セレスのバッテリーを交換しました。もともとついていたバッテリーには液量の
センサー(?)用のコードがついていたのですが、今回交換したものにはついてお
りません。で、同じサイズのバッテリーで+プラスと-マイナスさえつなげればな
んとかなるだろうっていうんでとりあえず交換しました。もちろんエンジンの始動
等に一切問題はありませんが、車内についているデジタル時計に
「(ポーン・・・と音がして)バッテリー液不足」
と常時表示されまてしまいます。
解消する方法はありますか?
たぶん、車側のバッテリー液量センサー用のコードをバッテリーの+プラスに接続
するか(あるいは、-マイナスかもしれない・・・そんな?)すればOKとは思うの
ですが・・・
どなたかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

センサーからでているコードはコネクターになっていますか?


なっているとすれば、システムカット用の受コネクターが
車両側(バッテリーの近くにありますが見つけにくいかも・・・)にあるはずです。
 そこにつなげば車内表示も出なくなります。
(バッテリー液量さえたまに点検すれば車の使用には何ら問題ないはず・・・?)

 センサーの端子をA、正規の受け端子をB、システムカット用のサービスコネクターをC+Dとすると
CとDを外し、AとC BとD (コネクターの形状上付くようにしかつかないと思いますが)をつなげばOKかと・・・。

 分かりにくい説明ですみませんが、そういうタイプも
ありますので参考までに・・・。
    • good
    • 0

NO2に回答した物ですが


書き終わったあとに気がつきましたが、センサーから出ているコネクターがない(A)・・・というわけですから、CとDを外し、BとDをつなぎ、Cを取り外す。
(Cは無線の単独カップラー?のはずです)

念のためCカップラーは保存してたほうがいいと思います

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

自分でもいろいろと調べたのですが、バッテリー本体に液の濃度を示すインジケータ(丸いマドで中心が青だと正常というヤツ)のあるタイプだと、そこのフタをはずしてセンサーをセットすればいいようでした。
ただし・・・不幸なことに、バッテリーから出てたコードをニッパーで切ってセンサーをつけたまま廃棄してしまったので、hidezさんのおっしゃる方法ができるかどうか調べてみます。一応コネクターはオス・メスそろってるんでなんとかなるんじゃないかなぁ・・・。

お礼日時:2002/01/19 13:02

想像ですが、液量センサは電解液の液面を見ていると思います。


そのコネクタが2線式であればその先が液に付いていれば導通して液があると判断していると思われます。
よってそのコネクタを針金等で短絡すればOKでは?
注意 短絡する場合は事前に各端子に電圧がかかっていないことを確認して下さい。(もしかかっているとショートします。どこかのヒュ-ズが飛ぶ)

この回答への補足

お騒がせしております・・・・

やっぱりダメでした。車側からバッテリーにつながる線は1線式でした・・・
ってことは、バッテリー液面になんらかの端子があって・・・
考えられるのは、
1.センサー用コードに+12Vを加える
2.センサー用コードをアースする
3.センサー用コードに+6Vを加える

3が考えられる理由はバッテリーの真中へんにセンサー部があったからです。
いずれにせよ推測にしすぎませんので試してみる勇気がありません。
昨日現在では時間がなくて車側のコードの電圧も測定しておりません。
ディーラーに問い合わせた方がいいのでしょうか。でも、悔しいじゃありません
か・・・お助けください。

補足日時:2002/01/19 08:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あああ・・・そうかもしれません!
実は昨日、夜にバッテリー交換したので、コネクタの様子を確認していません
でした。
2線式の可能性が強そうですね。なんでこんなことに気づかなかったんだろう。
トホホ・・・後で確かめてみます。ありがとうございましたぁ!!

お礼日時:2002/01/18 13:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVICSレベル3 FM多重とビーコンの情報の違い?

サンデードライバーです。せっかくの日曜に渋滞にあうのが嫌で、FM多重レベル3対応のナビを買いました。そこでオプションの光ビーコンについてメーカーのサポートに聞いた所、ビーコンは高速道路などでは独自の渋滞情報を得られるが、それ以外の一般道の情報はFM多重と同じといわれました。それが本当ならば、高速はあまり使用しないので、オプションのビーコン受信機器を買うのはちょっと無駄かなとおもいます。

そこで、FM多重とビーコンでの情報の違いについて教えてください。また使い勝手はどのくらい違いますか。さらにすでにビーコンをお使いの方、ご感想はどうでしょうか。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらのwebページの解説は詳しいです。

「VICS LEVEL3」VICS YUKUN'S HOME
http://www.asahi-net.or.jp/~CG7Y-OONS/index202.htm

過去の質問ですと、

No.787636 質問:VICSの渋滞情報収集の仕組み
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=787636
No.787572 質問:VICSの渋滞情報更新
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=787572

なども参考になるかも。

--
都心にお住まいなら、ビーコンの端末が多いかもしれませんが、地方だとあまり役に立たないかも。
あと、FM多重による受信はアンテナ、地形、ノイズなどの条件が良くないと結構厳しい場合があります。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~CG7Y-OONS/index202.htm

Qバッテリー充電コード プラスとマイナスを接触

あんまし見かけなくなったと思いますがバッテリー上がりの車に、他の車のバッテリーから充電コード(?)をひいてエンジンをかけます。
質問ですが、無事エンジンがかったあとに、そのコードは、他の車のバッテリーにつないだ状態で、プラスとマイナスを接触させても問題ありませんか?
素人的考えでは、電池のプラスとマイナスにエナメル線をつないだとき
熱が出てきたような・・・発砲スチロールのカットも同じ原理だと聞いたことがあります。

Aベストアンサー

ショート(短絡)しますので良くありません。凄い火花が出ますし、電線が熱を持って融けたりします。バッテリーにも損傷を与えるでしょう。以前、スパナで両方の端子をショートさせた時は、スパナが真っ赤(高熱で当然持てません)になったのを見たことがあります。
ブースターケーブルを接続する(外す)順番を正しくすることで、不意のショートの危険性が下がります。

参考URL:http://kaketsuke-can.com/myself/myself_014.html

QVICSの、レベル3でのFM多重放送とビーコンの違い

今、私はVICSについて調べているのですが

http://autos.yahoo.co.jp/docs/special/carnavi2006/info/nazo02.html

このサイトでレベル3の情報は、「FM多重放送とビーコンでは表示内容に若干違いがある。」と説明されています。
その「違い」はどのようなものでどちらの情報が優れているのか、わかる方がいれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

実際使っていますが、ビーコンの情報更新は早く、FM多重の方が情報更新が遅いです。

例えば、FM多重で先方に事故情報があるが、ビーコンでは事故処理は終わっている。現場に着くと事故処理は終わっている.....という感じの場面はよくあります。

FM多重のメリットは遠方の情報(例えば成田周辺にいて、関越道の情報など) が分かります。また、首都高速全体の混み具合とか、反対車線の情報も得られます。

ビーコンは近場の情報は得られるが、遠方の情報は分からないなどあります。

私の場合は、FM多重情報のみ、ビーコン情報のみ、FM多重+ビーコン情報を使い分けています。

Qバッテリー交換は何故 -+ → +- の順ですか?

まったくの電気音痴です。

車とかバイクのバッテリーの交換を自分でやっているのですが、
ケーブルを外す付けるの手順が、何故

マイナス外し → プラス外し → プラス付け → マイナス付け

の順番なのか、原理を知りません。これはどうしてでしょうか。
どうか簡単な原理を教えてください。

また、
手順を間違って逆の流れでやってしまった場合、
バッテリーや車体に悪影響があるでしょうか。

Aベストアンサー

車体というのは基本的にマイナスですよね。
プラスから配線を持ってきて、器機に繋ぎ、車体にアースを取れば回路として成り立ちます。

プラスを外そうとした工具が、車体のどこかに接触すれば、回路になりますので電気が流れます。制御できない流れですね。
工具を溶かし、自動車の部品を溶かします。人体にやけどを負わせるかも知れません。

