい。

かけ合いではオーケストラの綺麗な音の重なりと独奏楽器の…が交互に聞くことができて良いと思った。 と書きたいのですが…にはいる言葉が見つかりませんので教えて下さい。

また それぞれの役割についてはよくわかりらないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の独立してくっきりとした音色を交互に聞くことができ」
「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の縦横無尽の活発な動きを交互に聞くことができ」
という感じですか?

オーケストラの「混じりあって複雑な」「重厚な」「どっしりとした」「ハーモニーにあふれた」ものと、ソロ楽器の「くっきり、はっきり」「楽器独特の音色」「美しい旋律」「軽妙な動き」の対比ということが言いたいのでしょうか。

「それぞれの役割」って、決まったものはないと思います。
上に書いたような「対比」も、「際立った対比」もあれば「対話、会話、おしゃべり」のようなものもあるし、「動と静」のような正反対のものであったり、「山と木」のように調和して共存するようなものもあるでしょう。

ダンスやバレエでも、ソロとバックが違った動きをしたり、一緒に動いたり、バックがソロをサポートしたり突き放したり、ソロだけだったりバックの集団だけだったり、いろいろな組合せで見せ場を作りますよね。
そういう「バリエーション」や「多彩さ」が、オーケストラだけ、ソロ楽器だけの場合とは違う、協奏曲の魅力なのではないでしょうか。

「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の独立してくっきりとした音色を交互に聞くことができ」
「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の縦横無尽の活発な動きを交互に聞くことができ」
という感じですか?

オーケストラの「混じりあって複雑な」「重厚な」「どっしりとした」「ハーモニーにあふれた」ものと、ソロ楽器の「くっきり、はっきり」「楽器独特の音色」「美しい旋律」「軽妙な動き」の対比ということが言いたいのでしょうか。

「それぞれの役割」って、...続きを読む

Q管楽器経験者のひとに質問です

音程?ピッチ?を合わせる方法をなかなかつかめません。
いつもチューナーで合わせるときにはりが真ん中ではなく、やや左
(低い方)で止まってしまいます。どの音でもそうなんですが…。
そこで、音程をもう少し高くするにはどうしたらいいのですか?
詳しい方、指導のほうよろしくお願いします。

Aベストアンサー

サックス吹いています。
「合わせる方法が掴めない」と「ピッチがいつも低い」というのは、別個の問題です。

前者は音程を聞き分ける耳を作る必要がありますが、後者は一年通して全部の音が低いというのでしたら、原因は基本的にはあなたではなく、楽器にあります。

・楽器を調整に出す
・マウスピースを変える
・リード楽器なら、リードを変えてみる

後者の改善方法には、以上の方法が考えられます。
(前者の改善方法はちょっとここに書ききれる量ではないので、省略)

Qオーケストラの楽器、音の高い順を教えて欲しいです。

バイオリンなどの弦楽器は、音の高い順がわかります。
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスですよね。
しかし、オーボエなど他の楽器は音の高い順が分かりません。
弦楽器以外には、金管楽器、木管楽器がオーケストラで使われると思います。
フルート ファゴット(バスーン) サクソフォン オーボエ クラリネット
トランペット  ホルン テューバ  トロンボーン
これら楽器の音の高い順から低い順までを教えてください。

他にも使われているよというのがあれば指摘ください。
打楽器は要りません。

Aベストアンサー

こんばんは。

音の高い順というのは、最高音が高い順という意味でよいでしょうか。というのは、楽器の中には、音域の広い楽器と狭い楽器があり、例えば、クラリネットはオーボエより高い音が出ますが、低い音も、オーボエより低い音が出ます。ですから、音域全体の比較ですと、高い、低いの順番がならべにくくなります。そういうわけなので、最高音が高い順に並べてみます。楽器名の前に、●▲の記号を付けておきます。●は、現代のオーケストラで常用される楽器、▲はたまに使われる楽器です。

●ピッコロ
●フルート
●E♭管のクラリネット(ピッコロ・クラリネット)
●クラリネット
▲F管のトランペット(ピッコロ・トランペット)
●オーボエ
▲オーボエ・ダモーレ
●イングリッシュホルン
▲アルト・フルート
●トランペット
▲アルト・サクソフォン
●ホルン
●バス・クラリネット
●ファゴット
●トロンボーン
●テューバ
●コントラファゴット

