あるニュース特集で、「変わりゆく日本の食卓」が取り上げられていました。
高く珍しい食材が良く売れている反面、
レトルトやファーストフードで夕飯を済ませる家庭が、ものすごく増えているという内容でした。
そこで、現在の日本の食卓についていくつか質問。
・レトルトを夕ご飯に取り入れているとすればどんなものを?
・夕ご飯の時間は決まっている?家族が全員揃う?
・夕食後に家族で団らんすることは?

私の家は田舎なせいもあって、毎日七児に家族で食卓を囲みます。
とりわけ何を話すわけでもありませんが、
それが家族にとっての大切なコミュニケーションだと実感しています。
皆様の意見をぜひ聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・レトルトを夕ご飯に取り入れているとすればどんなものを?


スーパーで安ければ。原則として調味量として使い.味付けの下手さをごまかす(味付けの手抜きをする)のに使っています。

・夕ご飯の時間は決まっている?家族が全員揃う?
決まっていません。私が飯だといえば飯です。鍋の煮え方次第ですから。
そろいません。仕事の関係でめちゃくちゃです。

・夕食後に家族で団らんすることは?
そろえば.2-3時間は子供の愚痴を聞きますが.そろわなければこたつで寝てしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 11:31

夫婦と高二、中二の娘の4人家族です。


夫は仕事の都合上、ほとんど10時前には帰ってこられません。
娘達も部活、塾通いのため、私はパート勤務のため、帰宅時間はまちまちです。
残念ながら、家族揃って食事が出来るのは、休日のみです。
この状態がいいとは思いません。が、4人揃ってーということを考えるとそれはほとんど不可能であり、誰かが不便と空腹を我慢しなければなりません。
皆、遊び歩いているわけではなく、必然的にこのような状態になっているので、それは仕方ないかなと思っています。
たまに4人揃うと「お、○日ぶりだ~」なんて発言も出ます(笑)

コミュニケーションはどこかへ出掛ける、買い物に行くといった時に取っていると思います。子供達はむつかしい年頃なので、あまり父親に話しかけたりはしませんが、両親の前で娘達が会話するだけでも、普段考えている事とか様子が分かるのでまあ、いいかなと思っています。

最近はおっしゃるように「レトルト」や「半調理食品」も忙しいときにはちょくちょく使います。ただ、それだけで終わりというのはあまりにも侘びしいので、「○○の素」を使うくらいに止めておいています。
(こういう食品群は、外食と比較して中食などど呼ばれているようですね)

夕食後は塾がなければ、一緒に子供とテレビを見たり、パソコンを交代でいじったりします。私はびしっとした大家族は苦手なので、緩やかな「個」のつながりが保てる今の状態がわりと快適だと感じています。
しかし、何か家族が一人危機に陥ったら、助け合えるような関係ではいたいとは思いますが。

いろいろな家族に、それぞれのコミュニケーションの取り方があって然るべきと思います。utakobaさんが今の状態を大切に思っていらっしゃるなら、それを出来るだけ長く続けられるよう、力を尽くされたら如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心温まるお返事、ありがとうございました。
少ない時間を分け合って、いかに家族と過ごすか、
コミュニケーションを図っていくか。
「個」を大切にしながら、家族のバランスを良い状態に保っている、
そんな姿にとても共感いたしました。

お礼日時:2002/01/17 11:25

うちは主人と二人きりなので、あまり参考にならないかも知れませんが・・・。



 ・レトルト食品はほとんど使いません。やはり、美 味しくないですものね。でも、冷凍の食材や、焼売 は たまに使います。(裏切り行為でしょうか?)
 ・夕飯は、主人の帰りを待って7時頃です。必ず二 人で食べます。
 ・食後の団らんは毎日です。と、言っても二人きり なので当たり前か・・・。

この内容を見ると、新婚か?と思うでしょうが、実は結婚10年目の私たちです。
やはり私も、家族でする食事は大切な時間だと信じています。世の中忙しすぎて、そういう時間が持てる人が少なくなったのは残念ですが、そういう方たちは、またちがったコミュニケーションをとっているのかも知れませんね。
大切なのは、人それぞれ自分の信じる幸せの形を、人それぞれ実践していくことだと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。
おっしゃるように、時間が持てない家族には、
また違ったコミュニケーションのカタチがあるのでしょうね。
それぞれの家族ができうる限りの工夫と知恵で
時間にも心にもムリのない幸せの法則を見いだすことを祈ってやみません。

お礼日時:2002/01/17 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近の高校生は自分が不幸だ!不幸だ!と言います。その反面世界では貧しく

最近の高校生は自分が不幸だ!不幸だ!と言います。その反面世界では貧しくても幸福だという国もあります。その指標のしかたとしてGNH(国民総幸福量)というものがあります。これの代表国としてブータンが取り上げられます。ブータンは具体的にどのような取組みをしているのですか?また、今の日本の高校生がブータンに習うべき点はなんでしょうか?

Aベストアンサー

 GNHという指標について、主張したのは、ブータンの王様です。しかし、ブータンの国民が本当に幸福かどうかについては知りません。

 ブータンってどこにあるかご存じですか。ネパールのほんの東側の山岳国(海に接していない)ですよ。言っては悪いが、中国がその気になれば、今すぐにでも占領出来る国です。彼らが、チベットみたいに占領されていたとしても、多分何もできなかったでしょう。そういう国です。そういう国の国民が本当に幸福であるとお思いでしょうか。
 人口、66万人。吹けばけし飛ぶような国です。日本は自力で独立を維持していますが。ブータンには不可能でしょう。そういう国の国民が、幸福度の高い国といわれても、という感じ。

 ちなみに。ネパールに支援しているNPOに寄付をしていたことがありますが。インドで働いている(働かされている、人身売買)ネパール人売春婦の給料は、インド人の3分の1程度だそうです。で、インド人の売春婦のHIV感染率は10人に一人に対し、ネパール出身の売春婦のHIV感染率は3分の1だそうです。

 バリ島だって、日本人観光客の中には、理想の所に見える人がいます。しかし、バリ島の宗教はヒンズー教(の変形版)だと聞けば、バリ島の人達がそれほど、幸福ではないことは分かると思います。
 人間は自分が見たいものだけしか見ないものです。ある日本人が、カンボジアに行った時、現地の案内人にこう言ったそうです。「ここの人達は幸せね」と。そしたら、その案内人にこう言われたそうです。「それはあなたが幸せだからです」と。

 王様の意見なんてあてになりません。タイの国王が国民の不幸を分かっているかどうか。北朝鮮の首長は国民の不幸を分かっているかどうか。(独裁国家、もしくは王室というのは、自国を理想主義的に言うものです。ネパールの例だけではなく、国民が貧困にあえぐ中で、王室だけが、富を蓄えている国も多いです)
 
 日本だって。貧しい国の人達から見れば、理想の国に見えるかもしれません。でも、日本人にも日本人なりの悩みがあります。要するにそういうことだと思いますが。

 ちなみに。ブータンの一人当たりのGDPは日本の50分の1です。多分、相当確率で、今日の食べ物を得ることに困っている人達が大勢いるという予測はつきます。まあ、自分の国で取れる野菜ぐらいはあるかもしれないが。しかし、タイの農村部でも、一匹の鶏が貴重だという話を聞くので。ブータンの現状は大体推測がつきます。まあ、あんな山岳国、ネパールみたいな、ヒマラヤ山脈のような観光名所のある国ではないので。何とでもいえるのかもしれませんが。例えて言えば、昔、共産主義国家を理想化して言っていた人が日本にも大勢いましたが。その宣伝に騙されて、韓国地域出身者の人が大勢、北朝鮮に渡ったのですが。誰も行かない国なら、いくらでも理想を言えるよな、みたいな。ちなみに。ネパールの首都、カトマンズでは、大気汚染が、世界最悪レベルだそうです。(盆地だからのせいらしいですが)それでも統計上は、一人当たりのGDPはネパールはブータンの3分の1です。

 GNHという指標について、主張したのは、ブータンの王様です。しかし、ブータンの国民が本当に幸福かどうかについては知りません。

 ブータンってどこにあるかご存じですか。ネパールのほんの東側の山岳国(海に接していない)ですよ。言っては悪いが、中国がその気になれば、今すぐにでも占領出来る国です。彼らが、チベットみたいに占領されていたとしても、多分何もできなかったでしょう。そういう国です。そういう国の国民が本当に幸福であるとお思いでしょうか。
 人口、66万人。吹けばけし飛ぶような...続きを読む

