gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

高校2年です。理系なんですが、化学Iの無機化学の分野が大の不得意です。
化合物の色とか、名前(ジアンミンほんたらとか)、反応式が全く頭に入りません。
何かよい方法はないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

語呂合わせが一番です。


で、参考URL見て下さい。

かなりエッチで下品な語呂合わせが多いような気がします。

参考URL:http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro.html
    • good
    • 2

無機化学


(1)気合で覚えるべきもの
・色(ゴロで覚えると良いかも)
・性質(気合いしかない!)
・沈殿形成反応(コツあり)

(自分で表を作って丸覚えしてしまいましょう。)
・周期表(1~36まで覚えるのが理想。ゴロがあるのでそれを使えば楽勝です。)

(2)気合で覚えてはいけないもの
・化学反応式(気合いで覚えなければいけないものもある)

化学反応式を気合で覚えてては頭がパンクするだけ。
反応の種類を分類。
・中和反応
・酸化還元反応(半反応式は全て覚えてください)
・弱酸遊離反応
・不揮発性遊離反応
・気合で覚えなければいけない特殊な反応
二つの化合物からどんな反応が起こるかを分かるようになれば良い。
反応の種類が分類できなければ先生に聞いてください。
ぶっちゃけ、化学反応が分類できるかどうかで無機化学の分野の良し悪しが決まると言っても過言ではないと思うので、是非できるようにしたほうが良いと思う。

錯イオンの命名法はあるはずですよ。参考書や教科書に載っているはずです。
    • good
    • 4

反応式に関しては、反応様式によって分類して考えるとよいでしょう。


名前に関しては、ジアンミンなんたらなどというややこしいものは少数ですので我慢しましょう。多くの物は、○○酸××といった感じですので、○○酸と××を組み合わせるだけです。
色に関しては、細かいところまで神経質になる必要はありません。たとえば、赤と青は明らかに違いますが、褐色と赤褐色、あるいは紫と赤紫などの違いまで気にする必要はありません。

参考URLのサイトは暗記しやすいようにうまくまとめられていると思います。

なお、この手の質問はこれまでにも出てきたことがあります。そのときの回答の使い回しですが、思いついたポイントを列挙します。
もしかしたら、習っていないこともあるかもしれませんので、それはとばしてかまいません。
(1)金属イオンの原子価を覚える。
(2)硝酸イオン、硫酸イオン、炭酸イオンなどの原子価を覚える。
(3)イオン化列(イオン化傾向)を覚える:金属の反応性(水に溶けるか、塩酸に溶けるか、硝酸に溶けるか・・・と言ったことと関連づけできる)。電気分解、電池の陽極-陰極と関係有り。
(4)反応の基本的な形式を分類して覚える。
*中和反応
*酸化還元反応
*沈澱生成、気体発生反応:難溶性の塩を覚えましょう。
*弱酸遊離
 反応を分類し、反応が進む理由を理解することによって知らない反応が出てきても対応できるようになる。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/
    • good
    • 0

この手のご質問はいつも


大阪教育大学 天王寺高校 岡 博昭 先生にお任せしています:最高です。大学教養もこれだけで充分。
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/okain …
少し長いですが、専門家から見てほぼ完璧です。
内容が「完璧」でない部分があるとしても「専門家」が「学部の専門で」充分説明できない処だけです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無機化学はなにを暗記すればいいんですか?

無機化学は暗記だと書いてありました。
参考書を開いたら、いろいろ書いてあります。
が、なにを覚えればいいのかわかりません。

例えば、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体

これをまんま覚えればいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別がつかないと思いますので、参考書を使うことをお勧めします。

現在あなたが持っている参考書が何なのかわかりませんが、多くの参考書には「重要!」「ここがポイント!」などの重要箇所があると思います。まずはそこを覚えましょう。

もしあなたの参考書が使いにくいのならば、別の参考書にしましょう。あまりマニアックなのは避けて、シンプルで基礎的な参考書にしましょう。東進ブックスの「岡野の化学をはじめからていねいに(無機・有機化学編)」などがお勧めです。

