http://ycaweb.com/sori/2norisori.html
にあるような 大型そりを探しています。
北海道では一般的なものだと伺っておりますが、
インターネットで手に入るようなところをどなたか知りませんか?
写真は、2年前に買ったもので資料が残っていません。
車椅子の生徒の雪山体験で使用したいとの問い合わせがあり
回答が出来ず困っております。
どなたか、ご存知の方がおりましたら
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ネットでの購入はサイトが見つかりませんが、最寄のホームセンター等へ行って店頭になければカタログなどで注文すると、購入が可能だと思います。

    • good
    • 0

札幌ならホーマック(札幌では有名な老舗のホームセンターです、昔は石黒ホーマーと言いました)に行けばあると思うのですが、、、、


もしお近くのホームセンターでらちがあかないときには、ホーマックに問い合わせてみれば良いかと思います。下記にURLを書いておきます。

元札幌人より。

参考URL:http://www.homac.co.jp/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q12VのLED投光器(20や50W のを https://www.amazon.co.jp/gp/a

12VのLED投光器(20や50W のを https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01KRFE8U0/ref=dp_ob_neva_mobile に接続しDC12Vシガーライターのとこから電源トレマセンカ?

Aベストアンサー

計算式は、50W÷12V=4.16Aなので
5A有れば十分です…
シガライターは恐らく10〜15Aのヒューズを使っているので大丈夫かと
(シガライターのヒューズを確認して下さい)

それにLEDだと言う事なので消費電力がもっと少ないので余裕だと思いますよ

逆に12V×15A=180wまで使用可能と言う事に成ります…
ただ、きっちりでは無く余裕を見て150w迄が使用可限界かな?

Q雪山で遭難したら寝ちゃいけないの?

雪山で遭難したら、寝ると死ぬといわれていますが本当でしょうか?
体力が残っているうちは疲れをとるために寝たほうがいいように思うのですが、それでも寝てはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

よくTVドラマなどでそういう場面があるので、寝る、ということと、意識がなくなる、ということが混同されていますが、通常、雪山で十分な防寒が得られない状態で寝ると必ず寒くて目がさめます。で、その後、寝られなくなります。そのままの状態が続けばやがて低体温症のため意識が朦朧としてきます。この低体温症の状態をドラマでは「寝ちゃ駄目だ!」と言っている訳です。
 ですから、明らかに寒くて眠れるはずない状態であるのにうつらうつらし始めるのは危ない前兆です。

Qゴルフ/初心者/レッスン/分かりやすい☆☆☆

はじめまして。

最近ゴルフを始めたのですが、超初心者向けの分かりやすいレッスンビデオ・DVDを教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

坂田信弘プロ監修の「ゴルフ進化論」初級編はどうかな。
http://www.naruju.com/Golf/video/Go-vi-002.html

まあ、レッスンに行くのが本筋ですが、行くにしても、
ある程度のイメージはもっていったほうがいいですからね。
こちらはホントに分かりやすいです。

Q雪山は乾燥している?

軽い鼻炎持ちの私はスキー場に行くと鼻水が止まりません。
寒いのはもちろん、雪山は乾燥しているのでしょうか?
水分は雪として豊富ですが、実は乾燥しているのか?と思いました。
愚問ですいません。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

空気中の水分が凍結して雪になっちゃってますので、その分空気に水分が含まれていません。

だから乾燥しています。

おだいじに

Q雪山に燃料を持って行きたい!

スキー・スノボシーズン真っ盛りですが、今度車で長野までスキーにいく予定なんですが、明らかに燃料は一回の満タンでは足りません。
現地で燃料を調達する事も勿論できますが、灯油などを入れるポリタンクなどで、雪山に燃料を持っていく事はできますでしょうか?また、持っていく際の注意点などはありますでしょうか?

ちなみに持っていくのは軽油でポリタンク2つくらいです!

回答、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

温かい地と雪の地方を毎月最低でも一回は往復していますが、現地でタンクが空になるようにして、現地でエンジンを止める前に軽油を入れています。

これが出来なかったときは、灯油をタンクで買って、自分でタンクに入れて混ぜています(排気ガスが凄くなる気がしますが・・・・"(^_^;)")。

ガソリンと違い、軽油は一般的な低温?でシャーベット状に成ってしまうので、其の点かなり注意が必要です。

山の中に行くときは、非常用予備としてガソリン携行缶に現地の軽油を入れて持っていきます。
此れは、タンク内がレース用タンクと同じく、蜂の巣状に成っていると聞いております。

蛇足:
昔、簡単なポリタンク(小型エンジン用のオイルと混ぜるタンク)に入れて持っていったのですが、蓋を閉めて、ビニール袋に入れても車内が臭くて窓を閉められませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報