実際に、工具を溶かしたりしたこともありますし、バッテリーターミナルを変形させたこともあります。

また、聞いたところでは、エアコンの配管に接触して穴を空け、エアコンをパーにした人もいます。

マイナスを外すときには、車体等に接触しても回路として成り立っていないので電気は流れません。因って不具合は発生しません。
マイナスを外していれば、プラスを触っているときにどこかに接触しても、回路として成り立たないので影響が出ないのです。

絶対的に何所とも接触しないのならどう取り付けても構いません。
が、通常バッテリーの周りは金属物に覆われていることが多いので、安全に作業するために必要な手順ですね。

Qジャイロセンサー加速度センサー地磁気センサーの違い

ジャイロセンサー 加速度センサー 地磁気センサーの仕組み・特徴・違いを教えてください。また、それぞれをわかりやすく教えてくれるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

ジャイロセンサーは、方向の変化を計測するセンサーです。機械式ジャイロ、ガスレートジャイロ、光ファイバージャイロ、振動ジャイロなどがあります。用途は様々で、飛行機の慣性航法、潜水艦の航法、カメラの手振れ補正、カーナビ、ラジコンヘリコプター、ロボットの姿勢制御など、求められる精度、特性がかなり異なりますが、幅広く使われています。

機械式、ガスレート、光ファイバは大変高価ですが、振動ジャイロになると比較的安価(部品単体で¥12,000~3,000)くらいで秋葉原に行けば手に入ります。しかし、振動ジャイロは角加速度(回転する速さの変化する割合)を計測するセンサーで、姿勢を求めようとすると2階積分を行うことになるため、誤差の累積が無視できません。また、振動ジャイロの原理上温度変化による基準電位のドリフトがあり、使い方には一工夫が必要になります。

地磁気センサは磁界の向きを計測するセンサです。私が使ったことがあるタイプは、出力が3ビット(000~111)になっていて、8方向で出力されるタイプのものですが、(当たり前のことですが)スピーカーの近くや鉄筋の近くでは磁界が乱れるのか、センサの向きを変えていないのに出力が変化することがありました。

加速度センサーは、その名の通り加速度(速度が変化する割合)を計測するデバイスです。1軸、2軸、3軸のデバイスがあります。2軸のデバイスが手元にはあるのですがつかったことがないので説明は他の人にお任せします。

ジャイロセンサーは、方向の変化を計測するセンサーです。機械式ジャイロ、ガスレートジャイロ、光ファイバージャイロ、振動ジャイロなどがあります。用途は様々で、飛行機の慣性航法、潜水艦の航法、カメラの手振れ補正、カーナビ、ラジコンヘリコプター、ロボットの姿勢制御など、求められる精度、特性がかなり異なりますが、幅広く使われています。

機械式、ガスレート、光ファイバは大変高価ですが、振動ジャイロになると比較的安価(部品単体で¥12,000~3,000)くらいで秋葉原に行けば手に入...続きを読む

Qバッテリーの液量を調べる時

ヘンな質問なんですけど、バッテリーの液量を調べる
時、車をゆすったりしますよね?
それでもわからない時は、バッテリーの穴に指つっ
こんで調べるって友人が言ってたんですけど、そん
なことして感電とかしないんですか?
感電しないとしても、中身って硫酸じゃなかったで
すかね?
俺は、恐くてできません(笑)
ホントうにそんなことしていいんですか?
ヘンな質問ですいません。

Aベストアンサー

バッテリーの液量の点検はmono3さんが言うようにバッテリーの側面から液量を点検する方法とキャップを外し液面から見える電極板の歪みから判断する方法があります。
側面から判断する方法は側面にあるハイ、ローレベルにて判断しますが車に装着されている状態だと側面が見えなかったり電極板の影と液面の影が判断出来ないときがあります、そのような時はバッテリーのキャップを外し液面を覗いて判断します、そのときに見えにくいからと言って火気を使用してはいけません、水素ガスに引火し爆発します、見えにくいときはライト等で確認します。
このとき電極版が直接見えている(電解液の中に見えるのではなく)場合は明らかに液量不足ですので直ちに給水してください、このとき給水していくと電極版の見えている像が歪んで見えてきたら満水です。
(ただしバッテリーの種類によっては違うものもあります)
バッテリー液の量の点検給水は以上のような方法で行い指などは入れないほうが良いと思います、なにせ希硫酸です、衣服などについても後でぼろぼろになってしまいますし車のボディーについても塗装面をいためます、ましてや人体に良い影響があるはずがありません。

参考URL:http://panasonic.co.jp/mbi/car/mbi/index.html

バッテリーの液量の点検はmono3さんが言うようにバッテリーの側面から液量を点検する方法とキャップを外し液面から見える電極板の歪みから判断する方法があります。
側面から判断する方法は側面にあるハイ、ローレベルにて判断しますが車に装着されている状態だと側面が見えなかったり電極板の影と液面の影が判断出来ないときがあります、そのような時はバッテリーのキャップを外し液面を覗いて判断します、そのときに見えにくいからと言って火気を使用してはいけません、水素ガスに引火し爆発します、見えにくい...続きを読む

QカーナビのビーコンとVICSとの違いは?

VICSは付いているカーナビは分かりますが、ビーコンはあまり聞きません。
どう違うのでしょう?

Aベストアンサー

VICSには3種類あります。
旧郵政省のバックアップで開発されたのがFM放送の電波を使うもの。
光ビーコンは警察庁が開発したもので一般道をカバー。
電波ビーコンは高速道を管轄していた旧建設省で開発されたものです。
縦割り行政がある限りVICSの一元管理は出来ないようになっています。
FM電波を利用したものはコストが安いので標準装備になっていることが多いですが情報はおおまかです。
光ビーコンは双方向の情報通信が出来る規格で渋滞情報を与える代わりに車の位置情報を収集すると言ういかにも警察らしいシステムです。(実際には運用されていないようですが)
電波ビーコンは高速道を網羅しておりFMや光ビーコンがカバーしていない地域でも高速を走る限りは情報を収集できます。

本来は各VICSごとに専用カーナビを発売するしかないと言われていたのですがカーナビメーカーの努力で3種類のVICSを一つのカーナビで表示できるようになったのは縦割り行政の奇跡といわれました。

Q安く買える「バッテリー補充液」や「不凍液」

「バッテリー補充液」と「不凍液」をネットで検索していますが、想像していたより高いものが多いようです。

これはお買い得!
というものをご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
 

Aベストアンサー

>「バッテリー補充液」と「不凍液」をネットで検索していますが、想像していたより高いものが多いようです。
バッテリー補充液は、大きめの100円ショップに行けば置いてあると思います。
不凍液(LLC)はカー用品店より、ホームセンターやディスカウントショップの方が安いと思います。バッテリー補充液も量が多いものが欲しいのであれば、100円ショップよりもこちらで探してください。

Qメーカー違いのビーコンアンテナは流用可能?

今まで、パナのDVDナビDW9900(?)を使用していたのですが、先日アゼストのMAX930というHDDナビを購入しました。
アゼストのナビにはビーコンアンテナが付いていません。
パナのナビに付いていたビーコンアンテナの流用は可能でしょうか?

Aベストアンサー

流用はできません。
コネクタの形状が異なりますし、変換ケーブルもありません。

Qバッテリー充電 比重 バッテリー液補充について

自動車のバッテリーを充電器で充電する場合
バッテリー液の補充は充電前・後のどちらで行えば良いのでしょうか?
またバッテリー液の補充は液面を合わせるのではなく、液の比重を合わせるとどこかで見た記憶がります。
その場合比重の低いセルの数値に、合わせるということで良いですよね?

Aベストアンサー

MAXレベルに液を入れるのは実は間違い。
経験上、バッテリー液は可能な限り足さないほうが正解。
よって、充電前に電極が露出しないようにMINの位置まで液を補充する。
充電しているうちに気体のせいか液量が増える。
充電後に液量をみてMINギリギリなら電極露出の恐れがあるので、液を足す。
これで比重が上がらないなら要交換。
充電中に電極が露出しないように、こまめにチェックするように。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング