自己破産するにあたって弁護士と司法書士どちらに相談したらいいのでしょう。
弁護士より司法書士のほうが報酬が安いと聞いたのですが弁護士と司法書士の
仕事の内容はどうなっているのでしょうか?
知っておられる方、又は経験のあるかた回答お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一概にどちらがいいということはないです。


 ただ、消費者破産ということであれば、書類のやり取りだけで基本的によく、債権者と交渉するとか、法廷でやりあう、という場面は基本的にないので、代理人として法律実務を行う弁護士に頼むほかに、書類作成を業務とする司法書士に頼むという選択肢もあるわけです。
 裁判所の審問期日以外は、出頭の必要がないのは、司法書士に頼んでも同じです。
 破産申立がされると、債権者の個別請求が違法になるのは、何も弁護士がついているときだけではないので、裁判所の受理通知を債権者に送付すれば、大手の消費者金融なんかからの請求はぴたりとやみますよ。逆に、違法な無登録業者が相手なら、弁護士がついてても、事は簡単にはすみません。相手はアウトローですから。
 mutasamaさんのほうでも、相談するときに相手の力量のほどを見極める必要がありますね。
 普段畑の違う裁判やっている弁護士よりは、年十数件でも、自己破産こなしてる司法書士のほうが、知識も情報ももってますよ。それはあたりまえのことです。
 相談されるときに、「自己破産したいんですが」というふうに聞くんじゃなくて、「破産はなるべくしたくない・・・、調停とか、民事再生とか、そういう方法ではだめでしょうか」というふうに切り出してみてください。
 多重債務に関する法律家の力量は、複数ある整理方法の中からどれを選択するのか、というところでまず問われます。何人かの専門家にこの質問をしてみれば、mutasamaさんのほうでも、だいたい目の前の専門家が普段どれくらい破産実務に取り組んでいるか、見当はつくと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。兄は最初弁護士に相談したのですが親身になって
話を聞いてくれなかったそうで親身に話を聞いてくれた司法書士に依頼したらしくて。本当にこの『教えてGOO!』では勉強させられる思いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 14:26

serotoninさん、ご紹介ありがとうございます。


自己破産経験者のburanです。

実際にはどちらでもできます。
というか自分でも申立書類を書いて手続きすることはできるくらいですか・・・。
でも、やっぱり弁護士に頼むのが一番です。
司法書士は申立書類など書類の書き方はエキスパートです。
相談にも乗ってくれます。
弁護士は加えて法的に代理人となってくれる上に、法律のプロですから。
値段の違いはそこにあるといえると思います。

自己破産するときの代理人に弁護士を立てておくメリットは、
1.手続きは弁護士がやってくれる。
(裁判所に出頭しなければならないとき以外は本人が出なくて済みます。)
2.債権者との交渉も代理人として弁護士がやってくれる。
(これは本当に大きいです。貸金業ガイドラインというのを財務省・都道府県が設けています。事実上の通達です。それによって代理人として弁護士が立ったときには、代理人を通さずに直接本人との接触を持つことを止めるよう指示されています。トラブルがあればそれこそその弁護士に解決をお願いすればいいのですから。)
3.法律手続き上必要なことを効率的に指示してくれるため、自分や司法書士よりも免責までの時間が短縮できる。
(はっきりいって、債権者リストや財産目録の作成には時間も手間もかかります。それで、もし書類や口頭尋問で不備があればと滞ってしまいます。)

代金は、まず事前に弁護士会などで相談すれば、30分5千円くらい。
破産申立手続きから免責決定までの相談・手続きなどの総費用が30万円。
あとは、裁判所に提出する書類に貼る収入印紙と証紙代、弁護士事務所での打ち合わせや裁判所への出頭にかかる交通費、保険やその他財産に関わる証明書の発行に伴う手数料や郵便料、そんなところでしょうか。
これは私の場合ですので、参考程度になさってください。

過去にも自己破産関連の質問が、このカテゴリーでもかなりありますので、合わせて読んでみてください。
昨年からスタートした個人民事再生も検討されてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。兄が司法書士に破産手続きを頼んだので
大丈夫かと質問しました。でもみなさんの回答、アドバイスで納得です!
ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/21 14:20

自己破産手続きの費用の概算として、一例では、弁護士だと35万円から50万円程度 で、司法書士で10万円から20万円程度とのことです。


詳細は、参考urlをご覧ください。

弁護士の主な仕事は、裁判など訴訟に関するもので、司法書士の仕事は登記などが主ですが、弁護士に類似したことも行います。
詳細は、下記のページをご覧ください。

参考URL:http://klo.co.jp/ikeda/prg/saimu/hasan.htm#
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。参考URL見ました。とても参考に
なりました!ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 14:18

 自己破産を申請するには、破産法の知識などの法的能力が要求されますので、弁護士さんに相談すべきでしょう。

司法書士の方は、書類の申請の代行を主としていますが、弁護士の方は法律の知識を盾に裁判所などとの交渉まで可能となっていますので、弁護士さんのほうが報酬は高くなりますが、この事例には適していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。参考にします!

お礼日時:2002/01/21 14:07

自己破産を経験された方で・・・・ (02-01-10)


という御質問の中で、
法律扶助協会にご相談するといいですよ
無料相談がありまして弁護士さんが話を聞いてくれます とbe-sideさんが書いています。一度、御相談された方が良いかと思います。
同質問のburanさんの御意見も見てみて下さい。
私も回答しています。アドバイスとして、書かせて戴きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました!参考にします。

お礼日時:2002/01/21 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q任意整理・自己破産は弁護士か司法書士どちらに依頼すればいいのでしょうか

こんばんは 任意整理するに至って弁護士さん司法書士さんどちらにお願いした方が良いでしょうか?
どこかのサイトで見たのですが自己破産を弁護士に依頼した場合、弁護士さんが全部出来るようで免責が確定するまで3ヶ月程で司法書士さんに依頼した場合は司法書士さんは書類の作成しか出来ず本人の申し込みとなり6ヶ月程かかるみたいですが、自己破産なら弁護士さんの方がいいのでしょうか 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は破産を司法書士さんにお願いしました。
ただ司法書士さんでも破産関係はしてない人が多いので全ての方がしてくれるとは限りません。
うちは事業関係の破産でしたので管財人事件となりましたが普通弁護士さんのほうが強いようです。たまたま選んだ司法書士さんが有能な方だったのでOKでしたが破産までは弁護士さん数人に相談しています。
免責確定まで約半年ほどでできています。

どの人を選ぶか?にもよります。

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Q債務整理・自己破産に向けて。弁護士・司法書士の選択の違い。

独身の男で、両親と同居中です。
5年前、信販カードの安易なキャッシング利用に始まり、浪費~借り入れ先増加・返済額増加~生活費工面、その繰り返しで現在500万円の負債に。法定利息に引き直しても400万円はありそうです。
しかも失業中ですので、やはり自己破産が妥当な判断になると思われます。
自業自得で最低です。心底痛感してます。。。

借り入れと返済を繰り返し、ごまかしながら工面してきたものの、遂に返済不能に陥り、地元の弁護士会に紹介してもらった弁護士事務所に相談に伺います。

滞納はまだ1件しかありませんが、他の借り入れ業者から、催促と取り立てが始まるのは目に見えており、内密に迅速に事を進めたい為、弁護士もしくは司法書士からの受任通知の送付を何よりも先に願ってます。
取立てが身内に発覚するのをとにかく恐れていまして。

質問が横にそれてしまいましたが、弁護士事務所に相談に伺う時の服装は、スーツ・ネクタイ等の正装がいいのでしょうか?
相談で行くとは言え、カジュアルな服装だと弁護士の印象を悪くする気がして。

あともう1点気掛かりなのが、自己破産依頼をするにあたって、弁護士なのか司法書士なのかです。
双方の違いはネットでかなり調べたものの、矛盾する情報がはびこっており、かえって混乱してしまいました。

以上2点について具体的なアドバイスを頂けると非常に助かります。
似た様な質問が多々あるのは存じてますが、よろしくお願いします!

独身の男で、両親と同居中です。
5年前、信販カードの安易なキャッシング利用に始まり、浪費~借り入れ先増加・返済額増加~生活費工面、その繰り返しで現在500万円の負債に。法定利息に引き直しても400万円はありそうです。
しかも失業中ですので、やはり自己破産が妥当な判断になると思われます。
自業自得で最低です。心底痛感してます。。。

借り入れと返済を繰り返し、ごまかしながら工面してきたものの、遂に返済不能に陥り、地元の弁護士会に紹介してもらった弁護士事務所に相談に伺います。
...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
そんな弁護士辞めたほうがいいです。
ようするに25万準備しないと受任通知出してくれないって事でしょ?
もうその時点でだめです。

http://www.livedoor.com/

で、”あすか” ”弁護士”
といれて検索してみてください。

”弁護士○○○○のHP”というのがあるとおもいます。
この方のHPにメールアドレスがありますので、状況を書いてメールしてください。
素直に書けば結構です。すぐ受任通知を・・・というのも希望としてかけばいいです。
ちょっと冷たい感じの方ですが親身に相談に乗ってくれます。
ただ、ココで紹介されたとか、僕が紹介したとかは言わないでください。くれぐれもお願いします。ネットで見つけた・・・といってください。

金さえ積めばは弁護士さん的にも事実、それでないと困るようです。
ですが受任通知発送後、解任や辞任もできるようなので、たぶんこの弁護士さんなら先に受任通知をだしてくれると思います。もちろん、それ以降、きちんとお金は払える範囲で払って、誠意はみっせないといけませんよ。これは常識的な範囲です。お金を払っていただかなければ辞任すると言ってくると思います。そんなことのないようにしたいですよね(;^-^;)この弁護士さんの人柄は日記を見ていただければわかると思います。

