ピアノ弾き語りをしようと思い立ち、まずはコードからかな?と思い楽器店へ行って教則本を買いました。が、実際、意味がわかりません。その本自体が少し難しかったのか自分が単なる石頭なのか、どうコードを使えばいいのか、そもそもコードとはなにか?ということがわかりませんでした。簡単に言えば和音ということでしょうか??ちなみに僕はクラシックピアノを10年近く習っています。コードを理解したら編曲なども少しはできるようになるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

コードとは簡単に言ってしまえば和音を省略した書き方です。


例えば、Cと書かれていたらド・ミ・ソの和音のことです。
コードはクラシックをやっていた人にとってはとても難しいみたいです。(姉が言ってました。)
なので、どうしてもコードは無理!というのであれば弾き語り用の楽譜も売っているのでそちらを購入してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

私は、ピアノ歴が5年ほどあります。



クラシックピアノ・ポピュラーピアノ・ジャズピアノとあえて、音楽をジャンルわけするのなら、

mumu06さんは、ピアノコードですので、ポピュラーピアノに分類されると思います。


ネット上で調べながら、この3サイトを参考にしながら練習するとよいのではないでしょうか。参考までにどうぞ。

http://piano-advance.com/ ピアノレッスンのヒント

http://pianofinger.sakura.ne.jp/ 中高年がピアノに上達するために

http://sassan.livedoor.biz/ バイエルを辞めよう!ピアノコードのすすめ!


ただ、サイトの数は膨大ですので、もっとこっちのほうがいい。わかりやすいサイトがあるかもしれませんが、ご了承ください。



よろしくおねがいします。間違えて連続投稿してしまった感じがします。申し訳ございません。本当にお時間のあるときに返事があるとうれしいです。

参考URL:http://sassan.livedoor.biz/,http://piano-advance …
    • good
    • 0

ピアノコードを理解するためのコツは、




クラシックピアノでやってきた理論を壊すことからです。
(きつい言い方でごめんなさい)


具体的には

・音符を見ない
・リズムトレーニング(ドラムスの練習)
・楽譜を使わない

この3つをクリアできれば、あとからコード理論はみるみる理解できます。

mumu06さんの悩みが解決しますように。
    • good
    • 0

私はピアノの生徒さん全員にコードを教えるようにしています


例えピアノを習うのをやめても、コードはいつでも弾けるからです

和音の仕組みは三度の組み合わせで成り立っています
音程はご存知ですか?
長三度の上に短三度が乗った形を長三和音(メジャーコード)
反対に下が短三度だと短三和音(マイナーコード)と言います
その上にもう一つ三度が乗った和音がセブンスコードです

例えばCの和音の上に短三度を足したらC7
長三度を足せばCM7(Cメジャーセブン)となります

セブンスコードになると結構難しいので、慣れるまでは三和音だけの練習が良いでしょう

右手でメロディーを弾き、左手でコードを正しく押さえるだけが一段階
これだけでも結構ステキに聞こえる曲もあります
例えば「ハナミズキ」(生徒さんが今弾いているので)

あとは、リズムによってコードをベースと和音に分けたり、
いろんなコードを覚えたり・・・
どんなポジションでも弾けるようになるには結構大変です

これはもう「慣れ」しかありません
好きな曲から練習されると楽しいかもね
    • good
    • 0

こんにちは。



No.1さんと、No.2さんが大まかなことについてはお話をしてくださっているので
僕からは、コードとは簡単に言うと実際どんな感じのものなのか?っていうこと回答させてもらいます。

まず結論から言うと、mumu06さんはクラシックピアノを習っているということでコードの習得は難しいことではないです。

「単に今までコードと縁がなかっただけ」です。
本気で理屈を覚えようとすれば一週間程度でおおきかなものはマスターできると思います。

まず基本としてご存知かも知れませんが
ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ,(ド)は
C,D,E,F,G,A,B,(C)という英名になるという事です。
これがわかったら後はすぐコードの話に入れます。

たとえば、「C」というコードは「ドミソ」です。
この響きは「長三和音(明るい)」の響きですよね。

「C」のようにアルファベットのみで表されるコードは全部「ドミソ」のような明るい響きを表しています。

そして、なぜ「C」が「ドミソ」なのか?というとCが「ド」だからです。
「C」と書いてある音は「ルート」(または「根音」)と呼ばれ
和音を弾く時に鳴らす一番下の音を表します。

この考え方で行くと、「D」はどうなるでしょう?
「D」が「ルート」だから、一番下は「レ」ですね。

そして、アルファベットのみで書かれたコードなので
「レを一番下の音とする長三和音(明るい)の響き」ということです。

つまり、コード「D」は「レファ♯ラ」です。
「ドミソ」と同じように明るい響きですよね。

これは、コード「C」の音の「ドミソ」が半音二つ上にずれて「レファ♯ラ」になっただけです。


結局「C」の弾き方がわかれば
C♯、D、D♯、E、F、F♯、G、G♯、A、A♯、B
というコードは
「ルート」の音がそれぞれ上に書いたように変わるだけで全部「長三和音(ドミソっぽい明るい響き)」です。
要は、順に半音ずつドミソがずれるだけですね。

