芸術/ARTとの本髄とはいったいどういうものなのでしょうか?
アートとコマーシャルアートの境界線が見えません。
このことについて学べるサイトなどありましたら教えて下さい。
哲学、芸術に関しては素人です。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

作品に、作者の内的な経験が投影されているかどうかだと思います。

その深度、純度などが、芸術の本髄に関わってくるのではないでしょうか。スピリチュアルであるかどうか、と言ってしまえばシンプルかもしれません。どの作品にスピリチュアリティを感じるかは、その鑑賞者が何を求め、探しているのかに関わっているのではないかと思っています。我々は、探しているものが自然と見つけられるように、センサーを働かしているのではないでしょうか。
スピリチュアリティと言う面では、コマーシャルアートは、ウケなければならず、時には奇をてらうこともゆるされるような、芸術としては少し不純なもののような気がします。
    • good
    • 0

アートの本髄は表現だよ。

だから、コーマシャルアートに、金がらみの表現が共なうの当たり前。それをふくめて表現されてんだから。
だから、自己表現は、自己を生きる人生そのものってことかな。人生がアートってそういうことなんじゃない?自己を生きない人生もあるな。それでも表現はある。生き様もある。自己が全てじゃないってことか、。
    • good
    • 1

芸術とは物などの本質が人の感性を通して、他の人に感動が伝わることではないでしょうか。



いろんなケースがあり、アートとコマーシャルアートの線引きはできないと思います。
売れる売れないと作品の質とも正比例するわけではありません。

人には運があって、金運のある人と無い人があります。これは芸術性とは関係ありません。
才能のあるなし、才能の開花のあるなし、も運というか宿命です。
つまらない作品が高く売れることもあります。
感動が同世代には通じず、後世になって見出されるということもあります。
    • good
    • 0

金に生かしてもらう多くの人は、「かねは悪くないよ」といいますね。

売れっ子でない多くの作家のように、。(笑 
間違ってるとか、間違ってないとか言うのが、間違ってる(笑
 
 善いも悪いも無いのです。それがそれである事を知ることが大事です。建築家は、土地に縛られてはいけない。場所にあって当然です。なぜなら、その行為、場所を生むからです。人は人に生きて、当然。芸術は芸術で当然。人目に触れなくても、作者に触れない事はありません。無人の氷原で、すばらしいオーロラが舞います。オーロラに意味は無いですか?見えてるものだけが意味あるのですか?独我を知ったのに、それを超えようともせず、それから離れ、周囲に価値をつけてもらう人間のありかたは、当然ですか?
 今は知られず消えた素晴らしい作品もあるでしょう。しかも、たくさんです。
ゴッホがそんなにいいですか?「デルフトの眺望」がいいのでは?
 多くの人の目に映れば、多くの金を動かせるんですか?
多いも少ないも、大きいも小さいも、芸術にはどうでもいいと言うことが、わかりますか?なぜなら、芸術は芸術だからです。それはそれです。
 
比べない事が大切です。自分と他人も比べない。それはそれなんです。
 
しかし、あえて言います。
 
「今の金は、比べる事を強要します」
 
だから、人を迷わし、芸術を迷わせます。何を囚われてしまっているのか?
自由の人は自由を知ってます。あえて囚われ、どうしようもなく囚われます。
恋愛のようですね。生き様のようですね。とんでもアートふるですね(幸。
自由が果たして経済的ですか?(笑
何を囚われているのか。

>生き方自体こそが芸術 
あ~、根っからのアーティストですね。石を見て、彫るべき形、彫った後の形が見える、「ミゲルアンジェロ」のようですね。彼が、すでにある彫像を見たらどうなんでしょう?また彫りなおすんですかね。
人を見て、生き様が見える。
自分は、生き様に生きる。
僕は大好きです。
 
しかし、アーティストは、どうなの?と人に聞くんでしょうか(笑
僕は聞きまくってます(笑 
アーティストは自由です。人間も同じようにあるべきです。
あなたはそういうことが言いたいのでは?とおもい、補足しました。
ツワモノがたくさんおられたので(笑
ツワモノ、すぐに自由になる方ばかりとお思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

せっかく書き込んでいただいたのにお礼が遅くなりしつれいしました。
考えがまとまったら補足させていただきたいと思っております。
取り急ぎ…

お礼日時:2002/01/30 19:20

美術関係の仕事をしている者です。



芸術にまつわる社会通念に「芸術は純粋でなければならない」というものがあります。ここから、芸術家は世間に迎合してはならないだとか、金のために作品を作ってはならないだとか、金儲けの巧い芸術家は本当の芸術家ではないといった理想の芸術像が生まれてきます。

こうして「純粋」であることを負わされた芸術の同伴者として、例えば石川啄木・ゴッホやといった「清貧」の芸術家やアウトローの芸術家がその典型的な作家として印象付けられています。

しかしながら、芸術が人間の本質や世界の真実をその卓抜な技巧・技術によって作品化することであり、作品という物理的な存在によってはじめて同時代の他者や後世の人々にも享受(鑑賞)できるようになるものならば、芸術家はその生きている世間から離脱することは本質から外れることになるでしょうし、作られた作品も物理的に存在する以上、商品としての価値を生むことは避けられません。また避ける意味もありません。

芸術の世界という何か空間的なイメージで捉えられる神の国のようなものがあるわけではありません。芸術とはいつの時代でも生きている人間が制作した作品とそれを取り巻く作家と鑑賞者の間に起こる出来事ですから、その作品が素晴らしいと認められれば、それを欲しがる人はお金を支払って自分のものにしたいと思うのは当然ですし、それによって芸術家の生活は支えられています。逆にいえば、どんなに素晴らしいものでも見てくれる人がいなければ何の意味もありませんし、評価されなければそれで終わりです。仮に作品を売ることを拒否して清貧を貫いた芸術家がいたとしても、それだけで(つまり金にまみれていないだけで)それが良い作品ということにはなりません。もしも芸術家が作品を売らずに生活の糧を得ようとすると、美大や音大などの先生をして給与を得るか、コンクールなどで賞を取って賞金を得ることくらいしかありません。しかし芸術家であることと何かを教えることとは別のことですし、ましてや芸術家は賞金稼ぎではありません。

ついでにいっておくと、絵画の場合、画廊などで売っている絵よりも美術館に収められている絵のほうが公共的で金に汚れていないと思われていますが、実際には美術館の作品は寄贈品以外はすべて画廊や作家から作品購入したものです。その額は個人購入の比ではありません。

そもそも「金儲け=汚れている」という社会通念は間違っていると思いますし、芸術家が社会から乖離せずにいられるためには経済的に自立していなければならないでしょう。時代によっては国家やパトロンが芸術家の生活の面倒を見ていたこともありましたが、それは逆に作家としての不自由を意味します。また金絡みであることではコマーシャル・アートと全く意味は変りません。

coffee_and_kissさんはきっと、現実の世界は金銭欲にまみれた汚い世界で、芸術とは穢れのない理想の世界だと思っているのでしょう。しかし、そのどちらも間違っています。現実の「金銭絡み」はそれ自体悪いことではありません。また芸術は現実に根ざしているものです。芸術が金銭絡みであることは、汚くもなければ悪いことでもなく、また芸術性を貶めることでもありません。そもそもコマーシャル・アートとアートの区別というものも存在しませんし、百歩譲ってこの言葉を使えば、すべてのアートはコマーシャルアートだといっても間違いではないでしょう。

芸術家の中にもcoffee_and_kissさんと同じような考え方の人はたくさんいます。しかしその多くはいわゆる「売れっ子」になれなかった自分を正当化するための方便で言う場合がほとんどです。もちろん、レコードにしろ絵画にしろ、商品価値が芸術的価値であるわけではありません。しかし、全く関係ないわけではありませんし、無理にそれを分けるまでもないでしょう。

参考のために、文章を参考URLにあげておきます。小説家であり評論家でもある笠井潔のエッセイ的な評論『独立生産者としての作家』です。小説家という立場から、芸術と経済の関係を論じています。小説家が集まって作ったe-novels(http://www.e-novels.net/)というページの中の無料ダウンロード作品です。ページの下の方にあるダウンロードボタンを押すと、PDFファイルをダウンロードできます。
一読の価値はあると思います。

参考URL:http://www.e-novels.net/novel/sakuhin.php3?booki …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

