ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

マイホーム思案中で気になってます。
物件によって差がある事は知ってますが、
実際に金額は年間おおよそいくら位なのでしょうか?

「このような物件では、だいたい○○万円位」
と言うような感じで、お教え下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

土地や家屋所有者に課される固定資産税ですが、3年毎に決められる土地の時価や、家屋の時価についておよそ70%でつけられる評価額に対し支払う税金になります。



・固定資産税・都市計画税|平成28年度税金の手引き|三井不動産リアルティ株式会社
http://www.mf-realty.jp/tebiki/mtebiki/09.html

A 回答 (7件)

固定資産税では2.1%が制限税率とされていましたが、平成16年度の税制改正によりこの制限が廃止されましたので市町が好き勝手に税条例で決めればいいことになりましたので、市町の税務課に聞かないと解りません。


多分、標準税率の1.4を使うところが多いと思いますが、貧乏市町は高いと思います。

固定資産税の床面積要件として、専用住宅であれば50m2以上280m2以下であれば120m2まで軽減(3年と5年があります)されます。

http://www.city.katano.osaka.jp/kakka/kazei/kaok …

http://www.recpas.or.jp/jigyo/report_web/html-a/ …

木造の場合
再建築評点数=一点単価(10万点)×経年減点補正(0.8)=一点単価(8万点)
※10万点は例えです。

8万点×床面積=評価額
評価額×税率=税額
※軽減措置の計算式は省きました。
    • good
    • 18

90平米ファミリータイプの新築マンションで当初5年間は9万8、9千円~8万1千円位。


後は13万5,6千円位です。
    • good
    • 123

 こんにちは。


 知り合いの家で評価額もあるんでしょうが、土地63坪で大手住宅メーカー(ちょっとわかんないですが)の延べ床面積38坪で年間の固定資産税は7万円との事・・・。
    • good
    • 64

建ててから3年後ぐらいの固定資産税の通知書見ながら書いてます。


自分の資産をばらしたくないので、金額は書きませんが、下記。


A土地の課税標準額 = 買った値段のだいたい6割

B家屋の課税標準額 = 建てた値段のだいたい3割

C税額 = (A+B)×1.6÷100

D軽減税額 = だいたい0.4×C

実際の税額(年間) = C-D


Dは、たしか、建物が新築で一定基準満たしてると、最初の数年間だけ適用されるんだったかな?
なので、固定資産税というのは、家屋の評価が段々下がるので、年々減少するものなんですが、Dが無くなった年に突然増えます。


なお、
固定資産税というのは、国に治める税金ではなく、市町村に治める税金です。

したがって、税率、その他制度は、自治体によって違う場合があると思います。
    • good
    • 19

不動産評価額の1.4%が固定資産税になります。

不動産評価額は、新築の建物の場合は建築費の5~7割程度が目安となります。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_estate/w0050 …
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C7%C4%EA%BB%F1 …

    • good
    • 16

固定資産税というのは土地や建物の評価額の


1.4%です。
評価額は実際の購入額より少なく評価されますので
だいたい○○位とは
言いにくいです。URLを参考にしてください。

参考URL:http://home.gr.jp/athome/file/koteishi.html
    • good
    • 14

土地と建物の評価額(購入価格ではない)によるので、実際に購入した後でないとわからないです。

    • good
    • 16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産所得の租税公課の固定資産税の計算が複雑

青色申告ですが。

不動産収入申告で租税公課の「固定資産税」の計算ですが、固定資産税の年間の支払は4回で1回目は前年度の第4期分になりますよね。

1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で終わりです。

払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが、不動産所得用分を割り出さなければなりません。

このように、前年度分と今年度分の合計から、今年度申告する不動産所得分の固定資産税を割り出すには、大変細かい計算になってややこしいのですが、

きちんと計算しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で…

それは、
「前年度 4期 + 当年度 1期~3期」
を今年の申告対象にしても、
「当年度 1期~4期」
としても、どちらでもかまいません。

特に、複式簿記で記帳しているなら、当年度 4期分が年末にはまだ払っていなくても、「未払金」として租税公課に計上してしまってかまいません。

ただし、毎年同じように繰り返すことが必要で、今年は都合 3期分、来年は計 5期分なんてのはだめです。

『手引き』の 3ページです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/36.pdf

>払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが…

非事業用部分はきちんと抜き出さないといけません。

Qマイホームの固定資産税について

 年式や広さとか物件そのものにもよるかと思いますが、一般的に中古の一戸建てと同マンションでは固定資産税に差が出るものでしょうか?