さて暗記するコツを教えましょう。無機化学で暗記する物は大きく分けて2つです。1つは物質の性質。もう一つは化学反応式です。物質の性質はほとんど丸暗記です。ですが性質が似ている元素のグループを知っていると覚えることが少し減ります。アルカリ金属・アルカリ土類金属・遷移元素・ハロゲン・希ガスや両性元素・酸性酸化物・塩基性酸化物などのグループは押さえましょう。またゴロで覚えるのも効果的です。私が使っているのは、両性元素は「ああすんなり(Zn Al Sn Pb)」。「ひ さん に働く」で「非」金属の酸化物は「酸」性酸化物。「禁 煙」したい「金」属の酸化物の「塩」基性酸化物。などなど。


化学反応式についてはほとんど暗記の必要はありません。反応の原理だけ知っていれば知らない化学反応式でも書けます。そのために必要な知識を書きます。

(1)イオン化傾向の大きい順番
K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H2 Cu Hg Ag Pt Au(貸そう か な ま あ あ て に すん な ひ ど す ぎ るしゃっ(はく) きん)
(2)基本的な反応原理
・弱酸の塩 + 強酸 → 強酸の塩 + 弱酸 (弱い者は出ていけ!反応)
・弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基 (弱い者は出ていけ!反応)
・揮発性酸の塩 + 不揮発性酸 → 不揮発性酸の塩 + 揮発性酸

・イオン化傾向がA>Bのとき
 A + Bの陽イオン → Aの陽イオン + B

・酸性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・塩基性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

・酸性酸化物 + 水 → オキソ酸
・塩基性酸化物 + 水 → 塩基

・両性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応)
・両性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応)

それでは、また何かあったらどうぞ。

こんにちは。無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。

「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。

無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。

あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別が...続きを読む

Q無機化学 色の覚え方について

私は今高校生3年で、最近化学がやっと無機に入ったのですが、覚えることが多すぎて嫌になります。
特に色が覚えられません。
たとえば水溶液中のイオンや、ハロゲン化物、硫酸塩などの色です。
そこでできればゴロで覚えたいなぁと思ったのですが、なかなか良いのが見つかりませんでした。
どんなのでもかまいません。なにかいいゴロがあったら教えてください。

Aベストアンサー

語呂合わせなど必要ありません。
金属イオンが主に発色の原因なので、それで判定すればいいのです。
典型元素は無色のものが多く、遷移元素には有色のものが多い。
同じ元素の同じ価数の化合物の色は、それぞれ似た色になるはずです。

Q有機・無機化学の化学反応式の暗記法

大学受験において、苦痛でしょうがないですが、暗記しなくてはならない反応式があります。(僕のは暗記は嫌いだけど、人の差をつけられるなら惜しまずするという方針です。)そのような反応式はどのように暗記すればいいでしょうか。全ての係数ごと暗記するのは辛いです。

学校の先生は「反応式の右辺と左辺の物質を暗記して、係数は試験場で合わせればよい。」といっていましたが、受験に出るようなものは複雑なものも多く、またただでさえ時間がないセンター試験などでは辛いです。さらには計算力も今は人並み以下なので。

そこで僕が先輩から教り、良いと思うのが、「右辺の物質と、左辺の物質+係数を暗記」というものです。でもこの方法はあまり聞きません。

皆さんはどうしていますか。また、↑の方法はどうでしょうか。

Aベストアンサー

漠然と暗記に頼るのはやめたほうがいいです。理由は、
1、負担が増える
2、反応の理解が進まない可能性がある(ex,燃焼、熱分解、酸化還元、不揮発揮発性、弱塩基強酸塩の反応等)
3、ハッキリと覚えていればいいが、係数がウル覚えの場合は間違えると大変なことになる
などなどがあります。もちろん覚えなくてはいけないものもありますが、そうでないものは機構を高校の範囲内で理解するほうがいいです。

無機に関しては、「福間の無機化学頻出問題の解法」というものの最初の方に基本的なものは書いてあるのでそれを読んでみるといいです。有機に関しては、官能基別に理解しておけばそこまで難しいのはないとおもいます。ベンゼンのジアゾ化あたりの式を書くやつは酸化還元を書いてできればよいので、一度に式がかけなくても大抵は大丈夫です。

NO,NO2の反応式に関しては、一応酸化還元なんですが、慣れてくるとめんどくさいので覚えてもいいかもしれません。ただ全部暗記するのではなくて、銅の係数が濃硫酸のときは、、などとおぼえておいて、その場できちんと係数あわせをして成り立つことを確認するほうが間違えが少ないです。

