私は社会人になってから宮本輝の「青が散る」と「春の夢」を読み、
これらの本は学生時代に読んでおくべきだったと大変後悔しました。
読んでいれば、きっと、もっと充実した学生時代を過ごせたと思います。

皆さんにとって、学生時代に読んでおくべきだった、
または、読んでおいて良かった、
と思えるような本はありますか?
小説に限らず、どんな本でも構いませんので、
ぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「枕草子~桃尻語訳~」橋本治


上中下と3巻にわたる本です。
あの中学校か高校で必ず目にするであろう、「現代語」に訳した作品です。
現代語と言っても、90年代前半くらいに女性が使っていた話言葉ですので、今読むと少し古く感じるかもしれませんが、堅苦しさは全然ありません。
これを読んでおくと、「枕草子」の原文とか授業で出てきてもなんだか面白いです。
イメージみたいなのが湧きやすいですからね。
平安時代の朝廷の制度や雰囲気みたいなものも、加筆されているので平安時代の背景とか文化とか全然わからんって人でもOKだと思います。
これを読むと古文とかでも、あんまり難しく考えなくていいんだなって思えました。
    • good
    • 0

R.P.ファインマン著「御冗談でしょう、ファインマンさん」がお勧めです。



ノーベル賞物理学者「リチャード・ファインマン」の自伝なんですが、
難しい話は殆どありません。

少年時代からのエピソードを面白おかしく書いていますが、
物を学ぶ楽しさ、自然科学の美しさを教えてくれる一冊です。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0284.html
    • good
    • 0

ヘルマン・ヘッセ 「デーミアン」



三島由紀夫 「潮騒」

福永武彦 「草の花」

中 勘助 「銀の匙」

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

これらに限らず、切ない、胸がきゅんとなるような、主人公が痛々しいまでに若く、けなげなものは、世の中の垢がつく前の学生時代に読んでおいた方が感動が大きいように思われます。
    • good
    • 0

お薦め:萬葉集 巻一、巻二




名 著:実践論、矛盾論・・・これを読んだ世代がオカシナ政治経済をして今日のようになったとしたら困るけど?、でも面白い。

気晴らし:我が猫、坊ちゃん!...これほど古くて新しい小説はない。。。

駄目な本:直ぐに役立つ~~。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q“学生時代”ペギー葉山

 標記タイトルの歌詞のモチーフ(?)になっているのは、青山学院というはなしを昔聞いた記憶があります。
本当でしょうか?それともガセネタですか?

 ちなみに、灰田勝彦「鈴かけの小経」(?)のそれは立教大学でしょうか?

Aベストアンサー

「学生時代」は作詞家の「平岡精二」さんが青山学院だったので、その頃の思い出を歌にしたんだと思います。

「鈴懸の径」は灰田勝彦さんが立教大学という事ですが、作曲者のお兄さん、灰田有紀彦さんは慶応だったそうです。作詞者の佐伯孝夫さんは早稲田です。
三人三様の思いの入った歌なんでしょうね。

参考URL:http://www.ican.zaq.ne.jp/suzukake/002yume/020900/020930.htm

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Qペギー葉山さんの学生時代に共感する人?

私はもはや51歳ですが 「学生時代」は共感します。

高校は女子が多く キリスト教系ではありませんでしたが

秋の日の図書館の ノートとインクの匂い♪♪

とか聞くと思い出します

若い人とか リアルタイムだった人とかどうなのでしょう

共感する人どれくらいいるか知りたくなりました?

貴方は共感しますか?