ほかに、まれに使われる楽器、特定の時代や、特定の国でのみ使われる楽器には、次のようなものがあります。

コルネット
バス・フルート
バス・オーボエ
ヘッケルフォーン
ワーグナー・テューバ

なお、サクソフォンには、アルト・サクソフォンのほかに、ソプラノ、テノール、バリトン、バスなどがありますが、クラシックのオーケストラではまず使われることはありません。また、トロンボーンは、昔はアルト・トロンボーン、テノール・トロンボーン、バス・トロンボーンなどの種類がありましたが、現在ではテノールとバスの両方の音域をカバーできる楽器を使用するのが普通なので、表にはトロンボーンとだけ記しておきました。

音域表がいくつかネット上にあるので、URLを張っておきます。

http://img01.ti-da.net/usr/yubibueoukoku/img069.jpg

http://peanuts2.sakura.ne.jp/omotya/jpeg1/kion.jpg

http://elmwood.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/07/19/oniki.png

以上、御参考まで。

こんばんは。

音の高い順というのは、最高音が高い順という意味でよいでしょうか。というのは、楽器の中には、音域の広い楽器と狭い楽器があり、例えば、クラリネットはオーボエより高い音が出ますが、低い音も、オーボエより低い音が出ます。ですから、音域全体の比較ですと、高い、低いの順番がならべにくくなります。そういうわけなので、最高音が高い順に並べてみます。楽器名の前に、●▲の記号を付けておきます。●は、現代のオーケストラで常用される楽器、▲はたまに使われる楽器です。

●ピッコロ
●フルート...続きを読む

Qお勧めの管楽器を知りたいです!!

管楽器について質問です。

全くの初心者でチャレンジする管楽器のなかで、どれも難しいとは思うのですが

トロンボーン
ホルン
トランペット

この3つの中で、比較的楽にできる順をつけるとしたら、どれが一番やりやすいでしょうか?

管楽器について全くの無知ですので、経験者の方からのご意見をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ホルン7年目のものです。

私でしたら
1.トランペット
2.トロンボーン
3.ホルン

ですかね…

トランペットやトロンボーンは音楽教室などで
レッスンを行っている場合が多いですが

ホルンはなかなかレッスンを行っている教室が少ないです。

また値段的にもトランペットやトロンボーンは
割とピンキリですが
ホルンは20万以上すると考えていいと思います。

趣味で演奏されるなら
持ち運びも便利なトランペットをオススメします。

ホルンもとても魅力的な楽器ですが
ギネスブックに世界一難しい金管楽器と認定されているほど
手軽さには欠けているのかもしれません…

Qオーケストラの楽器の聞き分けに役立つ教育のリソース?

10歳の子供が、近く音感の試験を受けます。内容はいくつかあるのですが、中にオーケストラで使われている楽器の聞き分けというテストがあります。おそらくは、短い小節がある楽器で演奏され、その使われた楽器を言い当てるというものと思われます。このトレーニングのために、有効な教育ソース(ウェブサイトでもなんでも)をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

探せばまとまった教材はあるかもしれませんが、こういう場合私が最初に思いつくのは、イギリスの作曲家、ベンジャミン・ブリテンの「青少年の管弦楽入門」という曲です。ナレーション付きで、楽器を紹介しながら進んでいきます。日本語のナレーションが入ったCDもあるはずですが、視覚が伴った方がいいでしょうから、Youtubeで御覧になることをお勧めします。まず、ブリテンの曲だけをそのまま使った動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=MXVqisH05G0&spfreload=10

もう一つ、この曲をベースにしながら、ほかの曲も使って、一つ一つの楽器を詳しく紹介しているものがあります。だいぶ昔のもので、懐かしいヴィデオですが、作曲家の山本直純がNHK交響楽団とともに収録したものです。

パート1
https://www.youtube.com/watch?v=sH6lINJGnmk&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT
パート2
https://www.youtube.com/watch?v=9uMGxlqlEvw&index=2&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT
パート3
https://www.youtube.com/watch?v=Pb8i1htIpg0&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT&index=3
パート4
https://www.youtube.com/watch?v=aYWOMyJnrRY&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT&index=4

