自己決定権から安楽死の是非について論ぜよ。というテスト課題があります。
さっぱりどういうことなのかわからないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  「安楽死」とか「尊厳死」の概念について、まず知られることです。以下のURLに簡単に、安楽死を六個のパターンに分け、その一つを「尊厳死」としています。このように、安楽死の意味や用法は広いのです。
 
  安楽死の六つのパターンとは、医師等が、積極的に安楽死させるか、または、消極的に、つまり、治療などをやめることで、自然死へと導く、消極的な安楽死かの二つがまずあります。これとは独立に、本人の「意志」の問題として、本人の意思が確認でき、本人が安楽死に同意している場合、つまり「自発的」、他方、本人の意思の確かめようのない場合、意識喪失状態とか、新生児の場合などで、これは「非自発的」で、更に、本人の意思を確認することができるのに、それをしない場合、これは「反自発的」で、この三つと先の二つの組み合わせで、六個のパターンができるのです。
 
  そして、「自発的」かつ「消極的」な安楽死が、すなわち「尊厳死」だとしています。
 
  ここで「自己決定権」とは、端的には、自己に決定能力があり、自分で、Quality of Life を選択できる場合でしょう。あるいは、そういう選択ができる権利でしょう。安楽死が本人の同意なしで行われるのではなく、本人が現実を認識を、自己の「生のクオリティ」について考えた上で、自己決定して安楽死を選ぶ場合、これは、自己決定権による、「尊厳死」ということになるでしょう。
 
  こう言った概念、安楽死と尊厳死を分ける基準、自己決定、その権利ということ、また、Quality of Life などの概念や言葉をキーワードとして、貴方なりに考えてみられることです。また、「安楽死」や「自己決定・権」「Quality of Life」「生のクオリティ」などで検索したり、参考書を読まれて、学ばれることです。
 

参考URL:http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/euthanasia/ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安楽死・尊厳死について

安楽死と、尊厳死の違いがイマイチよく分かりません。

私は、安楽死と尊厳死はまったく別物と思っていたのですが、
安楽死と、尊厳死は完全分離されたものなのですか?
それとも、安楽死の中に尊厳死は含まれるのでしょうか?

それと、消極的安楽死と、積極的安楽死についても
違いを教えていただければ光栄です。

Aベストアンサー

 安楽死は「病苦に苦しむ患者を救うために、意図的に死を与える」こと、尊厳死は「人間としての尊厳を保ちつつ死を迎えること」です。なお、安楽死はさらに「積極的安楽死」と「消極的安楽死」に分かれ、前者は死を至らしめる行為を積極的に行うこと(注射器で毒物を注入する等)で、後者は死を至らしめる行為を積極的に行うわけではないが、具体的な延命措置を取ることを中止すること(生命維持装置をはずす等)です。なお、これらの用語は他にも様々な定義が成り立ちえます。私は法学部の者ですので、その方面の観点から定義させていただきました。

 ご質問にあるように、この用語説明だけでは、「安楽死」と「尊厳死」の区別は曖昧です。そのひとつの原因に、安楽死の是非論が挙げられます。安楽死については、倫理・実務において未だ全面的な支持を得たわけではありません。安楽死がごく自然で人間的なことであると主張する人もいれば、安楽死は非人道的で許されないことだと主張する人もいます。「尊厳死」については、これを否定する人はあまり見られず、これを目指すべきであることは意見の一致するところですが、果たして「安楽死」が「尊厳死」に含まれるのかという問題があります。安楽死を肯定する人にとっては、安楽死とは人間的で尊重されるべき死ですから「尊厳死」と言っていいでしょうが、安楽死を否定する人にとっては、安楽死は非人間的な死であると考えますので「尊厳死」とは呼べない、ということになります。

 結論としては、安楽死を自然で人間的な死であると捉える人にとっては、安楽死は尊厳死のひとつであり、そうでない人にとっては、尊厳死そのものは肯定するが、安楽死は尊厳死とは呼べない、ということになるのではないでしょうか。

 安楽死は「病苦に苦しむ患者を救うために、意図的に死を与える」こと、尊厳死は「人間としての尊厳を保ちつつ死を迎えること」です。なお、安楽死はさらに「積極的安楽死」と「消極的安楽死」に分かれ、前者は死を至らしめる行為を積極的に行うこと(注射器で毒物を注入する等)で、後者は死を至らしめる行為を積極的に行うわけではないが、具体的な延命措置を取ることを中止すること(生命維持装置をはずす等)です。なお、これらの用語は他にも様々な定義が成り立ちえます。私は法学部の者ですので、その方面...続きを読む

Q安楽死に賛成の方!!

