親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちわ。私は大学3年で、只今就職活動をしています。そこで、質問があるのですが、

自己PRと学生時代打ち込んだものって同じでしょうか?違うものですか?就職本には学生時代打ち込んだものの中で、身に付けたものを自己PRと書いてあったのですが。

私は、学生時代打ち込んだことは「ゼミ」
   自己PRは「アルバイト」としているのですが、同じにしたほうがいいでしょうか?

分かる方や、意見のある方、教えてください。お願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

# 会社側からしてみると、どっちでもかまいません。



と、これだけでは寂しいので、採用担当になったときの経験からアドバイスをします。

 ただし、自己PRは「目的の企業で、自分自身がどれだけその会社に対してメリットがあるか」を頭に置いて書いた方が好印象をもたれます。ほとんどの学生さんはどうでもいいようなことをつらつら書いています。大企業になると何百、何千もの書類を見るので、そのような人の書類はほとんど読みません。
 「打ち込んだこと」の欄には、ただ「一生懸命やりました」だけではなく、何か成果を書き込むようにしてください。例え小さな事でも良いです。会社というのは小さな成果の積み重ねによって大きな成果を得る集団です。ですから、どんなことでも成果を見いだす能力がある人の方が好感を持たれます。逆にネガティブな判断しかできない人は私なら採用しません。

 最後に、文章の書き方は結論から書き始める癖を付けるようにしてください。たくさんの書類を読む担当者が読みやすいように心がけてください。極希にですが「起承転結」で書く方がおられますが、私の場合「承」のあたりで読むのをやめてしまう事が多かったです。大卒の場合、ある程度ビジネス文章が書けることが必須条件です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。丁寧に回答ありがとうございました。成果を見出す能力ですね?確かに大切なことです。エントリーシート落ちてばっかりですが、sumochinさんのご意見を聞いて、書き直してみます。ありがとうございました!!

お礼日時:2006/03/05 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自己PR 」と「学生時代がんばったこと」

はじめまして。私はいま大学4回生で就職活動をしています。今月の5日に初めて面接を受けるのですが、「自己PR」と「学生時代がんばったこと」はやはり違う事を言った方がよいのでしょうか。私は大学に入ってから、サークル、部活などは全くしておらず、アルバイトばかりしていました。なので、「学生時代がんばったこと」はアルバイトのことを言うつもりですが、「自己PR」もアルバイトで身に付けたコミュニケーション能力みたいなのをアピールしたいなと思っていました。でも良く考えてみれば同じ事を言うのってよくないですよね…。やはり自己PRは別の事をアピールするべきでしょうか。

Aベストアンサー

私は人事のマネージャーを長くしてきまして、リクルーティングの面接もたくさんしてきました。
NO.1さんとまったく同意見です。
特に企業にとっては、人とのコミュニケーションをどうとれるかが気になるところですので、それを仕事(バイト)を通して、どう身に着けたかを具体的に言うことは大事だと思います。
ただ、学生さんがおっしゃることは、同じような内容が多いので、なるべく具体的なエピソードなどを交えてお話されたほうがいいと思います。
ただし、嘘はいけませんよ!すぐにばれます。
こちらも場数を踏んでいるので、学生さんの嘘はすぐにわかります。

Q「自己PR」と「学生時代に力を入れたこと」

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化していて、当たり前となっていることを書きました。

例えば「私は余裕を持って行動できる人間です」みたいな感じです。

ですがES本を買って、過去の先輩たちのESを見ていると

(1)PRポイント⇒(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果⇒(5)PRポイントを繰り返す⇒(6)貴社でこう活かせる

という流れでした。

自己PRにはどんな問題があって、それをどう乗り越えたかを書かないとだめなのでしょうか?

もちろん学生生活で問題に直面し、それを乗り越えて学んだことはありますが

それを書こうとすると他に具体例がありません。その問題に直面して、それを乗り越えようとして学んだことなので、、、。

アドバイスをいただけると嬉しいです。


また、学生時代に力を入れたことについても質問させてください。

まず自己PRと学生時代に力を入れたことの内容は被ってしまうものでしょうか?