じゃあ、「ラドミ」とかの悲しい(暗い)響きはどういうコードなの?ってことになりますが

それは、アルファベットのよこに「m」を付けます。
「ラドミ」の場合は「ラ」が一番下の音なので、「Am」となります。

レファラなんかも同様です。
「レ」は「D」ですから、「Dm」と表されます。

他にも、Gm7とかC7とか、Fsus4とかのコードはどうなるの?と思われるかも知れませんが
これも全く理屈は同じです。

Cを基準にコードの弾き方を書いていくとこのようになります。

「C」 … 「ドミソ」

「Cm」 … 「ドミ♭ソ」

「Csus4」 … 「ドファソ」

「Caug」 … 「ドミソ♯」

「C7」 … 「ドミソシ♭」

「Cm7」 … 「ドミ♭ソシ♭」

「C7sus4」 … 「ドファソシ♭」

「Cm7♭5(Cm7-5」 … 「ドミ♭ソ♭シ♭」

「Cdim」 … 「ドミ♭ソ♭ラ」

見てみればわかると思いますが、コードのアルファベットは全て「C」なので
全て「ド」から始まっていますよね。
上に書いたコードの「C」以外の部分は共通なので
あとは「Fm」とか「E♭7」とか「ルート」の部分が変わるだけで
押さえ方がずれるだけなんです。

このような押さえ方がコードの基本です。

しかし、実際の曲の鍵盤の中でこのコードを弾く高さは、決まっていません。(基本的にメロディより低いのが原則ですが)

つまり、「C」というコードが書かれていたら「ド」が一番下の音で
その他に「ミ」「ソ」が含まれていれば、どのように弾いても良いのです。

メロディの2オクターブ下で「ド」を弾いて
その1オクターブ上で「ミ」「ソ」を弾きながら「ド、ミソ、ミソ ド、ミソ、ミソ」という感じで3拍子の曲なども伴奏できます。

コードの音に従っていさえすればどのように伴奏しても良いところがコードの良いところです。
自分の工夫次第で色々な伴奏方法ができます。

こういうコードの仕組みを積み重ねていって色々なアプローチの仕方を駆使していくと
編曲の助けにもなるという事だと思います。

本格的な編曲には和声などの知識も必要だと思いますが
コードで曲の大まかな骨組みの部分は理解できると言うことですね。
    • good
    • 0

#1さんがおっしゃるように、コードとは和音のことです。

和音の種類を記号で表したのがコードネームです。

コードでピアノを弾くには、

(1)コードの意味を理解してコードネームを見ただけでコード(つまり和音)の構成音が反射的に(鍵盤上で)分かるようになる。

(2)コードの構成音をどう使ってどう弾いたら曲になるのか、あるいは弾き語りの伴奏になるのか、の要領を覚える。

という二つのことが必要です。

コードブック等のフォーム集で分かるのは(1)の知識です。この知識を使って実際にピアノを弾いたり伴奏をしたりするには(2)の知識とちょっとしたテクニックとちょっとした慣れが必要です。
実際は(2)の練習をしていくうちに自然に必要に迫られて(1)の知識も付いてくるものです。

では何から始めたらいいかということですが、一番手っ取り早いのは、コード理論を学び始めるよりも、コードでピアノが弾ける人に自分が弾きたい曲のコード奏法をいきなり習って弾いてみることです。理論的なことはよく分からなくても、1曲、2曲弾いてみるうちに、なんとなくコードってこんなものか、というのが分かるようになってきます。それから理論書で確認しても遅くありません。
身近にそんな人がいない場合はちょっと困りますが。

私はクラシックピアノの経験は全くありませんが大人になってからある人にコード奏法を習って、簡単な曲なら自分でもビックリするくらい簡単にピアノが弾けるようなりました。(但し、二段譜はほとんど読めません。コードとメロディーが書いてあれば、の話です)
    • good
    • 0

コードは和音です。


クラシックから入るとコードネームよりも音符の方が分かり易いです。
でも,ポピュラーではコードネームしか記されていない場合が多いですから,
分からないコードがあれば下記のサイトは便利です。
鍵盤で表されているので音名も分かります。
http://www.koyo.net/etc/etc/chord/index.php

編曲はコードだけでなく,その楽器の特性やメロディーの展開など,
その他の知識も必要ですが,作曲する人は,先にコード進行を決めたり,
他人の曲のコード進行を借りて自分が作ったメロディーを乗せたりすることもあります。
さだまさしさんは加山雄三さんの曲のコード進行を借りて作曲し始めたと言ってました。

クラシックピアノをされてきたなら音符の読み書きもできますし,
その知識は役に立つと思います。
パッフェルベルのカノンはご存知だろうと思いますが,
そのコード進行をそのまま使ったポピュラー曲もあります。
メロディーは全く別のもので。

参考URL:http://www.koyo.net/etc/etc/chord/index.php
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノ弾き語り、コードのメロディーラインの作り方

私はいまpopsやrockの音楽を一人でピアノ弾き語りをしたいと思っています。
そこでいろいろピアノ 伴奏などで検索して調べており、おもにコード関連の情報はでてきました。
しかしながら主にコードの構成などの話題ばかりで、そのルート音はどこから来てるのかということに触れているものが見つかりません。

具体的にはボーカルを耳コピーで音符にし、調を把握し、それをもとに左手で伴奏をしようと思っています。
その左手を和音でひくためのベースの音の考える方法がわかりません。
ボーカルの主旋律と関連があるところからきているのだろうか、それともそこは気合で作曲するのだろうか、と迷っています。
何かそういった物について解説しているサイトがありましたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

回答ナンバー2のものです。

おおまかにいって、転調していなくても曲の中でその調の和音しか使わないことの方が少ないのでそのあたりで音があわなくなるのではないでしょうか。

例えばキーがCで

C  F  G7  C

のコード進行だとすると、ここに

C C7 F G7 C

とすることができます。
このC7は借用和音といって、Fをトニックと見立てた場合のドミナントをFのキーから借りたものです。

さらに、トニック、ドミナント、サブドミナントの役割は2度、3度、6度にもありますので分割できます。

C Am F G7 C

のように、このAmはトニックの役割を持っているので同じトニックであるCの部分につけることが可能なのです。

そしてここにまたAmを1度と見立てたドミナントを持ってくると、

C E7Am F G7 C

となり、もっといろいろ入れると、


C E7Am F DmG7 C

などとなってきます。

この借用の部分が多ければ多いほどコード進行は複雑になります。
見分け方としては、コードが分からない部分の直後の和音が何がくるかによって、それを1度とみたててかりてきている場合が多いのではないでしょうか。


あと、ドミナントだけでなく2度も借りてトゥーファイブとして使ったりなど、コードのつけ方は何通りもあります。

それと、もとの曲自体がこれらにのっとっていない場合、個々の音を聞いて近い音をあてはめるしかないかもしれません。
実はコード進行にのっとっていない曲もたくさんあるのです。


大変ですが頑張ってくださいね(^^)

回答ナンバー2のものです。

おおまかにいって、転調していなくても曲の中でその調の和音しか使わないことの方が少ないのでそのあたりで音があわなくなるのではないでしょうか。

例えばキーがCで

C  F  G7  C

のコード進行だとすると、ここに

C C7 F G7 C

とすることができます。
このC7は借用和音といって、Fをトニックと見立てた場合のドミナントをFのキーから借りたものです。

さらに、トニック、ドミナント、サブドミナントの役割は2度、3度、6度にもありますので分割でき...続きを読む

Q弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

Aベストアンサー

>弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

どちらが「無難」か?と言えば、当然ローコードが無難です。
ローコードのメリット
1.楽譜を見ながらでもコードを間違う可能性が低い
ハイコードだと「ポジション間違え」の可能性があります。左手で押さえるフレットの「位置」を間違えてはいけないので、神経が分散され歌がおろそかになりがちです。
2.特にアルペジオの場合、音がプツプツと切れにくい
ハイコードでは、必要な弦がキチンと押さえられていないといけませんが、ローコードがと開放弦に助けてもらえます。
3.ベース音がしっかり出しやすい。
ローコードは音域がより低いので、一人での弾き語りの場合、コードのルート音がシッカリ出せる場合が多いです。
4.長時間の練習やライブでも左手が疲れない
上級者であってもバレーコードが続くと左手が疲れて来てつってきます。
5.楽器の鳴りが良い。
ローコードは、ナットを経由して弦の振動が楽器に伝わるので音がキレイに良く伸びます。
ハイコードのメリットは、カッティングのときです。
歯切れの良いカッティングは、左手のバレーコードが好都合です。

ローコードで違和感のないときにはローコードに勝るものはありません。
ローコードで不都合なときにだけハイコードを使えば良いと思います。
特にねらいや理由が無いのであれば、ローコードをお勧めします。

>弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

どちらが「無難」か?と言えば、当然ローコードが無難です。
ローコードのメリット
1.楽譜を見ながらでもコードを間違う可能性が低い
ハイコードだと「ポジション間違え」の可能性があります。左手で押さえるフレットの「位置」を間違えてはいけないので、神経が分散され歌がおろそかになりがちです。
2.特にアルペジオの場合、音がプツプツと切れにくい
ハイコードでは、必要な弦がキチンと押さえられていないといけませんが、ローコードがと開放弦に...続きを読む