Aベストアンサー

60歳です。
学生のころは、みんなでよく歌いました。
学校で讃美歌を歌ったこともなく
図書館はノートやインクの匂いはしなかったけど
学生時代を懐かしむというこの歌には共感します。

Q皆さんが学生時代に感銘を受けた本を教えてください

皆さんが学生時代に感銘を受けた本を教えてください。

今年、就職内定を頂きました。来年から働くに当たって学生時代を振り返ってみると、私は漫画ばかり読んで活字に触れ合う機会が殆んどなかったと反省しています。
なので、就職するまでの時間だけは有意義に書籍に触れて過ごそうと考えています。
しかし、今まで活字を読んできていない私には、書籍コーナーの本があまりに多すぎてどれから手を付けていけば良いのか、取っ掛かりが掴めません。

そこで皆さんに教えてほしいことが有ります。

(1)学生時代に感銘を受けた本(何冊でも)
(2)どのようにしてその本を知ったか
(3)自分が本を選ぶ上で気にすること
(4)今おすすめする本

これらの点を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ジェフリー・アーチャーの作品(「ケインとアベル」※二人の男の数奇な人生を出生から死去まで描いた作品)やダニエル・キイスの作品(「アルジャーノンに花束を」※言わずとしれた名作。「五番目のサリー」※多重人格者の苦悩を描いた作品)、児童文学の原作本「十五少年漂流記」「赤毛のアン」全巻などなど

2.学生当時はやはり漫画読みだったため、有名どころのうろ覚え作品をきちんと読もう!と思い立ち(漫画内でこれらの作品の一部をパロって使われていたり、原作としながらも所々変えていて何が本当かわからないものがあったりしたので)、海外文学系を片っ端から読んでいました。

3.今は面白そうなら何でも。小説なら裏のあらすじを見て。自己啓発本などは「見出し」をみてその見出し以上に読みたい記事が載ってそうなら購入。小説では「事件」や「状況描写」よりは「人間」の心情に重きをおいたものを好んで読みます。

4.おすすめ、としてあげるのはなかなか難しいです。

私個人的に、最近(?)、面白かった~というだけなら、
・宮部みゆき「火車」
※カード借金の怖さが如実に出ているミステリー。お金について考えさせられました。
・乃南アサ「風紋」「晩鐘」
※ひとつの平凡な殺人事件にまつわる、あまり知られない「加害者家族」「被害者家族」に襲いかかる世間の波。毎日テレビで流れている事件への見方がより重く感じられました。

小説は、どんなものであれ基本書いているのは「人間」。とにかく何でも読み、自分の知らない世界、自分とは違う立場、自分にない思想や考え方などに触れることで、どんな本でも人間の幅を広げる、身になるのではないでしょうか?そういう側面では漫画も良質なものがありますね。小説の方がより幅の広い世代の物語に触れることができるかな?とは思いますが。(やはり漫画は「漫画を読む世代向け」ということで若干設定など対象年齢が狭まっているように感じます。また、漫画はどうしても日本の作家さんなので、「世界」を意識した際には発想や考え方の幅が多少狭い場合も・・・)

まずはちょっとでも「いいかな?」と思う本を手にとって、あなたにとっての最良の一冊を探してみてください。

1.ジェフリー・アーチャーの作品(「ケインとアベル」※二人の男の数奇な人生を出生から死去まで描いた作品)やダニエル・キイスの作品(「アルジャーノンに花束を」※言わずとしれた名作。「五番目のサリー」※多重人格者の苦悩を描いた作品)、児童文学の原作本「十五少年漂流記」「赤毛のアン」全巻などなど

2.学生当時はやはり漫画読みだったため、有名どころのうろ覚え作品をきちんと読もう!と思い立ち(漫画内でこれらの作品の一部をパロって使われていたり、原作としながらも所々変えていて何が本当かわ...続きを読む

Qドレミのうた サウンド・オブ・ミュージックで有名な、 「ドレミのうた」 日本では、ペギー葉山 訳

ドレミのうた

サウンド・オブ・ミュージックで有名な、
「ドレミのうた」
日本では、ペギー葉山 訳詞・歌唱バージョンが広く知られています。

そこで、質問です。

出だしの「ド〜はドーナツのド♪」
の、ドーナツの部分を、あなた流に「何」かに、置き換えて下さい。

ゆる〜い質問です。

お気軽に、どうぞ!。

注意・下ネタ禁止です。

Aベストアンサー

ドは『どうでもいい』のド♪

Q高校時代 読んでいた本

現役/元高校生の方に質問です。
高校時代、どんな本を読んでいましたか?
おおよその年齢と性別、本のタイトルと著者を教えてください。
あらすじやその本についての思い出話なども大歓迎です(^^)