安楽死に賛成の方、その賛成意見を聞かせてください。
レポートを書いているんですけどうまくまとめれなくて困ってます。

Aベストアンサー

どの程度のレポートなのかわかりませんが、
まず、安楽死というのは、尊厳死などとごっちゃになりがちです。安楽死というのはあくまで、医者が薬物などの何らかの行為によって患者を死に至らしめることです。レポートではまずは、これらの定義を明確にし、どの様な理由からこういったものが正当化されるのかを考えて見ましょう。

こういう問題は深く考えていくと行き着く点は大体「本人が望むならやむ負えない」的な理論、いわば自己決定権的なものになります。ベットのなかで寝たきりの生活をするぐらいなら、自分が満足したところで、安らかに死にたい、という意見は当然あるでしょう。一方で、この自己決定権というのをただ単に正当化してしまうと、社会的な問題を助長する可能性もあります。「寝たきりの生活が死ぬよりもつまらないもの」と感じさせること自体が、そうした方の「生きがい」等を十分に確保できていない社会体制を表しているともいえます。

また、本人の意思確認に関しても、窮地に陥ったときに気が変わるかもしれませんし、単純に意思表示をしていたからといって、それを信じて個人の生か死を決めるのも難しい点があります。

その他、日本での合法化、或いは制度化という観点からすると、国民性にあっているのか?といったことも議論されています。

賛成意見という回答とはややずれましたが、ようするに「生が良いか、死がよいか」という点での賛否両論というのはどうしても宗教観などのようにどちらが正しいといったことは論じるのは難しいということです。そうなると、理想としては「死を選ぶ人の権利は認められうべき」という肯定派意見になりますが、単純に制度化してしまうといろんな面で社会的な問題が生じます。

安楽死に関するレポートのまとめ方に悩んでいるということですので、賛否両論というよりも、安楽死を仮に制度化するとしたら、どの様な弊害があるのか?また、どの様をもって、死よりも耐えががたいということをみとめるのか?それは社会的差別やその方への家族の愛情の欠如などから生じているもの(つまり改善可能なものなのか、或いはその人の価値観からしょうじるものなのか?)をどの様に判断するのか?これらの点がいかにむずかしいのかということをほりさげてレボートをまとめていくとうまく良くかと思います。

どの程度のレポートなのかわかりませんが、
まず、安楽死というのは、尊厳死などとごっちゃになりがちです。安楽死というのはあくまで、医者が薬物などの何らかの行為によって患者を死に至らしめることです。レポートではまずは、これらの定義を明確にし、どの様な理由からこういったものが正当化されるのかを考えて見ましょう。

こういう問題は深く考えていくと行き着く点は大体「本人が望むならやむ負えない」的な理論、いわば自己決定権的なものになります。ベットのなかで寝たきりの生活をするぐらいなら...続きを読む

Q構成要件に該当しない安楽死

いま大学で安楽死について発表をしています。
安楽死は積極的・消極的・間接的など諸類型あるのですが、ぼくは「構成要件」を満たさない積極的安楽死はあり得るかというテーマなのですが、いくら調べても積極的安楽死は嘱託殺人罪の構成要件該当性を満たすが、名古屋高裁の6要件を満たせば違法性が阻却される、ということしか分かりません。

嘱託殺人罪の構成要件に該当しない積極的安楽死はあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

>ぼくは「構成要件」を満たさない積極的安楽死はあり得るかというテーマなのですが

そもそもなぜそのようなテーマを選んだのですか?
なにか見込みがあってなされたのでしょう?


個人的には、積極的安楽死が絡む嘱託殺人罪の構成要件該当性を否定するのは難しい感じがしますが、ただ唯一攻めるなら「被害者の同意」ですかね?
状況により、嘱託殺人罪の成立”だけ”は否定できるかも。。。

Q心理テストでの自己評価基準

 学校の授業でも心理テストをよく受けるのですが
 だいたい 項目のひとつに

 「自分が他者より劣っているとおもう」という項目があります

 質問です。
 劣っていると おもう
 のではなく ほんとうに劣っているひとは どうすればいいのでしょうか

 ここでの劣っているは 身体的な特徴(先天的な全盲や事故での骨折、さらには肥満)
 などをさす言葉ではないとは思います。

 集中力がない
 浅はかだ

 ほんとうに劣っているひとは やはりYESの欄にチェックしていて、間違いではないのでしょうか
 NOでは図々しい気がします

 乱文ですが おねがいします

Aベストアンサー

臨床心理士です。

No.1の方のご回答どおりでよろしいかと思いますが、そこまで神経質になって、考え込んでしまう必要はありませんし、心理検査では、知能検査や学力検査などの「能力を測定する検査」でなければ、解答に正誤や、適否はありませんから、ご自分で思われた判断基準で回答されればそれで十分です。

正確などを測定するタイプの心理検査では、回答者の判断基準の相違も含み、行動のパターンの違いを個人差として捉えるものです。
また、質問項目の一つひとつの回答だけを取り出して問題とすることもありません。

したがって、最初に書きましたように、質問者様が思った通りに素直に回答されるのが、性格を正しく測定する上ではとても重要ですし、必要なこととなります。

以上、ご参考までに。

Q安楽死について

 東海大学安楽死事件にもあるように、安楽死は殺人に当たるのか否かと
問題になっていますが、安楽死はその要件を満たせば正当化事由として罪
を問われない。東海大学の事件では、その要件の、本人の承諾の部分が問
題となっていたが、この点にも関連して、患者の苦痛が見るに忍びないと
の理由で安楽死行為を行ったとの意見が見受けられる。そもそも、本人の
承諾が出来ない状況で、その苦痛が本人の承諾にも値するような場合、こ
れを承諾だと思い込み安楽死行為に着手した医師はやはり、安楽死要件を
満たしていないとの理由で殺人罪に問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

 議論を整理するポイントは、安楽死による刑事免責の根拠を違法性阻却に求めるのか、責任阻却に求めるのか、だと思います。

 違法性阻却に求めるならば、いわゆる誤想防衛の処理とパラレルに考えることができます。違法性判断を基礎づける事実の認識に関する判断を誤ったと考えて事実の錯誤(故意阻却)とみるのか、医師の意思は患者の死という構成要件的結果に向けられており、誤って許されると信じたにすぎないと考えて法律の錯誤(錯誤がやむを得なければ故意阻却)とみるのか、でしょうね。

 責任阻却(期待可能性の欠如)に求めるならば、期待可能性に関する錯誤の処理の問題です。要するに、期待可能性の有無の判断に吸収されてしまうことになりますね。

 具体的な事件に直面してお悩みなのではなくて、刑法の講義の課題でお悩みのようにお見受けしました(もし違っていたら、大変失礼いたしました。よろしければ、具体的事実関係を補足いただけませんでしょうか。)。
 私としては、ヒントをお示しするに止めたいと思います。がんばって勉強してくださいね。

Q心理テストや能力テスト、その他ツールの種類や活用方法が知りたい

はじめまして、詳しい方教えてください。

私は、人間の能力測定や、アセスメントツールに興味が
あります。自分自身が常に成長したいと思っていま
すし、成長する意思の薄い人を変える方法はないか
思案しているからです。成長するためには練習する
ことや座学する必要がありますが、その前に
『足りないところはどこなのか?』を知る必要が
あります。欠点を知るために、能力アセスメントツール
を活用したいのですが、ちょっと聞きかじった程度の
知識しかありません。

人の能力とは、
  1)テストで良い点をとる力(IQ?)
  2)対人関係を良く保つ力(EQ?)
  3)精神状態(ストレス度?)
  4)向上心
  5)運動能力
  6)容姿
  7)収入
  8)コネクション
  9)健康状態
  10)職業
などがあると思います(思いつくままに羅列しました)。

どういうツールを使えば何がわかる、ということを
教えていただけないでしょうか。
1は筆記テスト、2はEQテスト、3はSPIテストや
MMPIテスト、4はSPIテストや人物観察、5は体力
テスト、6は測定不能(主観によりまちまちだから)、
7は給与明細、8は人物観察、9は健康診断票、10は
本人や周囲からヒアリング
かな、とは思いますがもっと科学的・専門的立場から
の回答をお待ちしています。測るべきでない、測ることは不可能、という回答も理路整然としていればぜひ
伺いたいです。

