最近立て続けに「VOW」ネタを見つけてしまったのですが、私は今から約15年ほど前の、まだ判型が小さくて背表紙がピンク色だったころの「宝島」しか知らず、リニューアルを重ねた「週刊宝島」にそれまでどおり「VOW」のページががあるのかどうか分かりません。その位本屋で立ち読みでもして確認しろ!!と怒りの声が聞こえてきそうですが、諸事情により書店へ出向く暇がないのです。なるべく早く知りたいので、「VOW」ネタの宛先をご存知の方、住所をお教えいただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

こんばんは!



2001年7月14日発行「VOW13」によると…

〒102-8388 東京都千代田区一番町25 株式会社宝島社 宝島編集部「VOW総本部・VOW13係」

VOW13には『VOW公認投稿専用便箋2001年版』なるページがついていまして、フォームはこんな感じでした。
表…VOWネタ貼付・コメント・PN・住所(都道府県のみ)
裏…ネタ採集年月日・採集場所または媒体・
  投稿人本名・年齢・性別・職業・住所
また、「郵便物1通につき投稿作品1点が基本。どうしても複数点同封したい時は
見やすく判りやすく面白く、住所・氏名などもそれぞれに明記のこと。」だそうです。

なにぶん半年前のデータですので自信はありませんが…。
2001年12月28日発行「VOW王国 青春編」が最新刊のようですので、
できれば一度書店で確認されてみることをオススメします(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なご回答恐れ入ります。そう言えば、単行本に投稿用フォーマットってついていましたよね。これで貴重なVOWネタが日の目を見そうです…よかったよかった。
ありがとうございました!
※ネタが採用されるかどうかはまた、別の問題なんですがね…

お礼日時:2002/01/19 15:19

こんばんわ。


ちょっとVOWねたなんですが、ひとつ紹介します。
先日のGLAYのコンサート(東京ドーム)の時に、オーソライズドの露店が下げていた紙に、、
「パフンレット」と書かれていました。
デジカメはいつも持っていないと、と感じた瞬間でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「パフンレット」…ぎゃははは、おまぬ~、金一封!(←往年の、渡辺祐さんが「VOW」やっていらした当時のノリで。)でもGLAYのドームなら、誰かしらチェックしている可能性はありますね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 15:09

総発行部数 1000万部を超える大人気の『VOW』が、


満を持してインターネットに登場だ!
  http://castle.twn.ne.jp/netvow/vow/index.html

インターネットでないのならお問合せください。
webmaster@takarajimasha.co.jp

参考URL:http://castle.twn.ne.jp/netvow/vow/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そう、これ見てみたんですが、会員登録しなくてはいけないんですよね…そうすると会費が月400円かかるので、ちょっと考えあぐねていたんですよ。昔のように、千代田区麹町…の宛先だといいんですが(なんせ宝島社の住所は丸暗記していますから)まぁ、折を見て書店に立ち寄って確認してみます。

お礼日時:2002/01/18 22:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本屋さんで立ち読み

アンケート的な質問になるかもしれませんが、

皆さん、本屋さんで立ち読みはされますか?
あまり良い行為ではないですが僕はします。(店員さんに悪いなと思いつつ)

皆さんは、本屋さんで立ち読みを何分くらいしますか?
僕は、10分くらいです。

学生の頃はもっと長かったです。大体30分~60分くらいです。

皆さんはどれ位しますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

本屋に1時間くらい滞在することもありますが、1冊の本を立ち読みする時間は5分くらいまでです。それ以上直立不動でいたら足が疲れます。

ところで、私は書店で働いていますが、書店員の素直な気持ちとしては「綺麗に読んでくれるなら何時間居てもかまわない」と思います。店が空いているのは淋しいもので、それによってますます客足が遠のきます。立ち読みであっても居てくれることで店が賑やかになるので、立ち読み自体は悪い気はしません。また、長時間店に居ることで別の本に目を留めて買ってくれるかもしれないわけで、長時間店にいることも悪い気はしません。
ただし、本に折り目を付けたり、乱暴に扱ったり、棚から出した本を元に戻さなかったりする輩には、店に一歩も足を踏み入れて欲しくありません。特に、ガキを放り出して自分は立ち読みに耽っているバカ親なんぞは叩き出したくなります。

Q本屋のレジの打ち方(本屋経験のある方教えてください)

カテ違いかもしれませんが、他ではレスがつきませんでしたので
こちらで質問させて頂きます。

本屋でアルバイトをしておりました。
図書カードと現金での支払い時に、(金額を打ち込んだ後)間違えて
図書カードを押さずに2回とも預/現計ボタンを押したら
どうなりますか?
レシートには
現金いくら
現金いくら…と2段に分かれて打ち込まれますか?
それともまとめて現金いくらってでてきますか?

途中で気づいたら取引中止ボタン以外で取り消す事はできますか?

些細な事ですが、よく間違えていたのですごく気になります。
せめて、2段に分かれて打ち込まれていたなら、社員の人もお客様も
打ち間違いだと分かると思うのですが。
教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら、レジの機種によって操作が全然違いますので、確かなことはお答えできません。以前にもレスがつかなかったのはそういうことだと思います。

kohareさまの働いていた書店と同じシステムかどうかは分かりませんが、とりあえず私の経験から言いますと、図書カード引き落とし用の機械とレジとは連動していなかったので、図書カード引き落とし機で引き落とした金額を「現計」ではなく「図書カード預かり金額」としてレジに入力するシステムでした。

書かれている文面から推測するに、うちと同じシステムでしょうか。
つまり、1000円の本を買うのに、お客さまが図書カード500円と現金500円出された場合、本来ならば500円図書カード預かり金額、500円現計と打つべきところを、500円現計、500円現計、という具合にレジに打ち込んでしまったということでしょうか。
そういう場合、うちの機械はまとめてしまって「現金1000円」となっていました。つまり、お客さまへのレシートには、図書カードを使ったという形跡は何も残りません。

また、途中で操作を間違えたことが分かった場合についてですが、どこらへんで間違いに気づいたかによって、「取引中止ボタン」を押す以外の方法もありました。ある段階までに気づけば、「取引中止ボタン」を押さずとも修正がききました。
ただ、これについては説明するのもややこしいですし、kohareさまの使っていたレジと機種が同じかどうかも分からないのでやめておきます。

それにしても、途中で間違いに気づいたならば、お客さまにレシートを渡してしまう前に、どんなふうに入力されているか、レシートを見なかったのですか? きちんとレシートを確認してミスがあるならば、あとあとクレームのもとになったりする可能性もありますから、私ならばお客さまにレシートを提示して、お釣りの間違いなどがないことを確認してもらいます。その上でお客さまから何か言われれば、打ち直してきちんとしたレシートを発行します。
また、「こんなふうにミスしてしまいましたが、大丈夫でしょうか」と社員さんに報告します。何度も同じ間違いをしていたのに社員さんに確認もせず、今更、ここで操作方法を聞いてみてどうなるのでしょう。

質問文を読む限り、過去形になってますし、もうアルバイトはしていないんですよね。だったら忘れてしまってもいいんじゃないですか。

残念ながら、レジの機種によって操作が全然違いますので、確かなことはお答えできません。以前にもレスがつかなかったのはそういうことだと思います。

kohareさまの働いていた書店と同じシステムかどうかは分かりませんが、とりあえず私の経験から言いますと、図書カード引き落とし用の機械とレジとは連動していなかったので、図書カード引き落とし機で引き落とした金額を「現計」ではなく「図書カード預かり金額」としてレジに入力するシステムでした。

書かれている文面から推測するに、うちと同じシステ...続きを読む

Q新書で戦国時代や武将を扱ったものをできるだけ教えていただけますか?

新書で戦国時代や武将を扱ったものをできるだけ教えていただけますか?

Aベストアンサー

・「戦国武将」大和田哲男 中公新書
・「戦国の群像」大和田哲男 学研新書
・「戦国の城」大和田哲男 学研新書
・「織田信長合戦全録」谷口克広 中公新書
・「信長の司令官」谷口克広 中公新書
・「信長の親衛隊」谷口克広 中公新書
・「戦国武将の「政治力」」瀧澤中 祥伝社新書
・「武士の家計簿」磯田道史 新潮新書
・「室町の王権」今谷明 中公新書
・「刀と首取り」鈴木眞哉 平凡社新書
・「渡部昇一の戦国史入門」渡部昇一 PHP研究所新書
・「秀吉を襲った大地震」寒川旭 平凡社新書
・「百姓から見た戦国大名」黒田基樹 ちくま新書
・「敗者から見た関ヶ原合戦」三池純正 新書y
・「軍需物資から見た戦国合戦」盛本昌広 新書y

今、私が手元にあり、お薦め出来る新書はこのぐらいです。

Q立ち読みにまつわるもっとも美しい話の少年は誰?

鶴ヶ谷真一さんの「月光に書を読む」という本の中の「立ち読みにまつわるもっとも美しい話」の少年は誰なのでしょうか?どなたかご存じの方、いらっしゃいませんか?
後に歴史に名を残す人物なのだそうですが・・・

Aベストアンサー

 今晩は。
 二日を経過して回答が1件もありませんね。美しいかどうかはともかくとして、私が思い出したものを記しておきましょう。

 人物は博物学者、南方熊楠です。
 そのエピソードに付いては以下のページの「10歳(明治10)」の項にあります。
『平家物語』(全13巻)を通学途中の本屋での立ち読みによって写本し、夏期休暇中にこれを完成した。
http://www.geocities.jp/out_masuyama/dokusyo20.htm

 類似の話はほかにもあるかもしれません。

Qもしドラの表紙

どうでもいい質問ですが、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の表紙で、
セーラー服の女の子の右奥の建物は、何ですか?

Aベストアンサー

背景画の経緯は書いて有るけど、文中には無かった!。
http://diamond.jp/articles/-/12536?page=4

でもすでに奔ったファンのかたは「色違いながら、およそこれ」
と調べ終わってるようで、文言の転載も何なのでURLだけ。
http://d.hatena.ne.jp/monodoi/20101125/p1

http://moshidora354.blog69.fc2.com/blog-entry-5.html

http://www.beta.or.jp/~oouchi/diary/011


人気Q&Aランキング

おすすめ情報