今までは業務上過失致死傷罪は懲役5年が最高でしたよね。それが先月から最高刑15年に改正されましたね。危険運転なになに法ってやつです。この法律が適用されるのはどんな状況で事故を起こしたときですか?やはり飲酒運転で人を轢いたりしたときですか?他にはどんな場合に適用されますか?飲酒など危険運転をしていなくて人身事故を起こした場合はどうなりますか?その場合は今までどおり懲役5年が最高ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

危険運転致死傷罪というそうです。

刑法を改正して作られた罪です。

1.アルコールまたは薬物の影響で正常な運転が困難な状態
2.車を制御することが困難な高速度
3.人や車の通行を妨害する目的での割り込み
4.危険な速度での信号無視
「など」で死亡事故を起こした場合、「1年以上15年以下の懲役」とし、負傷の場合でも「10年以下の懲役」となります。
以前からの「業務上過失致死傷罪」は死亡と負傷を区別せず、「5年以下の懲役・禁固または50万円以下の罰金」としていて、刑罰が単純に言えば最大で3倍程度に上げられるようになるそうです。

あくまで悪質なケースに対して今まで「業務上過失致死傷罪」でしか適用できなかったことに対する、被害者側の感情を重視した法律改正でしょう。
あくまで悪質でないケースにこの罪が乱発されることはないでしょうが、事故の可能性と同程度にこの罪で立件される可能性もあるということだと思います。
    • good
    • 0

先日(国内?県内??)適用第一例というのを新聞で見ました。

『赤信号とわかっていながら突っ込んだ』という運転手のことでした。
重大な過失、故意であれば適用されるそうです。
飲酒運転は明らかに適用されるでしょうが、飲酒に限らず故意に近いと思われる過失は適用に含まれると思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危険運転致死傷罪は精神安定剤、向精神薬でふらふらしてても適用?

鬱病の薬でデパスやいろいろ精神安定剤をたくさん飲むとふらーっとなるらしいですが、もちろん正常な運転は困難です、法に定めた薬物に該当しますか?
実際に検挙できますか?血液反応が出ますか?このグレーな部分、どうジャッジするんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

飲酒運転でも危険運転致死傷罪が適用されにくいのですから、薬物でも同じだと思います。
「正常な運転が困難である」だけが適用要件ではないので、危険運転致死傷罪の適用の判断には薬物があたえる影響を専門的な見解が必要ですし、薬物を使用していた被疑者が実際にどのような状態であったのかを現場で検証するので、そのときの判断で適用が可能かどうか判断されることになると思います。

Q危険運転致死傷罪と過失致死罪、一事不再理の関係

亀岡死傷の交通事故でも問題になっている
重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
どちらで起訴するかについてです。

この時の課題ですが、危険運転致死傷罪で起訴しても
この罪が適用されない場合、再び業務上過失致死罪で
起訴できないという事です。
ここで疑問に持ったのが、2つなのです。

1.本当に業務上過失致死罪に問えないのでしょうか?
 一事不再理が適用されると聞いたのですが、本当ですか

2.殺人罪の場合どうなんでしょうか
 ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
 殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
 無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
 刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?

 それならば、まずは危険運転致死傷罪で起訴して、
 そこから最高20年から禁固XX年を科す事が
 できないのでしょうか。
 
 それとも危険運転致死傷罪と業務上過失致死罪の関係は
 泥棒した人を窃盗罪でなく殺人罪で起訴するくらい
 大きな隔たりがあるのでしょうか

Aベストアンサー

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害致死罪
(3)Aに「殺してほしい」と頼まれた甲がAを撃った→嘱託殺人罪
(4)甲が銃の手入れをしていたら暴発してAに当たった→過失致死罪
というように1個の自然現象について4種の評価が成り立ち得るわけです。
この時もし「それぞれ罪名から違うから一事不再理は及ばない」ということになれば、Aは最大4回も裁判を受ける羽目になります。
そんな馬鹿な話ありますか!?
(1)~(4)は罪名(=訴因)こそ違えど背景にある事実は同一なのですから、一事不再理が及ぶと解すべきなのです。
これと同じことが危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死罪についても言えます。

もうひとつ大事なルール。
検察が起訴した訴因より重い判決を下すことはできません。
たとえば検察は(2)傷害致死罪で起訴したのに、裁判所が甲の殺意を認定して(1)殺人罪とすることはできません。
逆に軽く認定することはできます。
裁判の途中で検察が「やっぱ(1)殺人罪やめて(2)傷害致死に変更します。」と言うこともあります。(訴因変更)
じゃあ検察はとりあえず一番重い訴因で起訴しとけばいいんじゃないの?って話になりますが、さすがにそれは検察が馬鹿と思われるのでやりません。
自分たちが立証できそうだなと考える範囲で訴因を決定します。

分かりやすく書いたら長くなってしまいました。
理解の助けになれば幸いです。

(おまけ1)
>重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
自動車事故は「業務上過失致死罪」ではなく「自動車運転過失致死罪」に変わりました。

(おまけ2)
>ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
>殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
>無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
>刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?
殺意がなかった場合は業務上過失致死罪に罪名を変更した上、業務上過失致死罪の刑罰の範囲内で処断します。
殺人罪のまま刑罰を軽くするわけじゃないですよ。

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害...続きを読む

Q運転手が危険運転致死罪のとき、同乗者の罪は?

限界まで酒を飲み、代行を頼む金がなかったからと運転した男が、危険運転致死罪で起訴された、というニュースを聞きました。
この車には同乗者がいたと思うのです。そこでお訊ねしたいのは、この同乗者にはどの程度の責任が問われ、どういった罪名でどの程度の量刑になるものでしょうか。
そして、運転をやめるように言った場合(やむを得ず、または心配でほっておけず同乗)と、大丈夫だろとけしかけた場合とでは、違ってくるでしょうか。情状酌量の余地はあるのでしょうか。
自分で調べようとしたのですが出来なかったので、どなたか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

裁判は前例が結構効力を持つのでこちら↓はどう?

http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

>どんなに制止してもやめなかった場合とか、どうなんだろう、夫婦だったら?

どんな事をしてでも制止しなければいけないのです。
もし、知人がそうなったら荒縄で縛ってでも止めて下さい。
当然背負う責任です。
放棄する事は許されません。

事が起こってからでは遅いんです。
運転させた以上は、死んで来い/殺して来いと言っているのと同じです。

参考URL:http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

Q禁固刑と懲役刑の違い

禁固刑と懲役刑の違いはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

あります。

参考URL:http://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo2.php

Q運転手側に罪のない場合の飲酒運転の適用範囲

飲酒運転についてですが、運転手が、居酒屋でソフトドリンクを注文したのにもかかわらず、飲食店側がアルコールを間違って提供してしまい、それに気付かず飲んでしまった場合、その後飲酒検問に捕まった場合は、運転手側に飲酒運転の罪はあるのでしょうか?
(運転手側は全く気付いていないとします。)
辛い食事をしているときや、カルピスとカルピス酎ハイなど分かりにくいと思いますしあり得るかと思い、この場合でも運転手側に罰則が適用されるのであれば居酒屋に行くこと自体ためらってしまいます。
実際、大勢で食事をしているときなど間違ってドリンクを渡されることなど常日頃です。

Aベストアンサー

この場合厳密に法律を適用すれば、無罪になる可能性があります。しかし、現在この事は、事実上無視されています。法曹三者が結託して行っているのでどうしようもありませんが。
どのような理屈で無罪になるかといえば、お酒の影響で判断能力の低下した状態で「車の運転を行うこと」を決定したと考えられるからです。
正常な判断能力の無い人の行為は処罰できません。もしくは影響の程度が少ない場合でも罪を軽くすることが法律に明記されています。
しかし、この事は立証が難しく現実的ではないと思われて無視されているのが現実です。
誤ってアルコールを口にしてしまった場合は、運転代行を頼むしか方法は無いのが現実だと思います。それに、アルコールが入った物かどうかは酒気帯び運転のレベルまでアルコールを摂取する以前に分かるのが普通だと思います。
法律上は飲食店が運転することが分かっていながらお酒を提供した場合お店にも罰則が適用されます。最悪は営業許可の取り消しになります。(風俗営業の場合)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報