はじめまして、詳しい方教えてください。

私は、人間の能力測定や、アセスメントツールに興味が
あります。自分自身が常に成長したいと思っていま
すし、成長する意思の薄い人を変える方法はないか
思案しているからです。成長するためには練習する
ことや座学する必要がありますが、その前に
『足りないところはどこなのか?』を知る必要が
あります。欠点を知るために、能力アセスメントツール
を活用したいのですが、ちょっと聞きかじった程度の
知識しかありません。

人の能力とは、
  1)テ...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。

> 自分自身が常に成長したいと思っていますし、
> 成長する意思の薄い人を変える方法はないか思案しているからです。
> 成長するためには練習することや座学する必要がありますが、
> その前に
> 『足りないところはどこなのか?』を知る必要があります。

この動機についてはいろいろ思うところもあるのですが、
まあそれはそれとして、
人間の何らかの特性をある特定のテストで数値化することは、
「心理学」の調査手法のひとつですね。


ここで問題となってくるのは、
 1)人間の「能力」というのは、具体的には何なのだろう?
 2)その測定した数値は、本当にその「能力」の高さを示しているのか?
の2つです。

blue-red-whiteさんは、御自分で考えた例として、

+++++++++++++++++++++++++++++
人の能力とは、
  1)テストで良い点をとる力(IQ?)
  2)対人関係を良く保つ力(EQ?)
  3)精神状態(ストレス度?)
  4)向上心
  5)運動能力
  6)容姿
  7)収入
  8)コネクション
  9)健康状態
  10)職業
などがあると思います(思いつくままに羅列しました)。
+++++++++++++++++++++++++++++

とおっしゃっています。
ですが、「能力」とは何か?という定義が定まっていないと、
この1~10には問題となる要素が多いのです。

blue-red-whiteさんは「収入」「職業」などは「能力」に入る
と判断して挙げられたのでしょうけど、
質問文を読む回答者の皆様の中には、
 「それって人間の能力なのかなあ?そこから違うと思うけど」
と考える人もいらっしゃるでしょう。

調べるツールについて質問-回答を行なう前に、
「人間の能力」と「人間の能力の例」をはっきりさせないと、
まずこの質問は無意味。

また、「人間の能力」と「人間の能力の例」を定義したとしても、
問題その2として、
テストで測定した数値が本当にその能力を示す数値なのかを
きちんと考えてみる必要があります。

(仮に上の1~10を受け入れて、例として活用しますと)
まだ運動能力はわかりやすいですよね。
100mを何秒で走れたか、砲丸投げが何mだったか、など、
特定の身体能力について数値化しやすいかと思われます。

しかし、「向上心」なんて、どのような方法で何を測定して
その結果をどう分析すればその人の向上心の高低について、
明確に示せるのでしょうね?

示せないでしょうとまでは申しませんが、
 「何を測定すれば、調べたいことが数値化できるのか?」
テストを行なう人間がしっかりそのことを考えないと、
いけないことだと思うのですよー。

さらに、蛇足ですが、調べるblue-red-whiteさんが
IQやEQなどの内容をよく知らないままに誰かに対して実施し、
テストの結果を当てはめただけだと、
その結果も、結果の解釈もわからないことになってしまいますよ。

「内容はよく知らないけど、このテストをやれば○○がわかる!」
と、適当に受け売りで行なうのではなく、
テストの内容とその意味をしっかり理解してくださいな、ということ。


私の意見は以上なのですが、
 1)あなたが考える「人間の能力」の定義
 2)その能力を示している具体例
 3)それぞれの項目の高低を示すのはどんな数値だと思うか?
   (これが本来の質問なのでしょうけどね)

これらをまず、blue-red-whiteさん御自身でじっくり考え、
 (まず御自身で考えることが重要なのですよ)
もしよろしければ、補足で教えていただけたらと。

それがありましたら、私も追加で回答するかもしれませんし、
「私はそれが知りたいから質問したのだ!」
ということであれば、
人間の特性を測定する際のアドバイスとして受け止めていただけたらと。

それでは。

おはようございます。

> 自分自身が常に成長したいと思っていますし、
> 成長する意思の薄い人を変える方法はないか思案しているからです。
> 成長するためには練習することや座学する必要がありますが、
> その前に
> 『足りないところはどこなのか?』を知る必要があります。

この動機についてはいろいろ思うところもあるのですが、
まあそれはそれとして、
人間の何らかの特性をある特定のテストで数値化することは、
「心理学」の調査手法のひとつですね。


ここで問題となってくるのは、
...続きを読む

Q現在、日本では安楽死は認められているのですか?

