カテ違いならすみません
忍者 っていう言葉は昭和に入ってからの造語だったと思いますがじゃあ実際彼らが活躍したころは何と呼ばれていたのでしょうか。
煙玉を駆使して八法手裏剣を投げて水ぐもで堀を渡ってくないで塀を登ってみたいなのを信じてるわけではないので諜報活動をしていた人々 ってことでいいです。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地方によって様々な呼称があります。


とくに呼称が明確でない地方については(流派名)だけ。
陸奥 陰術(しのび)・早道の者 (中川流)
陸前 黒はばき  
出羽   (羽黒流・上杉流)
越後・越中 陰猿・軒猿(のきざる)・間士・者役・郷導・郷談( 加治流)
下野   (福智流)
相模 草・かまり・忍・物見・乱破(らっぱ)・突破(北條流)
甲斐 三者(みつもの)・透波(すっぱ)・出抜(だしぬき)  (甲陽流・武田流・松田流・忍甲流・戸隠流・忍光流)
信濃   (芥川流・青木流・伊藤流)
尾張・三河 饗談(きょうだん) (秋葉流・一全流)
加賀 偸組(ねずみ)  
越前 隠忍術・志能便(しのび) (義経流)
近江 甲賀忍 (甲賀流)
伊賀 伊賀忍・窮盗・間議・測隠術(しのび) (伊賀流・理極流・瀧流・服部流・辻一努流・澤流・内川流・瀧野流・義盛流)
山城・大和 志乃比(しのび)・伺見(うかみ)・奪口(だっこう)・水破(すっぱ) (飛鳥流・蒲生流・楠流・九州流・秀智流)
紀伊   (名取流・紀州流・新楠流・雑賀流・根来流)
備前   (備前流)
安芸 外聞 (福島流)
肥後 関やぶり  
薩摩 山くぐり  

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぬおわーーーッ!!!
どんな人:一般人
どんな一般人ですか?
大変詳しくありがとうございました。

お礼日時:2006/02/27 23:25

草、草の者、乱破(らっぱ)、素破(すっぱ)、影葦、嗅ぎ足、間者など。



うろ覚えでは有りますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いくつかしか聞いた事がないですね・・・
なるほど、回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/27 23:24

「忍び」「忍びの物」じゃないすか?



あと、これにも色々な呼称が書いてます。
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/episode/ninja …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
全くの脱線ですが紹介していただいたサイトの他の項目が予想外に大変面白かったです。ためになりました。

お礼日時:2006/02/27 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q忍者・殺し屋風イラスト

忍者・殺し屋(アサシン)風イラストが載っているサイトってありますか?

教えてください。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&q=%E5%BF%8D%E8%80%85

Q伊賀忍者と甲賀忍者の待遇差

伊賀忍者と甲賀忍者の待遇差

江戸も平和な時代になると、伊賀忍者は同心として30俵3人扶持、職務も空き屋敷の管理とか軽い役目、甲賀は与力として200俵を与えられ、江戸城の門番などを務める。
元々の出自が、伊賀は足軽身分に対して、甲賀は望月家に代表されるように六角氏配下の豪族身分であり、武士階級だったという差はあるにしても、功績を考えれば、伊賀の方が上だと思います。
何せ甲賀忍者は伏見城攻防戦で裏切たため、守将の鳥居元忠以下が討ち死に落城しているのに対して、伊賀忍者は伊賀越えで家康を助けた功があり、幕府成立後の待遇の差に何となく釈然としません。
現実、伊賀忍者は服部半蔵正就の時代には待遇改善を要求する事件も起こしており、伊賀忍者自体待遇に不満もあったと思います。
裏切り者が重く用いられ、功臣が軽んじられたのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

「徳川実紀」にある「このおり、伊賀路まで御供せし輩は、のちに
召し出されて直参となり、鹿伏兎越えまで供奉し半途より帰京せし
二百人の者どもは、服部半蔵正成に属され、伊賀同心とて諸隊に配
せられしなり。・・・・・・・また甲賀の者も、武島、美濃部、伴
などというやからは、直参となり、その以下は諸隊に配せられて、
与力同心となされしもあり。」の事ですね。
これを見る限り家康は、伊賀、甲賀の衆の待遇に、あまり差別を
付けなかったようです。
御説のように直参になった甲賀の者は、もとが豪族の頭だった者で、
元の身分に応じるように、伊賀、甲賀の衆の職を決めたようです。

家康は甲賀衆を早くから使っています。  松平の頃今川の一族
鵜殿長持の上郷の城攻めに甲賀衆を呼び、伴与七郎、鵜飼孫六ら
が夜城中に忍びこみ、放火し暴れ混乱させ伴は大将を討ち取った
と記録されています。   その後もあります。

家康の「伊賀越えの難行」にも伊賀衆だけでなく、甲賀衆の働き
もあったと伝わっています。

のちに島原の乱で甲賀衆が忍びとして、出陣したのもその価値を
認められていたためです。

伏見城攻防戦で、甲賀衆の一部が西軍に内応して放火して、落城
が早まっても、其の位の事で甲賀を憎む家康ではありません。
関ヶ原のあと、西軍について改易になった大名でも、のちに
相当な数の復権があります。   種々の事情で心ならずも西方
についた大名です。   元の知行に戻ったのもいます。

それまでの家康に対する功績を評価しました。
伏見城の場合でも、人質とかで止むを得ず裏切っても、家康は
それを認め許したものと思います。   温情ある政治です。
この家康の温情ある政治が江戸幕府260年の基礎の一つです。
(あくまでも敵対する者は決して容赦しませんが)
家康は色々規則を作りましたが、ゆるやかで例外を認めました。
がちがちの規則にしたのは家光の時代からです。

今の時代にも温情ある政治が欲しいですね。  法律、法律で
一切例外を認めない今の官僚に、家康の爪の垢を煎じて飲ませ
たいものです。

「徳川実紀」にある「このおり、伊賀路まで御供せし輩は、のちに
召し出されて直参となり、鹿伏兎越えまで供奉し半途より帰京せし
二百人の者どもは、服部半蔵正成に属され、伊賀同心とて諸隊に配
せられしなり。・・・・・・・また甲賀の者も、武島、美濃部、伴
などというやからは、直参となり、その以下は諸隊に配せられて、
与力同心となされしもあり。」の事ですね。
これを見る限り家康は、伊賀、甲賀の衆の待遇に、あまり差別を
付けなかったようです。
御説のように直参になった甲賀の者は、もとが豪族の...続きを読む

Qホームページの作成のサイトは、忍者とFC2ではどちらが良いんでしょうか?

※初心者です
ホームページをレンタルで作ろうと思っています。
忍者かFC2か迷っているのですが、それぞれどんなメリットがあるんですか?
私はイラストサイトを作ろうと思っています。画像中心のサイトはどんなホームページ作成サイトが良いんでしょうか?
あと、忍者やFC2に登録したらメールマガジンとか来るんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

イラスト中心のサイトならば、どうしても容量を使いますので
容量無制限の忍者の方が安心して使えるかと思いますよ。
FC2は1Gと容量が制限されていますので。

登録者には忍者はメールマガジンなどは来なかったかと。
FC2はブログを使用したことがありますが、こちらは定期的にサービス案内などのメールが届きます。
配信については選べたかと思います。

Q伊賀忍者と甲賀忍者

子供の頃からの疑問ですが、時代劇のストーリーでは何故か「伊賀忍者=正義の味方」「甲賀忍者=悪者」という図式が出来上がっています。
何か歴史的背景があるのでしょうか?

Aベストアンサー

よく「伊賀忍者」、「甲賀忍者」と一括りの集団が存在しているように思いますが、実際は伊賀者は伊賀国(三重県)に、甲賀者は甲賀群(近江国南部)にそれぞれ住む地侍です。伊賀者の住む上野や名張、甲賀者の住む甲賀は隣接するので、協力することはあっても、「流派が違から」ということでが争うことはありません。

 伊賀は山に囲まれた閉鎖的土地柄からか統一権力が生まれにくく、土豪・地侍がそれぞれ小党を組んで互いが争っていました。その時に生まれた夜襲・放火・諜報術が、後の伊賀者・甲賀者の誕生となります。なお、甲賀者も隣接する伊賀者の流れを汲む、甲賀群在住の地侍といった方が的確かもしれません。


