「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

ユダヤ教、と書いた方がいいかもしれませんけど、何故同性愛を徹底的に禁じているのでしょうか?
日本も江戸時代までは、結構同性愛におおらかだったはずです。
法的には問題ないですけど、タブー視されるようになったのは、欧米の影響だと思います。
なぜ、ユダヤ・キリスト教では、同性愛が禁忌なのでしょうか?

世界史的な観点?から、教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

専門家ではないですが、多分こういうことではないかということで・・・



「オナニー」の語源をご存知ですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/オナニー
こちらの記述によると、、『旧約聖書』の創世記にでてくるオナンという人が、
兄が死亡したため兄の嫁と結婚することになったが、兄のために子を
残すことを嫌い、性交の際、膣内に射精せず地面に出したということが
語源になっているそうです。

これが一般に悪いこととされるのは、
>ユダヤ教・キリスト教にあっては性交は生殖の為に神から命ぜられた行為であると
>位置付けられている。そのため、生殖を目的としない行為であるオナニーは
>売春などと同様に神の命令に背く行為とされ、非道徳的であり非合法であるとする伝統がある
という理由からだそうです。

同性愛もこれと同じ理由で「悪いこと」とされているのだと思います。
同性同士ではどうがんばっても生殖には繋がりませんからね。
たとえ性交に至らない同性愛であっても、そのぶん異性と愛し合って
子供をもうける機会を無駄にしていると考えれば、間接的に「悪いこと」と
みなされてしかるべきでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
生殖目的でない同性愛は、江戸時代のお家存続の為には、
武家などではあまり好まれなかったそうですね。
他の国々、他の文化でも、同じ理由ですのに、ギリシアやローマでは盛んでしたね。
私は、大学で古代マケドニアを学び、卒論で「元首製ローマと原始キリスト教」をテーマにしました。
でも、同性愛については、調べなかったのですよね~。
要するに、(卒論は)政治的な観点から取りあげたのです。
中国で同性愛が盛んでなかったか、先日質問させていただき、儒教の影響などについて
教えていただきました。
東洋史は専門外なのですけど(^^)

確か同性愛は、ユダヤ教の時点からタブー視されていた記憶があります。
ただそれがいつからなのか、何故なのか、よく分からなくて…。
「オナニー」の語源、ちょっとドキッとしてしまいました!!
そうなんですね~
初めて知りました!
聖書では、売春も露骨に嫌っていますね。
人類の最も古い(女性の)職業なのですけどね(^^;)

ご回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/03/02 21:07

No.5さんの再回答が入らないようなので、お節介にも私が代わってお答えします。


↓ この本に載っておりました。
『男ふたり暮らし ぼくのゲイ・プライド宣言』
伊藤悟 著
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=18881271

参考URL:http://www.7andy.jp/books/detail?accd=18881271
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>お節介にも私が代わってお答えします
とんでもないです、ご親切にありがとうございました!
図書館で探します(^^)

お礼日時:2006/03/04 16:05

直接的な回答になりませんが、ひとつにはユダヤ教=ユダヤ民族の発生時の部族の生活習慣やそこにおける衛生観念があると思います。



もともと、ユダヤ民族は定住化する以前は、都市や富裕な農村の略奪をもっぱらとする放浪の民でした。割礼も含めて、わりと食事や風俗において衛生的であろうとする姿勢がありますが、水を必要としない若しくは最小限の水資源で生活することが前提にあるように思います。

男性同士の性行為では、どうしても非衛生的で怪我などの恐れもあります。ローマやエリコのような上下水道が整備された都市では可能な風俗も、放浪の民には非衛生的な行為でしかなかったでしょう。

また、戦闘的な部族であった為に常に若い戦える男子が求められ、「産めよ、増えよ」と生殖を奨励されていましたから、そうした義務を果たさない男同士の性行為は厳しく禁忌とされていたと思われます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ローマやエリコのような上下水道が整備された都市では可能な風俗も、放浪の民には非衛生的な行為でしかなかったでしょう

そういう考え方は、想定外です(^^)
非衛生的…。
それに、確かに非生産的な行為ですしね!

民族的に好ましくないので、律法で?禁じたのかもしれません。
一度禁じてしまえば、禁欲的盲目的に固守して、もともとの理由どうこうは関係なく、
タブー視していったのかもしれませんね。

ご回答、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/03/03 23:07

英語にsodomy(男色)という単語がありますが、ご存じでしょうか?このsodomyという単語の語源は旧約聖書のSodom(ソドム)です。

ソドムとゴモラの話は有名ですよね。参考URLのソドムの滅亡物語(19章)を読んでください。ソドムの町は、男色の盛んな背徳の町であったので、神の厳しい裁きが下つたわけです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/8sodomu.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ソドムとゴモラは存じておりましたが、名前だけが有名になっていますよね。
聖書では、あまりたくさん書かれていないようですが、街単位で背徳的なんて、
ちょっとすごいですよね?