Aベストアンサー

 一般構造の家屋の固定資産税が10年でかからなくなった自治体は聞いたことがありません。
「中古住宅 固定資産税」で検索してみれば、たくさんの事例がヒットします。

 ちなみに私の家屋は築28年の木造在来工法で、途中面積の変更ないリフォームを2回しております。いまだに毎年固定資産税は課税されております。
 自治体は税収が命綱なので決して「課税台帳」からどんなに古くなっても家屋の価格をタダにしてくれることはありません。

 取り壊しして滅失登記するか、未登記なら申告するかしない限り納付書は届きます。

木造とSRCの違いは耐用年数ですが土地の持分が異なるため、合計すれば余り差が出ないのではないでしょうか。はっきりさせたいなら、対象物件の固定資産税額を仲介不動産業者に聞いてみるのが一番早い方法です。

Q固定資産税の計算期間

固定資産税の計算期間
固定資産税(建物)に関して、法人として支払を行うのですが
固定資産税を支払う期間っていつの分になるのでしょうか?


下記の文脈からだと、今年支払分は2012年4/1-3/31を
前払している形になるのでしょうか?

固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが、どちらが正しいのでしょうか?





Q: 今年の7月1日に土地家屋を購入し、所有権移転の登記も済ませましたが、今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いています。
 私が負担すべき税金の納税義務は今年7月1日~今年12月31日分と考えればよろしいのでしょうか?

A: 固定資産税は毎年1月1日を賦課期日とし、固定資産を所有している人にその年の4月1日から始まる年度分の税として課税されます。このことからその税の負担がいつからいつまでの期間に対応するものであるということは言うことができません。




http://www.city.kitsuki.lg.jp/modules/itemmanager/index.php?like=0&level=4&genreid=5&itemid=64&storyid=966

固定資産税の計算期間
固定資産税(建物)に関して、法人として支払を行うのですが
固定資産税を支払う期間っていつの分になるのでしょうか?


下記の文脈からだと、今年支払分は2012年4/1-3/31を
前払している形になるのでしょうか?

固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが、どちらが正しいのでしょうか?





Q: 今年の7月1日に土地家屋を購入し、所有権移転の登記も済ませましたが、今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いています。
 私が負...続きを読む

Aベストアンサー

>今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いて…

それは、法律等で決められたことではなく、あくまでも当事者同士の問題です。
法律上は、年の途中に売却した場合でも前持ち主に 1年分の納付義務があります。

>固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが…

それは違います。
1月1日の所有者に対し、4/1~ 翌 3/31 の 1年間の税金として課されています。

>私が負担すべき税金の納税義務は…

あなたに納税義務はありません。
あるのは、固定資産税相当額を売買代金の一部として、売り主に支払う義務だけです。

>今年7月1日~今年12月31日分と考えれば…

あくまでも売買代金ですから、売り主にご確認ください。
関東と関西で違うようなことも聞きますので、よそ者の言うことを鵜呑みにはしないようにしましょう。

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q一戸建て、マンションの固定資産税計算方法

マンション所有、戸建て所有の場合の固定資産税の概算を求めようと思っています。
そこで下記計算方法で合ってますでしょうか。
ご指摘をお願いいたします。

※土地評価額を売買価格の37%として。
建物について
戸建ては評価額を売買価格の25%、
マンションは評価額を売買価格の30%として。
住宅敷地面積はどちらも200m2以内として。

■木造一戸建て
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~3年間
建物売買価格×25%×1.4%×1/2
 4年目~
建物売買価格×25%×1.4%

■耐火構造マンション
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~5年間
建物売買価格×30%×1.4%×1/2
 6年目~
建物売買価格×30%×1.4%



また、下記の内容についてもお分かりになる方、教えてください。
1.固定資産税というものはさらに消費税もかかるのでしょうか。
2.木造一戸建てではなく、鉄筋コンクリート造りの一戸建ての場合、上記軽減率の適用期間等、変わってくるのでしょうか。
3.例えば一戸建て購入の場合、30年後くらいに全く新しい家に建て替えをすると、建物に対する固定資産税額はあがりますか。

マンション所有、戸建て所有の場合の固定資産税の概算を求めようと思っています。
そこで下記計算方法で合ってますでしょうか。
ご指摘をお願いいたします。

※土地評価額を売買価格の37%として。
建物について
戸建ては評価額を売買価格の25%、
マンションは評価額を売買価格の30%として。
住宅敷地面積はどちらも200m2以内として。

■木造一戸建て
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~3年間
建物売買価格×25%×1.4%×1/2
 4年目~
建物売買価格×25%×1.4%

■耐火構...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産税は固定資産税の評価額を基礎に算出されます。
土地の固定資産税評価額は路線価等とも関係性があり、市場取引額と全く関係が無いとは言えませんが、
直接関係性があるものではありません。市場価格の4割は低すぎると思います。

家屋については再建築価格評価が行われており、市場取引価格と関係性は薄いと思われます。

いわゆる「マンション」の土地固定資産税については、家屋1戸当たりの敷地面積は1戸建てに比較して
面積は少なく、かなり土地に固定資産税は少額になるでしょう。

固定資産税に消費税はかかりませんが、都市計画区域の不動産には1,4%の固定資産背に加えて、都市計画税が
課税されます、多くの場合0,3%です。

1戸建ての立替時には、その新築された建物の評価額が新たに決まり、それに応じて課税されます。

Q賃貸物件を売却したときの必要経費(固定資産税について)

お世話になります。
賃貸物件を売却したとき、買主さんから固定資産税の精算金(日割り)を受け取ったのですが、私が調べたところ、これは売却代金に加算して譲渡所得の確定申告をすべきだという事でした。
この物件、売却するまでは不動産所得があったので、去年支払った固定資産税は必要経費になると思うのですが、満額必要経費にしてしまって問題ないのでしょうか?
最初は支払った固定資産税(一括払い)から精算金を引いて必要経費にしようと思っていたのですが、精算金を譲渡収入に加算するというならば、不動産所得の必要経費に満額のせないと損なような気がするのですが……。
ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

全額不動産所得の経費に出来ます。(受取った精算金は譲渡所得の収入)
その年分に必要経費に算入する租税公課は、その年中に納付額が具体的に確定したものです。
納付書が届いた時点で、貸付不動産にかかる固定資産税を全額経費に出来ます。

なお、賃貸物件(業務用建物)を売却した場合、譲渡所得を計算する上で、取得費の計算が居住用物件とは若干変わりますのでご注意下さい。
不動産所得の計算上で登録免許税・不動産取得税等経費にしたものは、取得費に算入できない。
取得費から引く減価償却額は、不動産所得の計算上で必要経費とした減価償却累計額。

詳しくは、税務署又は税理士にお尋ね下さい。

Q固定資産税の計算

固定資産税の計算上使用する額は、固定資産税評価額と固定資産課税標準額のどちらをしようするのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もうひとつ質問なんですが、土地の軽減措置を適用するときに調べてみると、「評価額×1/6」となっていますが、このときの評価額もの課税標準額を基に計算してよろしいのでしょうか?


そのとおりです。200平方メートル以下の住宅用地の場合、課税標準額は評価額の6分の1とする特例措置があります。

ただし、評価額×1/6が、課税標準額の限度額と考えてください。
課税標準額を決めるのは、前年の課税標準額とこの限度額を比較することから始めます。

A 前年の課税標準額が限度額を上回っているとき
 課税標準額を限度額に引き下げます。
 つまり、限度額がそのまま課税標準額になります。

B 前年の課税標準額が限度額の80~100%のとき
  (この割合を負担水準といいます。)
 前年の課税標準額を据え置きます。

C 負担水準が80%未満のとき
 負担水準の段階に応じて前年の課税標準額を引き上げます。
 前年の課税標準額×負担調整率=課税標準額になります。

    負担水準  負担調整率
    0.4~0.8   1.025
    0.3~0.4   1.05
    0.2~0.3   1.075
    0.1~0.2   1.1
      ~0.1   1.15

この仕組みだと、地価が大きく上昇したとしても、課税標準額の上げ幅は緩やかになります。
逆に最近のように地価が下落しても、課税標準額が限度額に追いついていなければ、税額に直結する課税標準額は下がらないため、地価が下がってるのに税額は下がらないという結果になってしまいます。

とてもわかりにくい制度で、なかなか理解できないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。

>もうひとつ質問なんですが、土地の軽減措置を適用するときに調べてみると、「評価額×1/6」となっていますが、このときの評価額もの課税標準額を基に計算してよろしいのでしょうか?


