株式先物取引とオプション取引について

A 回答 (3件)

http://www.ose.or.jp/main_if.html

上記サイトで、『先物・オプション』→『簡単にわかる先物・オプション』を選択し、『簡単にわかる先物』および『簡単にわかるオプション』をご覧ください。

その上でご不明な点があれば、別途ご質問してください。可能な限り回答いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

段階的に説明してあって、とても分かり易かったです。

お礼日時:2002/01/17 14:33

こんにちわ



株式先物取り引きはある特定の商品<株価指数等>を、将来の一定の期日に、現時点で取り決めた条件で取引をすることを約束する取引をいいます。期日までに反対売買をすれば、差金の授受によって決済することもできる取引なんですね。

オプション取引はある商品を、将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なくあらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利、又は売る権利を売買する取引のことをさします。
買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションという。各々の権利に対してつけられる価格のことをプレミアムといいます。
    • good
    • 0

 先物取引は、あくまで株式そのものを買います。

 予約をするから先物と呼ばれます。

 オプション取引は、株式そのものは含まず、予約の権利だけを買います。 権利だからオプションと呼ばれます。

 なおこれはあくまで原理論で、一部の特殊な例外は考慮していません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