どうもありがとうございました(^^)!

お礼日時:2006/03/03 10:24

ちょっと今、きちんとした裏づけをとる余裕がないものでかいつまんだ話で申し訳ないですが・・・


確か同性愛者の当事者組織を主催しておられる伊藤悟さんの著書で読んだ話だったと思うのですが、ちょっと本が見当たらないもので。

ぶっちゃけて言ってしまえば、宗教というものは人間が作り出したものです。
そしてキリスト教といえども、発生当時はユダヤ教の一派である一つの小さな新興宗教に過ぎないものでした。
宗教を広める一つの方法として、親から子へと受け継がせるという方法があります。そしてそれは結構強力なんですね。
となると、子を産むことのない同性愛者は役立たずだったわけです。
また、キリスト教が発生した地方は当時自然環境が厳しく子供が育ちにくかったため、子供を産むことに対するプレッシャーが強くなり、他の宗教以上に同性愛への風当たりが強くなったらしいです。

というのが「キリスト教では同性愛が罪である」という言葉に傷つく同性愛者に向けられた説明なのですが、ちゃんとした歴史的な裏づけをするソースを探してくる余裕がちょっとなかったので、うろ覚えのままの回答で申し訳ないです。

ちなみに、「女と寝るように男と寝てはならない」とは書いてありますが「男と寝るように女と寝てはならない」という記述はありません。
まあ、当時女性が性の主体となることを考えられなかった歴史的背景もあるのでしょうが、このことからキリスト教に対するゲイリブでは「女性同性愛は禁じられてはいない」と読み、「女性同性愛が罪ではないのならば、男性同性愛が罪であるというのはおかしい」といった主張で聖書の矛盾点を突いていったこともあるようです。
現在は同性愛者であると公言している牧師も存在しますね。日本にも一人いますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。

>伊藤悟さんの著書で読んだ話だったと思うのですが
もし、タイトルがお分かりでしたら、教えていただけませんか?
(図書館で探してみたいと思います)

>現在は同性愛者であると公言している牧師も存在しますね。日本にも一人いますし
いるのですか??
初耳(初読み)でした。

同性愛者の方々に向けて、ユダヤやキリスト教でのタブー視を分析、解説する本なのですか?

>キリスト教が発生した地方は当時自然環境が厳しく子供が育ちにくかったため
納得がいくお話ではありますよね~!
江戸時代のお家存続と通じる物がありますね?

ご回答、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/03/02 23:00

No.1の方への返答となりますが、


レビ記第18章.22に、
『あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである』
とあります。

さらに
『あなたがたはこれらのもろもろの事によって身を汚してはならない。
 わたしがあなたがたの前から追い払う国々の人は、これらのもろもろ
 の事によって汚れ、その血もまた汚れている。ゆえに、わたしはその
 悪のためにこれを罰し、その地もまたその住民を吐き出すのである。』
(レビ記第18章.24-25)
とあるので、性的に乱れていたカナン諸部族の風習に染まらないように
する意味があったものと思われます。

ちなみに日本でも、江戸時代以降教養ある武士は、同性愛を忌避する
ようになりました。
これは、キリスト教と同じく性倫理に厳格であった儒教の影響による
ものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!!
新約聖書は読みましたけど、旧約聖書は一部しか読んでいなくて、全部読破はたいへんですよね~?

>あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである
今、旧約聖書から見つけました!
次の行に、「獣と交わってはならない」というのもありますけど、これはちょっと…。

私が以前した質問は以下の物です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1902754

女性だからか、妙にこういうお話がすきなのかもしれませんね~(^^;)
カナン諸部族は、どう性的に乱れていたのでしょうか。
同性愛だけではなかったのかもしれませんね。
「獣」ですから。

ご回答、どうもありがとうございました!
旧約聖書の中から、同性愛を禁じる文章を探し出すのが大変で…。
でも、創世記と出エジプト記の次にあったのですね~。
上のふたつは読んだのですけど、レビ記は飛ばしておりました。

お礼日時:2006/03/02 21:22

こちらの「4.文化・宗教」の項目が、参考になるかもしれません。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E6%80%A7% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>その影響から、欧米・中東の伝統的な文化では同性愛は否定的に評価されている

とありますけど、中東では、一夫多妻制で、あぶれた男性の同性愛がすごいから、
中東に出張に行くときには、ヒゲを生やすか付けるかして行かないと、襲われる、
と聞きました~!
道徳的に厭わしく思われているだけかもしれませんね。

たいへん分かりやすいです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/03/02 21:13

基督教の聖書のどの箇所に、同性愛は禁止と書かれているのでしょうか、教えて下さい。

ついでに、ユダヤ教も。
私は、古来から西欧のほうが同性愛が盛んだと思ってきましたので、質問者の論拠が知りたいのです。

よろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確か、パウロが色々出した手紙の中で何度かかかれておりました。
新約聖書の福音書などの後に載っている、「○○人への手紙」というあたりです。

お礼日時:2006/03/02 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教で禁止されること

キリスト教の教えで禁止されていることを教えてください。
食事など、生活にかかわっていくことを知りたいと思っています。

Aベストアンサー

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリック信者が守っているかと言われるとかなり微妙です。例えば金曜日に肉を食べないといっても、給食とかお弁当を取っている人は無理ですし、なるべく守り、その基準は個人の采配にまかすといった感じだと思います。私も一応は守るようにはしています。
ちなみに灰の水曜日とは↓に説明されていますが、カトリックではこの日から四旬節に入ります。カトリック国のカーニバルはこの四旬節に入る前に楽しんでおこう!というお祭りです。これから40日間復活祭まで心を静かに節度をもって生活をします。石井美樹子さんの西洋の食事の本では、四旬節中肉食を禁止して節制するので復活祭では四旬節中食べられていた鰊をなげて喜んだそうです。現在はそこまで厳しくはないですが、暴飲暴食を謹んで節制すると思います。カトリック信者同士で「四旬節なのに太ったよ~」とか会話する事があります(私太りました(^_^;))。
 ちなみに灰の水曜日、復活祭は移動祝日なので毎年変わります。関係ないですが、復活祭では卵が復活のシンボルとしてよく食べられますし、多産のシンボルの兎もモチーフになります。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_hainosuiyou.php
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_sijyunsetu.php
 食事に関してはあとは特にないと思いますが、ミサの中で聖体拝領という儀式があります。これはキリストの体をいただくという行為で、実際は丸く小さなモナカの皮のようなものを司祭からいただきます。食事は少なくともこの聖体拝領の1時間前までに済ませる事が決められています。ただミサが始まって聖体拝領までが1時間ぐらいかかりますので(もちろんマチマチで違いますが)、ミサが始まる直前に慌てて食事しなかったら大抵対丈夫です。これも昔はミサが終わってから朝食をとるとか、ミサ自体が始まる1時間前とか色々あったようですが、現在はゆるやかになっています。
 食事以外では中絶、同性愛、離婚、避妊も禁止されています。前の教皇ヨハネ・パウロ・2世も今の教皇ベネディクト16世も超保守派ですので、これは変わる事はないでしょう。特に中絶は様々な議論がされています。カトリック国であるアイルランドの歌手シニード・オコナーが中絶反対に反対するとして、テレビで前教皇の写真を破った為ものすごいブーイングがあった事があります(その為か以前ライブでものすごくブーイングされて歌えなかった映像を見た事があります)。
http://www.cdjournal.com/main/artist/artist.php?ano=112884
 プロテスタントにはない事ですが、カトリックには様々なお祈りの道具や絵や像があります(これをプロテスタントの方は偶像崇拝といいますが、カトリックではあくまでもこれを道具として祈ると位置付けています)。ロザリオやスカプラリオ、十字架、像、メダイなどがありますが、多くの信者は購入すると司祭(神父)に祝別してもらいます。感じとしては上で十字を切ってもらうのが多いです。これを人にプレゼントしたりするのは構いませんが、販売や転売するのは罪になります(準秘跡ですので)。
http://goseitai-to-seibo-no-sito.web.infoseek.co.jp/send%20de%20hushiginomedai.html
 他には主日(日曜日)と祝日にミサに行く、年に一度はゆるしの秘跡(いわゆる懺悔です)、年に一度は聖体拝領を受けるなどの決まりはあります。あとは大罪とかありますので、詳しくは↓をご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA
 あとは特にないと思いますが(飲酒も喫煙も特に禁止されていません。喫煙される司祭もいらっしゃいます)、もっと詳しい方がいらっしゃると思います。プロテスタント諸派の事は分かりません。
 ご参考までにm(__)m。
 

 

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリッ...続きを読む

Qユダヤは同性愛に・・・

ユダヤ(ユダヤ教徒、ユダヤ人)は、同性愛者(ゲイ、レズ)に寛容というのは本当ですか?そのため、ユダヤには同性愛者が大勢いるというのは本当ですか?

