水素を燃料として使う場合には2通りあって、1つは水素を燃焼させて力学的エネルギーを取り出す方法、もう一つは燃料電池を使って電気化学的エネルギーを取り出す方法があると理解しています。燃料電池のエネルギー変換効率は40~60%と聞きますが、水素を燃焼させた場合の変換効率はどのくらいなのでしょうか?水素自動車の記事を読んでいて疑問を抱きました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この問題は、変換効率を理解することが必須ですね~。


で、その理解は後回しとして、水素を使って車を走らせる
場合に、燃料電池を使う場合と、「水素ガスエンジン」
を使った場合の効率は、どちらも大差有りません。

 ※:水素ガスエンジンが自動車で実用化されているか
   どうかは不勉強故不明です。(^^;)
   ただし、水素ガスエンジンでの発電効率が40%前後
   ですし、燃料電池での発電効率も40%前後なので
   「結局は同じ」ってことになりますわね。
   なお、どちらの方式も、最終の仕事を「車を
   走らせた仕事量」で捉えると、2%前後に
   なると思いますよ。


【従来型の燃焼を利用したもの】
 [元]水素

 [変換方法]エンジンによる燃焼で、熱エネルギーを
      回転エネルギーとして取り出し

[最終形態]車輪を回して車を走らせる

【燃料電池を利用したもの】
 [元]水素

 [変換第1段階]:燃料電池で電気と熱の形に変換

 [変換第2段階]:電気をモータによって回転に変換

[最終形態]車輪を回して車を走らせる


この場合、「車を走らせる」って仕事を「車輪を回して
実現」するなら、要は何らかの方法で元のエネルギーを
車輪の回転に変換する必要があるんですが、この変換に
伴って損失が出てくるんですが、水素ガスエンジン単体
の効率は恐らく40%前後で、他方の燃料電池も電気への
変換効率は、電気へは40%前後で、その後にモータの効率
が加わりますから、最終は40%弱になります。

 ※:で、車輪と地面との摩擦抵抗や、車体への風の
   抵抗を含めて最終は20%前後になるでしょう。


蛇足ですか....。
変換効率は「どの様なエネルギー源を、どの様な最終形
態に変換するか?」っていう意味で、公式としては

  変換後の有効エネルギー量
  ---------------------- × 100 (%)
  変換前の有効エネルギー量

で表されるんですが、最終形態を仕事量として捉えると

   最終段階での総仕事量
  ---------------------- × 100 (%)
  変換前の有効エネルギー量

になります。

で、最終段階をどのような形にしたいのか?
例えば、車を走らせる場合なら車輪の「回転力」に変換
しますし、飛行機ならガスタービンの回転力(と排ガス
の推力)に変換したいっと。

つまり、この「どの様な最終形」かが問題でして、質問
の中に「燃料電池は40~60%」とありましたが、これは
「電力として約40%、熱も含めると60%」って意味で
ご覧になった資料に書いてあったと思うんですね。

 ※:実際には、燃料電池は電力として40%前後
   熱も含めて80%前後が現在の主流です。

ところが、燃料電池で熱を取りだしても、そいつは車の
推進力には(現状では)使えませんから、ガスエンジン
と燃料電池の効率はトントンに落ちちゃいます。

 ※:現在でも、廃熱を回転力に変換する技術は
   大きな機械では実現できていまして、工場など
   では珍しくもなく稼働しているんですが、車に
   搭載できる軽量・小型の物は実用化されていない
   と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧でかつ迅速なご返答をありがとうございます。
水素を燃焼させてエネルギーを取り出す方法はBMWが採用していたと思います。
廃熱利用もできる燃料電池は発電所での方が活躍しそうですね。

回答を読んでまたもう一つ質問が出てきたのですが、エンジンは昔から大金をつぎ込まれて研究されてきた一方でモーターはエンジンほど力を入れられてきていないように思えます。畑違いであまりよくわかりませんが、もしこれからよりよいモーターが開発されると「回転力」までのエネルギー変換効率はエンジンのよりずっとよくなるということは起こりうるでしょうか?

最後に変換効率がトントンと言ってある文献をありましたら紹介していただけないでしょうか。お願いします。(英語文献歓迎です。参考文献に書きやすいので。)

お礼日時:2002/01/17 14:49

>水素を燃焼させてエネルギーを取り出す方法はBMWが


>採用していたと思います。

おぉ、既に実用化されていたんですね。
不勉強故の無知を補っていただき、また一つ新しい知識
を増やすことが出来ました。 心からお礼申し上げます。


>廃熱利用もできる燃料電池は発電所での方が活躍しそう
>ですね。

う~ん、良いアイデアですね。

確かに、頭の中で考えた段階では、効率が良くなる可能
性が大きいです。 ただ、タービン発電機に目に見える
程度の好影響を与えるくらいですから、相当の交換能力
を持った燃料電池が必要ですけども

 ○小型の物を多数設置する場合
   小型の機器へ、加熱される水を分配して流す必要
   がありますが、システムとして安定した分配機構
   を開発できるか?がポイントですね。
   あとは設置面積(設置スペース)なんかの経済面
   も初期には問題になるかな?
 ○大型の物を少数設置する場合
   燃料電池って、実用化されている物は容量に限り
   があるんですよ。 つまり、小さな物はいくらで
   もつくれるor作りやすいが、大きな物は、主とし
   て交換過程でつかう高分子膜の大きさや耐久度の
   の問題で限界がありそうですわ。
   ただ、これだって資源(金・人・物・時間等)を
   投入すれば、10年程度で可能でしょうね~。

なんてことが言えそうですね。

で、燃料電池は「小規模分散型」として優れているんで
すけども、こうなると、過程への普及が現実的でして
従来の「大規模な発電機でないと高効率が保てない」と
いう現実を「家庭で使う電気と熱を同時に供給すること
で、従来型発電所より高効率でエネルギーを供給する」
ことが可能になりますよね。

ですんで、家庭への普及が始まると、従来型発電所への
普及はメリットの大半を失いそうです。

  ※:実際、家庭へ導入できるレベルの製品市販は
    順調にいけば数年以内でしょう。
    車への適用が広がれば、製造量が増えることで
    開発メーカも資源を突っ込む様になるでしょうし
    そうなれば耐用年数も飛躍的に伸びるでしょう。
    また、大量生産で単価減少も期待できますよね。


>回答を読んでまたもう一つ質問が出てきたのですが、
>エンジンは昔から大金をつぎ込まれて研究されてきた
   ~ 回答者編集  中略 ~
>一方でモーターはエンジンほど力を入れられてきていない>ように思えます。畑違いであまりよくわかりませんが、もしこれからよりよいモーターが開発されると「回転力」までのエネルギー変換効率は
>エンジンのよりずっとよくなるということは起こりうる
>でしょうか?

これは「システム全体としては内燃機関(エンジン)より
効率が上がる可能性はあるけど、モーター単体でいけば
もう損失の減少は限界に来ている」ってことが言えます。

モーターの代表的な損失は以下の通りです。

 ○風損
   モーターの軸が廻るときに、モーター内部の気体
   をかき混ぜますが、その際の風の抵抗です。
   扇風機を回そうとしたら、空気が羽根に当たって
   抵抗になるって感じがわかりやすい例ですかね?
 ○軸受け部分の摩擦抵抗
   固定されたケースと回転体である軸との間に発生
   する摩擦ですね。
 ○コイル等の内部抵抗
   金属って抵抗ですよね。 ですから、金属で出来
   たコイルに電流を流すと抵抗によって電力の一部
   が熱に変化しちゃいますけど、これが回転力への
   変換を目的とする場合は損失になります。

で、現状のモータ効率は、悪いもので90%前半、良い
物になりますと90%後半(98%とか)になるんです
けど、この域には生まれて直ぐに到達してるんですね。

つまり、その原理的に高効率が約束されていて、いくら
資源を投入しても、効率の向上は期待できないと。

  ※:モータ屋さんごめんなさい。
    実際は、英知を結集した偉大な技術です。(^^;)

他方、エンジンってのは、例えばディーゼルサイクルな
んて熱力学の原理を機械にしてるんですが、その実用の
段階では非常に進歩する余地が多かったと言えます。

  ※:例えば、ディーゼルの直噴システムや、ガソ
    リンのツインカム等。

云うなら、モーターの本体や原理の実現に関わる部分よ
りも、材料(例えば、超伝導素材とか)の開発結果が
効率を左右しますので、モーターへの資本投下は、エン
ジンのそれに比較して効果が無かった。
それよりも、モータへの電力供給システムの効率が
システム全体の効率にはネックになっているから、ここ
の部分を良くすることで、高効率は達成可能ですね~。

 ※:現在は燃料電池が主流ですが、こいつの効率も
   もっと上がるでしょう。 一種怪しい話では
   あるんですが、技術屋同士のアングラ情報じゃ
   「50%近い燃料電池(のコァ部分)が実験室
   では生まれた。ただし、耐久時間が余りに短い
   ために実用化は不可能。 でも、できない相談
   でもなさそうだ」ってのもあります。