そのとおりです。200平方メートル以下の住宅用地の場合、課税標準額は評価額の6分の1とする特例措置があります。

ただし、評価額×1/6が、課税標準額の限度額と考えてください。
課税標準額を決めるのは、前年の課税標準額とこの限度額を比較することから始めます。

A 前年の課税標準額が限度額を上回っているとき
...続きを読む

Q固定資産税の差押調書について

8/15に固定資産税の差押調書を受け取りました。
差押調書には、8/1付け(銀行受領は8/5)で固定資産税の支払う
べき滞納金額より1000円程少ない預金を差押さえたと記載されて
いました。

対応をどのようにすべきか解りません。
差押調書を受け取ってから、差押え解除までの、
一般的な手続きの流れを、教えて下さい。

・固定資産税の滞納金は、全額2~3日以内に支払う予定ですが、
 支払い後、こちらが何か手続きをしなくても、
 差押えは自動的に解除されるのでしょうか?
 解除の通知等は来ますか?
 それとも、支払い前後に何か差押えの取消しを求める書類を、
 市や裁判所?に提出しなくてはならないのでしょうか?

・また、差し押さえされた銀行口座はいつ、利用出きるように
 なるのでしょうか?

・8/1発行の差押調書の場合、15~20日ほどたってからの支払いは、
 遅いでしょうか?更に差押えされる可能性が有りますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

差押された預金の種類によって対応が違います。
1 普通預金の場合
差押によって、差押と同時に取立てがされ、配当計算書が作成され、配当日に滞納税金に配当されます。
この間に滞納税金が納付されると、差押して取立てされた金額が配当された後の滞納に納付額を充てられる形になります。
これは取立てした日を納付があった日として処理をするためです。

具体策としては、あといくら納めたら滞納がなくなるのかを当局に尋ねてそれを納めることです。おそらく差押えた預金取立てによって、本税完結して延滞金が発生し確定してるでしょうから、これだけ納めたら終りですという額がわかると思います。

2 定期預金の場合
満期日に取立てがされます。
満期日前に滞納税額の全額(延滞金を含むという意味です)を納付すれば差押が解除されます。

3 滞納税金が全額納付されれば、自動的に差押解除されます。
しかし納めた事実が当局に判明するタイムラグがありますので、それを回避するため、及び延滞金を含めて納めないとならない、つまり延滞金額をしる上で当局との連絡は不可欠でしょう。
 差押解除処分を受けるための最速手続きは差押した機関に出向いて延滞金を含めて全額支払うと申し出て納付することです。
おそらくその場で解除通知を交付してくれると思います。

差押された預金の種類によって対応が違います。
1 普通預金の場合
差押によって、差押と同時に取立てがされ、配当計算書が作成され、配当日に滞納税金に配当されます。
この間に滞納税金が納付されると、差押して取立てされた金額が配当された後の滞納に納付額を充てられる形になります。
これは取立てした日を納付があった日として処理をするためです。

具体策としては、あといくら納めたら滞納がなくなるのかを当局に尋ねてそれを納めることです。おそらく差押えた預金取立てによって、本税完結して延...続きを読む

Q住まない家の固定資産税の計算。

現在住んでいる家の土地の固定資産税は、年11万円強です。この家をそのままにして、別の家を購入して移り住み、前の家を他人に貸した場合についてお尋ねします。居住しない家の土地の固定資産税は、居住している家の土地の6倍だと聞きました。前の家にすまない場合は、土地の固定資産税は単純計算で110000x6=660000円です。この金額を役所から請求されるにのでしょうか?お解りになる方教えてください。よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

居住用の建物が立っている場合に、土地の面積のうち200m2以下の部分の土地にかかる固定資産税が6分の1に軽減されています。
200m2を超える部分については、3分1になります。

この土地に立っている建物を他人に貸しても、居住用に使用している場合は、この軽減措置は継続されますから、固定資産税の額に変更はありません。

Q固定資産税がかからない物件は?

固定資産税がかからない物件の要件を教えてください。
例えば、基礎付、鉄骨 屋根付、2面壁(壁は薄い鉄板)
基礎付 屋根付 鉄骨 3面壁(但し、壁はビニール)
ビニールで出来た倉庫など
など、固定資産税のかからない範囲を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>固定資産税のかからない範囲

壁が2方あったしても
基礎のない物件は
課税されない。=できない。
以上。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報