それぞれの楽器の音を手っ取り早く覚えるには、ほかの楽器と一緒でない完全なソロか、はっきり目立って聞き取れるものがよいです。少し面倒でも、Youtubeで「Flute solo」、「Oboe solo」などのように、「楽器名+solo」で検索すると、いろいろなものが出てきます。一つの楽器につき、複数の例を聞けるのもよいところです。楽器によっては、完全な無伴奏のものを見つけにくいものがありますが、何かしら見つかります。以下、例として少しだけ挙げておきますので、あとはお探しください(有名な曲とそうでない曲が混ざっています)。

フルート
https://www.youtube.com/watch?v=YEyKM13yf_4
オーボエ
https://www.youtube.com/watch?v=Vh96omI0bYE
クラリネット
https://www.youtube.com/watch?v=LQAQdM_P0ik
ファゴット
https://www.youtube.com/watch?v=3vCHr3XGASM
ホルン
https://www.youtube.com/watch?v=oq78r3VSdrQ
トランペット
https://www.youtube.com/watch?v=6PRIiYnzLB0
ヴァイオリン
https://www.youtube.com/watch?v=gpnIrE7_1YA
ヴィオラ
https://www.youtube.com/watch?v=hBW3VshYcuc
チェロ
https://www.youtube.com/watch?v=onQYPAVSplk
コントラバス
https://www.youtube.com/watch?v=PGZOCrWVcTs

何種類ぐらいの楽器がテストの対象になっているのかわからないので、これだけにします。見つけられないものがあったらおっしゃっていただければすぐ見つけます。

ブリテンの曲以外に、楽器を覚えるのにある程度役に立つものには、プロコフィエフの「ピーターとおおかみ」や、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」などがあります。

探せばまとまった教材はあるかもしれませんが、こういう場合私が最初に思いつくのは、イギリスの作曲家、ベンジャミン・ブリテンの「青少年の管弦楽入門」という曲です。ナレーション付きで、楽器を紹介しながら進んでいきます。日本語のナレーションが入ったCDもあるはずですが、視覚が伴った方がいいでしょうから、Youtubeで御覧になることをお勧めします。まず、ブリテンの曲だけをそのまま使った動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=MXVqisH05G0&spfreload=10

もう一つ、この曲をベースにしながら、...続きを読む

Q弦楽器の習得時期とピアノの上達について

小学1年生(現在7歳)の事で ご相談します。
2歳から個人教室にてピアノを習っていて、4歳の後半辺りから 週2(1回が50~60分)で指導して頂いています。
5歳の発表会はピアノランド4の≪きょうりゅう組曲≫を弾き、昨年(小1)の初夏の発表会では、きらきら星変奏曲の(Var.2・3・6・9)以外のところを、冬のミニコンサートではエリーゼのためにを弾きました。
現在習っているのはバッハプレインベンションとツェルニー30、次回の発表会の為に平吉毅州さんの≪虹のリズム≫(本人の希望)の数曲と、好きな曲のメロディを弾いた時に即興で伴奏出来る様になりたい!との希望で、才能を育てる子どものソルフェージュという視唱の本で伴奏付けの練習をしています。
本人はとても音楽が好きな様子で、鼻歌も習っている途中のピアノ曲、クラシックのコンサートにも入場が許された小1の今年度から、可能な限り行きたがり、行くと頭でリズムを取りながら聴いています。
スポーツや英会話などもやり、小学校も加え充実した毎日の様です。

ご相談したいのは弦楽器についてなのですが、私自身がチェロを習っている為、息子がとても興味を示し やってみたい…ということで、先生に相談しましたら、分数チェロを2ヶ月限定で用意して下さり、今体験中です。
3月で体験が終わり、さて、どうするか…という事なのですが、本人に問うと「今、考えてる所で、ちょっと待ってね。」と言います。
私としては、本人が望むなら習わせてやりたい気もしますが、正直言うと、この1ヵ月半チェロの練習に時間を割いた為、ピアノの練習時間に支障が出ています。
チェロに関しては、子供と言う事もあり確かに吸収率もよく、指導2回でピチカートや移弦も習い、楽しいと言い練習もせっせとしています。
このまま継続させてやるのが良いか、もう少し…ピアノを充実させてから3年生位になって又考えた方が良いのか…思案中です。
この1年位で ぐーんと伸びた感じなので、今はピアノに集中した方が良いのかな…とも思うのです。
でも、私自身が学生時代までオケ部に入っていたので 皆で合わせる楽しさを知る意味でも、ピアノ以外の楽器もやって欲しいとも思います。
1度でも、触れた経験のある楽器は、中高になってからでも取っ付き易いかな…とも思います。。
ちなみに、先生によると、チェロは必ずピアノにも良い影響を与えられます…ということでした。
指(特に左手の)を強化出来る という事らしいです。