Qジャズピアノ教則本

独学でジャズピアノをやってみたいと思い、大きめの書店等を探して見てもほとんど見当たらなかったのですが、
どういった所にジャズの教則本っておいてるんでしょうか?
(京都ないし大阪で教えてくださると助かります。)
アマゾンにはたくさん出てますが、現物を見て買いたいと思ってます。

また、コードとか理論とか全くわからないのですが、アドリブやバッキングを入れれるようになりたいと思っています。
こんな私におすすめの教則本がありましたら教えてください。
ちなみに現在学生で、バイエル、ブルグミュラーは小学生の頃やりました。

Aベストアンサー

大阪の三木楽器などはたくさん教則本があると思いますよ。
http://www.mikigakki.com/shinsaibashi/floor.php#A2b

本ではないですが、インターネットで参考になるところ。
http://ameblo.jp/jazzpianica/entry-10132028197.html

教則本では、参考URLなど。付属CDの試聴ができます。
楽器屋さんでは付属CDの試聴はできないですから便利です。

参考URL:http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/keyboard_data/03217206.htm

QMIDIやコードが載っていないピアノ楽譜にコードをつけてくれるソフト

インターネット上で簡単にダウンロードできるスコアプレーヤー用の楽譜や、MIDIから起こした楽譜にコードをつけてくれるような、ソフトはないでしょうか?

ピアノを弾くわけではなくギターなので、せっかく楽譜を手に入れてもコードが載っていないと弾けないんです(あまり音楽的知識もないですし)

どなたかご存じであれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が使っているSingerSongWriter(シンガーソングライター)というソフトには、入力済みデータからコードを判定する機能があります。ただし私はこの機能は全く使っていないので、どれくらいの精度があるかは不明です。
http://www.ssw.co.jp/products/ssw/index.html

スコアプレーヤーについては存じませんが、もしそれにSMF(MIDI情報に関するファイル形式)の出力機能があるなら、MIDIデータを介してSingerSongWriterに読み込ませて判定させることはできるでしょう。

Qジョーパスのギター教則本や教則DVDについて

今ジャズギターをはじめようと思いましてジョーパス
が好きなのでジョーパスをコピーしようと思ったのですがネットで調べてみるとたくさん教則本や教則DVDがあり、またそしてだいたいの商品が輸入品とかであるため楽器店においていないためにどれを買ってみたらいいのか悩んでいます。なにかおすすめの物があれば教えてください。あとやはりジャズギターなどを始めるにあったってタブ譜はやめた方がいいと言われましたのでタブ譜なしではじめようとおもいますがどうでしょうか。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコピーしたい曲が採録されているタブ譜」で
いいんではなかろうか、と思います。

勿論、アドリブをバンバコこなして行こうと思ったら、
理論とかも触れることになるので、五線譜に通じていることは、
後々有利になりますが、かといって、五線譜を読めなければ、
上達しないかというと、そういうわけでもないので、
その辺りは、臨機応変でよいかと思います。

また、コピーしてみたい曲がバンド編成のもので、
コピーしたいのが、パスの単音ソロ・プレイなら、
「タブ譜or五線譜」よりも、「譜面or耳コピ」で考えるほうが
後々の上達につながると思います。

確かに、タブ譜の「弊害」はありますが、それは「禁忌」であるほど
ではないので、別に、タブ譜でもいいんじゃないかなぁ、
とりあえず、やりたい曲を1.2曲絞って、それが採録されている
譜面を探すのがいいんじゃないかなぁ、
もし、「タブ譜はみたくない。しかし、やりたい曲はタブ付きでしか
譜面が出ていない」ようだったら、タブの上に五線譜があるので、
タブ部分塗りつぶしちゃうこともできるし・・・。
という感じで。

蛇足ですが、タブに関して、コピー対象が、パスのギターソロでなく、
ソロ・ギターだったら、タブの方がボイシングとかリハーモニゼイションの勉強になる、という利点もあるかと。

徒然に書きました。

基本は、コピーですので、「自分がコピーした曲」が採録されている
譜面を探すのが第一だと思います。
タブ譜の是非の問題自体は、なかなか難しいところですが、
仮にコピーされたい曲が、CD「ヴァーチュオーゾ」とかの
ソロ・ギターで、かつ、クラシックギターなどの経験がなければ、
五線譜だとかなり厳しいと思います。
ただでさえ「職人芸」といわれているくらい、かなりなもんなので、
タブ譜であっても(それまでのギター経験にもよりますが)、
なかなか難しい、と思います。
ので、「自分がコ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報