せっかく書き込んでいただいたのにお礼が遅くなりしつれいしました。
考えがまとまったら補足させていただきたいと思っております。
取り急ぎ…

お礼日時:2002/01/30 19:21

 


  「芸術」とか「アート」と言いますと、何か日本語では、非常に格調高いと言いますか、畏れ多いもののような感じです。しかし、芸術の元の言葉は、ラテン語の ars ですし、アートと言うのは英語ですが、これも語源はラテン語で ars です。ars というのは、一般に「技術」のことを言うのです。
 
  英語の辞書で、art を引くと、「芸術、美術」の意味の他に、「技術、技巧、技、技量」などとあり、用例に、domestic arts で、「[料理・裁縫などの]家事」と出てきます。英語の art という語だと、こういう意味を普通に持っているということです。
 
  「芸術」というに値するようなものは、別にそれを特に呼ぶ言葉がなくても、あるはずです。「芸術」というのは、おそらく明治時代の造語で、art のなかの「芸術・美術」特に「芸術」だけを意味させるように造った言葉だと思います。けれども、そういう言葉がなくとも、例えば世阿弥の『夢幻能』とか『風姿花伝』などで、「花」と呼んでいるものは、能における最高度の芸術の精髄であったのです。また、芭蕉も、自分の俳諧・連句は、なにものか根源なるものを把握しているという自負があったでしょうし、やはり遺された作品で見ると、彼が捌いた連句などは、非常に素晴らしいものがあるのです(芭蕉というと、短い「俳句」で有名ですが、俳句というのは、連句の発句を独立に扱ったもので、芭蕉の芸術性は、連句・俳諧にあります)。
 
  芭蕉の言葉に「不易流行」というものがあります。「不易」とは「変わらぬもの」で、いわば、古典、典拠とする芸術です。他方「流行」とはその言葉の通りで、「いま流行っているもの」で、ある人からは軽薄とされ、顰蹙を買ったりしているものですが、現にいま、世間で流行しているものです。
 
  「不易流行」とは、不易はすなわち流行であるということで、流行は、時と共に評価によって篩い落とされて行き、本当に素晴らしいものが、後の世に残る。そしてこれが典拠=芸術=古典=不易となるのだ、というのです。また不易とは、いま、人々が崇めていても、それは、昔、それが出来た時、出現した時は、実は流行で、時の経過と共に、「真価」が輝き出て、古典=不易となったものだというのです。
 
  「純粋芸術」というのは、非常に長い、そしてこれからも続く人類のアルスの歴史のなかで、ほんの一時期主張された、一種の人工の芸術論です。現在は、そういうものは主張されていません。つまり、アルス(芸術)の歴史を見ると、お金に関係のない芸術などないということです。「お金」に関係ないとしても、多くの人が価値あると認めると、自然に、それは金銭価値が付いてきます。何らかの意味で、世俗的目的を持たない芸術作品というと、宗教芸術かも知れませんが、これも、意図的に人を感銘させようという設計があります。作品を造る限り、多くの人を感銘させたい、感動させたい、多くでなくともいい、一人でも感動してくれればいいと言うのが芸術です。その一人が、自分自身でもよいのです。
 
  芸術は、結局、どれだけ普遍的価値があったかが問題で、それは時間や色々な条件で決まって来ます。金儲けのために造った作品だから芸術ではないとはならないのです。素人の大勢の人が、金儲けではなく、純粋に趣味として、楽しむために絵などを描いていますが、それでは、そういう絵は、芸術としての普遍性を持つかと言えば、やはり違うでしょう。金儲けで造られたものでも、真に人を感銘させることができれば、それはやはり芸術でしょう。
 
  アートとコマーシャル・アートの境界線が見えなくても、それは現代の作品なら、当然のことだと思います。どちらも、一時の目的はともかく、人の心を感銘させ、動かすということを技術に造られているからです。
 
  アートとか、コマーシャル・アートとかいう区別を無視して、作品として評価すれば、芸術かどうかは分かるのです。そして、同時代にあって、新しいものの芸術性はなかなか分かりません。ある時代に芸術だともてはやされたものが、数十年経過すると、その底の浅さが露呈することは珍しいことではありません。しかし、同時代の人たちは、分からなかったのです。
 