先ほどの自己PRで、問題に直面して乗り越えたときの強みを自己PRにするならば、

学生時代に力を入れたことを通して問題に直面し、それを乗り越えて学んだことが自己PR.。
それならば内容が重複すると思うんです・・・。



私はこれまで、「学生時代に力を入れたこと」については
(1)学生時代に力を入れたことは〇〇です。

(2)なぜそれに力をいれ、どのように頑張ったのか

(3)そこでどんな問題点があったか

(4)それをどう乗り越えたか

(5)そこから何を学んだか

という流れで書いていました。

(5)のそこから学んだことは自己PRの内容とは被らないことを書いていましたが、
学生時代に力を入れたことから学んだことを自己PRにするんでしょうか・・・。

先ほどのことを繰り返すと、自己PRのPRポイントは自分の中では当たり前となっていたことを書いており、力を入れたことを通して得たことではありません。


どうかアドバイスをお願いします・・。

就活をしている大学3年です。

そろそろESを出していかないといけない時期になりました。

夏から自己PRと学生時代に力を入れたことについて自己分析して、すでに書いたりして
焦ったりしていなかったのですが、いくつか疑問が生まれました。

まず私の自己PRをどういう風に書いていたかといいますと、

(1)PRポイント⇒(2)具体例⇒(3)貴社でこんなふうに活かせる

という流れです。

ここでの(1)PRポイントは「自分はこんな人間だ」ということを端的に示したのですが、

そのPRポイントは自分にとっては習慣化して...続きを読む

Aベストアンサー

まず、具体例というのは、(2)問題点⇒(3)行動⇒(4)結果の部分と考えていいと思います。

次に1つは具体例があるということですね。
具体例は3つくらい用意したほうがいいといわれています。
1つだけは本当にPRできるようなもので、残りの2つは些細なことでもいいんじゃないでしょうか。

自己PRと学生時代がんばったことの内容は被るのは必然です。
がんばったということは他者にアピールできることをしていたと捉えられます。
確かにいい具体例になるでしょう。
内容が重複しても問題はないとおもいます。
まるまるコピーするのではなければですが。

学んだことが必ずしも自分にプラスになるとは限らないと考えると、PRにもなるし、PRに使えない場合もあると思います。
学んだ内容によりけりです。

当たり前のこととは、つまりあなたらしさがあらわせられているのではないでしょうか。

自己PRや志望動機などを書いたら就職課に持っていって添削してもうこともできるのではないでしょうか。
ご自身で考えることも大切ですが、他人の意見を参考にすることも大切です。

Q学生時代に最も熱心に打ち込んだことについて。

先日、企業にエントリーしたところエントリーシートを書いてくれと言われました。
第二次新卒のため相談できるのがここしかないのです。
きちんとしたエントリーシートを書くのは初めてなので、お手柔らかにお願いします。

・学生時代に最も熱心に打ち込んだことについて
大学では○○(人との信頼関係を築くサークルです)と言うサークルに所属していました。
自分ひとりでは乗り越えられないことも、他人と手を取り合うことで乗り越えられる結束力の強さ。
他人を信頼し、他人に信頼してもらう信頼性を得ました。
しかし、その一方で「信頼しているがゆえに裏切られる辛さ」も味わいました。
サークルでは一人一人非常に仲が良かったのですが、些細なことでケンカになりサークルを辞めるという人が大勢いました。
しかし、私はそれではいけないと思い、ケンカをした人を一つの部屋に呼び集めました。
間に自分が入り、ただの言い合いになってしまわないように一人一人の意見をまとめ、よい所や悪いところ
納得のいくまで徹底的に話し合いをして、解決に持っていきました。
その結果、以前よりも他人との間に信頼性が生まれました。

よろしくお願いします。

先日、企業にエントリーしたところエントリーシートを書いてくれと言われました。
第二次新卒のため相談できるのがここしかないのです。
きちんとしたエントリーシートを書くのは初めてなので、お手柔らかにお願いします。

・学生時代に最も熱心に打ち込んだことについて
大学では○○(人との信頼関係を築くサークルです)と言うサークルに所属していました。
自分ひとりでは乗り越えられないことも、他人と手を取り合うことで乗り越えられる結束力の強さ。
他人を信頼し、他人に信頼してもらう信頼性を得...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。採用担当者です。

>大学では○○(人との信頼関係を築くサークルです)

人との信頼関係を築くサークル?
自分で書いててわかったと思いますがこの時点で怪しさ満載です。


抽象的なことではなく、具体的な活動内容を書いてください。
例えば飲み会・テニス、スノボのイベントサークルだったら
「大学ではイベントサークルに所属していました。そこでは
『一生続く人間関係を築く』をスローガンに、懇親会やスポーツに打ち込みました。」
みたいな感じで。

