タバコ販売の権利ですが、今のご時世コンビニが何処にでもあります。たまにタバコを販売していない店があります。あれは、専売公社時代の名残で「半径何メートル以内に販売店があるからダメ」の決まりでしょうか?この昔の「数メートル」?も教えていただきたいです。それとも今は「申請すればすべてOK」でしょうか?知ってみえる方いらっしゃいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 タバコ販売は許可制になっていますが、距離の基準につきましては、下記URLを参照してください。

この条件に適合すれば、許可になります。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/sonota/sio_tbk/za007 …
    • good
    • 3

勿論申請すれば全て「OK」と言うわけではありません。

タバコを販売しているコンビニはそれぞれの店舗で許可を受けて販売しています。許可は「場所」に対して行われるので、ある店舗で許可を受け、その許可証で別の店舗で営業することは出来ません。

詳しい基準については、ズルイですが(笑)下記の回答者の皆様のURLをご参照下さい。提出・許可を受ける先は財務局ですが、窓口は各JT(日本たばこ)の営業所となります。

尚、飲食店などの店舗内やビルなどの「屋内」にある自販機等については「許可」を受けた販売店が別途出張販売の許可を受け販売しているのですが、こちらは「別」の細かい制約はありますが、「何メートル」等の制約はありません。実際の所、建物の持ち主の同意があれば殆ど「申請=許可」となっています。
http://www.mof-kinki.go.jp/zaisei_02/zaisei_03/t …

参考URL:http://www.mof-kinki.go.jp/zaisei_02/zaisei_03/t …
    • good
    • 2

 主に距離基準によるものであると思われます。


 たばこ小売業の許可申請ですが、申請書に添付書類を添えてJT営業所に提出します。申請書はJT営業所にあります。
 申請すればすぐ許可が下りるのではなく審査があり、取扱予定高が原則4万本以上であることなどの制限があります。そのなかでもコンビニで問題になるのは距離制限でしょう。
 距離制限は最寄のたばこ販売店と開設を予定している営業所との間が一定距離に達していなければならないとするものです。地域区分及び環境区分により異なります。市街地では短く(最短25m)、住宅地では長く(300mなど)なっています。
 距離制限には例外があり、例えばビルの回数をまたぐ場合や片道2車線の道路をまたぐ場合などは距離は測定しないということになります。

 詳しくは参考URLをどうぞ。手続に必要なものがわかります。申請書の書式や案内のリーフレットのコピーがPDFファイルで収録されています。JTの営業所で聞くのが一番早そうですが(営業所一覧表もPDFファイルで見られます)。 

参考URL:http://www1.mof.go.jp/tetuduki/rr/ra.htm
    • good
    • 0

申請しても、不許可になる場合もあります。


やはり昔ながらの許可基準があるようです。

詳しくはこちらのH.Pをご覧ください。

財務省四国財務局のH.Pです
http://www.mof-sikoku.go.jp/06/sz060400.htm

他の都道府県によって、違うところもあるかもしれませんので、ご参考までに。

参考URL:http://www.mof-sikoku.go.jp/06/sz060400.htm
    • good
    • 0

http://www.mof-hokkaido.go.jp/tabaco/sinsei.html

これ参考になりますか?北海道の例です
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半径2メートル以内に近づかない女子社員

仕事上でちょっとした口論になり、それ以来、半径2メートル以内に近づきません。
仕事上でミスを指摘した結果、口論となり、彼女は言い訳をしていましたが、最後には「逆切れ」です。
中学生レベルの行動に対して知らんふりで過ごしています。
どう対処したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

会社は、業務命令違反が重大であり、業務に支障が出て損害が発生するなら解雇することが可能です。

もし、彼女が半径2メートル以内に近づかないことによって、業務に支障が発生し、会社に損害が発生するなら解雇することを検討すればどうでしょう?

裁判所は、社内において、単に人間関係が悪化したことでの解雇は認めませんが、会社への反抗的な態度と会社の金銭的損害があれば、解雇も認められるようですから。

Q中古のタバコの自販機で雑貨やお菓子、を売りたい。 たばこの自動販売機 タバコサイズの商品

タバコは、人々に悪影響するので、販売を推進するかのように自動販売機で利便性を高める事は、社会の流れに逆行しています。
確かに、タバコ販売機を禁止する流れに世論がなってきました。
しかし、一旦、造った自販機を壊れてないのに潰すのも、製造に使ったエネルギーを無駄にする事にもなります。冷却機がなければ、消費電力も少ないので別の商品を入れて活用するのが良いと思います。

しかし、たばこサイズの商品がなかなか見つかりません。
タバコサイズの箱を1種類作れば、何でも入れられると考えたのですが、これが、結構高くつくようで、なかなか計画が進みません。

タバコサイズの商品を探しています。

他のアイディア求めます。

Aベストアンサー

また#2です。
僕の知っている福祉授産所や障害者職業訓練センターで厚紙を使って箱作成しているところには
厚紙をカットする自動機械もありましたよ。
地域によって事情は違うと思いますのでネットで検索してお住まいの地域で問い合わせしてみてはいかがでしょう。

Qタバコの安値販売

酒類の安値販売店は多く存在しています
タバコの安値販売店は、実在しますか?
また、このようなビジネスを行うことは、可能ですか?

Aベストアンサー

以前アルバイトで専売公社に仕入れに行った事があるのでそのときの話を。
まず現金を持って銀行へ行きます、そして保証小切手を発行してもらいます。専売公社は現金か、または保証小切手でしかタバコは売ってもらえません。保証小切手と引き換えにタバコを貰います。伝票は箱単位ではなく本数で記入してあります。
専売公社が民営化されたとはいえ、独占企業ですから昔からそんなに変わっていないと思います。それでお店の利益ですが。売値の9割が仕入れ値段です。お店の利益は1割です。
ただ、販売免許を持っている人の名義を借りて自販機で売る事は出来ると思います。利益が薄いですから安売りが出来るかどうか?

Qあれもこれもやろうとするとどれも中途半端になるって聞きますが、あれもこれもやっておきたいです。

前回、資格試験の勉強についてお聞きしましたが、私は今その試験の直前期になるんですが、すべての科目をまんべんなくやろうとしてます。
あれもこれもやろうとするので、どれも中途半端になっている気がします。なので優先順位的に試験の配点の大きな分野にしぼってやったほうがいいとは思うのですが、どうしても配点の低そうなところも気になってしまうんです。試験は多科目やらなきゃならない試験です。でも配点の高い低いがあります。
その配点低いところを切り捨てる勇気がありません。
結局どれも中途半端に・・・
でもやはり優先順位づけしたほうがいいと思いますが、その切り捨てるためにはどういうスタンスでやっていったほうがいいでしょうか?勇気がありません。やはりそういうのうまい人は優先順位つけるのうまいのでしょうか?

Aベストアンサー

時間が限られているのですから、優先順位をつけたほうがいいのは確かです。
ただ、優先順位をつけて櫂のものを切り捨てるという感覚だとよくないと思います。

気持ちは全部をやるつもり。
しかし優先順位の高いものからやっていき、時間切れになればそこで強制終了。
効率的に出来て時間が作れれば優先順位下位のものも勉強できる。
というように切り捨てるのでなく、優先順位上位のものを先にやるという考えの方がいいですよ。

そして、下位のものもしっかり勉強したければ上位のものをより効率的にすればいいだけです。

Q販売目的で電子タバコ用のリキッドを輸入したいです

販売目的で電子タバコ用のリキッドを一度にまとまった数を輸入したいと考えております。
販売目的として輸入し税関を通関させるにはどのような手続きを踏めば良いのでしょうか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

脱法ハーブの問題で、薬物系の液体の輸入は難しいと思います。
参考までに、電子タバコのリキッドには、どんな成分が含まれるのだろうか。
販売目的なら、どんな薬品が含まれるか、同定が必要になります。
受け入れ業者を見つけないとね。薬品系の問屋でないと無理では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報