新築の家の登記を自分でしようと思っているのですが、登記の仕方、書類の書き方など、詳しく説明されているサイトなど、ご存知でしたら教えてください。
 土地のほうはすでに登記済み(司法書士が)、土地所有者と建物の名義は同一、更地に新築一戸建てです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 下記URLを、参照してください。

法務局には、様式がありコピーして使えますし、記入方法も教えてくれます。パソコンやワープロで、登記申請書を作ってみてください。

 なお、建物の場合は、建物表示登記、所有権保存登記となりますし、ローンがあれば抵当権設定の登記があります。表示登記は、図面が必要になりますので、素人では難しいと思いますので、専門家に書いてもらうと良いでしょう。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かるURLのご紹介、ありがとうございます。
やっぱり図面は専門家しか無理なのでしょうか・・・

お礼日時:2002/01/20 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物を所有を目的とする土地の二重賃貸借の場合には、土地への賃借権の登記

建物を所有を目的とする土地の二重賃貸借の場合には、土地への賃借権の登記又は建物登記の先後で決するとのことですが、この場合には同日に両者が登記を備える場合が考えられますが、この場合には受付番号で先後を決するのでしょうか?
これが建物の二重賃貸借の場合ですと建物への賃借権の登記と建物の占有の先後で決することと思いますが、両者が対抗要件を同日に備えた場合にはどのように決着するのでしょうか。
この場合には原則に戻って賃貸人が債務の履行した方ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

自分にわかる範囲で回答する。前回も書いたが、本質問に対する明快な答えを持っているわけではないので、同じクラスの友達に休み時間に質問する程度の期待感で、読んでいただければ幸いである。

>この場合には受付番号で先後を決するのでしょうか?

仮登記で順位が保全されている等、特段の事情がない限りは、受付番号で登記の順位は決まる。

>これが建物の二重賃貸借の場合ですと建物への賃借権の登記と建物の占有の先後で決することと思いますが、両者が対抗要件を同日に備えた場合にはどのように決着するのでしょうか。

民法および不動産登記法は、同日の場合の規定を特に設けているわけでなく、登記と占有の先後で決するというほかはない。最終的には裁判所の判断。

私見を述べさせてもらえるならば、同日の中でも、時刻による先後で決まるはず。実際に時刻を確定するのは困難だろうが、二重譲渡において、「先後不明」という判例は聞いたことがないために、何らかの判断は下されているはず。

「「債権譲渡における対抗要件をめぐって」ということで(中略)場合によっては二重譲渡もあり得るとか、いろいろなケースを想定して詳細な御議論の中で(中略)それぞれ到達時点とか、一日というスパンの中でいつ新聞が配達されたのかとか、今度は登記はその月の日時まで入れた登記になるというようなことがあったとしても、二重譲渡とかその他いろいろ万が一あった場合の権利関係というのは、結局最終的には裁判所という問題になるのかと思います」(平成十年六月四日 国会の法務委員会の答弁)

「登記官が登記申請を受理し、登記識別情報を通知し、または登記済証を交付したとしても、登記簿に登記事項が記録されなければ、登記したとはいえず、対抗力は生じない(大判大7.4.15)」

建物の占有が「いつの時点(時刻を指定できるもの)で開始と言えるか」を明確にした判例は見つからず。

追伸
「PART2:物上代位における差押の趣旨について、特定性維持説等の議論」
の補足に対するコメントを考えているうちに、締め切られてしまった。再度質問していただければ、時間はかかることをご承知いただければ、いずれは回答したい。

自分にわかる範囲で回答する。前回も書いたが、本質問に対する明快な答えを持っているわけではないので、同じクラスの友達に休み時間に質問する程度の期待感で、読んでいただければ幸いである。

>この場合には受付番号で先後を決するのでしょうか?

仮登記で順位が保全されている等、特段の事情がない限りは、受付番号で登記の順位は決まる。

>これが建物の二重賃貸借の場合ですと建物への賃借権の登記と建物の占有の先後で決することと思いますが、両者が対抗要件を同日に備えた場合にはどのように決着するの...続きを読む

Q建物表示登記・建物所有権保存登記と抵当権設定登記

自己所有地に建築資金を銀行から借りて建物を新築することになりました。
土地については地積測量図があり,隣地の地番等も明確です。
建物についても建築会社が作成した平面図等があり,求積もできそうです。
建物表示登記・保存登記の申請書の書式もHPで捜しあてました。
これなら自分で登記ができそうなのですが,抵当権設定登記との関係で現実には難しいのでしょうか。
所有権保存登記と抵当権設定登記との間に他の登記入ることを銀行が気になるのであれば,抵当権設定登記の申請と,表示・保存登記の申請の代行だけを司法書士に以来することはできないものでしょうか。

Aベストアンサー

まず表示登記は自由にしてかまいません。

保存登記と抵当権設定が問題となります。
基本的に抵当権設定がなされることが確実でなければ銀行は融資しません。
だからもし建築業者が、抵当権設定後の支払い(つまり当然引き渡し後)でもよいと言えば、保存登記も銀行指定ではなく独自に行えます。

建築業者はお金を受け取らなければ保存登記に同意しない、銀行は抵当権が設定できなければ融資しないというジレンマを解決するために銀行指定の司法書士となります。

Q所有権登記できますか?司法書士?行政書士?

工場を賃貸していますが、以前の借り主が30年以上前に勝手に改造(増築)。
それが現在の法律では違法(建坪率オーバー)で
かつ表題登記もされていません。
素人の増築のため図面もありません。
借地のため、トラブルの際、地主に対抗するため
増築部分は私の名義で取り急ぎ所有権登記したいのですが、
建物本体の名義は亡父で、まだ相続がすんでいません。

1.増築部分だけ私の名義で所有権登記できますか。
(相続による名義変更は時間がかかるため)
2.登記を士業の人にお願いするなら、司法書士でしょうか、行政書士でしょうか。

Aベストアンサー

増築部分が元の建物に付属した構造であれば、元の建物の権利者の
申請による登記になりますから、相続登記を経てから増築部分の
申請になります。

しかし、少し手を入れれば単独の建物にできるのであれば相続登記
を経ずにあなたの名義で登記できる可能性があります。

表題登記は土地家屋調査士の仕事です。違法建築建物の登記も
通常業務の範囲ですから先ずは現地を見て貰って相談したらいいと
思います。

司法書士兼土地家屋調査士が重宝かも知れません。

Q土地建物の共有名義の人が死亡した場合、土地建物を処分したいのだがどのようにしたら良いのでしょう?

私の伯母は独身で現在70歳代です。同じ独身の女性と50:50の共有で土地建物を購入して住んでいたのですが、最近相手の女性が死亡してしまいました。
そこで伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?
自分の持分のみの売却が無理な場合は、共同で売却することとなるのでしょうが、その場合は相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。
相手の女性のご両親は既に死亡しており、独身でしたから子どもはいません。兄弟も全員死亡しているようですが、確認は取れていません。兄弟のうちの1人の子どもが何人かいるようですが、実際の相続人の数は現在は不明です。
この場合、相続人はその兄弟の子どもが代襲相続するのではないかと思われますが、相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?

売却は可能ですが、購入する人がいないでしようね。
共有名義の物件は、二束三文で不動産としての価値が低いです。

>相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。

その通りです。

>相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

1.死亡した女性の「戸籍謄本」を取り、彼女の親族を確定します。
2.彼女の両親の「戸籍謄本」を取り、彼女の両親の生存を確認します。
3.彼女の兄弟・姉妹の「戸籍謄本」を取り、彼女の兄弟姉妹を確定します。
4.彼女の兄弟・姉妹の子供達の「戸籍謄本」を取り、彼女の甥姪を確認します。
と、順番に戸籍を下っていけば相続人は確認できます。

Q新築の建物登記

去年の暮れに火災で家屋が全焼になり現在新築中で近々引き渡し予定です。燃えた家は未登記でした。
依頼するとお金がかかるので登記は自分でやろうと思います。名義は父親で私は娘です。
火災保険内で建てたのでローンはありません。そこで質問させてください。
必要書類として
1.委任状
2.建物図面、各階平面図
3.住民票
4.建物確認済証
5.工事完了引渡し証明書
この他に必要な書類はありますか?
何度も法務局に通いたくないのでご存知の方回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 添付書類は概ねOKですが、ご自分で登記するという事は、本人申請ですから「委任状」は要りません。
 司法書士に登記依頼をする時に、委任状が必要となります。
 又この登記は、建物表示登記ですから、登記済み後に所有権保存登記が必要です。
 新築家屋が住宅でしたら、役所で「専用住宅証明」を予め貰っておけば、保存登記の登録免許税を軽減して貰う添付書類となります。
 一度法務局に電話確認をお勧めします。
 自分も大昔同じ経験をしましたが、当時と登録免許税法等変わってないかと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報