大したことをしていなくてもそれらしく公的な文章にまとめる能力は会社でも必要ですよ。


>自分ひとりでは乗り越えられないことも、他人と手を取り合うことで乗り越えられる結束力の強さ。
>他人を信頼し、他人に信頼してもらう信頼性を得ました。
>しかし、その一方で「信頼しているがゆえに裏切られる辛さ」も味わいました。

を削除。
いろいろ盛り込みすぎているので喧嘩をまとめたエピソードをもっと具体的に。



>その結果、以前よりも他人との間に信頼性が生まれました。

結論が短いから
「部員間の信頼関係を回復したとともに、自分自身も他人から頼られる存在に成長したのを実感しました。」
という感じに締めてみてはいかがでしょう。

こんばんは。採用担当者です。

>大学では○○(人との信頼関係を築くサークルです)

人との信頼関係を築くサークル?
自分で書いててわかったと思いますがこの時点で怪しさ満載です。


抽象的なことではなく、具体的な活動内容を書いてください。
例えば飲み会・テニス、スノボのイベントサークルだったら
「大学ではイベントサークルに所属していました。そこでは
『一生続く人間関係を築く』をスローガンに、懇親会やスポーツに打ち込みました。」
みたいな感じで。

大したことをしていなくて...続きを読む

Q専攻テーマって…?

就活中の大学3年生です。興味を持っている企業のHPのエントリー欄に、所属ゼミと専攻テーマを記載する欄があります。この専攻テーマとは卒論のテーマと捉えてよいのでしょうか?また、私はゼミには所属していますが卒論のテーマはまだ決まっていません。その際「未定」と記入しても良いものなのでしょうか?もし他にもふさわしい記入の仕方などがありましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「未定」と書くのはちょっと印象が悪そうです。
既にゼミに入っているわけですから、
何もかも未定というわけではなくて、自分の専攻について少しはイメージを持っていらっしゃいますよね?
分かっているところまでで良いので、何か書いておいたほうが良いと思います。

たとえば、質問者様が日本文学部に所属していて、平安時代のゼミに属してるもののどの作品をテーマに卒論を書くか決めていない、という状態だとしたら、
「専攻:平安時代の日本文学について」
くらいまでは書けますよね?
頑張ってください。

Q研究室配属がまだの時は??

こんばんは。就職活動中の大学3年、工学部の男です。

私の大学は2月下旬から研究室の希望調査があり、4月上旬に研究室配属が調整決定されて4年生から研究室に入ります。
ですが今就職活動していて、エントリーシート・履歴書(企業指定のPDFのもの)等に「卒業論文のテーマ、もしくはゼミで学んだこと」や「卒業研究、修士論文の内容」などを書く欄が設けてあることが多々あり、たまにエントリーの時点でも「研究の内容」「研究室の教授の名前」などの記入を求められることがあります。
私の場合はこの類の欄は、「研究室は未定です」と書くか、あるいは記入しなくていいのでしょうか?

無理にでも何かしら書くにしても、研究室については大体の違いが分かる程度で具体的なことはほとんど謎なので困っています。
先生方が、ウチの研究室を決めるのに参考になるといっている卒業研究発表会も、3月上旬予定なので履歴書の記入には間に合いません。

このような場合は、何を書けばいいんでしょうか?理系で経験者の方がおられましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No. 1 のものです。

> それ以外は何も書かなくてもいいんでしょうか?例えば「現時点で興味がある研究室は~で…」みたいなのは下手に書かない方がよいんでしょうか?

何も書かなくて構いません。
そっけないように感ずるかも知れませんが、余計なことは書かないのに越したことはありません。

Qどうしても自己PRと長所がかぶってしまう。対策を教えてください。

題名のとおりなのですが、長所と自己PRがかぶってしまい、いい案が浮かびません。

自己PR=自分が物事に対して極める姿勢を持って行う事。得た物、努力する事で困難も達成できる事、忍耐力、粘り強さ。
長所=関心を持った分野に積極的に飛び込む事。野球によって学んだ粘り強さい折れない心、チームワークの重要性。

なのですが、どうも似通ってしまい、面接時にも未だにあたふたしてしまいます。

そこで長所を変更しようかなと思うのですが、一番単純に思い浮かぶのが、持ち前の明るさをいかして沢山の友人を作れる事、初対面の人にも友達のように接する事ができるところです。

しかし、何か人と同じような感じで印象的に薄いかな、と思っているのですが、こういった長所でも問題ないのでしょうか?

実際のエピソードを交えるとしたら、大学生になり、友人の中高時代の友達などとの付き合いが増えた。多方面の友人からのつながりで初対面する人が増えた。私は、持ち前の明るさから気さくに接し、まずは自分を知ってもらう事を心がけました。そこから徐々にお互いを知っていくというスタンスで接していき、いつしか元の友達がいない時でも、新たな友達とまたその友達と接するという機会も増え、沢山の友人を持つ事心強さや新しい楽しみを見つけられるという事を学びました。
このコミュニケーション力は社会にでてもいかしていけると思います。

こんな感じです。
今即興で考えたので、いろいろ不備があると思いますが、これでも長所として通用しますでしょうか。

アドバイス、対策等、回答いただけただ幸いです。

題名のとおりなのですが、長所と自己PRがかぶってしまい、いい案が浮かびません。

自己PR=自分が物事に対して極める姿勢を持って行う事。得た物、努力する事で困難も達成できる事、忍耐力、粘り強さ。
長所=関心を持った分野に積極的に飛び込む事。野球によって学んだ粘り強さい折れない心、チームワークの重要性。

なのですが、どうも似通ってしまい、面接時にも未だにあたふたしてしまいます。

そこで長所を変更しようかなと思うのですが、一番単純に思い浮かぶのが、持ち前の明るさをいかして...続きを読む

Aベストアンサー

長所と自己PRがごっちゃになっているみたいですね。
「私は○○なので(長所)/△△△できます(自己PR)」という文にしてみると少し整理されるのではないでしょうか。前段が長所で後段が自己PRと考えてください。

ドラえもんの登場人物、知ってますよね?彼らが営業の仕事を志望しているとします。
●出来杉クンの場合:
「僕は勤勉で真面目なので、商品以外の関連する知識も積極的に学び、仕事に役立て、お客様から厚い信頼を受けられるように頑張りたいです。

●ジャイアンの場合:
「僕は物怖じしない快活な性格なので、積極的にお客様との人間関係を築いて『君から買いたい』と言ってくれるお客様を増やせるよう頑張りたいです」

こんな感じで、長所=自分の持っている気質・性質、自己PR=それを仕事にどう生かしたいか、生かせるか(No.1の方が仰っているとおり売りこみ)の部分です。

ですから、長所はどの会社を受けるにも同じだけれど、自己PRは、受ける会社の業種や職種によって仕事のイメージを膨らませ、じっくりと考える必要があるでしょう。

質問者さんの場合だと、
・人懐っこくて明るい、快活
・忍耐力、粘り強さがある
・チームワークを大切にできる
・積極性がある

というのが長所ですね。それを相手に「なるほど、そういう長所があるんだな」と納得させるものが「経験(野球で頑張ったこととか)」です。

最初の自己PRに「自分が物事に対して極める姿勢を持って行う事。得た物、努力する事で困難も達成できる事」とありますが、これは自己PRになっていません。志望する会社での仕事とのつながりが全く書かれていないからです。「仕事のイメージができてないな」「どこでもいいんだな」「上っ面だけで言ってるな」そんな印象を与えてしまいます。

自己PRを考えるのは難しいですが、その研究材料はOB訪問なり職種研究なりあるでしょうから、よくよく考えてみて下さい。学生さんできちんとした自己PRができる人は少ないですから、ここをきっちり押さえることができれば、かなり優位になると思いますよ。




長所と自己PRがごっちゃになっているみたいですね。
「私は○○なので(長所)/△△△できます(自己PR)」という文にしてみると少し整理されるのではないでしょうか。前段が長所で後段が自己PRと考えてください。

ドラえもんの登場人物、知ってますよね?彼らが営業の仕事を志望しているとします。
●出来杉クンの場合:
「僕は勤勉で真面目なので、商品以外の関連する知識も積極的に学び、仕事に役立て、お客様から厚い信頼を受けられるように頑張りたいです。

●ジャイアンの場合:
「僕は物怖じしない快活...続きを読む

Q学歴での「高校以降」の意味を知りたい

志望している会社指定の履歴書を記入しています。

学歴の部分に注意書きとして「高校以降について記入してください」とあります。

この場合は高校は含むのでしょうか?大学の入学から記入するのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

高校を含みます。
OO高校卒 OO大学入学 OO大学卒業(見込)
こんな感じですね。
小学、中学はみんな出ていますので、簡単にしてるんでしょうね。
就職きびしいだろうけど、(余裕かな?)がんばれ~!!!

Q自己PRと、学生時代に頑張ったことについて

明けましておめでとうございます。
さて、エントリーシートの自己PRと学生時代に頑張ったことについて質問です。
自己PRに関しては自分の人生においての分岐点であった高校の部活で得たものを書こうと決めました。
高校時代のエピソードは弱いかもしれないとの声を良く聞きますが、私にとってはとても後に生きる強みを与えてくれたのでこれに決めました。

学生時代に頑張ったことは、以前から添削を何度もしていただいてきましたが、サークルの事を書くつもりです。

ここで質問なのですが、
自己PRと学生時代に頑張ったことは、内容に繋がりがあった方が良いのでしょうか?
また、自己PRは私が今まで培ってきた強みを説明

学生時代に頑張ったこととは、大学の時に学んだこと(困難を克服して)もしくは、今まで持っていなかったが大学の経験で新たに得たものを説明

でよろしいでしょうか?
色々と調べ学んでいくうちに、本質が分からなくなってきてしまいました。

Aベストアンサー

自己PRと学生時代に頑張ったことについて、本質が分からなくなってきたのは、考え過ぎ、調べ過ぎでというものです。もっと単純に考えれば、すっきりするでしょう。
「自己PRと学生時代に頑張ったことについて、内容に繋がりがあった方が良いのでしょうか?」という質問に関しては、どちらでも良いと思います。それそれ独立していて、矛盾がなければOKという場合もあれば、内容に繋がりがあって説得力が増す場合もあり、一般論として優劣はつけられません。
従って、「自己PRは私が今まで培ってきた強みを説明」をしても良いし、「学生時代に頑張ったこととは、大学の時に学んだこと(困難を克服して)もしくは、今まで持っていなかったが大学の経験で新たに得たものを説明」でも良いのです。いずれにしても、「自己PR」と「学生時代に頑張ったこと」の記載内容が、あなたの長所と個性を如実に表現して、人間としての魅力を感じさせること、それが求められているのです。

Q面接時、将来やりたいことは…という質問について

面接のときに将来的なビジョン、職業観に関してどういう考えなのかを聞くためか、
「あなたは入社したらどのような仕事をしたいですか?」
「どんな仕事をやっていきたいですか?」
というようなことを質問をされます。

正直申しますと、全く働いたことがないわけだし、その企業の外側(パンフやサイトで)しか見ていないわけですから答えるのにいつも困ってしまいます。

私としては最初の数年間はどのような部署に配属されてどんな仕事でも勉強だと思って一生懸命やるつもりで、
その結果初めて自分の仕事での将来的な展望ややりたいこともわかってくるだろうと思っているのです。

こういう場合、このように正直に答えていいものでしょうか?
ビジョンのない奴、何も考えてない奴、と思われバツなのでしょうか?

どう答えるものか困っています…

Aベストアンサー

採用にかかわっていた経験から言って、その回答だとちょっと物足りなさを感じてしまいます。

「最初の数年間はどのような部署に配属されてどんな仕事でも勉強だと思って一生懸命やる」と言うのは、正解です。そのお気持ちは極めて大切です。ただ、勉強のためだと思ってやる勉強は、モチベーションが上がらず、結果として身に付きにくいと思いませんか?

サラリーマンには「与えられた事を与えられたようにやる人」と「自分なりの目的意識を持ちながら、与えられた仕事の中で自分なりの勉強や工夫をしていく人」がいます。そして今、(少なくともわが社では、多分世間一般でも)求められているのは後者の人材です。

大きな目的意識や、将来的なビジョンを持たない社員は前者になりやすいと考えられ、物足りないと思われる可能性があります。

一番良い答えは、志望動機と合わせて「志望動機でも話しましたように、私は、○○なことをしている時に最も力を発揮できますので、将来的に○○な仕事を手がけたいと思っております。具体的には○○や○○に関わる事ができれば必ず貢献できると思っています。但し、最初の数年間はどのような部署に配属されてどんな仕事でも勉強だと思って一生懸命やるつもりであり、その中から将来に向けての知識や経験を積むことができればと考えています。」と言う内容だと思います。

頑張ってください。

採用にかかわっていた経験から言って、その回答だとちょっと物足りなさを感じてしまいます。

「最初の数年間はどのような部署に配属されてどんな仕事でも勉強だと思って一生懸命やる」と言うのは、正解です。そのお気持ちは極めて大切です。ただ、勉強のためだと思ってやる勉強は、モチベーションが上がらず、結果として身に付きにくいと思いませんか?

サラリーマンには「与えられた事を与えられたようにやる人」と「自分なりの目的意識を持ちながら、与えられた仕事の中で自分なりの勉強や工夫をしていく...続きを読む

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング