私は普段Win2000を使っているのですが、ときどき突然にSTOPエラーが出ることがあり、多くの場合IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALなどIRQ関係のエラーです。
OS自体は普段からほとんど問題なく使えているのですがSTOPエラーは作業中のデータが全部消えてしまうので困ります。

これはやはり何か問題があるのだろうと思ってシステム情報でIRQ情報を参照すると、驚いたことに、ビデオカード、サウンドカード、キャプチャーカード、LANカード、USBホストコントローラー、IEEE1394ホストコントローラーがIRQ9に共有されています。(競合はなし)
ホストコントローラーはともかくとして、ビデオカード、サウンドカード、キャプチャーカード、LANカードが同じIRQに共有されているなんて、Win98/MeからいきなりWin2000に乗り換えた私にとっては信じがたいことです。

ちなみにIRQ自体はまだ6つ残ってますし、キャプチャーカードはBIOSでIRQ4に固定しているのですがIRQ9になってしまっています。
果たしてこれで問題ないのでしょうか。ちなみにデュアルブートにしているMeではIRQはちゃんと割り振られていて、キャプチャーカードもIRQ4になっています。

Win2000ではIRQリソースの考え方が違うのでしょうか。それともSTOPエラーの原因はこのあたりにあるのでしょうか。(手動設定しようにも自動設定の解除方法がわかりません)詳しい方がいましたら御回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Windows2000でACPI対応PCとしてインストールされたマシンの場合、IRQはまとめられる仕様になっているようです。

なので問題はありません。APMモードでインストールされていれば多分キャプチャカードも指定したIRQ4でWindowsも処理すると思われます。

さて、STOPエラーIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALの対処ですが、基本的には更新されたドライバの有無を確認してある場合はドライバを更新するという対処をすることが多いようです。ドライバを確認してみてはどうでしょう。

また、キャプチャカード、LANカードなど、割り込み占有率が比較的高いカードをご使用になっているようですので、もしかするとINT線共有問題が絡んでいる可能性もあると思われます。カードの差すスロットを変えてみるなどの対処をされてはいかがでしょうか。

下記URLをごらんになることをおすすめします。
(掲示板2chはここと違って相談窓口ではありませんから「ご覧にだけ」なられることを強くおすすめします)
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1005534952/
http://www.microsoft.com/japan/technet/win2000/E …
http://homepage1.nifty.com/dousan/resources/TIPS …
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cuperti …
http://homepage1.nifty.com/marimono/pcilect.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
いろいろとサイトを紹介してくださって助かりました。
確かにWindowsのIRQ共有とは別にINT線共有の問題があるというのは聞いたことがあった気がしましたが、いまいちわかっていなかったのでとても勉強になりました。
今使ってるM/BはASUSのINT8本のやつなので、マニュアルにあるINT共有されているSlot1とSlot5を同時使用しないようにしてはいたのですが、USBもINT線に載っているということだったのでそのあたりが原因かと思って試行錯誤中です。
と、言ってるそばからいきなりSTOP発動したりするんですよね。困った困った。
ちなみに、ドライバのたぐいはいつも最新を心がけているのですが、どうもうまくかないようですね。

お礼日時:2002/01/20 10:57

私も凄い事になってますよ。


IRQ11
Microsoft ACPI-Compliant System
NVIDIA GeForce 256
VIA USB Universal Host Controller
VIA USB Universal Host Controller(同じのが2つ目)
CMI8738/C3DX PCI Audio Device
MPU-401 互換MIDI デバイス
WinDVR PCI Video Capture
PLANEX FW-100TX/TXL Fast Ethernet Adapter
こんな状態です。

ご質問の件ですが、
BIOS設定は、起動時に使用されるだけ(ほんとはそうじゃないのですが)で、OS自前の、ソフトBIOS(BIOSエミュレーター)を使用しています。

状況自体は問題ありません。
現在のIRQ使用方法では、干渉しないように高速にスウィッチングしてます。

IRQの手動設定は、XPでは如何であるのかは判りませんが、2000では出来ないようになっています。

むしろ問題なのは、ボードの動作周波数です。
今のシステムにする前は、MSIのオンボードビディオと、カノープスのビディオキャプチャーボードの周波数が干渉して、フリーズしまくりでした。
その時も、IRQは11です。
現在は、ビディオもオンボードから、カードに変え良好な環境になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
なるほどWin2000ではIRQの手動設定はできないのですね。
なにしろIRQについては一時期かなりうるさかったですから敏感になっていました。
問題がなくてよかったです。

お礼日時:2002/01/20 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「stop:0x0000007F unexpected_kernel_mode_trap」の原因