>最後に変換効率がトントンと言ってある文献をありま
>したら紹介していただけないでしょうか。

誠に申し訳ないことに、手元には、該当する文献が無い
んですよ。
ただ、文献を見るまでもなく、簡単に解明する方法を
記載しておきます。

google辺りで「ガスエンジン 効率」をキーにして検索
すると、参考URLなんてのが引っかかりますよね?
このページなら「発電効率39%」ですし、他には40
%を越える商品も出ています。

で、この発電原理としては

 A:燃料を燃焼させて回転力に変換
  ↓
 B:回転力を発電機で電力に変換
  ↓
 C:電力の発生

って流れですから、仮に発電機(モータ)の効率を
95%として、上のシステムを計算すると

 C(%)=A(%)×B(%)
 39%=A(%)×95%
 A(%)=40前後(燃料電池と同等)

っていう風に、ガスエンジンの効率が見えちゃいます。

 ※:参考URLは、比較的大型のエンジンですが、車
   くらいの容量なら、小型になっても効率は落ち
   ませんね~。 といいますか、元は車用エンジン
   の技術が元になって組上がっているこのクラス
   ですんで、効率が上がったり落ちたりしたら
   目も当てられないわけで....(^^;)

私が「文献」の形で見てきた物は古い物が大半ですから
この辺りをそのものズバリで書いていないんです。
正確に言うと、最新商品のカタログデータが元になる
性質の物ですから、文献は無意味って側面もあります。

ですので、お急ぎなら上の式で判断してください。
なお、ズバリの表現を使っている文献(この場合は
論文等に引用できる信頼性を、文献自体や文献を書いた
作者にゆだねるって意味ですが)を探してみます。

参考URL:http://www.tokyo-gas.co.jp/indus/products/pro01_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細な補足をありがとうございました。モーターは元来優れものだったのですね。勉強になりました。各自動車メーカーがモーターかエンジンか最終的にどちらを採用するのか面白そうですね。またガス会社もこれから大変ですね。周りで見ている者にとってはなんだか未来が面白そうです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/20 13:51

現状では燃料電池よりも若干劣ります。


30%くらいかな?
ただそれ以上に、安全性が重要な課題だったりします。

将来的にはもっと高い効率のものが出てくるかも知れません。
水素利用に関するホームページを下に書いておくので参考にしてみてください。

参考URL:http://www.nedo.go.jp/itd/fellow/project/6.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます。確かに安全性も重大な課題ですね。これがクリアされないといくら技術面やコスト面で優れていても売れませんからね。ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/16 23:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qitsについて。

Its 220 guest rooms will be located under the sea surface.
や、Its Game Boy series has sold more than 67 million units internationally. と、itsの人称代名詞を、わざわざ使うには理由があるんですか? itsの代わりにtheをつかっても、いいんじゃないかと
思うんですけど。。説明お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。先ほどのご質問では迅速なお返事を有難うございました。

おっしゃる通り、theでも代用できます。itsはtheより指示性が強く、より明確に特定したい時に使われます。

ただ、itsを敢えて使っているということは、itsに置き換えることのできる名詞が、前文で必ず登場しているはずです。そうでなければ、いきなりitsは登場しません。

ご質問にある例文が、何かの文章の中の一文であるなれば、その前の文を確認されてみて下さい。必ずitsの指すものが見つかるはずです。

また、試験問題で使われる場合でも、単独でItsがいきなり登場することはありません。関係代名詞の形容詞的用法の出題で、よくitsが使われることはありますが、その場合も、かならずitsの指示するものが登場しています。

例:
(問題)I have a dog. Its name is Pochi.
を関係詞を使って一文に書き換えよ。

(答え)I have a dog whose name is Pochi.
となります。ここでも、itsの指す名詞、a dogが前出しています。

以上ご参考までに。

こんにちは。先ほどのご質問では迅速なお返事を有難うございました。

おっしゃる通り、theでも代用できます。itsはtheより指示性が強く、より明確に特定したい時に使われます。

ただ、itsを敢えて使っているということは、itsに置き換えることのできる名詞が、前文で必ず登場しているはずです。そうでなければ、いきなりitsは登場しません。

ご質問にある例文が、何かの文章の中の一文であるなれば、その前の文を確認されてみて下さい。必ずitsの指すものが見つかるはずです。

また、試験問題で使われ...続きを読む

Q燃料電池に使う水素の作り方

燃料電池は環境に良いと謳われていますよね。
なんでも水を原料とする水素を燃料に使うから資源はほぼ無限。
全く持って夢のエネルギーみたいに言われてますが水素って今の所、
電気分解とか他のエネルギーに頼ってしか作り出せませんよね。
それでもって電気分解に使う電気はどうやって作るかって言うと化石燃料を燃やして発電して・・・