  だから、古典として、評価されている作品・芸術と同じように、現代のアートを考えると間違うということです。現代において、アートと名乗っていても、どうでもよいものもあれば、コマーシャル・アートとして造られたが、その素晴らしさが後世に残るものもあるでしょう。それは、時間と多くの人の心が決めることで、現代の一人の個人が、自分で判断できるようなものでは恐らくないのです。
 
  「芸術の精髄」とは、世紀を超えて、多くの人の魂に感銘を与えるということです。過去の大芸術家は、生活のために作品を造っていました。しかし、お金を得るために造った作品だから、それが無価値なもの、根のないものかと言えば、そういうことこそ、偏見でしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

芸術、美術、技術、技巧…そしてお金、価値、評価…などが頭の中で駆け回ってるんですよ…
作品・物だけが芸術とも思えず、精神的、哲学的な思想こそが芸術なのではと思う時もあります。

また自己満足の芸術と人に感銘を与える芸術との違い…っていうか その辺が他人から評価されてからこそ=お金を伴う…と考えて行くとドロドロしたものが絡んでいるようで…

支離滅裂になってきました、もう一度皆さんの書き込みよく読んで考えて見たいと思います。

お礼日時:2002/01/18 10:05

coffee_and_kissさんが、コマーシャルアートと、アートの区別がつかないんなら、むしろそのままにしておくほうがいいと思います。

なにも、分ける必要を感じなくてもいいと思います。分けると、色々に限定されます。
だって、両方アートだって思えるんでしょう?そのほうが、素直目に作品を見れるのではないでしょうか?
これは誰が作ったとか、これは何々がどうこうとかよりも、
それをそれとして見る目が、芸術には適していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

コマーシャルアート、とアート…むむむ~です。
両方アートと思える場合もあり、またそれと反対に所詮は金銭絡みの物にすぎないと思える時もあり…

人間万人が基本的に芸術家であって生き方自体こそが芸術なのではないのでしょうか? 絵を書く、物を作るとうい事は技術・工芸であって芸術ではない気がするのです。

お礼日時:2002/01/18 09:48

芸術至高か、商業目的かの違いと思います。


芸術の目的は芸術で、理由と行為は完結しています。芸術を求めること、それがそのまま芸術とゆう行為、また精神であると思います。
コマーシャルアートは、何か目的(宣伝、印象付け)のために、芸術を使う。道具的なポジションの、芸術らしくない芸術?です。ですから、印象はあっても持続せず、目新しいが多様性なく、個性的なようでぺらぺら、時代を象徴するような消費芸術、消費される芸術とも言えそうです。人間のために飼われる近代の家畜のように、むなしい精神存在と思います。しかし、それがそのあり方です。開放されると、又いいものに生まれ変わるんでしょうが、。
牛は野に、森に、砂漠に、人とともに、芸術は人間に生きるほうがいいのでは?と、思います。
人(お金)の変わり目を引くために、あるなんて、かわいそうと思います。
人間が芸術の住処になるべきでしょう。
芸術の所以や、住むべき所は、お金や経済や、人目、他人行儀ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

以前バーで隣の音楽家のような人が「アーティストは自分のすごい芸術作品を提供するのだからそれに見合うお金を取る事はあたりまえだ」見たいな事を言ってたのを盗み聞きしていてなんか悲しくなった記憶があります。

目的としての芸術ならば技術、才能が伴わなくても芸術の言えるのでしょうか? 

お礼日時:2002/01/18 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携帯電話をデコアートする芸人さん??

昔、TVで芸人さんが、ラインストーンでつくる今のデコ電ではなく、携帯電話そのものがアートのような作品を趣味でつくっていて、そのとき見たのは、爬虫類っぽい形をしていました。雑誌にものっていたみたいです。もう一度見てみたいのですが、その方のお名前か、作品集などご存知の方、教えていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

※携帯電話を使って同じような事をしている人も情報ください。

Aベストアンサー

多分ですが、ラーメンズの片桐仁さんじゃないでしょうか。片桐斎仁吾郎という名前で粘土道という本を出してらっしゃいます。

http://www.walkerplus.com/yokohama/20030819/ar0686.html

Q芸術と哲学

芸術(絵画)と哲学の接点は、どんな部分でしょうか?
宗教画や写実主義に限り、哲学的な要素があるのでしょうか?

絵描く・鑑賞する側としての視点でしか絵画が解らないのですが、哲学的に絵画をどう捉えられるか、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

哲学をより一般的に見て世界観として捉えていましょう。西洋の宗教画を見ると「永遠」が常にテーマになっていますね。それに比べて「変化」に余り興味が無い。今から20年ほど前にプリンストン大学の高等研究所で「創造性」に関する講演会に参加したことがあります。その講演会である西洋の美術史研究家が「渦はダビンチによって発見された」と言って、彼が描いた渦の絵を何枚も見せておりました。その時、その講演会に招待されていたノーベル賞受賞者のイリヤ・プリゴジン教授が「貴方の主張は西洋ではそうであろう。しかし、東洋を忘れては行けない。中国の絵画でも日本の絵画でも、渦は中心テーマの一つであり、2千年以上前の絵画の中に、東洋人は雲の中にしきりに渦を描いていた。東洋人はわれわれよりも「変化」に強く興味を引かれていたのだ」とおっしゃっていたのが印象的でした。「変化」とは「創造性」の契機ですので、「永遠」に劣らず重要な概念だと思います。

1500年代の画家 ジュゼッペ・アルチンボルドが描いた「だまし絵」が評価されているのも、彼の絵の中には「永遠」が存在せず、本来朽ちる物や必然性の無い物の偶然の集まりで人間の顔を描いているからですね。これはその当時にあって西洋人の手で西洋の世界観に真っ向から挑戦した絵画だと思います。

彼の絵:
http://material.miyazaki-c.ed.jp/ipa/internet_artmuseum/manierisumu/aritinborudo/h-arc1.jpg

と国芳の版画:
http://pds.exblog.jp/pds/1/200904/22/02/f0097102_1783693.jpg

を比べてみて、「永遠」に対する「変化」を観賞してみて下さい。

哲学をより一般的に見て世界観として捉えていましょう。西洋の宗教画を見ると「永遠」が常にテーマになっていますね。それに比べて「変化」に余り興味が無い。今から20年ほど前にプリンストン大学の高等研究所で「創造性」に関する講演会に参加したことがあります。その講演会である西洋の美術史研究家が「渦はダビンチによって発見された」と言って、彼が描いた渦の絵を何枚も見せておりました。その時、その講演会に招待されていたノーベル賞受賞者のイリヤ・プリゴジン教授が「貴方の主張は西洋ではそうであ...続きを読む

Q携帯電話・ペイント・アートシールについて

携帯電話に市販のシールを貼りたいのですが、自分で張ると失敗してしまいました。
それで、携帯にシールを貼ってくれる店をご存知内ですか。
以前、三重県鈴鹿市のベルシティと言う店の2階に3千円ぐらいで張ってくれる店を見つけましたが、
近所で探しています、すいませんが教えてください。
名古屋市の栄の大須近辺か、岐阜市内から大垣市内ぐらいでお願いします。
とりあえず、1月5日までは締め切りませんので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

名駅の近鉄パッセ内に一軒ありますよ。何階かまでは覚えてませんが、エスカレーターの真横に店があるので1階からエスカレーターで上がっていけばすぐに分かると思います。

Q芸術や美について扱っている哲学者

タイトルのまんまですが、芸術や美(学?)について扱っている哲学者や本を教えて欲しいです。
また、この哲学者のこれが面白い!!といったお勧めもあれば書いていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

美学で有名な古典ですと、プラトンの「饗宴」やアリストテレスの「詩学」、カントの「判断力批判」などが挙げられるように思います。
私は読んだことはないのですが、バウムガルテンやヘーゲルはそのまま「美学」というタイトルの本を書いているようです。

哲学ではなく文学ですと、芸術について扱っている作品でまず思い浮かぶのは、プルーストの「失われた時を求めて」です。
主人公である語り手が、画家や作曲家、作家といった芸術家の生き方、作品について語っているところは、まさに芸術論といえるのではないでしょうか。
芸術作品としても、本当におすすめです。

Q路上3Dアート(Pavement Art)を見られる場所

Julian Beever さん、Ulla Taylorさんなどの立体感あふれる路上絵の実物を見てみたいのですが、どこに行けば見られるでしょうか?

国内・海外どちらでもかまいません。常設のほうが助かりますが、イベント情報も歓迎します。

よろしくお願いします。

絵の例
http://zarius.com/neato/pavement-art/
http://www.european-street-painting.com/thumbnails-album,17,Reflection%20in%20a%20well.html
http://www.users.bigpond.com/ullart/pavement%20art.htm
http://www.kurtwenner.com/street/

Aベストアンサー

映画「GOAL」の記念に東京に来てくれました!


・ 開催日時:平成18年5月25日(水)~6月9日(金) 
・ 開催場所:新宿・歌舞伎町シネシティ広場

本当に素晴らしいですよね!!
私も実物が見たいので、観に行く予定です☆

参考URL:http://www.kabukicho.or.jp/webdata/info/2006/20060525.htm

Q哲学と芸術

あまり哲学には詳しくないのですが、哲学から見た芸術についてどんなことでもかまいませんので御意見下さい。ちょうど芸術大学に通っているので知っておきたい気分です。 よろしく。

Aベストアンサー

一般に、哲学とは論理的な言葉を通じて、人間とは何か・世界とは何か・神とは何かといった問題を考える学問です。一方、芸術もまた同じ問題を具体的(物理的)存在である作品を通して認識する一つの知であるといえます。プラトン・アリストテレスの昔から、哲学者は芸術について、また芸術作品を素材にして自らの認識と考えを発展してきました。これが近代になって、ドイツのライプニッツ・ヴォルフ学派の一人バウムガルテンという人が感性的認識(論理的な認識ではなく、美や快といった感性の認識)の学の必要性を唱えて、「美学(エステーティク)」という言葉を創始しました。以来、カントは「判断力批判」を、ヘーゲルは「美学講義」を、ニーチェは「悲劇の誕生」を著しています。これらは美学の古典となっており、芸術についての哲学的考察の見本のようなものです。いずれにしても、哲学と芸術との関係については、現在では美学という独立分野が存在しているので、そちらの文献を当たられるのがオーソドックスな方法でしょう。

Qなぜ美術もアートといい芸術もアートというのか

芸術を英語でいうとart、美術のことも英語でartと言いますが(正確にはfine art)、これは芸術のジャンルの中で美術が一番優れていると言われているような感じがしてしまいます。日本だとアート=美術のような認識が少なからずあります。アート=芸術なのが本当でそれであれば文学やダンスや音楽や演劇のこともアートと括って良いはずなのですが、アートと文学は分けられたりします。アート=美術となっているのがとても疑問です。どうしてなのでしょうか?芸術の中で美術が重んじられている気がしてしまいます。

Aベストアンサー

元々芸術は art の訳語として明治時代に作られた物だそうで、artの訳語としてはもうひとつ「技術」があります。

英語版の wiki には artist は英語でもだいたい視覚的芸術に対して使われて、音楽家に対して使うのはエンターテインメント・ビジネスの用語だと、また文学ではもっと少ないと書いてありました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Artist

art は元々は絵画彫刻であって、そういう物は今考えるよりも装飾としての機能と分かれていない物だったので技術や職能とも考えられていたわけでしょう。明治ではすでに美術と職人的な技術はもう分かれていたからそのような訳の違いが必要だったのではないでしょうか。

エンターテインメント・ビジネスの用語として音楽家を持ち上げる言葉として artist はあるのでしょうから、美術の作家の地位の方が高く評価されていることのあらわれであるという説は妥当のように思います。
その理由はわかりませんが考えてみたいと思います。

Q引用、主観なんでも結構です。宗教、科学、哲学、芸術の定義を教えて下さい

引用、主観なんでも結構です。宗教、科学、哲学、芸術の定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 エワという女が 光も曲がることに気づいたとか。わが心にちょっと逆らってみようかと思ったとか。
 その前には 自分の感じや思いをそのまま表わしていたかも。夫のアダムに逆らう場合にも わが思いをそのまま表出していたから 言ってみればまだまっすぐであった。
 
 言いかえると 言葉は わが心・わが思いをそのまま表わすとは限らない。もっと早くいえば ひとはウソをつくことができる。そういう意味でも 表現は自由なのだ。このことを やがてエワだけではなくアダムも知ったし そういう振る舞いにそれぞれ自由に及ぶこととなった。