Aベストアンサー

>つまり、ユダヤは同性愛者に寛容ではないのですか?
ユダヤ教は同性愛を認めていません。ですので寛容ではありません

Qキリスト教は男女差別を行い、同性愛を認めない宗教だったって本当ですか?

フェミニズムやLGBTの運動は欧米から始まっていますが、これは欧米社会が元々は男女同権や同性愛を認めておらず、女性や性的少数者を抑圧していたために、それに反発する形で運動が広がったものだと理解してよいでしょうか。
そして欧米社会はキリスト教によって規範付けられていることから、キリスト教がそのように定めていたと考えて問題ないでしょうか。

さすがに今では多くの宗派で男女平等を認めるようになりましたが、一部の保守派は昔の考えを守っている。
同性愛に関しては認めたところもあるものの、未だに多くの宗派は認めていないというのが現状ではないでしょうか。

Aベストアンサー

プロテスタントのキリスト教徒です。日本では、福音派と呼ばれているようですが、リベラルです。

キリスト教の、本質は主に、キリストの生涯を描かれた四福音書の、特に、イエス・キリストが、実際に人々に伝えようとした、言葉の部分です。旧約聖書や後付けになっている使徒の手紙は、彼が救世主であった裏付けであり、また、彼の言葉を説明する、解説書の役割をしています。

イエス・キリストは、常に”たとえ話”で、いかに生きるべきかを教えたので、何千年経とうと、その教えは古臭くなりません。

しかし、使徒や聖職者はただの人間です。教えをユダヤ人以外に広めてよいものか、イエスキリストは、人間だったか、神であったか。はたまた、同性愛は許されるか、富の所有は、良いものか悪いことか、離婚は許されるか。。。等々、当時の常識に沿って、なんとか、宗教会議を持ち、決断して、教義にしてゆこうとしますが、人間の決めたことだけに、時がたてば、時代遅れになります。でも、教団が決めたことですから、取り決めを覆すのには、時間も労力もかかります。お役所仕事です。

特に、性の問題は、長い間、タブーになっていました。(世界中、どんな文化でも、同じように考えます。)それが、女性解放運動が活発になるにつれ、どんどん公になってゆきます。つい先週、ペンシルバニア州で、カトリックの聖職者達が、長い期間にわたって、何千人もの青少年信者に、セクハラを行ってきた事実が明るみに出て、フランシス教皇が謝罪をしたばかりです。聖職者たちには、妻帯が許されていません。その懊悩を、同性愛によって解決するのが長年の伝統だったんだろうと、見当がつきます。それが、#MeToo運動の流れで、明るみに出た。

これは、比叡山と三井寺が、美しい稚児さんを奪い合って、戦争になりかけた、という記事があることから、日本の仏教界でも、盛んに行われていた風習なのがわかります。(小姓は、殿様の寵愛を受ける、という伝統もありました。小姓の名誉でした。)幸い、日本では親鸞という人が出て、坊さんでありながら妻帯するのが、普通になりました。キリスト教でも、プロテスタントの牧師さんは妻帯が許されます。

私は、この辺で、カトリックの聖職者も、バッサリ、妻帯を許されていいんじゃないか、と考えますが、これも、時間がかかるでしょう。同性愛も、時間はかかりますが、公式に認められる方向でしょう。

で、ご質問に戻りますが、パウロは、ローマ人への手紙の中で、同性愛は罪である。とした後で、人間はそれを断罪してはいけない。”復讐するは、神にあり”と、有名な文章で戒めています。

イエスキリストは、その当時、忌み嫌われ、石を投げられ、唾を吐きかけられた人たち。。。ライ病患者・税徴収人・売春婦。。。を、周りの反対も構わず、訪れて対話をし、”もうこれ以上、罪をおかすな。”と、許されています。

同性愛が罪に当たるかどうか。。。神が、その人を、同性を愛するように作られたのですから、周りの人間は、それを、温かく受け入れて当然です。

米国では、”独身で、話も面白いし、お洒落で仕事もできる、そんな男は、皆ゲイなのよね~”、と、独身女性が嘆いていることを、お知らせしておきます。

プロテスタントのキリスト教徒です。日本では、福音派と呼ばれているようですが、リベラルです。

キリスト教の、本質は主に、キリストの生涯を描かれた四福音書の、特に、イエス・キリストが、実際に人々に伝えようとした、言葉の部分です。旧約聖書や後付けになっている使徒の手紙は、彼が救世主であった裏付けであり、また、彼の言葉を説明する、解説書の役割をしています。

イエス・キリストは、常に”たとえ話”で、いかに生きるべきかを教えたので、何千年経とうと、その教えは古臭くなりません。

しかし、...続きを読む


人気Q&Aランキング