僕は経済という分野がまったくわかりません。
それなのに・・・テストがあるんです。
内容は、多分、
1、従来の財政政策は不況に対してなぜ行うのか?
そしてそれがなぜ効果を発揮しないのか?
2、この不況に対しての小泉さんの構造改革は正しいのかどうか?
3、そして今の平成不況をどのように対処したらよいのか?
この三つだと思われます。
どうか僕にもわかるように教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.従来の財政政策はいわゆる公共工事によって金をあるところから徴収し、無い所に振り分けると言うわかりやすいやりかたです。

ここでいう金が税金であり一般財源です。この手法はアメリカでニューディールというひとが考案したものでニューディール政策といいます。
 なぜ効果が無いかと言うと、今までは、橋を作ったり、道を作ったりした場合それに見合う経済効果(新幹線・高速道路ができて人・物の流通がスムースになりほしい物がすぐ手に入る等)が発生したのですが、既に日本には何処に行ってもある程度の道は在り、不必要な東京湾の橋や瀬戸内海に橋は三本も要らないのです。ちなみに私は四国出身です。簡単に言うと、あなたがケーキ好きでも、三個までなら美味しく食べられるけど、その次はコーヒーが飲みたいのです。もう一つ例えれば、テストの答案を鉛筆で書いたのと、鉛筆から進歩したシャーペンで書いたのと、点数は変わらないと言うことです。
2.悪い影響を受ける人には正しくないが、後世の歴史家は正しいと判断するでしょう。あなたは胃薬を大量に飲みながら腐ったリンゴを食べるのと、腐ったリンゴを捨てて空腹を我慢するのとどちらをえらびますか?
次の時代が来るだけです。胃薬(税金)はいつまでもある訳ではないのです。
3.不況は結局、お金を使えばいいのですから皆が散財すればとりあえず持ち直します。が、持ち直すころには次の産業が育ってなければ意味が無い。いつまでも道路に金を使っては投資対効果が見込めないからです。
今までは、企業の設備投資なんかに廻ってた金・人件費が、情報化社会・機械自動化の時代になって減ってきている。これからは情報を扱う産業を育成すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかり易い回答をありがとうございます。
だいぶイメージできるようになりました。
ほんとうにありがとうございます。
kujuさんはどのようにして、経済について勉強なさったのですか?
こういうものを詳しく勉強するには、何を調べてらよいですか?

お礼日時:2002/01/18 00:27

「従来の財政政策は不況に対してなぜ行うのか?


そしてそれがなぜ効果を発揮しないのか?」

従来の財政政策は、公共投資によって市場のお金は流れ、景気はよくなりました。
しかし、ご指摘の通り、その為に大きな借金が残っております。
同時に、行財政・構造改革を怠った為ではないでしょうか。


「2、この不況に対しての小泉さんの構造改革は正しいのかどうか?」
「3、そして今の平成不況をどのように対処したらよいのか? 」

現在の景気回復の遅れの原因は、何だったのでしょうか?
橋本総理大臣の時の総量規制です。
せっかく景気が上向きかけていたときに土地の評価額を下げてしまい経済の混乱を招きました。
つまり、私たちが忘れてはならないことは、この長引く不況は政策不況と言うことです。
今の小泉さんの構造改革の方向性は正しいと思います。
しかし、景気回復を無視して構造改革をすることは国民に対し多大な犠牲を出してしまっています。
官僚や族議員が利用する為の無駄なものはつぶしてもいいです。
それが行財政・構造改革です。
しかし、いかにその者たちによって守られてきた企業とは言え、倒産させることが良い選択とは言えません。
最近、銀行や信金がつぶれました。
そのことよって取引先の企業は新たな融資先を探すことに血眼になっています。
しわ寄せは国民の側に来ています。
首相は、早急な景気回復策を計りながら緩やかで鋭い行財政・構造改革をすべきであると思います。
早急な景気回復策の一つには、個人資産1400兆円をいかに使わせるか。
また、0パーセント金利が故に米国に投資されている多くのお金に歯止めをかけ、国内に投資させること等であります。


以上、たいへん簡単ですが私見を述べさせて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単なんてとんでもないです。
僕にはあまりわかりません・・・。
ogu-chanさんの回答を参考にいろいろ調べて見たいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 00:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今の日本はどうすれば財政再建することができるでしょうか?財政緊縮を行うと回復し始めた景気が再び不況

今の日本はどうすれば財政再建することができるでしょうか?
財政緊縮を行うと回復し始めた景気が再び不況へと転じると考えてます。

Aベストアンサー

インフレです。

かつて、英国もフランスも、財政赤字が
GDPの二倍にも膨らんだことがありましたが、
インフレで解決しました。

10年で二倍にすれば、財政赤字は半減する理屈
です。

インフレにすれば経済もよくなり、税収も増えます。
まさに一石二鳥です。

これ以外に方法はないでしょう。

Q【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・ 前の東京五輪の時の五輪後不況

【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・

前の東京五輪の時の五輪後不況はどうやって乗り切ったんですか?

ブラジルはもう不況?というかブラジルは開催前から不況に突入してた気が。。。

イギリスのロンドンは不況になりましたか?どうやって政策?国策で乗り切ったのですか?

Aベストアンサー

2025年大阪万博が決まればオリンピックよりも人が集まります。

Q緊縮財政で財政健全化は無理

緊縮財政で財政健全化は無理じゃないかと思うのです。
緊縮財政にすると、日本のような国では、税収が緊縮した分以上に減りますよね。
そうすると緊縮財政にすることで余計に借金が増えちゃいますよね。
1997年の橋本さんはまさにそうでした。

ということは、無理なことはすでに証明されたに等しいと思うのですが、
なんでまだ緊縮財政を唱える人がいるのでしょうか?
彼らは歴史を知らないのですか?

江戸の3大改革と呼ばれるものも基本的に緊縮財政ですが
すべて失敗です(吉宗だけは△かな)

諸外国でも、世界的大好況のような神風でも吹かない限り
ろくな目に合っていないようです

Aベストアンサー

緊縮財政にしようが、アベノミクスにしようが、どちらにしても、財政再建は無理ではないかと思っています。

緊縮財政は、質問者さまおっしゃったような懸念が考えられます。
アベノミクスは、税収増は期待できますが、大量の国債を発行しており、とても
税収増額>国債発行増額になることは期待できません。ですので結局、国債の累積額を
減らすことにはならないと思います。

日本は、GDPに対する国債累積額があまりにも大きい、税収に対する歳出があまりにも大きい、ということで、にっちもさっちもいかない状況です。まともなやり方では、無理なところまで来ていると感じてます。

Q財政投融資の廃止は財政にとってプラスだったか

質問の要旨はタイトルの通りです。財政投融資を廃止して、財投機関債の他、財投債など短期国債を発行して立て替えたわけだと思うのですが、これって財政にとってはプラスだったのでしょうか?
もちろん国債の残高が帳簿上増えたりはしたのだと思うのですけれど、利息の大きさと言う観点からいくと、郵貯の預託と財投債etcではどっちが大きかったのでしょうか?

Aベストアンサー

財政投融資の廃止は短期的な損得よりも、ブラックボックス化のもと、一部利権構造の中で垂れ流されていた無駄遣いを、国民の目に見える形にすることで防御することに主な狙いがあったのだと思います。

つまり、短期利益よりも長期的な視点からの支出削減策として評価すべきでしょう。

Q年金制度改革と金融制度改革について

年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?またそこには投資家の自己責任も必要なのでしょうか?
片方だけでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

回答を行い難い質問ですので、趣旨と外れたものになると思います。御参考にしてください。

>年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?

考え方にもよると思います。全く関係ないとも言えますし、関係あるとも言えます。
<全く関係ないとする考え方>
年金制度改革は、年金破綻の危険性と回避するために発生したものです。一方、金融制度改革は金融利用者の利便性を向上(必ずしもそれだけではありませんが)させるために発生したものです。問題の出発点が異なる以上は別の問題として捉える事が正しい考え方とも思えます。

<関係があるという考え方>
金融制度改革により、金融利用者のメリットが大きい反面、金融機関は収益が低下します。業界としては金融制度改革に対して反対意見が強かったと思います。その状況を打破するために米国の401Kを模倣した年金制度を導入するビジネスチャンスの拡大を示したということだと思います。

>投資家の自己責任も必要なのでしょうか?
金融制度改革も年金制度改革も根底にある考え方は同じで、利用者自身が判断し自己責任で行うというものがあります。その例は以下の通り
1.確定拠出型年金においては、どの運用を行うか
2.金融制度改革により、預貯金も100%政府が保証するものではなくなり、リスクとリターンを考慮して試算配分を行わなければならなくなる

※預貯金の100%保証を政府が放棄したことは金融利用者にとってデメリットとなることですが、これを実施する事で不採算金融機関の退場を促し、将来的には金融サービスの向上がなされることをメリットと指しているようです

<両改革の共通する部分>
政府が今までのサービスを永続的にできなくなったということが動機として考えられます。要因こそ違います(少子高齢化、不良債権問題の深刻化)が、行政が最低限のことしかできなくなったということを考慮すると根底で財政赤字問題によりつながっていると考えています。

まとまりに欠ける回答ですが、思考のスタート段階としてはこのような形式でいかがでしょうか?

回答を行い難い質問ですので、趣旨と外れたものになると思います。御参考にしてください。

>年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?

考え方にもよると思います。全く関係ないとも言えますし、関係あるとも言えます。
<全く関係ないとする考え方>
年金制度改革は、年金破綻の危険性と回避するために発生したものです。一方、金融制度改革は金融利用者の利便性を向上(必ずしもそれだけではありませんが)させるために発生したものです。問題の出発点が異なる以上は別...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報