 甲賀者は六角氏に仕えていましたが、織田信長の観音寺城攻めで統制が乱れ、その後織田・豊臣氏に帰服。また徳川家康の伊賀越えや長久手の戦いを助ける者もいました。そのことが秀吉の反感を買い知行取り上げ・追放となり、そのことで甲賀者は徳川に近づきます。
 関ヶ原以降では山岡景友配下の鉄砲同心として召し抱えられますが、大半はこれを嫌い、また家康・秀忠・家光の関東移住の勧めすら、古風を重んじてそれを断り、生国の郷士として没落しました。尾張・高槻・岸和田などの藩では、それを惜しんで甲賀在住のままで忍者・鉄砲同心に召し抱えられました。

 伊賀者は北畠信雄・織田信長の伊賀征伐への反抗で勇名を響かせましたが、同時に大打撃により各地に離散。彼らを家康が厚遇し、特に伊賀越えでの功績により直参・同心へと取り立てられ、服部半蔵に付属します。その後は幕府の雑役を務め、大奥の警護・普請場の巡視・西の丸非常口の山里門警備・甲州口の警護を務めました。


ちなみに、講談などでお馴染みの真田幸村に仕えた十勇士のうち、猿飛佐助は甲賀、霧隠才蔵は伊賀ですね。

参照『国史大辞典』「伊賀者」・「甲賀者」各項(吉川弘文館)

よく「伊賀忍者」、「甲賀忍者」と一括りの集団が存在しているように思いますが、実際は伊賀者は伊賀国(三重県)に、甲賀者は甲賀群(近江国南部)にそれぞれ住む地侍です。伊賀者の住む上野や名張、甲賀者の住む甲賀は隣接するので、協力することはあっても、「流派が違から」ということでが争うことはありません。

 伊賀は山に囲まれた閉鎖的土地柄からか統一権力が生まれにくく、土豪・地侍がそれぞれ小党を組んで互いが争っていました。その時に生まれた夜襲・放火・諜報術が、後の伊賀者・甲賀者の誕生...続きを読む

Q■無料イラスト素材を探してます!■

校内新聞を作成しているのですが、
海賊の宝地図みたいなものか、忍者の巻物っぽいイラストを探してます。
少し急いでますので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLは、キーワードを入力して素材が検索できるサイトです。
いろいろなサイトからの素材が一度に検索されます。

海賊の宝地図や忍者の巻物はむずかしいかもしれませんが、
「海賊」「地図」「忍者」「巻物」なら出てくると思います。

掲載素材の多さではかなりだと思います。
ご希望のものが見つかるといいですね。

参考URL:http://www.ran.co.jp/

Q

外堀だけを埋める約束だったのに内堀も埋めた…。
秀頼は内堀を埋める過程も見えていたはず…。
工事業者や家康に
その場で文句を言わなかったの?
約束が違うと抗議しなかったの?
工事業者を刺すわけにいかないのなら
内堀工事を傍観してるあいだに
家康軍を攻めればよかったのに・・・。

Aベストアンサー

工事業者が埋めたのではなく、家康の手勢が埋めました。
豊臣方から抗議はしましたが、作業をしているのはみんな気の荒い兵隊ですし、誰もそんなことは聞きませんでしたし、埋めるものが足りなくなれば手当たり次第、塀や屋敷もつぶして埋めてしまいました。
攻めるにしても全員が非武装で工事しているわけではなく当然完全武装の警備兵もなにかあれば攻撃してやろうと待ち構えていましたから、せっかく和睦したばかりで気の抜けた豊臣方は攻撃するだけの意欲はなかったでしょうし、そういう決断ができる人間もいませんでした。

Qパソコンでイラストサイトを作成したいです

パソコンで自分のホームページを作りたいと思っています。
携帯ではホームページを作ったことがあるのですが、パソコンでは初めてなもので右も左もわからない状態です。
一応一通り検索してみたのですが良くわかりませんでしたので、皆さんのお力を借りたいと思い、質問させていただきました。
今のところイラストサイトを作る予定です。
忍者ホームページというのが有名だそうで使ってみたのですが、どうも難しくて・・・
もっと簡単に作れるような無料のホームページ作成サイトはないのでしょうか??
また、イラストサイトを経営なさっている方がよく使っている作成サイトも教えていただければ幸いです。
説明不足のようでしたら補足いたしますので宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

3,4年くらい趣味でイラストサイトやってました。
最初は私もちんぷんかんぷんでしたが今ではすらすらできるようになりました。
私的には忍者よりもFC2の方がやりやすいと思いますね。
ずっとこれを使っていました。容量も多いし。
アクセス解析などは忍者のを借りてやってましたけどね。

タグとかでオススメサイトを貼っておきます。

アイボリッジ
http://tuku.spawn.jp/index.htm

Q東ドイツの秘密諜報組織について

東ドイツ崩壊後、この国において諜報組織が広範に広がっていたことが判明。膨大な諜報活動書類と組織の実態が暴露されたと聞きました。

ある説では、国民の大半が諜報活動に携わっていたか、強制させられていたようです。

ただ、これらは犯罪だと思いますが、国家が崩壊し、西ドイツに吸収されたことでこれらの犯罪は罪を免除されたのでしょうか。それとも関係者は法の下で裁かれたのでしょうか。それともまだ調査中でこれからのことなのでしょうか。

それらしい情報がみつかりません。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

諜報活動の全てが非合法ではありません。外国の新聞記事やTV報道などの合法的に頒布された情報を分析して、複数の情報を総合評価するなどして裏に隠された情報を察知するのもスパイ活動ですし、諜報活動の大半はこのような合法的活動です。実際のスパイ活動で非合法な活動はほんの一部に過ぎません。

>ある説では、国民の大半が諜報活動に携わっていたか、強制させられていたようです。

これは密告制度の事だと思いますが、共産党独裁体制の国ではよくある事で、大量虐殺に繋がった等の特殊な件でもない限り、一々全部を犯罪として立件出来る類の事ではないでしょう。国民全員が潜在的密告者なのですから正確な検証はほぼ無理です。

シュタージについては、No1の方の指摘通りです。

Qイラストサイト、訪問者が増えてコメントも欲しい!

私はイラストサイトをJimdoというサーバーで無料で作っています。
FC2や忍者とは違い、Jimdo内ではホームページのランキングやカテゴリ検索が存在していません。そのため、アクセスを稼ぐには自分から外へリンクを増やしていく事が中心になります。
今はpixivとTINAMIとお絵描きJPと、ブログの殿堂などに登録しています。

私の場合ですと、一枚の絵にかかる時間が長く、日にちも開けてしまうのでなかなか新規イラストを更新できないのが欠点です。そのためお絵描きJPなどで登録しても、サイトを宣伝するためのイラストを投稿できないので、アクセスアップが出来ません。
サイトの更新内容は主にブログ記事をたまに描く程度です。(内容は画像を必ず載せて、絵の制作だとかを中心に書いてます)
他のイラストサイトと相互リンクも少ししていますが、交流はあまりしていないです。

現在私のイラストサイトに公開してあるものは
イラスト5枚
ドット絵10枚です。
アクセスは一日10人を超える程度です。
アクセスアップはもちろんしたいのです。
何よりもコメントをもらえて、私のサイトを見ている人がいるという事を実感したいです。
二回だけブログにコメントがもらえたのですが、その時本当に嬉しかったです。

コメントがもらえる交流のあるイラストサイトは本当に良質なのだと思います。
そのような良質なサイトとは、例えばどんなサイトだと思いますか?
そして、イラストサイトのアクセスアップとは、みなさんどのように工夫していますか?

参考までに、私のイラストを一枚添付します。絵柄はこんな感じです。
(サイズが合わないのでトリミングで…)

私はイラストサイトをJimdoというサーバーで無料で作っています。
FC2や忍者とは違い、Jimdo内ではホームページのランキングやカテゴリ検索が存在していません。そのため、アクセスを稼ぐには自分から外へリンクを増やしていく事が中心になります。
今はpixivとTINAMIとお絵描きJPと、ブログの殿堂などに登録しています。

私の場合ですと、一枚の絵にかかる時間が長く、日にちも開けてしまうのでなかなか新規イラストを更新できないのが欠点です。そのためお絵描きJPなどで登録しても、サイトを宣伝するためのイ...続きを読む

Aベストアンサー

実力だけでコメントがもらえている人はごく一部です。
残念ですが、そこまでの実力は質問者さんには無いと思います。
それと、絵柄が独特なため万人ウケしません。
よってコメントを貰うためには同系統の人と親密になるしかないと思います。

Pixivならグループがありますが、利用していますか?
交流するためには自分から積極的に交流する必要があります。
相手の絵にコメントを残せば相手も自分の絵にコメントしてくれるようになります。
昔、イラスト小説サイトをやっていましたが、1日100アクセスあってもコメントをもらえることはほぼありませんでした。
同系統の人が不定期開催していた絵茶やwebアンソロに参加して知り合いを増やしていけばぼちぼち貰えるようになりましたね。
あまり大手サイトを狙うとアンチにも狙われるので、自分と同じくらいのレベルの知り合いを増やしていった方が平和だと思います。