 ひとは 言語による表現をもって意思疎通を図る。その必要が現われたとも言い得る。その言葉の海を航くとき 大きなウソ・イツワリという嵐に遭い 難破することも生じ得る。
 こうなると 自由あるいは自由意志を擁護したい向きは たとえば《欺かれるなら われ有り》という《哲学》を生む。――世界を知り 世界を変えることをも考える行為である。――《あやまつなら われ有り》と堂々と宣言する。あやまちに気づいたなら われに還る。そこには 生まれつきそなわった自由意志とその自由がある。したがって 表現の自由は そこに同時に 表現した内容についての答責性を帯びることになった。
 このとき もし哲学をもう一歩伸ばすなら――超哲学ないし超経験思考として――この自由を 仏性とも神の霊とも言った。これは 非思考として《信仰》と呼ばれる。

 この個人の信仰を いわゆる観想・瞑想において それは思考に非ずであるにもかかわらず 人間の言葉で思考の次元に置きかえて言い表わすことが起こる。

   神の霊の宿ると言われる身と心において その自由に従っているならば――つ
  まりは へそを曲げウソをつくのではあるが これをあやまちとして気づくと
  きその自由に留まるならば―― ひとは ひとを殺すこともなければ むさぼる
  ことも裏切ることもなかろう。

 といった規範を得る。
 この規範を どう思ったか 《殺すなかれ・むさぼるなかれ・姦淫するなかれ》という戒律としてまた道徳として 神の霊に代えて崇拝するやからが現われる。つまりそのときこれを神のおきて(法)として 説き始めたのが 《宗教》である。
 一般に 集団をつくりその集団の振る舞いにかんする規則をもこしらえ この規範道徳と組織運営上の規則という物指しで人間の自由を捌(さば)こうと言うのだ。やがてこれが権威とさらに権力を持つようになると――つまり それにあざむかれて従う阿呆な人びとがいるということだ(欺かれるなら われ有り)―― 人間が人間を勝手に裁くというあやまちを繰り広げるようになる。宗教は 個人の信仰の自殺行為である。

 《科学》は哲学をさらに詳しく問い求めたものである。それでも哲学と分けるのは たとえば人間の社会について・そして中でも殊に経済活動については 或る種の仕方でその活動領域として分立しうると考えられるからである。あるいは どの人の思考や行為であるかにはかかわらず ひとしく認識しうるモノ・コトの世界がそれとしてあるとなれば この世界をやはり分立させそれに対しては 自然科学という領域を 設定している。
 《芸術》は これらの定義や分野の設定などなどをすべて取り払ってまったく自由に表現の自由を追求する人間の自己表出および自己表現なる行為である。ゆえに手段は 言葉に限らない。哲学に通じる人間の真実――あるいは 稀には科学の問い求める経験的な世界の真実――が描かれていると人が感じ得るなら よいものだと言われる。
 

 こんにちは。

 エワという女が 光も曲がることに気づいたとか。わが心にちょっと逆らってみようかと思ったとか。
 その前には 自分の感じや思いをそのまま表わしていたかも。夫のアダムに逆らう場合にも わが思いをそのまま表出していたから 言ってみればまだまっすぐであった。
 
 言いかえると 言葉は わが心・わが思いをそのまま表わすとは限らない。もっと早くいえば ひとはウソをつくことができる。そういう意味でも 表現は自由なのだ。このことを やがてエワだけではなくアダムも知ったし ...続きを読む

Q三菱 ラリーアート!RALLI ART!

こんにちは!
どなたか三菱ラリーアートマニアの方がいらっしゃいましたら教えて下さい!

ラリーアートのコースターがあると聞きました。
ラバーのようなゴム素材の物のようです。
値段などサッパリわかりません。
非売品なのか売られている物なのかもサッパリ・・・。

どなたか扱っているお店などご存知でしたら教えて頂けないでしょうか?
どうしても欲しいのです!
よろしくお願い致します!

ちなみにネットで見つけたそのコースターの画像です。
参考にアップしておきます。
http://www.geocities.jp/gogoixion/3.jpg

Aベストアンサー

ラリーアートのカタログの中には見当たらないですね。もしかするとラリーアートのイベントで配った物かも知れません。

Q「芸術的悲劇作家は、また同時に芸術的喜劇作家である」

こんにちは。
ご存知プラトン著『饗宴』での末尾、
ソクラテスがアガトンとアリストファネスに「芸術的悲劇作家はまた同時に芸術的喜劇作家である」という議論を展開し、また二人を納得させていた(とアリストデモスは言った)部分があります。
プラトンの技法によって、もしくは話題外であったため削られてしまいましたね。

そこで質問させていただきます
もし皆さんがソクラテスだったとしたならば、どのような論理展開で以って「芸術的悲劇作家はまた同時に芸術的喜劇作家である」という命題を完成させますか?