Aベストアンサー

村山由佳「天使の卵」
武田鉄矢「ミモザ号の冒険」
藤原伊織「テロリストのパラソル」
桜木知沙子「札幌の休日」
川原つばさ「E.C.β」
ドフトエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
吉原理恵子「間の楔」
林真理子「白蓮れんれん」
皆川ゆか「運命のタロット」シリーズ
ゆうき☆みすず「~が聞こえる」シリーズ
小沢淳「Tales From Third Moon」シリーズ
菊地秀行「魔界医師メフィスト」シリーズ、「マン・サーチャー」シリーズ
菜槻さあり「鷹宮学園」シリーズ
久能千明「青の軌跡」シリーズ


30代♀です。
他にも色々と読みましたが、漠然と記憶にあるのはこのくらいです。
基本的に小説よりも神話関係や植物、占星術、色彩、染色、心理学などを中心に読んでいました。
図書委員ということもあり、毎月発行の新聞のレビューで読んだ本は斜め読みに近いのでカウントしていません。

Q今、高校3年です。 第一志望は立教大学です。 学部は、社会学部を考えています。 立教大学の雰囲気

今、高校3年です。
第一志望は立教大学です。
学部は、社会学部を考えています。


立教大学の雰囲気を教えてください!
授業中や友達やキャンパスなど、
何でもいいので、教えてください^ ^

Aベストアンサー

校舎はキリスト感が強いですが、派手過ぎず、地味過ぎないので、場所は都会がいいけれども派手過ぎないところがいいというのであればお勧めします。
また立教はレベルが高いので、ガリ勉が多いのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、サークルやバイトに没頭するなど個性豊かな人が多いので、いい出会いがあるはずです!

Q中学生時代に読んだ本の題名

10年前、中学生のときに読んだ本のタイトルが思い出せません。著者名もまったくわかりません;
すごく面白くて好きな本だったのですが、当時友達に貸したきり返ってこずそれっきり忘れてたのですが、今なぜかすごく読んでみたいという衝動に駆られ質問しています。


・たぶん中学生向け。ファンタジー系の本
・主人公はごく普通の女子中学生(高校生だったかな…?)
・主人公は、アラブのような、エジプトのような砂漠の国?へタイムスリップしてしまいます。
・そこへ来た直後は、何故か少女の身体はなく、首だけで浮いています。主人公は非常に驚き、その姿を見て「全裸よりも恥ずかしい」と感じます。
・そこで、主人公はその国の青年に出会います。青年の名前は、マホメッド…だったような気がするのですが、自信がありません;

これくらいしか思い出せないのですが、この手がかりでわかる方いらっしゃいましたら、是非教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私も「これは王国のかぎ」だと思います。
10年ほど前ということは、小さめのハードカバーで、理論社からでていたものではないでしょうか?

その青年の弟も登場しませんでしたか?
「ハールーン=アッラシード」という王様かなにかが実在して、そこから兄はハールーン、弟はラシードと取られたらしいです。

ちなみにラジオドラマもやっていたと思いますよ。

Q立教大学は高学歴ですか?

現在立教大学経済学部に通ってる者ですが、立教大学はいわゆる高学歴と呼べる大学なのでしょうか?
また、立教大学から一流企業に就職することは可能なのですか?
詳しい人がいたら教えてください

Aベストアンサー

立教の経済でしたら、MARCHの中では上位グループですね。青山と明治が並びますが。
それより上は、私立では早慶上しか無いので、上の方ではあると思います。
まあ、それだけで即就職が有利というわけでは無いでしょうね。
就職で大事なのは学歴よりは本人の能力というのは当然ですが、
まあ、一次選考・二次選考くらいまでなら、出身大学を頭の片隅には入れて選考していると思います。
面接した結果が同程度ならば、学歴が高い方を取ることもあるかと思います。

ただし、旧帝くらいじゃないとそれほどアドバンテージにはならないでしょう。
たぶんイメージとしては、MARCH=地方のそこそこの国公立くらいじゃないでしょうか。
(文系の場合は多少私立が上にくるかもしれませんね)

あと、就職先はホームページなり学部の窓口などで調べられたら良いと思います。
職業柄、手元に立教のパンフレットがありますが、こんなものより学部の学生窓口に行った方が詳しいデータがあると思いますので。
っていうか、一番詳しい人は当然大学の就職担当の人でしょう。

Q文章に関する質問です。 古典と呼ばれるような本を読んでいるときによく思うことですが、時代が古かったり

文章に関する質問です。

古典と呼ばれるような本を読んでいるときによく思うことですが、時代が古かったり、漢文の日本語訳などの意味がほとんどわからないものばかりで読んでも理解できません。
「而るを況んや算なきに於いてをや。」など、その都度読みや意味を調べたりしますがキリがないです。

こういった本をしっかりと理解した上で楽しめるようになりたいです。
そのためのコツや、勉強(必要な知識、書籍、方法)など必要なことはありますか?

こういう文を多読し慣れていくしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>やはりわからない言葉はその都度調べて、自分なりに解釈するということを繰り返していくしかないってことなんですかね?

これ「だけ」に終始しないほうがいいですね。

英語でも、単語や構文や熟語とかそういった緻密な読み方と別に
ひたすら読み流す「多読」も必要だともいわれています

たとえば、漢文や古文であれば、現代語訳や対訳と対になっているタイプの本や
参考書もでていますから
そういうものをパーッと読んで経験値を増やすというのもいいと思いますよ。
>而るを況んや算なきに於いてをや
は書き下しであって、日本語訳(笑)もとい、現代語訳ですよね。

原文を読んで訳を読んでもいいですし
なれないうちは先に訳文でもいいです。知っている話のほうが読みやすいということもありますよね

外国語と思っていないといいつつ、ご自身も「日本語訳」と書いていらっしゃる。

そして、その例文でいえば「しかる」も「いわんや」も、漢文ではものすごく良く出て来ますでしょう?
たくさん読むとこれは覚えて置いたほうが、とか、その中で覚えていくということができますから。
そうすると、一語一語引かずとも済むでしょう。

そうすると算なき、とくれば
なんらかの、算段、戦略、準備、そういったもののことを言わんとしてるというのは
なんとなく読めてくるのではないでしょうか。

きちんと調べながら読んだり、暗記だけでもだめ
意味もわからず読み流すでもだめ。

あと、たくさん読んで慣れてきたら
自分で文章を作ってみるのもいいですよ
気が向いたときに文語や漢文で一行日記でもいいので。

それこそ、最初のうちは完全にアソビでもいいのですよ

「而るを況んやオタクに於いてをや」とか
まあ好き勝手つくれますわね
さあこの前の部分はどうしようか…。
ちょっとした大喜利気分です。

楽しんで読めば、めんどくさいという気もなくなると思います。

>やはりわからない言葉はその都度調べて、自分なりに解釈するということを繰り返していくしかないってことなんですかね?

これ「だけ」に終始しないほうがいいですね。

英語でも、単語や構文や熟語とかそういった緻密な読み方と別に
ひたすら読み流す「多読」も必要だともいわれています

たとえば、漢文や古文であれば、現代語訳や対訳と対になっているタイプの本や
参考書もでていますから
そういうものをパーッと読んで経験値を増やすというのもいいと思いますよ。
>而るを況んや算なきに於いてをや
は書き下...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報