専門にやってる弁護士さんが一番ですので、早く依頼しましょう。
ちなみに、東京なら免責不許可はかなり確立が下がりますので。破産件数の違いもありますが、よほど悪質でない限りは大丈夫。正直、僕が破産できたので誰でも大丈夫では?と思ってしまいますから。

参考になれば幸いです。またなにかあったらお礼を入れてください。回答しますので。

#2です。
そんな弁護士辞めたほうがいいです。
ようするに25万準備しないと受任通知出してくれないって事でしょ?
もうその時点でだめです。

http://www.livedoor.com/

で、”あすか” ”弁護士”
といれて検索してみてください。

”弁護士○○○○のHP”というのがあるとおもいます。
この方のHPにメールアドレスがありますので、状況を書いてメールしてください。
素直に書けば結構です。すぐ受任通知を・・・というのも希望としてかけばいいです。
ちょっと冷たい感じの方ですが親身に相談に乗...続きを読む

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q弁護士と司法書士

借金を抱え民事個人再生を検討しています
一応某弁護士事務所で相談してきました。
弁護士さんに頼むと費用も約総額で50万円
HPなどで見ると
司法書士さんに頼むと若干ですが安く済む感じなのですが

司法書士さんと弁護士さんに頼むのとでは
手続きを進めるにあたってメリットと
デメリットはあるのでしょうか・・・

Aベストアンサー

決定的な違いは、代理人になれるかなれないかでしょう。弁護士の場合はあなたの代理人として裁判所の中でも十分な職権があります。対して司法書士では基本は書類の作成のみとなります。(140万以内の簡易裁判所で扱える事件の代理人になる事はできますが…)
弁護士に依頼するとあなたの代理人になってくれますので、裁判所からの封書などもあなたの自宅には来ません。業者からの督促も止まります。司法書士の場合は申立人はあなたになりますので、裁判所からの封書もあなた宛にきます。さらに財産の管財人を設定されれば別の弁護士費用も発生します。

弁護士に依頼するには着手金や成功報酬等で高額な費用がかかります。しかし、法律扶助の制度もありますのでそれらを利用するのも一つの方法です。
中には分割払いで受けてくれる弁護士さんもいるようです。個人再生はかなりの専門的な知識を要しますので最初から弁護士を代理人として立てておく方がよいと思います。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q弁護士と司法書士 に質問したものです

昨日「明日にでも」ってメールをしたら
今日の昼に会っていただけます。
昨日はなかなか寝れずに寝不足です。
凄く緊張しています。
やっぱり、破産・債務整理などの相談する前日は
寝れなかった事ってありましたか?
緊張などもありましたか?
自分で決めたことだし、行動を起こさないと
行けないんですよね。

Aベストアンサー

眠れないのが普通です。一日の延ばしするより、さっさと済ませましょう。整理して又進むことのできるうちにするのが一番です。眠れぬ夜を続けないために。この先のリスクとすることによって得るメリットを聞いて、支払額を確認して整理してください。眠れない夜を2度と起こさないようにご注意のほど。

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q債務整理は司法書士?弁護士? 

7年付き合っている彼氏に借金があります。
5年たてば完済する予定と言ってましたが、7年経った現在大手消費者金融7社に合計150万ほど残っています。付き合い始めたころは 10社に500万ぐらいあったようで、3社は完済しています。
支払いは 毎月8~10万しているようです。
過払い請求のことが今よく言われているので司法書士相談に行ったのですが 
着手金:10万円、一社につき:3万円、成功報酬:過払い金の15%と言われました。
 これまでも 債務整理を勧めていましたが、完済するからと言って取り合ってくれなかったのですが やっと重い腰をあげて 頼む気になってくれたので お願いしようかとも思うのですが 私としては その費用が妥当なのか 弁護士に頼んだほうがいいのではないかと思い悩んでいます。どなたか 良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

司法書士さんの提示された金額は妥当なものに近いと思いますが、今は弁護士も報酬は自由に決めてもいいことになっていますし、司法書士よりも弁護士に依頼をしたほうが早く結果がでるという場合もあります。

司法書士相談だけでなく、弁護士の相談にも行って見られて検討されることをおすすめします。

なお、借金の期間が長いようですから任意整理によって過払いが発生していてお金が戻る可能性を感じます。
特定調停の場合には過払いを取り戻すことが難しいと一般的には言われていますが、ご時世なのか過払い金については申し立てれば必ず認められるようになってきていますので、ご自分で少額訴訟をするという手もあります。

弁護士費用は高いと思われるかもしれませんが、もし任意整理をして戻る金額が非常に大きければ弁護士費用を払っても、おつりはきます。

弁護士会の多重債務相談などに行ってどの方法が自分にメリットがあるのか、

・できれば面倒なことはやりたくない
・弁護士などに払えるのはこのくらい

といったことをきちんと伝えてご相談なさってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報