13歳の男子、左膝を離断性骨軟骨炎といわれ、ドリリングオペを行いました。
半年間運動停止、ギブスで膝の固定をします。
半年後に軟骨再生がされているか、再度、関節鏡オペで確かめる、と言われました。
この確認オペはどうしても受けなければいけないのでしょうか。半年で2度の入院やオペは、できればやりたくないのですが。やらずに運動開始していい時期の判断はできないものでしょうか。
軟骨はまだ剥がれていず、大きさは3cm直径くらい、程度は中程度だったそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

離断性骨軟骨炎は関節軟骨が下の骨ごと剥がれてしまう病気です。


手術及び経過観察の仕方については現役の整形外科医が書かれた下記参考URLが詳しいと思います。
問題なのはいつからスポーツなど再開させるかという問題です。多くはX線などで経験的に求めるのですが、内視鏡による方法は直視ですからより確実性が高いと思うのです(子供であり確実性をより重視した結果と考えられませんか?)
しかし、患者やご家族の希望というのは大切なものですので、ご希望を主治医の先生にお伝えになるのがよろしいかと思いますよ。その場合は、親御さんの心情を端的に伝えられるのがベターだと思います。

参考URL:http://www.med.keio.ac.jp/~inokuchi/ridannseiQA. …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
おっしゃるとおり、確実だと思いますので、医師とも相談してみます。整形は判断が難しいのでご意見ありがたかったです。

お礼日時:2002/01/24 15:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 離断性骨軟骨炎<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    離断性骨軟骨炎とはどんな病気か  関節軟骨の一部が軟骨下骨層とともに壊死(えし)を起こす疾患で、剪断型骨端症(せんだんがたこつたんしょう)と考えられています。壊死を起こす原因にはかかりやすい素質と外傷が考えられます。関節の運動によって剪断力(はさみ切る力)がはたらくと、壊死部は離断されて関節遊離体になります。発生部位は膝(しつ)関節、肘(ちゅう)関節に多く、股(こ)・足(そく)関節にもみられます。 膝関節の...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離断性骨軟骨炎について

昨年9月に左拇指関節を離断性骨軟骨炎で手術しました。
現在右拇指にもその兆候が見られています。とりあえず、腫れも痛みもまだひどくないので、湿布で様子を見るようにかかりつけの整形外科医に言われました。
他に、注意すべき点とかあるのでしょうか。できれば、これ以上ひどくしたくないのですが…。

Aベストアンサー

 私も大変失礼致しました。そうですね、足の疾患の場合、一般的に広く使われているのが「足底板」です。これを使うことによって指にかかるストレスの方向を変えることで痛みが軽減されます。今回の足も前回と同様に「足底板」を使用するのも効果があると思いますが、これ以外には「厚底靴を履く」などで指にかかる負担を減らしてみるのも効果があると思います。

Q病院に訴えたい!!!!

右ひじ離断性骨軟骨炎で息子が小6で膝の軟骨を移植医師の診断は常に「順調に回復」と言われ 只今1年と2ヶ月ちょっと経ちます。中学校ではシニアに入団し10月に入り新メンバーでの練習でポジションはキャッチャーを練習しておりました。肘の状態は可動域が凄く狭く腕も180°伸ばせず曲も70°曲がるかどうかです。そして球を投げると内側も病み出しました…手術した外側は痛みはないものの骨が出っ張って凄く歪な形をしてました。

そんな状態でも受診の際は「レントゲンも綺麗フォームの改善で内肘の痛みは無くなる」と言われ続け私達も信じてました!骨の出っ張りも「過成長だから体が大きくなって成長すれば何の問題もない」とのことで信じてました。
しかし シニアの監督 コーチはずっと「おかしいぞ!」と言ってました。そしていよいよ監督が「手術してこんな風になった肘は見たことない!失敗したんじゃないのか?…違う病院かかってみれ!」ととても心配そうに信頼ある病院を紹介してもらい 紹介状無しでとりあえず予約受診しました!
するとレントゲンを見て先生は「変だ!いくつか骨に穴があり骨も欠けている」MRIとCTも取り診てみると水はたまってる、軟骨が潰れてるのでは、骨の中に空洞がある、とにかく骨の形もおかしい。「この年齢でこの様な症例は見たことがない!凄く悪い状態ですね…何人か僕の知ってる良い先生が居るので話してみて、今後の治療方針を考えるのに宿題持ち帰って良いですか?」ととても深刻そうな状態でした。
とりあえず今言えることは「手術が必要!野球復帰を優先して考えるより将来不自由しない為の早期治療!」でした。
息子は手術と聞いてとてもショックでガクッと下を向いてしまいました…私達は何で?何で?と思うばかり、レントゲンでわかるものがなぜ今の今までわからなかったのか…いや わなかったのではなく隠していたのか…嫌な予感がします。
その後データは全てもらえることになりましたが、私達は納得出来ません!もしも万が一誤診や隠蔽だとしたら訴えることは出きるのでしょうか…?
人間一人の人生を左右する重大な過失ではないのでしょうか…?
野球出来ない以前の問題だと思うんです!

来週の火曜日に紹介された病院へ行きあらかた治療方針が決まります。データはその日に前の病院からもらいに行きそれを持って行きたいのですが、その時前の病院の先生と話してきたいとは思ってます。
とにかく 許されないことなので、どうにかして 訴えてやりたいのです!
私達に出来ることは何かありますか?

右ひじ離断性骨軟骨炎で息子が小6で膝の軟骨を移植医師の診断は常に「順調に回復」と言われ 只今1年と2ヶ月ちょっと経ちます。中学校ではシニアに入団し10月に入り新メンバーでの練習でポジションはキャッチャーを練習しておりました。肘の状態は可動域が凄く狭く腕も180°伸ばせず曲も70°曲がるかどうかです。そして球を投げると内側も病み出しました…手術した外側は痛みはないものの骨が出っ張って凄く歪な形をしてました。

そんな状態でも受診の際は「レントゲンも綺麗フォームの改善で内肘の痛みは無くな...続きを読む

Aベストアンサー

>私達に出来ることは何かありますか?
医療事故に強い弁護士に相談することです。
これまでの経緯や、病院からもらったデータなどを揃えれば良いでしょう。
ただ、医療過誤を起こしたかもしれない病院や医師には、とりあえずあまり言及せずにいましょう。
万が一証拠隠滅などをされては困りますから、普通に病院変えます、これまでのデータくださいのスタンスの方がよろしかと思います。
そして資料を持って弁護士に相談した上で、戦えるとなった場合は、ガッツリと病院と医師に弁護士同伴の上言及するようにしましょう。
すぐにでも怒鳴り込みたいお気持ちはお察ししますが、今はまず冷静になって、態勢を整えましょう。
お子様の肘が早く正常になり、野球で活躍できることを願っております。

Q離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎(右距骨骨軟骨障害)で4/11に手術をし、6/15に全荷重歩行を開始したのですが、8日経っても痛くてほとんど歩けず、熱感を生じては腫れて、冷やすを1日に何度も繰り返しています。 以前担当医からヒアルロン酸注射の話は出ていたのですが、前回の外来の際に痛みを訴えた時にはヒアルロン酸注射の話は流されました。『ロキソニンを処方しますか?』と聞かれましたが、一時凌ぎと痛み止はあまり好きじゃないので、断りました。ヒアルロン酸注射とは効果は高いのでしょうか?医師でも安易に注射出来ないものなのでしょうか?3週間間隔で外来の予約を取られているので、あと2週間痛みに耐えながら生活が出来るか心配です。皆様のご意見やアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

>冷やすを1日に何度も繰り返しています

これは医師から了解を取っていますか?むやみにアイシングをするのは回復を遅らせるだけですよ。


>一時凌ぎと痛み止はあまり好きじゃないので、断りました。

これに関しては前回一時凌ぎではないとお話しましたね。痛みがあるのなら我慢せず処方してもらった方が医学的に見ても有意だと私は思います。


>アルロン酸注射とは効果は高いのでしょうか?