よろしくお願いします。
ちなみに私は悲劇喜劇に関しての心得が全くございませんので見当もつきません…。

Aベストアンサー

これは課題ですよね?
課題であれば、先生は確実に検索しますから(笑)、ここで聞いた答えを書いて提出しちゃうと、きっとマズいことになります。だからここでは方向性だけ。ちゃんと調べて、参考文献もあげて、いかにもしっかり勉強したような体裁を整えておいてくださいね。

まず、「悲劇」と「喜劇」には、きちんとした定義づけがあります。『饗宴』でも、プラトンは何となく言っているのではない。そこを押さえておかないと、まちがいなくレポートはグダグダになりますから、そこのところはくれぐれも注意しておいてください。

図書館へ行って、文学辞典、演劇辞典、百科事典、まあ何でもいいですから、「悲劇」「喜劇」の項を調べてみてください。wikipedia には肝心のところが載ってないから。
いまわたしたちが使っている「悲劇」「喜劇」という言葉と、ギリシャ時代の「悲劇」「喜劇」の意味が、異なっていることがわかるはずです。当然、ここで言われている「悲劇」も、単に主人公がかわいそうな結末を迎える劇ではありません。

ギリシャ悲劇として最も有名なのが、ソフォクレスの『オイディプス王』ですが、これを考えてみると、悲劇がどんなものかよくわかると思います。
偉大な人物である主人公が、運命もしくは神々の力と対抗しようとするが、最終的に破れ、死を迎える。だから「悲劇」なんですね。

それに対して喜劇というのは、偉大な歴史上の人物ではなく、身近な、日常卑近な人びとを扱ったものです。偉大な人びとではない、市井の人びとは、性格的にさまざまな欠陥を持つ。その性格の欠陥ゆえに、さわぎを引き起こし、笑いを誘う。そうして最後は幸福な結末、とくに結婚式で終わってゆくのです。

結婚というのは、新たな生命の誕生の含意があります。
悲劇が人間の死を扱うのに対して、喜劇は人間の誕生を扱うものだった。つまり、人間の存在の発端と終局を共に描いている、といえるわけです。

ここまできたら、『饗宴』の39の「喜劇と悲劇とを作るということが同一人にできる」ことであり、「真に芸術的な悲劇詩人は同時に喜劇詩人でもある」ということの意味もわかってきますね。

ここらへんのことをもっと知りたければ、中村善也の『ギリシア悲劇入門』とか、古い本で手に入りにくいんだけど、図書館に行けばきっとあると思うな、田中美知太郎全集の第18巻に所収されている「プラトン「饗宴」への招待」がとても参考になると思います。

さて、このような悲劇・喜劇の要素は時代を経るにつれ、徐々に混在していき、特にロマン主義の時代になると、悲劇的要素と喜劇的要素は積極的に混淆されていくようになります(たとえばゲーテの『ファウスト』)。それに対して、ギリシャ時代のような、純粋なかたちでの悲劇を描くことはできないか、という問題意識から出てきたのが「絶対悲劇」あるいは「絶対的悲劇」という言葉です。

ジョージ・スタイナーは「絶対的悲劇」(『言葉の意味』所収)で、絶対的悲劇というものは、そもそも成立し得ないことを書いています。

以上、参考まで。

これは課題ですよね?
課題であれば、先生は確実に検索しますから(笑)、ここで聞いた答えを書いて提出しちゃうと、きっとマズいことになります。だからここでは方向性だけ。ちゃんと調べて、参考文献もあげて、いかにもしっかり勉強したような体裁を整えておいてくださいね。

まず、「悲劇」と「喜劇」には、きちんとした定義づけがあります。『饗宴』でも、プラトンは何となく言っているのではない。そこを押さえておかないと、まちがいなくレポートはグダグダになりますから、そこのところはくれぐれも注...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報