最近、使用している自作PCが上記のエラーを起こします。
起きるのはいつも何かをインストールしたあとのですが、
決まって起動時で、電源を切るか再起動までは正常です。
カラーのロゴが出るWindows2000の起動画面のあと、
ブルースクリーンになってしまいます。

過去の回答等では特定のアプリケーションか
デバイスドライバが原因の場合があるということでしたが、
特定のアプリケーションのインストールで必ず起こるわけではないのです。
インストールの順番を変えると起こらなかったりしますし、
WindowsUpdateだけで発生することもありまして、
原因がわからず困っている状態です。
バックアップソフトを使い、発生するたびに元に戻していますが、
なかなか新しいソフトを入れることができません。

原因を突き止める方法はないでしょうか。
memtest86を動かしてみましたが、エラーはありませんでした。

PC構成は次のようです。
ご存知の方いらしたら助けてください。

OS 名 Microsoft Windows 2000 Professional 5.0.2195 Service Pack 4 ビルド 2195
CPU x86 Family 6 Model 8 Stepping 6 GenuineIntel ~1007 Mhz
メモリ 523,760 KB
HDD MAXTOR IDE 120GB/Seagate IDE 80GB
M/B ABIT SA6R

拡張カード
Matrox Millennium G450 DualHead - Japanese
VA1000 WDM Video Capture
Creative SB Live! Basic (WDM)
MELCO LGY-PCI-TXC Fast Ethernet Adapter
MELCO IGM-PCI56K_LC MODEM
HPT370 UDMA/ATA100 RAID Controller(オンボード)

最近、使用している自作PCが上記のエラーを起こします。
起きるのはいつも何かをインストールしたあとのですが、
決まって起動時で、電源を切るか再起動までは正常です。
カラーのロゴが出るWindows2000の起動画面のあと、
ブルースクリーンになってしまいます。

過去の回答等では特定のアプリケーションか
デバイスドライバが原因の場合があるということでしたが、
特定のアプリケーションのインストールで必ず起こるわけではないのです。
インストールの順番を変えると起こらなかったりしますし、
...続きを読む

Aベストアンサー

OSインストールの際のSPやチップセットドライバのインストールの順なんかでも不安定になる事あるから、
Intelは以下のURLのような順を薦めてます、

http://www.intel.com/jp/support/motherboards/desktop/inffirst.htm

それとWin2000がSP4適用前のインストールCDなら、
SP4統合のインストールCDを作成し、
そこから起動させてインストールを試みた方が良いのかもしれません。

QNT4.0のSTOPエラー(0x00000074)BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO

こんにちは、起動時にSTOPエラー(0x00000074)BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO がでます。
マイクロソフトのサイトに対処法を見つけましたが、意味が良くわかりません。何方か教えてください。

1、Windows NT がファイル アロケーション テーブル (FAT) ボリュームにインストールされている場合
MS-DOS 起動ディスクを使用して、コンピュータを起動します。
Attrib.exe コマンドを使用して、%SystemRoot%\System32\Config フォルダにあるレジストリ ファイルから読み取り専用属性を削除します。
コンピュータを再起動します。

2、Windows NT が Windows NT ファイル システム (NTFS) ボリュームにインストールされている場合
同じコンピュータ上の新しいフォルダまたはドライブに Windows NT をインストールします。
コンピュータを起動し、Windows NT の新しいインストールで起動します。
Windows NT の元のインストールの %SystemRoot%\System32\Config フォルダにあるレジストリ ファイルから読み取り専用属性を削除します。
コンピュータを再起動します。

との2方法との事です。
おそらく(FAT)の方法だと思います。・・・・

こんにちは、起動時にSTOPエラー(0x00000074)BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO がでます。
マイクロソフトのサイトに対処法を見つけましたが、意味が良くわかりません。何方か教えてください。

1、Windows NT がファイル アロケーション テーブル (FAT) ボリュームにインストールされている場合
MS-DOS 起動ディスクを使用して、コンピュータを起動します。
Attrib.exe コマンドを使用して、%SystemRoot%\System32\Config フォルダにあるレジストリ ファイルから読み取り専用属性を削除します。
コンピュータ...続きを読む

Aベストアンサー

"ATTRIB"コマンドは、ファイルの属性を変更するコマンドで、"-R"は『読み取り専用属性』の解除、"-S"は『システム属性』の解除、"-H"は『隠しファイル属性』の解除を意味しています。("+R"、"+S"、"+H"は属性の付与を意味します。)

>「・・・ありません」と言う表示が出なかったら

↑のメッセージはエラーメッセージで、ファイルが見つからない時に表示されます。
正常に終了した時には、何のメッセージも出ません。

QIEEE1394ホストコントローラのIRQを変更したい

Win2000Pro でIEEE1394のボードをPCIスロットに取り付けました。
P&Pで自動的にIRQ11となってしまいました。
競合はないのですが、IEEE1394の動作環境に「空きIRQがあること」となっています。
IRQ11は他のデバイスが使っているので変更したいのですが、デバイスマネージャのリソースで自動設定のチェックボックスがグレー表示されて変更することができません。
以前、他のPCでIRQを変更したことがあるのですが、そのときはチェックボックスのオンオフができました。
どうして、このPCではできないのかわかりません。
どなたか、お助けください。お願いいたします。

Aベストアンサー

多分それで問題なく動作するとは思いますが、気になるようでしたらBIOSから手動でIRQを割り当てるのがいいと思います。IEEE1394のささっているPCIスロットに対して割り当てるということになります。

QWin2000でSoundCardのIRQを変更したいですが...

ども、初めての質問です。
そこまで困ってはないんですが、どなたか分かれば教えてください。

実は、Win2000でゲームのエミュを使いたいんですが、音が出ないんです(涙)
Win98ではちゃんと音が出ていたんで、いろいろ調べてみると、
どうも、Win2000ではSoundCardのIRQが「5」ではなく、「9」になっているから
のような気がします。

で、IRQを変更しようといろいろやってみたんですが、変更できないんです。
AdministratorでLogOnしても、SoundCardの「リソース」タブの
「自動設定」のチェックを外しても、IRQをいじれません。
また、MotherBoardのBIOSで、該当PCIスロットのIRQを変更してみましたが、
やはり「9」のままで...(汗)

どなたか分かる方はいらっしゃいませんか??
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながらWIN2000ではIRQの割り込みは不可能と思います。WIN98はIRQの割り込みが可能でしたが!私も古いISAカードを使用したくて試しましたがIRQがぶつかり使用出来ないとあきらめていましたが、BIOS上で変更が出来ることに気が付きマニュアルを見て
変更をしました、その結果その領域があき使用出来るようになりました。もう一度マザーボードのマニュアルを確認してBIOS上で変更出来るか調べて見てはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/J054/4/49.htm

QWIN2000が起動しなくなりました。(INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE)

先日、マザーボードの換装を行いました。
440BX系から815E系への変更です。
WIN2K修復インストールにより、旧環境を見事に引き継げたのですが...

815Eチップセット環境を構築するのを忘れてまして。
マザー添付CDからドライバをインストールしようとした時の事です。

1.chipsetドライバ(intelinf?)インストール → 再起動
2.ultraATAドライバインストール → 再起動

ここまで問題なし。
gigabyteのサイトへ行ったところ、最新版があることが判明。
最新版をインストールすることに。

3.chipsetドライバ(gigabyteサイトより)インストール → 再起動
4.ultraATAドライバ(gigabyteサイトより)インストール

ここで、スタートメニューのプログラムの「ultraATAドライバ(でしたっけ?)」の中身が日本語表記/英語表記で2重になっていた為、ultraATAドライバを一旦アンインストールし、改めて最新版のみ入れようと目論見ました。

5.ultraATAドライバアンインストール → 再起動

...ブルースクリーンが出ました。
STOP 0x7B:INACCESSIBLE_BOOT_DEVICEです。

仕方がないので、修復を試みます。

6.WIN2000修復インストール → 途中で再起動
7.WIN2000インストールの続き → 途中でドライバの要求 → 手元になかった為キャンセルして続行。
8.一時ファイルの削除が終わって再起動

...ブルースクリーン。エラー内容は同じです。

恐らく7の手順でドライバを与えてやればいいのでしょうが、ultraATAドライバのファイルは「自動インストールEXE」になっています。
よくあるドライバファイルの様に、infやdllファイルが単一で取り出せません。

以下1,2のいづれかの方法をご存知であれば教えて頂きたいです
1)ドライバファイルの取り出し方
2)チップセットに依存する部分を、WIN2kのデフォルトに置き換える方法

先日、マザーボードの換装を行いました。
440BX系から815E系への変更です。
WIN2K修復インストールにより、旧環境を見事に引き継げたのですが...

815Eチップセット環境を構築するのを忘れてまして。
マザー添付CDからドライバをインストールしようとした時の事です。

1.chipsetドライバ(intelinf?)インストール → 再起動
2.ultraATAドライバインストール → 再起動

ここまで問題なし。
gigabyteのサイトへ行ったところ、最新版があることが判明。
最新版をインストールすることに。
...続きを読む

Aベストアンサー

ドライバアーカイブがInstallShield3~6形式であれば
i5comp・i6comp で展開できるかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報