何かとてつもなく本末転倒ですよね。
無駄にエネルギーの確保経路を延ばしただけというか・・・

そこで他に水素のエコロジーな作り方というのは存在しないのでしょうか?
自分的には太陽光発電の電力で水を分解して、水素作ってというのが理想に思えるのですが実際どうなんでしょう?
でもこれだとそのまま電気自動車にしたほうがいいですね・・・

Aベストアンサー

電気自動車の原理はモーター発明時に判っており、未だに実用化されないのは充電・蓄電に問題があるからです。特に蓄電に関しては、容量を大きくすれば、電池の重量に因りより以上の出力が必要になり、その為により大きな電池が要ると言う袋小路に落ちいる事になります。
燃料電池は「燃料」と言う形から電池を発生させるので、その蓄電問題が無いため有望視されて来ました。
仰る様に水を電気分解する場合、その電気がどうやって出来るかが問題で、詳しく検証すると水力・風力・太陽光でも問題があり、地熱発電なら大丈夫と言うのが実情です。火山が多く国土が狭いアイスランドは、地熱を利用して水素社会に挑戦しようとしています。
また、水素を得たとしても、その取り扱いが問題になります。現在の燃料電池車では最低限の走行距離を確保する350気圧で水素を内蔵していますが、もし事故があった場合には周辺に甚大な被害を与える恐れがあります。
また自動車に供給する前段階の輸送、ガソリンで言えばローリー車配送については、液体水素としての移動になりますが、その時の液温はマイナス260度以下で、この状態での事故はさらに深刻な爆発を発生させる恐れがあります。
以上の解決策は勿論検討されていますが、簡単には解決できない事は想像頂けると思います。

電気自動車の原理はモーター発明時に判っており、未だに実用化されないのは充電・蓄電に問題があるからです。特に蓄電に関しては、容量を大きくすれば、電池の重量に因りより以上の出力が必要になり、その為により大きな電池が要ると言う袋小路に落ちいる事になります。
燃料電池は「燃料」と言う形から電池を発生させるので、その蓄電問題が無いため有望視されて来ました。
仰る様に水を電気分解する場合、その電気がどうやって出来るかが問題で、詳しく検証すると水力・風力・太陽光でも問題があり、地熱発電...続きを読む

Qits は何を受けているのでしょうか?

There is growing recognition that the family is a diverse and complex thing, the traditional family being only one of its forms.

上の文の its は何を受けているのでしょうか?

「伝統的な家族というのはitsの形態の一つに過ぎない」(コンマ以下の部分訳)

と訳したのですが、itsが何を受けているのかが分かりません。

Aベストアンサー

family だと思います。

    家族とは、多種多様な種類があると言うことが少しずつ分かってきた、伝統的な家族は、その多種あるうちの一例にすぎない。

   核家族、大家族、女系家族、などいろいろあると言うことでしょう。

Q燃料電池自動車の水素はどうやって作る?

最近燃料電池自動車が脚光を浴びていますが、一つ疑問があります。水素をどうやって安価に生産するかということです。電気分解では効率が悪く、ガソリンより高くつくのではないでしょうか?実際どうやって作っているのでしょうか?またどうやって保管しているのでしょうか?(液体化なら超低温装置が必要?もしくは高圧ボンベに封入とか)

Aベストアンサー

水素は原子番号1の元素で、宇宙で1番多い分子ですが、単体では最も軽い気体で化合しやすい性質を持っているので、地球の中で単独の資源としては存在しません。

ですから水素を得るためには、酸素と結合した水か、炭素と結合した炭化水素から分離して取り出す訳ですが、水からの場合は強い結合を解く為に電気分解の様に多大なエネルギーが要ります。
水の電気分解については、電気を作るのにコストが掛かっているので、仰る様にガソリンより絶対高く付きますし、態々電気分解に使うくらいなら電気自動車のモーターを回せばいい筈なのですが、電気には貯蔵しにくいと言う問題が在るので、水素を貯蔵して発電する燃料「電池」車が検討されています。