Pixivで、実力もあり評価もそこそこ高い人でしたが「コメントやメッセージはほとんどもらったことがない」と言っている人もいました。
やはり自分から交流するかどうかが重要ポイントであると思います。

実力だけでコメントがもらえている人はごく一部です。
残念ですが、そこまでの実力は質問者さんには無いと思います。
それと、絵柄が独特なため万人ウケしません。
よってコメントを貰うためには同系統の人と親密になるしかないと思います。

Pixivならグループがありますが、利用していますか?
交流するためには自分から積極的に交流する必要があります。
相手の絵にコメントを残せば相手も自分の絵にコメントしてくれるようになります。
昔、イラスト小説サイトをやっていましたが、1日100アクセスあってもコメ...続きを読む

Qスパイや諜報活動について

 古来から国と国の外交や戦争には必ず裏の諜報活動があったと思うのですが、特に外交で有利に交渉した国や戦争で勝利した国は、どのくらい相手国に関する正確な情報を掴んでいたのでしょうか。
 有名なスパイや忍者は時代が下るほど文献に残ってますし、逸話などが有りますが、実際に王家や大名がどんな情報を得ていたのかよくわからないのですが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

どのくらいなのかというと、たぶんほとんど分かっていないと思います。ただ、情報戦に勝利した人というのは、情報網を持っていたということと、駆け引きに勝利したということだと思います。

どんな情報にも常に「誤報」というものが付きまといます。例えばソ連の戦闘機Mig-25が函館に亡命したとき、ソ連の特殊部隊がMig-25の奪還・破壊作戦を実行するという情報が自衛隊にもたらされました。その信用度は「A」とされました。情報源については秘匿しなければなりませんから明らかにはなっていませんが、米軍あるいは米国の極めて信用できる筋からの情報だったのでしょう。
しかし、実際にはソ連軍は来ませんでした。それがソ連の情報戦によるニセ情報なのか、作戦が実施寸前に中止されたのか、それは永遠に謎です。しかしそういうこともしばしば起きるわけです。

日本人は誤報を嫌いますから、情報のウラをとりたがります。そのことそのものは悪いことではないですが、しかし生モノである情報のウラをとろうとすればどうしても時間がかかります。かくして、かつて日本政府は北朝鮮がロケット(ミサイル)を発射したときにウラをとることに気をとられ、「確かにロケットは発射された」と分かった頃にはもう頭の上を飛び去った後だった、なんてことが起きるわけです。

情報というのはどこか一ヵ所から手に入れるわけではなく、いろいろなところから手に入れて総合的に判断するのが原則です。それは別に戦争とか国家レベルでなくても、部長と女子社員が不倫しているという噂話レベルでも同じです。あの2人が親しげに話しているところを見た、一緒に食事をしているところを見かけたなんて情報が集まって「あの2人は怪しい」となるわけです。

それがはっきりしない限りは「たぶん、そうだろう」という判断で行動するしかありません。桶狭間の合戦で信長が出撃したのも、今川義元の場所の情報が入ったからですが、それが100%確証を得てから行動したわけではありません。むしろ、信長本隊が攻撃を開始したとき、それが義元の本陣であるとは気づかなかったという説がありますし、私もたぶんそうだったろうと思います。信長が熱田神宮から中島砦へ進出しようとしたときに家臣は馬の轡をとってそれを止めたというエピソードもあります。
みんな、分からないのです。分からないなりに得た情報をもとに行動し、その勝負に勝った者が歴史に名を残す、というわけです。ポーカーでいえば、相手のカードをすべて知っていたわけではなく、1枚か2枚の情報をもとに勝負するって感じでしょうね。

どのくらいなのかというと、たぶんほとんど分かっていないと思います。ただ、情報戦に勝利した人というのは、情報網を持っていたということと、駆け引きに勝利したということだと思います。

どんな情報にも常に「誤報」というものが付きまといます。例えばソ連の戦闘機Mig-25が函館に亡命したとき、ソ連の特殊部隊がMig-25の奪還・破壊作戦を実行するという情報が自衛隊にもたらされました。その信用度は「A」とされました。情報源については秘匿しなければなりませんから明らかにはなっていませんが、米軍あるい...続きを読む


人気Q&Aランキング