最後に、ピアノについて ですが、コンクール等には出したくないのです。
もし本当に進みたい道がピアノだと本人が思えば、コンクール等関係なく本人が続けて行くだろうし、コンクールで、大好きだという音楽を萎縮させたくないのです。
コンクールの為の練習の過程で、親が極度に怒ってしまいそうで、それが怖いのと、落ちた時の落胆を考えると、とても嫌です。
コンクールについても、参加しないと肩身が狭い(表現が悪いですが。)様なものなのでしょうか?
例えば、もし、音楽系の学校に入りたいと言った時に、コンクールに出た事が無いと不利になるのでしょうか?
指導して頂いている先生は、勧めて出たい子は出すし、嫌っていう子は出なくて良いですよ…という方で、指導については全面的に信頼しています。

小学1年生(現在7歳)の事で ご相談します。
2歳から個人教室にてピアノを習っていて、4歳の後半辺りから 週2(1回が50~60分)で指導して頂いています。
5歳の発表会はピアノランド4の≪きょうりゅう組曲≫を弾き、昨年(小1)の初夏の発表会では、きらきら星変奏曲の(Var.2・3・6・9)以外のところを、冬のミニコンサートではエリーゼのためにを弾きました。
現在習っているのはバッハプレインベンションとツェルニー30、次回の発表会の為に平吉毅州さんの≪虹のリズム≫(本人の希望)の数曲と、好きな曲のメロディを弾...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題なので明解な解答は出せませんが、私自身がピアノとチェロを素人ながらも今でも弾いているので少しでも参考になればと思います。

問題となるのは将来お子さんが音楽を職業にしたいかどうかでしょう。現時点では考えられないでしょうが、家族のサポートが当然必要になってくると思います。ピアノ教育に関してはお母さんもよく御存知なようですので多くは語りませんが、音大に入るという前提でお話しますと、2歳から始めていればスタートは十分です。一方チェロは8~10歳くらいから始めれるのが普通ではないでしょうか。私のチェロの先生は中学生からだったといっています。
職業になるかどうかという点で考えると、断然チェロが有利です。ピアノは音大を出てもオーケストラに入団するわけにも行きませんし、フリーの演奏家かピアノ講師あるいは学校の教師になると考えられます。
チェロを弾く利点として、私も実際そうですが、左手指が強くなり、ピアノを弾く時にも感情が入るようになります。あと自分の音(微妙な音程のずれなど)をよく聞くようになります。ピアノは良くも悪くも音程は気にしませんので。その他、合奏におけるバス(低音)の意味やメロディーを支える喜びが味わえる、ビブラートがかけられる、純正調の音楽を味わえるなど、鍵盤楽器では学べないことがいっぱいあります。一方、ピアノの利点は1人で楽曲を完成できる(全ての声部を演奏できる)、スコアリーディングやアナリーゼをする場合に非常に役に立つ、などでしょうか。

音楽的には両方やらないと半分以下のことしか学べないと思います。時間的にはマイナスでも音楽的には多いにプラスです。プロになるという前提がなければあと2~3年はピアノに専念しても大丈夫ではないでしょうか?最も大切なことは、音楽に対する興味や表現する喜びを途絶えさせないことです。

難しい問題なので明解な解答は出せませんが、私自身がピアノとチェロを素人ながらも今でも弾いているので少しでも参考になればと思います。

問題となるのは将来お子さんが音楽を職業にしたいかどうかでしょう。現時点では考えられないでしょうが、家族のサポートが当然必要になってくると思います。ピアノ教育に関してはお母さんもよく御存知なようですので多くは語りませんが、音大に入るという前提でお話しますと、2歳から始めていればスタートは十分です。一方チェロは8~10歳くらいから始めれるのが普通で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報