炭化水素からの取り出しでは、熱と二酸化炭素が発生しますが、その熱を利用出来れば電気分解より効率が良いので、家庭等に置かれる定置式燃料電池は、燃料として供給される都市ガス・LPG・灯油等から水素を取り出す装置(改質器)がついています。

現在の燃料電池車には改質器が搭載出来ないので、炭化水素から工業的に作った水素を利用しますが、炭化水素から水素が分離される過程は様々あり、現在の主な生産は原油から石油製品を作る製油所で行われています。

その他水素は苛性ソーダー等の化学品製造時にも発生しますが、何れも副産品なので「水素ガス」自体のコストは安いものでしょう(但しガソリンも税金を除けばそんなに高いものではありません)。

ただ水素ガスは最も軽い物質で、過去に使用していた飛行船や宇宙船で有名な大きな事故が起きた程危険なものでもあります。

またエネルギー源として利用するには単位当たりのエネルギーが最も小さく、燃料電池車に充填することを考えれば、700気圧以上に圧力を掛け圧縮するか、マイナス252℃以下にして液体化すす事が必要になります。
その様な水素の状態を受け継いでいくのは、元々液体である石油燃料を受け渡しするのに比べ遥かにコストが掛かりますし、その様な状態の水素が搭載された車が事故を起こした時の危険性は、関連規制を緩めて解決する問題とは違う気がします。

水素は原子番号1の元素で、宇宙で1番多い分子ですが、単体では最も軽い気体で化合しやすい性質を持っているので、地球の中で単独の資源としては存在しません。

ですから水素を得るためには、酸素と結合した水か、炭素と結合した炭化水素から分離して取り出す訳ですが、水からの場合は強い結合を解く為に電気分解の様に多大なエネルギーが要ります。
水の電気分解については、電気を作るのにコストが掛かっているので、仰る様にガソリンより絶対高く付きますし、態々電気分解に使うくらいなら電気自動車のモータ...続きを読む

Qits 強調について

every bird likes its own nest the bestという文があります。
そこで、itsというのが真ん中に組み込まれてるんですが、
前に、強調すたいときにitsをいれるんだと
教えてもらったんですが、よく理解できません。
単純に、強調したい言葉の前にいれればいいんですか?
例えば i like its chocolate the best チョコレートが一番好きだ。
ーこの文は成立できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。7/18のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<every bird likes its own nest the best >

1.この文の直訳は
「全ての鳥は、自分自身の巣が、一番好きだ」
となります。

2.its「それの」は人称代名詞で、ここではevery birdを指しています。

3.every bird「すべての鳥」なのに単数のIts? と疑問に思われるかもしれませんが、everyはeach「おのおの」などと同じく、単数扱いになります。

4.このitsはただの人称代名詞で、強調用法ではありません。強いて言えば、own「自身の」が強調のニュアンスがあり、its ownで「自分だけの」と所有を限定している点で、一種の強調と言えるかも知れません。


ご質問2:
<単純に、強調したい言葉の前にいれればいいんですか?>

そんなことはありません。

上記で解説したように、Its自体は強調の用法はありません。


ご質問3:
<例えば i like its chocolate the best チョコレートが一番好きだ。
ーこの文は成立できるのでしょうか?>

文脈によっては成立します。が、itsは強調ではなく、単なる人称代名詞です。

1.前に、itsの指す内容が既に出てきた場合です。
例:
I watched on TV the CM of XX Chocolate.
I like its chocolate the best.
「TVでXXチョコレートの宣伝を見た。
そのチョコが一番好きだ」

といった場合には、使えます。
この時、itsはXX Chocolateを指しています。

以上ご参考までに。

こんにちは。7/18のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<every bird likes its own nest the best >

1.この文の直訳は
「全ての鳥は、自分自身の巣が、一番好きだ」
となります。

2.its「それの」は人称代名詞で、ここではevery birdを指しています。

3.every bird「すべての鳥」なのに単数のIts? と疑問に思われるかもしれませんが、everyはeach「おのおの」などと同じく、単数扱いになります。

4.このitsはただの人称代名詞で、強調用法ではありません。強いて言...続きを読む

Q燃料電池の水素は何故 水からとらないのですか?