東海大学病院安楽死事件では
裁判長が積極的安楽死には当たらないと判断したうえで判決が下されたとありますが積極的安楽死ならば医師は罪には問われないのですか?

Aベストアンサー

私が既に「消極的安楽死も積極的安楽死も法的に概念が存在しない」と述べており、それをbismarks0507さんは繰り返しているだけなのに、「回答者諸君は誤っている」とは勘違いも甚だしいです。日本語読めねーのかなこの人…。

「毒舌回答で削除される」とか言っていますが、毒舌なんじゃなくてまるてトンチンカンなことを書いてるから削除されてると気づかないのかな。

あと質問者は「違法かどうか」聞いているのに、「違法の中で、殺人か嘱託殺人か」というのはもはや完全に質問の趣旨から外れているんですが。

消極的安楽死と積極的安楽死の区別については、東海大事件判決文において「治療の中断」と「毒薬の投与」は異なると明示されたことについて、別の人間が後から分かりやすいように前者を消極的安楽死、後者を積極的安楽死と名づけただけに過ぎません。

これだけ聞くと治療の中断(=既に行われている気管挿管の中断)も消極的安楽死に含まれそうですが、実際には殺人罪で処罰された案件が存在するため、説明を加えさせていただきました。

質問者様への明確な答えとしては、「積極的安楽死であれば罪に問われないのではなく、条件を満たした積極的安楽死であれば罪に問われないかもしれないという意味」で終了です。すなわちNo.2さんの回答で全て足ります。

私が既に「消極的安楽死も積極的安楽死も法的に概念が存在しない」と述べており、それをbismarks0507さんは繰り返しているだけなのに、「回答者諸君は誤っている」とは勘違いも甚だしいです。日本語読めねーのかなこの人…。

「毒舌回答で削除される」とか言っていますが、毒舌なんじゃなくてまるてトンチンカンなことを書いてるから削除されてると気づかないのかな。

あと質問者は「違法かどうか」聞いているのに、「違法の中で、殺人か嘱託殺人か」というのはもはや完全に質問の趣旨から外れているんですが。

...続きを読む

Q以前、病院で知能テストを受けたのですが(おそらくテストはウェクスラー成

以前、病院で知能テストを受けたのですが(おそらくテストはウェクスラー成人知能テストだと思われます)、結果がIQが130あるということが分かりました。
しかし、自分はそこまで頭がいいとはどうしても思えないのです。
IQサプリなんかでも、それほど問題をすらすら解いたこともないですし(向こうの精度に問題がある可能性もありますが)、勉強もそれほど得意ではありません(大学の公務員講座を受けましたが、挫折しました)
それなのに、IQが130もあるというのがどうしても理解出来ないのです。
医者は単語と積木模様が180と天才レベルだとおっしゃってました。(数学関連は平均ギリギリでしたが)
なので、自分の頭はどういうことが得意な頭の良さなのかイマイチよく分からないのです。

どなたかIQに詳しい方がいらっしゃいましたら教えてくれないでしょうか。お願いします。
あと、自分はアスペルガー症候群のようです。

Aベストアンサー

臨床心理士で、大学の教員です。
発達障害や、心理アセスメントを専門にしています。

受検されたのがウェクスラー成人知能診断検査であるという前提でご説明します。

この検査で測定している知能指数(IQ)は、ある年齢集団の中で、相対的にどの程度の成績をとることができたかという数値です。
具体的には、平均的な成績を取った場合にIQ=100となるよう、「偏差値」を求めています。
偏差値ですので、IQ=((個人の成績-平均点)÷個人の得点のバラツキ)×15+100で求めます(統計学でいう標準得点)。
この平均的な範囲は、IQ=90~109に設定されています(同年齢集団の50%の人がこの範囲に含まれるという意味で)。

IQ=130という数値は、「とくに高い」範囲に分類され、同年齢集団のうち、約2.2%の人しか含まれないとされます(理論上)。

また、IQは、上記のように偏差値として求められますので、最新版のウェクスラー成人知能診断検査第3版(WAIS-III)では、言語性、動作性、全検査の3種類とも、IQ=45~155の範囲でしか、換算されません。
したがって、もし担当医の先生が、IQ=180とおっしゃったのであれば、それは何かの間違いである可能性が高いか、勘違いをしていらっしゃると思われます。
さらに、単語、積木模様など、IQを測定するための「下位検査」の結果は、評価点(SS)と良い、集団内の平均が10となるように換算された得点で表示します。
この評価点は、SS=1~19の範囲で求められるように設定されています。

これらの2点から判断して、担当医の先生は、下位検査の結果の表示については、正しくご理解ではないと思われます。

したがって、検査の結果については、再度きちんと説明を受けられた方がよいと考えます。
検査は、おそらく臨床心理士が実施していると思いますが、医師が了解されれば、心理士の先生に直接お聞きになった方がよいでしょう。

次に、知能指数と学業成績や、IQサプリなどの問題の成績との関連についてです。
知能指数と学業成績との間の関連性は、さほど高くはありません。
これにはいくつかの理由が考えられます。
学業成績には、意欲、興味、関心など、知的な能力以外の要因も関係してくることもその1つです。
また、知能指数は、ある意味での頭の良さを測定してはいますが、知的な処理能力、問題解決能力を必ずしも表してはいません。
質問者さんが受検された検査が、WAIS-IIIであれば、「群指数」という結果があったと思いますが、この4つの群指数の方が、それぞれの能力をよりよく表していると思います。

また、IQサプリなどテレビ、雑誌などの問題や、「IQ値」は、結論的にいえば、お遊びであり、数値もある程度、その問題の難易度を示していると思われますが、客観的な根拠を持つ数値ではないと推測されます。
知能検査は、予め、標準化といわれる、信頼性や妥当性を高め、客観的評価ができるような科学的手続きを経て作成されています。
したがって、IQ、群指数、評価点なども信頼できる数値指標ですが、マスコミで取り上げられる「心理検査」「IQ検査」では、そういった科学的手続きは踏んでいませんので、ある程度の参考にしかなりません。
何よりも、IQサプリなどマスコミで使われる問題は、心理学的な知能検査で想定されている知能とは、別物あるいは、その一部しか測定できていないと考えられます。
したがって、知能検査結果とこれらのマスコミ心理検査の結果は一致しなくとも、ある意味で当然と考えられます。

最後に、アスペルガー症候群の可能性があるということですが、もしそうであれば、質問文中にも書かれていますが、知能検査でいえば下位検査によって、得意・不得意のアンバランスが大きいという特徴があると思われます。
これらは、学校での科目ごとの成績などにも反映されているかも知れません。
日常生活などでは、ご自分の得意な能力をうまく使って生活していくことをお勧めします。

この点も含め、知能検査結果については、再度きちんとした説明をお受けになる、とくに直接検査を実施してくれた心理士さんから説明を受けられることお勧めします。

臨床心理士で、大学の教員です。
発達障害や、心理アセスメントを専門にしています。

受検されたのがウェクスラー成人知能診断検査であるという前提でご説明します。

この検査で測定している知能指数(IQ)は、ある年齢集団の中で、相対的にどの程度の成績をとることができたかという数値です。
具体的には、平均的な成績を取った場合にIQ=100となるよう、「偏差値」を求めています。
偏差値ですので、IQ=((個人の成績-平均点)÷個人の得点のバラツキ)×15+100で求めます(統計学でいう標準得点)。
この平...続きを読む

Q安楽死と尊厳死の違いと日本の法律など

みなさんはじめましてこんばんわ!
3つの質問をさせていただきます!

①安楽死と尊厳死の違い
②安楽死の日本の法律
③安楽死の条件と出来る?国

ご回答よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

①安楽死と尊厳死の違い
   ↑
目的が違います。

安楽死は、苦痛が我慢できないので死を選ぶことです。

尊厳死は、人間としての尊厳を護るために死を選ぶことです。
その根底には、己の死は己で決める、という実存が
あります。

つまり、安楽死はいじめによる苦痛から逃れるために
自殺するようなモノであるのに対し、
尊厳死は、己の名誉を護るために切腹する武士のような
モノです。


②安楽死の日本の法律
    ↑
安楽死を認めた法律はありませんが、一定の条件を満たせば
認めるとした下級審判例は出ています。


③安楽死の条件と出来る?国
    ↑
判例では次のようになっています。

1962年(昭和37年)の名古屋高裁の判例では、
以下の6つの条件(違法性阻却条件)を満たさない場合は
違法行為となると認定している。
1.回復の見込みがない病気の終末期で死期の直前である。
2.患者の心身に著しい苦痛・耐えがたい苦痛がある。
3.患者の心身の苦痛からの解放が目的である。
4.患者の意識が明瞭・意思表示能力があり、自発的意思で安楽死を要求している。
5.医師が行う。
6.倫理的にも妥当な方法である。


1995年(平成7年)の横浜地裁の判例では、下記の4つの条件
(違法性阻却条件)を満たさない場合は違法行為となると
認定している。
1.患者が耐えがたい激しい肉体的苦痛に苦しんでいる。
2.患者の病気は回復の見込みがなく、死期の直前である。
3.患者の肉体的苦痛を除去・緩和するために可能なあらゆる方法で
取り組み、その他の代替手段がない。
4.患者が自発的意思表示により、寿命の短縮、
今すぐの死を要求している。


認めている国については、他の方の回答を
参照下さい。
スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、
米国の一部の州など。

①安楽死と尊厳死の違い
   ↑
目的が違います。

安楽死は、苦痛が我慢できないので死を選ぶことです。

尊厳死は、人間としての尊厳を護るために死を選ぶことです。
その根底には、己の死は己で決める、という実存が
あります。

つまり、安楽死はいじめによる苦痛から逃れるために
自殺するようなモノであるのに対し、
尊厳死は、己の名誉を護るために切腹する武士のような
モノです。


②安楽死の日本の法律
    ↑
安楽死を認めた法律はありませんが、一定の条件を満たせば
認めるとした下級審判例は出て...続きを読む

Q自己意識・自己認識について

現在、心理学の勉強をしているのですが、乳幼児期や児童期、青年期における自己意識や自己認識の変化と特徴を、それらに関わる外的環境についてまとめているところなのですが、テキストを読んでも、どのようなことが外的環境と関連しているのか、理解に苦しんでおります。外的環境というと、乳幼児期だと、子どもと母親の関わりのことなのでしょうか?
たとえば、母親に対しての欲求として、乳房を吸う行為などのことなのでしょうか?
児童期では、学校との関わりということなのでしょうか?読んでいて、漠然とどれもこれだと思うことができないのです。アドバイス願えないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■乳児期
○エリクソン:思春期に「アイデンティティ」の獲得に至る為の乳児期の「基本的信頼」
○ワロン:「他者があるから自己がある」
○エムディ:生後早い時期に出会う人との関係を通じて自分に調和していくれる他者(母親or母親的な人)、つまり自分にとって肯定的な他者の存在によって、肯定的な自尊感情のある自分の形成する基盤を築く。

 外的環境は、母親or母親的な人。
□乳児は、
 自分の顔の様子を見て確認できない乳児にとって母親との笑顔の交換は模倣ではなく「共感・共鳴」。
 そして、この過程は多様な情緒的表現や情緒の発達に不可欠で、「共感・共鳴」そして情緒的表現の交換は「誇りある私」の形成の前提。

■幼児期
○エリクソン:人格形成上の危機的課題「自律性」。
       感受性豊かに育てられるべき人格上の主題「自律的な機能」
 外的環境は、大人たち
□幼児は
 大人からの社会的・文化的規範を学び始める。しかし、教えた事をいつから実行可能かは幼児に任せる事が、幼児の自律的な機能を育てる為の重要要件。

■学童期
○エリクソン:「勤勉性」人間の特性に従って社会的人格を発達・成熟させていく過程で必要不可欠
○ヴィゴツキー:(いるかなぁ)
 外的環境は、友達
□学童期 
 好奇心・感動を友達から学ぶ。また、友達に知識・経験を伝えないといけない。仲間に教え、仲間から学ぶ。社会的な勤勉から人格の獲得をしていく。

これが、思春期の「アイデンティティ」青年期の「アイデンティティ」の確立・親密性につながるのでは?

 つまり、母親→大人たち→友達→友達→職業上の人達・配偶者に外的環境をかえつつ、自己を確立するというまとめ方になるのではないでしょうか?

■乳児期
○エリクソン:思春期に「アイデンティティ」の獲得に至る為の乳児期の「基本的信頼」
○ワロン:「他者があるから自己がある」
○エムディ:生後早い時期に出会う人との関係を通じて自分に調和していくれる他者(母親or母親的な人)、つまり自分にとって肯定的な他者の存在によって、肯定的な自尊感情のある自分の形成する基盤を築く。

 外的環境は、母親or母親的な人。
□乳児は、
 自分の顔の様子を見て確認できない乳児にとって母親との笑顔の交換は模倣ではなく「共感・共鳴」。
 そして、こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報