Q農作業にマイコン機器を取り入れたい

私は就農が叫ばれる昨今、
経験が浅い一般の人が農業に携れるように
農業の敷居を下げたいと考えています。

その実用的な手段を工学的な側面から
支援できないかと考えています。

私が考えた案ですが遠隔土壌管理システムなどどうかと思います。
家にいながら農地の湿度や温度やペーハーなどが観測できれば
土壌管理という分野で役立てると感じました。

このように簡単なマイコンなどを用い
初心者で就農を目指す方の支援が出来ないか
できれば農業を行っている方などの意見を聞いてみたいです。

農作業で、こんな点が大変とか
マイコン機器で解決できるような内容があればアイデアを
頂きたいと思います。

文章が長くなりすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農業の自動化ですが、一部実用化されています。

大規模な投資が必要ですが、光源まで管理し、都会の地下でも栽培可能な植物工場は既に実用化されています。

参考:ウィキペディア『植物工場』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%B7%A5%E5%A0%B4

もう少し敷居を下げると、土の代わりに養液で栽培する方式では、かなりの自動化が可能なようです。

参考:ウィキペディア『養液栽培』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E6%B6%B2%E6%A0%BD%E5%9F%B9

個人的に面白そうだなあと感じているのは、ハイポニカですね。
こちらは、家庭向けのキットもあるので、本格的な農業とまではいかなくても、家のベランダで気軽に野菜を作れたりします。

参考:
『ハイポニカで農業をしよう』
 http://kyowajpn.co.jp/hyponica/farm/index.html
『プラント基本構造』
 http://kyowajpn.co.jp/hyponica/farm/system/index.html

農業の自動化ですが、一部実用化されています。

大規模な投資が必要ですが、光源まで管理し、都会の地下でも栽培可能な植物工場は既に実用化されています。

参考:ウィキペディア『植物工場』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%B7%A5%E5%A0%B4

もう少し敷居を下げると、土の代わりに養液で栽培する方式では、かなりの自動化が可能なようです。

参考:ウィキペディア『養液栽培』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E6%B6%B2%E6%A0%BD%E5%9F%B9

個人的に面白そうだ...続きを読む

Qデモって何人ぐらい集まればマスコミが取り上げてくれるものなのですか?

デモって何人ぐらい集まればマスコミが取り上げてくれるものなのですか?
10人ぐらいでも取り上げられることがある一方で、
5000人が集まっても取り上げられないことがあるので、
その基準がわかりません。
マスコミが報道でデモを取り上げる人数の基準を教えてください。

Aベストアンサー

報道する側の気分でしょう。

拉致問題絡みなら何千人と集まっても、朝日新聞は完全無視してきました。
一方、たった7名の「イラク戦反対デモ」を大々的に取り上げたこともありました。

Q核家族と大家族。

カテゴリーがあってるかわからないんですけど。核家族・大家族のそれぞれの良いとこ、悪いとこって何なんでしょう??私は核家族なんですけど大家族のほうがいいとこって何があるんでしょうか??

Aベストアンサー

家族がおおいと人とのコミニュケーション能力がたかくなるんじゃないでしょうか。
あと、一人っ子は甘やかされて育てられる危険性が高い気がします。

Q核家族と大家族の具体的な違いとは

 核家族をネットで調べると、ひと組の夫婦とその未婚の子供からなる家族。「大家族」と対になる言葉。とでてきましたが、これだと大家族と核家族の具体的な違いはどのようにみわければよろしいのでしょうか?例えば夫婦に4人の未婚の子供がいればこれは大家族でしょうか?核家族でしょうか?
 ひと組の夫婦とその未婚の子供からなる家族。が核家族ということであれば、夫婦に未婚のこども10人も核家族になりませんか?

 わかるかたお手数ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>夫婦に未婚のこども10人も核家族になりませんか?

その通り。
子だくさんの核家族です。

一般に「核家族(nuclear family)」と対になる概念は「拡大家族(extended family)」です。
これらはマードックという社会人類学者が家族形態の分類のために提唱した学術用語です。
核家族の別名として「小家族」,拡大家族の別名として「大家族」の語を用いることもありますが,
日常語の「大家族」と意味上のズレがあるため注意が必要です。

家族の定義や分類については下記URLを参考になさってください。

参考URL:http://www.mt.tama.hosei.ac.jp/~atokuyas/sociology060419.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報