燃料電池の燃料として 水素が使われもすが 水素をとるのに 石油や天然ガス から とられている様ですが 何故 水から取らないのですか?
石油 天然ガス ですとコストがたかくなるのではないですか?
例えば 単純に考えて 太陽光発電 風力発電 等で 水を 電気分解 すれば 簡単な理論 で水素が採れると思いますが
以前 アメリカ では 水から採る研究をしている と聞いたことがありますが
水から採るより 石油 天然ガス 等のほうが コストが かからないのですか?
よろしく

Aベストアンサー

現状、日本の電力の多くは火力発電によって賄われており、その電力を用いて電気分解を行うと効率がよくないというのが理由のようですね。将来的に自然エネルギーの割合が高くなれば、電気分解による水素生成に切り替わるのかもしれません。
http://www.jari.or.jp/jhfc/column/story/09/

Q文中のitsについて・・

下記文中のitsについて・・教えてください。

The firm settled a legal dispute over its employment contract with a former employee.

The firm(S) settled a legal dispute over(V) its(O)でしょうか??
そうすると・・itはemployment contractをさしているということなのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・。

そうすると、The firm settled a legal dispute over employment contract with a former employee.
ではダメなのでしょうか?。

文法上のitsの役目がわかりません。宜しくお願い致します(';')。

Aベストアンサー

over its employment 『自分の会社の』雇用についての

its がなければ、自分の会社だけではなく、「アメリカ全体とか、○○市や地区全域の雇用についての」になります。

Q燃料電池の効率について

燃料電池って、水素と酸素を燃料にするのですが、
その水素と酸素はどうやってつくりますか?
私の想像ですが、水素は水の電気分解、酸素は空中からでしょうか?

質問の要点は、こうして作った水素と酸素を燃料にして発電しても、燃料を作るときに必要なエネルギーが大きかったら、本末転倒の気がするのです。

燃料電池搭載の自動車など開発中だと思いますが、燃料が高かったらエコにならないですよね。
まあCO2が出ないので環境性能は期待できると思いますが、エネルギー効率自体は、全体で見るとどのくらいあるのですか?

また大規模の燃料電池発電所みたいなのは、将来できますか?

Aベストアンサー

宇宙ロケットに使用する燃料電池は、その燃料である液体酸素と液体水素を使いますが、大気の中では酸素は空気から採ります。

水素は何らかの形で得ますが、水の電気分解と言うのは極めて効率は良くないので、環境対策としては再生エネルギ―によって得られる電気を使うのに限られます。

水素は単独で自然界にある訳では無いので、一般的には炭化水素から取り出しす訳ですが、炭化水素から水素を抜くので炭素は二酸化炭素となって放出されます。
従って燃料電池自体は二酸化炭素を出しませんが、水素を作るのに二酸化炭素の排出があるので、環境対策の意味としては効率が良いので二酸化炭素の排出が減ると言う事になります。

通常のガソリンエンジン車のエネルギー効率は15%程度と低いので、モーターの効率60%と水素製造の効率40%を乗じた燃料電池車の理論的効率24%がそれを上回ると言う事ですね。

水素自体は燃料として取扱いが難しくコストも高いので、燃料電池の利用は非常時電源に限られると言うのが現在の味方です。

Qどうして、its wineになるの???

またまた、すみません。誰か教えてください。
Tokachi is famous for its wine.
十勝はワインで有名です。
※be famous for~ =~で有名です
ここで、「its」がwineの前についているのですがどうして、ここにitsがつくのかわかりません。解説も書いてないので・・・困っています。itsは何を示しているのでしょうか?
前置詞が特に苦手で、本当に悩まされています。どうか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1のEivisですが、舌足らずだったかも知れません!

「十勝の」という意味で、tokachi's=its と説明しましたが[tokachi's]ではくどくなるから[its]で表現しているのです。

Q太陽電池 変換効率について

太陽電池の変換効率ですが、何故面積が大きくなるほど変換効率が下がるのでしょうか。

文献を見たところ、単結晶では小面積24%、大面積21%と載っていました。
多結晶でも同じように大面積のほうが低いようです。

近々会社で太陽電池について説明しなければならないのですが、早速この点に疑問を感じました。
ご存知の方、教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門家でないので、判る範囲でお答えします
小面積セルと大面積セルはCu(In,Ga)Se2(CIGSe)の薄膜の品質が異なるようです。
つまり、大面積で、高品質の皮膜を作る技術が確立していないため、小面積セルを多数用いる方が現在は変換効率がよいようです

参考URL
http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol06_04/p22.html
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/cat2119765/index.html

関連URL
http://www.osakac.ac.jp/labs/matsuura/japanese/events/refreshRika2005/SolarCellSupplement1.pdf
http://www.eco-online.org/ecoenergy.htm


人気Q&Aランキング