ヒアルロン酸注射も数種類あります。どの薬を使うかによっても効果が違うと思いますし、そもそもヒアルロン酸に鎮痛など即効性は(ほとんど)ありません。

Q離断性骨軟骨炎(右距骨骨軟骨損傷)

去年の10月末に捻挫し、先月手術(ドリリング&骨釘固定術)を受けました。なるべく経過を善くする方法やリハビリの仕方、同じような怪我をされた事のある方や整形外科の方居ましたらアドバイスお願い致します。一応『足の外科学会』に名前が載っている専門医に手術してもらいました。私は現在26歳です。

Aベストアンサー

今現在リハビリは行っていないのですか?

貴方の体格、関節の状態、今現在どういったリハビリを行いどのくらいできるのか、などなどここでは到底知ることの出来ない情報がリハビリには必要になります。ですから主治医や担当PTにアドバイスを貰うことが最善の方法だと思います。

たいしたお力添えも出来ずしませんでした。お大事にしてください。

Q野球肘は手術しないと治らない?

高校1年の息子、野球肘(離断性骨軟骨炎らしい)で手術を勧められました。
小学生のときも軟骨がはがれかけて何ヶ月も大事をとって野球を中断しました。
今度は、手術すると1週間くらいで、また投げられるとか?
出来れば、体にメスは入れたくないのですが。必要ならしょうがないです。が、他に治療方法はないのでしょうか。その後の将来の問題は?経験のある方の意見もお願いします

Aベストアンサー

こんばんは。私は医者ではないですが野球をしています。野球する上で肩や肘の故障はなかなか切っても切れないものだと思います。実際私も二年前ルーズショルダー(肩関節がゆるくなる)と診断され一年間ボールが投げれませんでした。その時はカイロプラクティックで骨のゆがみを矯正して投げれるようになりました。
 やはりメスを入れることは大変抵抗があったので手術だけは避けたいと先生には伝えました。
 しかし今回の相談の内容を見てみるとそれほどの大手術にはならないと思います。1~2センチメスを入れるだけの内視鏡の手術で完了すると思いますよ。
 一週間で投げれるかどうかはわかりませんがすぐに良くなると思います。
 息子さんの好きな野球が一日でも早く満足な状態で出来るよう担当の先生とも十分話し合ってください。
 お大事に。

Q離脱性骨軟骨症

若年層の過度なスポーツによる、離脱性骨軟骨症について質問させていただきます
10歳と7歳のうちの子供がロッククライミングをやっているのですが、専門誌の中で成長期にクライミングにより指の関節に軟骨症が増えているという記事が載っていたので心配しています。
週に1回2時間ほどジムに通っています。
症状や、ケアの仕方について教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします

Aベストアンサー

 やはり離断性骨軟骨炎だったようですね。普通肘・膝・足首に多い疾患です。ほとんどの場合は酷使が原因です。はっきりとした外傷がなく生じる、関節の痛みや腫脹が症状です。ケアや治療は程度により異なり、重症では手術することもありますが、基本的には安静です。つまり原因となるスポーツなどを控えることです。

 すでに検索済みかもしれませんが、詳しいことは離断性骨軟骨炎で検索するとかなり引っかかりますので調べてみてはいかがでしょうか?

Q野球を続けたいが体が...

僕は高校2年生の野球部です。自分は野球が大好きで、小学校から白球を追い続けてきました。小学校からやってきたのが原因で、硬式野球を続けていた中学校3年のときに、医者から右肘の離断性骨軟骨炎と診断され手術することを勧められました。このときはまだ高校野球があるじゃないかと高校に入学したら、楽しく伸び伸びと試合勝ち負け関係なくやっていきたいなあ~と希望を持ちながら、高校一年の4月に膝からの骨移植手術をしました。必死に基礎体力を磨き雑用もやってきました。
ようやく高校一年生の9~10月の間に徐々に本格的に野球ができるという許可をいただき好きな野球に打ち込める日々がやってきたのだなと毎日充実した日々を送りました。
3年生が引退し、ようやく新チームになって今まで野球ができない苦しい日々を送った分、必死に練習に打ち込んできたつもりです。おかげで徐々にだけど試合に出られるようになりました。ものすごく怒られる時もあったけど、めげずに頑張ってきました。
しかし、今年の8月上旬に再発し、関節ねずみも生じていると診断され、それの除去と、また骨移植手術を8月の下旬に行いました。主治医は、「しばらく野球することは禁止し、安静にすること。でもそれで根治するとは限らない。また野球をして再々発する恐れがある。そのときは手術ができない。最後に野球をすることによって将来右肘に重度の障害が残る可能性がある。」と診断され、頭が真っ白でした。
親は、やはり僕の体が心配しているのか、「続けさせたいけど、この先の将来のことを考えると、やはり野球は断念すべき...
今まで十分やってきたんじゃないの。」と言われました。
この前、公式戦があって応援しました。その時ものすごく惨めさ感じました。試合は勝ってみんなが盛り上がっているときに、一人だけ盛り上がることができない自分がいました。
今、休部しています。でもまた戻ってきたとき約半年間、雑用や体力づくり、リハビリなどの地道なことが待っています。
チームのみんなは早く治せと心配してくれます。
監督は、「面白くないのはわかる。でもチームのことも考えて練習週2回見学にこい、週末の公式戦以外は練習休んでもいいから。」と見学をしているうちに、なんだかもう・・この状況が嫌になりました。
乱文で申しわけありませんが、自分のやりたいことがよくわからなくなりました。
この境遇を経験している方、アドバイスお願いします。
補足ですが、うちの高校あまり強くない高校だけど、すごく夜遅くまで練習する一生懸命な学校です。

僕は高校2年生の野球部です。自分は野球が大好きで、小学校から白球を追い続けてきました。小学校からやってきたのが原因で、硬式野球を続けていた中学校3年のときに、医者から右肘の離断性骨軟骨炎と診断され手術することを勧められました。このときはまだ高校野球があるじゃないかと高校に入学したら、楽しく伸び伸びと試合勝ち負け関係なくやっていきたいなあ~と希望を持ちながら、高校一年の4月に膝からの骨移植手術をしました。必死に基礎体力を磨き雑用もやってきました。
ようやく高校一年生の9~10月の...続きを読む

Aベストアンサー

部活に参加できないのに見学だけに行くのは、結構精神的に堪えますよね。

私も高校の頃、足の怪我で一ヶ月くらい部活ができなくなりました。
ですが私の場合、部活の練習、シゴキにほとほと嫌気がさしていたので、
むしろ公然と休めるのが嬉しかったのですが、部活を休むことは許されませんでした。
練習に来てただ漫然と筋トレしながら練習を見る。ある種、練習よりきついですよね。
「俺なんで部活来てるんだろう」と随分へこみました。

でも、辞めませんでした。
なんだかんだで自分には部活以外に特にやりたいこともなかったからだと思います。
あなたが本当に野球を続けたいのなら、やはり辛くとも部活に通い続けた方がいいのかと思います。
私が小さい頃に活躍していた巨人の吉村選手は、重度の障害者認定を受けるほどの
怪我を負いながらもリハビリの末復帰して、活躍しました。
医者が「もう無理」といった状態から復活したエピソードはたくさんあります。
もう一度野球ができるようになるまで、続ける努力は決して無駄にはならないと思います。

だって、皆言いますけど、部活辞めたら(引退したら)暇ですよ!?
開放感も確かにありますけど、どうにも落ち着かないといいますか。
ただ、他に打ち込めるものがあるならば、そちらに全力を注ぐ道もあると思います。
部活人間的な考えですが、高校時代はやはり何かに熱中しているべきだと私は思います。

参考にならないアドバイスで恐縮ですが、諦めずに頑張って頂ければと思います。
長文失礼しました。

部活に参加できないのに見学だけに行くのは、結構精神的に堪えますよね。

私も高校の頃、足の怪我で一ヶ月くらい部活ができなくなりました。
ですが私の場合、部活の練習、シゴキにほとほと嫌気がさしていたので、
むしろ公然と休めるのが嬉しかったのですが、部活を休むことは許されませんでした。
練習に来てただ漫然と筋トレしながら練習を見る。ある種、練習よりきついですよね。
「俺なんで部活来てるんだろう」と随分へこみました。

でも、辞めませんでした。
なんだかんだで自分には部活以外に...続きを読む

Q膝軟骨が剥がれおちる病気

膝軟骨が、原因もわからずに剥がれ落ち、関節にたまる(通称、遊離体,関節ネズミというそうですが)という病気になり、
関節鏡で6つの遊離体を取り除く手術をしました。
ところが、2ヶ月後に、レントゲンで4~5つの遊離体があることがわかりました。
医師によれば、再発ということですが、
いくらなんでも、こんな短期間に再発するものでしょうか?
このような病気についてご存知の方、どんなことでも結構ですので教えてください。
私は28歳の女性です。ちなみに、手術してラクになった、と感じたのは、術後1~2ヶ月くらいで、
今では、手術前より今のほうが痛みや不具合を感じます。(今は術後、約半年です)

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「離断性骨軟骨炎」
●http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/snp/1107_knee_oa.html
(変形性膝関節症とは)

スポーツをされていたのでしょうか・・・?

セカンドオピニオンを求めてはいかがでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.tahara-seikei.com/1066.htm

Qロキソニンの効能

ロキソニンって単なる痛み止めだけ(悪く言えば誤魔化し)ですか?離断性骨軟骨炎で手術して2ヶ月過ぎの足首の関節が痛んで耐えられないのですが…痛みが軽くなる=無理をして負担を掛けていても気付かない=悪化というパターンになるのが不安でして…

Aベストアンサー

>ロキソニンって単なる痛み止めだけ(悪く言えば誤魔化し)ですか?

痛みの原因は炎症です。皆さん痛み止めといっているものは主に飲み薬だと思いますが、同じ成分でシップ・テープなど貼り薬、ローションなどの塗り薬、座薬などあります。これは全て “消炎剤” です。これは患部の炎症を抑えるの主る目的で、その結果(副産物的)に痛みが取れています。決して何かを麻痺さ せているわけではありません。

炎症とは腫れも伴うので、腫れの為に患部の血行不良が出てきます。炎症を放っておくと患部の組織や構造、状態は悪くなります。荒れ果てた大地ほど開墾は大変になります。ですから早期にお薬で炎症抑えれば、良い状態で完治を目指せます。消炎鎮痛剤は痛み止めの一時しのぎではありません。立派な治療になります。

ただお薬にも相性がありますので、効かなければ主治医と色々相談してお薬を変えてみるのも手かと思います。同じ効果のお薬は沢山ありますので。


>痛みが軽くなる=無理をして負担を掛けていても気付かない=悪化というパターンになるのが不安でして…

痛くて歩けないものが薬の力だけで、すたすた歩けるようなパターンは考え難いでしょう。症状や薬を服用のうえ安静を保つか、薬を服用のうえリハビリを兼ねての歩行訓練を行う、薬の服用は適当ではないなどはここで素人判断することは許されません。これらに関しては主治医とよく相談し、処方どおり薬を服用しましょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>ロキソニンって単なる痛み止めだけ(悪く言えば誤魔化し)ですか?

痛みの原因は炎症です。皆さん痛み止めといっているものは主に飲み薬だと思いますが、同じ成分でシップ・テープなど貼り薬、ローションなどの塗り薬、座薬などあります。これは全て “消炎剤” です。これは患部の炎症を抑えるの主る目的で、その結果(副産物的)に痛みが取れています。決して何かを麻痺さ せているわけではありません。

炎症とは腫れも伴うので、腫れの為に患部の血行不良が出てきます。炎症を放っておくと患部の組織や構造、...続きを読む

Q軟骨を育てる食べ物は無い??

軟骨を手っ取り早く育てるには、何を食べたら良いのでしょうか。
歳とともにすり減ってくるというのですから、そんなに容易に育つものではないことは想像できますが…。

といいますのは、私はヘルニア持ちでして、部位は脊椎の下から3番目くらいの背骨の継ぎ目です。寝込むほどのものではないのですが、数年に一回「やって」しまい、そのつど、やや歩行がヘコヘコになってしまいます。

ヒアルロン酸がよいと聞いたことがありますが、それは単純に潤滑剤として良いだけのようです。ずばり、軟骨を強化するとしたら、何が良いと考えられますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軟骨はコンドロイチンやコラーゲンなどからできているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%9F%E9%AA%A8

これらを摂取するためのサプリメントや医薬品が何種類も販売されています。
サプリメントでなければ、軟骨が一番かと。


人気Q&Aランキング