基本的には、反応物が与えられたら、何ができるのかを覚え、またそれが上記のどのような反応機構によるものかを分類できればいいと思います。

暗記ができない、というのは誰もが感じることですから、とりあえず何度も見て、手で隠して書いてみたりと繰り返しやることです。もちろん基本は問題演習で出てきたもの、また必要と思われるものだけを「確実」にすることです。

計算力がない、というのもやりまくってなれるしかありません。毎日の演習できちんと計算過程も記述して、間違えないように丁寧にやっていけば、処理能力は誰でも人並みには上がります。所詮化学の計算は筆算がきちんとできるかどうか、ですからなれるしかありません。

漠然と暗記に頼るのはやめたほうがいいです。理由は、
1、負担が増える
2、反応の理解が進まない可能性がある(ex,燃焼、熱分解、酸化還元、不揮発揮発性、弱塩基強酸塩の反応等)
3、ハッキリと覚えていればいいが、係数がウル覚えの場合は間違えると大変なことになる
などなどがあります。もちろん覚えなくてはいけないものもありますが、そうでないものは機構を高校の範囲内で理解するほうがいいです。

無機に関しては、「福間の無機化学頻出問題の解法」というものの最初の方に基本的なものは書いて...続きを読む

Q高3の最後の試験 赤点を一個でもとったら留年?

国語がどうしても苦手です。
学校の先生は試験を入試問題から出題するのでかなり厳しいです。

できるときは普通にできるのですが、苦手な文章がでたらおしまいです。

中間テストでは大丈夫だったのですが、高期末テストが不安です。
もちろん勉強はしますが、なんせ入試問題から出るということなので確実に平均点以上とれるという自信がないです。

もし赤点をとったらどうしようと本当に心配で困ってます。

今できることは国語力をつけることぐらいしかできませんが・・・

でも赤点1つだけとかならたとえ高3の最後の試験でも補習、追試などでカバーしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
学校によって対応が様々なので先生に聞くのが確実ですね。
聞くのは担任じゃなくてもいいと思いますよ。
聞きやすそうな先生がいいかもしれないですね。
休み時間とか昼休みとか放課後なんかに。
その先生の授業が終わって、教室から出るときなどなど。
その学校で働いてる先生なら誰でも知ってるはずです。

ちなみに、自分も赤点ありましたよ。
商業科目の簿記と数学のふたつ。
みんなからは「赤点野郎Aチーム」と賛美されてました。
数学は補修と追試テストで赤点解消になりました。

簿記は中間・期末テストともに白紙で提出です。
全くわからなかったので・・。
見事、全学期オール1です。10段階評価で。
こんな自分にも卒業式前日にチャンスが。
「追認テスト」と呼ばれてました。
先生が設けた基準点以上なら合格。
そのときは、60点以上でした。
60点以上なら合格。明日は卒業式。参加できる。
60点以下なら不合格。留年決定。卒業式の参加は自由。

人間、死ぬ気になれば何でもできます。
テスト直前までに覚えた断片的なことを余白に書き、
思い出しながらテストを受けました。
結果、45点。
でも、余白に書き込んだ行為が認められたのか
合格になりました。真相はわかりませんが。
卒業式当日、知恵熱で苦しかったのを覚えてます。

なので、仮に赤点をとってしまったとしても、
それを挽回する方法があるのが普通です。
たとえ進学校だとしても同じかと。
先生は脅すように生徒に言うみたいですけどね。
「赤点とったら留年だぞ!」って。

まずは先生に確認して落ち着きましょう。
それで、ベストな状態でテストに望めば問題ないかと。
自分に無意味な圧力かけても仕方ないです。

テスト頑張ってくださいね~。

こんにちは。
学校によって対応が様々なので先生に聞くのが確実ですね。
聞くのは担任じゃなくてもいいと思いますよ。
聞きやすそうな先生がいいかもしれないですね。
休み時間とか昼休みとか放課後なんかに。
その先生の授業が終わって、教室から出るときなどなど。
その学校で働いてる先生なら誰でも知ってるはずです。

ちなみに、自分も赤点ありましたよ。
商業科目の簿記と数学のふたつ。
みんなからは「赤点野郎Aチーム」と賛美されてました。
数学は補修と追試テストで赤点解消になりました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング