1.哲学、文学、宗教の特徴
2.ギリシア神話の基本的思想
3.七賢人について
4.自然哲学について
5.ソフィストとソクラテスの相違点

A 回答 (1件)

1.哲学は個人的 文学は我がまま 宗教はおだんご(社会的という意味)


2.神様が人間的。
3.誰ですか?七武海?ヤマタノオロチ?(ごめんなさい、冗談すぎました)
4.科学的と思われるが、実は詩的観点。
5.ソフィストは、知ってるつもり。ソクラテスは、知ってる。
 
宗教の多くの教えは正しい(少ししか知りませんが)。すばらしいものです。しかし、それをひろめたのは組織のようですが、実は、ただ開祖の精神?が、自ら伝播したと言う事です。
お団子というのは引っ付いてるんです。お互いに。社会的ですね。もち米もむしてつけばもちになり、誰が誰か粒が立たない。引っ付いてしまった~って感じです。
個人意識まで引っ付いています。が、個人意識は又離れれます。
 
個人が個人を得ることを、期待します。いづれそうなります。そおとおくない。

そういう個人が社会「を」自立させます。
社会で自立すると言うのは虚です。自立して(個人を得て)さらに、社会を、「立たす」のです。それが、支えると言う行為であり、他者への奉仕であると言います。ついには、すべてへの奉仕です。その時、自分はすべてにおいて立ってます。
僕はマジですよ(真剣
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