イギリスによる香港租借は、1842年のアヘン戦争の後、香港島を割譲したのに始まりますが、ある本で「日清戦争の賠償金の一部をイギリスに借りるために、香港を貸した」とありました。
1898年の九龍半島の割譲を指すらしいのですが、その理由で香港を貸したという事実はあったのでしょうか?もしそうならば、イギリスからどれほどのお金を借りたのでしょうか?
どの資料にも載っていなくて困っています。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1のosirukoです。

追加。
香港・マカオの簡単な関係史を発見したので眺めていたらありました。

「1898年に九竜半島の深せん(土へんに川)川以南及び付近の湾、島、海面をイギリスが99年間租借。(新海とよばれ、現在の香港の領域が確定)」(最新世界史図表、第一学習社)
…らしいです。でも簡単な関係史なのでこれ以上は解りません(^^;
(これがあるから1997年に香港返還になったわけね。恥)
No1で述べた1842年の香港割譲から何故1898年に租借扱いになったのかは不明です。
役にたってませんね、すいませんm(__)m
一応、その書いてあった本(香港を貸したのは日清戦争の賠償金云々)の参考文献を調べてみるのも手だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資料の本のうらに参考文献が載っていたので、週末にでも大きな本屋にでかけてみようと思います。
割譲と租借については、あまり意識せず使っていて、言われて「あっ」と気がついた次第です(^^;
正直なところ、今まで香港租借については、あまり興味がなかったのですが、これを機に調べてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 20:58

割譲と租借の意味を混同されているようですね。


アヘン戦争後に締結された南京条約(1842年)にて
香港はイギリスに割譲(かつじょう、土地、物などの一部分をさいて他に譲り与えること)されました。
香港は租借(そしゃく、他国の領土の一部を借りること)ではありません。
南京条約の第三条にはこう明記されています。
「…清国皇帝陛下は英国女王陛下に香港を割譲し、英国女王陛下およびその後継者は永久にこれを占有し、英国女王陛下の適当と認める法律・規則をもってこれを統治する。」(東洋史料集成)
よって香港は貸しているわけではないので、お金を貰っているとは思えません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港 中国 タイでのSIMカード

以前短い間ですが中国に駐在していて香港に年1、2回くらい今でも行きます、中国、タイ等でも使用できるSIMで有効期限が長い物
何が良いでしょうか?
以前中国では神州行で香港でpeoplesを使ってましたが期限切れてしまいました。
peoplesはタイで使用できたと思うんですが…その時点で期限切れで。

今如意中港通と全球通を考えてますがタイ等でも使用できますか?
全球通はシンセンで広告見てなんか世界で使えそうだったので…
通りすがりで詳しく見ては無いですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

香港のsmartone-vodafonのSIMカードはどうでしょうか?

中国国内に住んでいる人向けのSIMがあるようで、
それによると、香港→中国国内に電話する時は、香港内の通話料でOK、
海外でのローミングにも対応しているようです。

また、上記以外の普通のプリペイドSIMもあります。
こちらはネット上でチャージをする事が出来るので、
海外からでもチャージ出来、同番号の維持も簡単に出来ます。
もちろん海外ローミングも対応しています。

参考URL:http://www.smartone-vodafone.com/jsp/visitor/mobile_phone/tchinese/index.jsp

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

QVodafonのV66にSIMカード

香港へ長期で旅行に出る予定があります。
海外用の携帯電話としてボーダフォンのV66を持っていますが、この携帯にはUSIMカードが着いています。
このカードを現地で購入したSIMカードに変えて使えたら良いなと思いますが、使えるか解りません。
どなたか、USIMカード対応の携帯電話にSIMカードを入れて使えるかなど互換性がわかる方は情報をください。
この携帯でローミングサービスは使えるのですが、
ローミング代金がかなりかかりそうなので、
SIMカードを購入したいと考えています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

携帯電話が地域の通信方式に対応していれば、技術的には可能です。というよりもSIMカードを入れ替えても使用できるように設計されているんです。

ですがボーダフォンで購入した端末には、SIMロックというプロテクトがかかっていて、ボーダフォンのUSIMカード以外は使用不能になっている端末がほとんどです。

恐らくV66もSIMロックがかかっていますので、香港のSIMカードを入れても使用できません。

SIMロックを外す方法もあります。検索エンジンで
『お使いのキャリア名 使いの機種 SIMロック』で検索してください。ただし自己責任でお願いします。

Q領土割譲・租借・基地貸与 ジブラルタル

英領ジブラルタルについて質問します。ジブラルタルは立地的にスペイン国内にある英領(英海軍の基地)ですが、英西間に何らかの基地協定(例えば日米安保のような)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・1713年
ユトレヒト条約で
ジブラルタルを、スペインからイギリスに譲渡
(現在のスペイン政府は、ジブラルタル地方に英軍の駐留基地設営・軍港使用を認めただけと主張してるが、
国際社会には認めれてない)

・1985年。ジブラルタルとスペインの物、乗り物、人の自由な往来を保証する協定を
英・スペインが締結、スペインは長年行っていた陸路の国境閉鎖を解除。
英軍基地労働者など、毎日、約一万人のスペイン人がジブラルタルに通勤してるため。

※ジブラルタルは立地的にスペイン国内にある英領(英海軍の基地)ですが

間違い ジブラルタルの英軍基地は
完全に英国自治領ジブラルタルだけで、スペイン領内にはないので、
基地協定はスペインとは結んでない。

もちろんイギリス国防省と英領ジブラルタル政府は、基地問題について
協議の上、取決めを結んでいるが

QFOMAのSIMカードをGSM端末に使用は可能でしょうか。

ドコモのFOMAを使用しています。 また、海外出張用にGSMの端末(エリクソン携帯電話、香港で購入)を持っています。 両方ともSIMカードを使用していますので、FOMAのSIMカードをGSMの端末に入れたら、海外での使用は可能なのでしょうか。 ご経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

>FOMAのSIMカードをGSMの端末に入れたら、海外での使用は可能なのでしょうか。

使えます。基本的に国内にてWorld Wingの契約が必要です(無料)。
ただし最近、新規契約すると自動的にWorld Wingの契約も付属するようになりました。一度確認してください。
私も先日チャージがなくなったのでFOMAカードをGSM機に挿して香港で使用していました。結構使ったので後の請求が…

参考URL:http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/flow/mp_user/index.html

Q日清戦争と日清製粉

別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。

Qお得なSimカード

9月上旬に台湾(台北)・香港・オーストラリア(シドニー)の
3カ国に行く予定にしています。

Nokia 5070を買って
国際ローミングが可能なSimカードを利用しようと思います

私は、auを持っているのですが
グローバルエキスパートが高いので
あまりauのsimカードは利用したくないです

今後、年に1、2回海外に行く予定にしています

お勧めのsimカードを教えていただければ助かります
メインは、オーストラリア、次に香港になります

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

これがいいと断定はできませんが。
検索サイトで見つけたSIMの販売サイトです。
http://www.cheapcalls.jp/prepaid/

1週間くらいの滞在で、毎年どこかの国に行かれるのなら、ユナイテッドモバイルとかがよろしいのではないでしょうか。ただし、有効期限がありますので、番号を維持するためには、期限が切れる前にチャージする必要があります。

1国に1ヶ月以上も滞在するのなら、行く国の携帯電話会社のSIMを手に入れた方がよろしいです。

ちなみにこちらは、国際ローミングが出来るモベルのSIMを持っています。
海外へは頻繁に行くわけでもなく、いつ行けるか分からない状況ですから。
モベルの場合は、前もって払うプリペイドではなくて、使った分だけを払うポストペイドになっています。基本料金が無く電話番号もほぼ永久に使えます。ただし、通話料金が高いです。

Qアヘン戦争で清朝がイギリスと徹底抗戦していたら

もしもアヘン戦争で清朝がイギリスと徹底抗戦していたら歴史は大きく変わっていませんか? いくらイギリスが蒸気船や強力な軍隊を持っていても、総力戦でなら中国側が勝てたような気がします。清朝が総力戦を避けたかったのは乾龍帝の時代に勢力を広げすぎ多くの軍事費を使いこんでしまった為、中国国内の反乱を抑制する為に力を温存して置きたかったのだと考えます。ですが、逆に考えた場合、勢力範囲を縮小すれば清朝の戦力を一つに集中してイギリスと戦えた訳ですよね?ウイグル、チベット、モンゴルなどの統治を放棄しただけでもかなりの戦力を集中できたと推測できます。極端な話し無理に中国全土を少数民族の女真族で統治しなくても、女真族の本拠地、満州さえ維持してたら後は各地に同盟国を乱立させる事もできたわけです。少なくともイギリスと徹底抗戦するのはさほど難しい事のようには考えられません。ここでイギリスに楔を打ち込んでおけてたら、後の日本の歴史も大きく好転していたのではないでしょうか?

Aベストアンサー

cherry77_ さん、こんにちわ。



たぶんそうすれば、ゲリラ戦のようなことになり、確かにイギリスに勝てるかもしれません。しかし、そのために今度は国内に内乱の種をまくことになるかも知れません。そうしたことから清朝が倒れることになるかも知れません。清朝は乾隆帝の時代を過ぎ、全盛期時代の輝きを失い始めていました。しかし、帝国の支配力は維持ていかなくてはなりません。回答者様は「ウイグル、チベット、モンゴルなどの統治を放棄しただけでもかなり戦力を集中できた」といいますが、ここで挙げた地名は紛れもなく清帝国の地方であり、領土なのです。時代が下るにつれて漢化したとはいえ、女真族は支配者です。少数民族である彼らが、国内多数を占める漢民族を支配しているのです。そう簡単に彼らを信用することは難しいことだったと思います。

Q今回の中国出張で中国で使えるWifiルーターを購入しました。次回の中国出張はSIMカードを購入して現

今回の中国出張で中国で使えるWifiルーターを購入しました。次回の中国出張はSIMカードを購入して現地の回線ではなく香港などの回線を使用してLINEやFBができるようにしたいです。amazonなどでSIMカードを販売していますがどれを購入していいかわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

どれを買うかは使用するデータ容量や価格で選ぶことになると思うので、
以下のようなサイトを見てはいかがでしょうか。
https://c-study.net/2016/03/hongkong-sim-summary/

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報